ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

ホットヨガとおにぎり

2017-08-31 23:35:02 | 日記

 月4回のホットヨガを無駄にしないために、火曜日に続いてきょうも仕事帰りにヨガに行きました。

 

 さすがに週に2回はしんどい・・・・

 

 レッスンの途中で仮眠しそうになりました。

 

 きょうは8月最終日のためか、人が多くて。 50人マックスで入れる教室のようですが、40人はいたようです。

 

 シャワーも第一陣に入れず、第二陣。 帰る時間がどんどん遅くなる。

 

 遅くなりついでに、おなかがすいたので京都駅のおにぎりやさんでおにぎりとミンチカツを買って、電車に乗りました。

 

 城陽駅はローカル駅なので21時になると受付にシャッターが下ります。

 

 そして、改札口の前に窓があって、そこのまえに長椅子があります。そこに座って時間をつぶすのが結構好きです。月を眺めたり、本を読んだり。

 

 夫はきょうは月末で遅いといっていたんだけれど、21時半には駅に来られそうというので、待つことにしました。

 

 だれもいない駅。おなかすいたなぁ。そうだ、おにぎりを持っていたんだったわ。だれもいないのをいいことに、鳥そぼろおにぎりをひとつ食べました。こういうときローカルっていいなぁと思うのです。ヨガで残った水もあったし。おなかがすきすぎてふらふらになりそうだったのが、ちょっと持ちこたえることができました。

 

 あしたは山城歌会です。9月の山城歌会ではいちじくが食べられます。

 

 私がいちじく係なので、早起きしてまた農家のガレージへ走るつもりです。 なんだかわくわくするこの季節。もう蟬がなかなくなって、秋がきたのかなぁと思います。いつまでも暑いのも嫌だけれど、いちじくがなくなってしまうのがいちばん寂しいです。

コメント

ある日ふと切手集めをやめるように

2017-08-30 22:02:59 | 日記

 ・ある日ふと切手集めをやめるように失われてゆく昨日までの価値

 

 この歌は、私が塔に入る前、1998年3月16日の読売歌壇(俵万智選)に掲載された歌です。

 

 当時は週に1首、せっせと作って投稿していました。懐かしいなぁ。

 

 実は、この歌を書き留めておいてくれた人がいたのです。図書館の新聞から。

 

 きのう、知人がツイートしている人がいるよ、って教えてくれました。 びっくりです。

 

 長く短歌をやっていると、こんなすてきなことがおこったりするんだなぁ。19年前の歌。自分でも好きな歌で、第一歌集『貿易風』にも入れた歌です。

 

 私の手から離れた歌は、遠い遠いところで生きていて、偶然また私のところへ流れ着いた、という感じです。

 

 私の歌を大切にしてくれていた人、どうもありがとう。それから、遠くにいても気にかけてくれるひと。どうもありがとう。

 

 

コメント

高槻ランチ歌会、ホットヨガ、水族館

2017-08-29 21:49:21 | 日記

 きょうは高槻ランチ歌会の日。なんと今回で60回。メンバー6人全員が揃いました。

 

 5年続いているってことだよね。5年ってすぐみたいだけど、やっぱり子供は大きくなるし、親や自分も弱ってくるし、それぞれに流れた5年の歳月を思いながらしみじみしました。パワーのみなぎる歌、脹脛(ふくらはぎ)が主役の歌、日本のミレーのような歌、白玉、胸像など、個性的なモチーフが揃いました。忌憚のない意見が飛び交って、おもしろかったです。

 

 それから、月4回のホットヨガに今月はまだ2回しか行けていないので、帰りに15時~のレッスンに行くことにしました。

 

 アロマリラックスヨガというメニューで、いつものよりゆるい感じで、時間も45分。たくさん汗をかいてさっぱりしたところで、時計を見たらまだ16時すぎ。このまま帰るのももったいないような気がして、どこか涼しいところへ寄り道しようかなぁと考えて、京都水族館へ。

 

 年間パスを買っているのにまだ1回しか行っていません。涼しいし、きれいだし、のんびりできてちょうどいい。

 

 大きな水槽の前に小さなビニールシート(ヨガのかばんにはいっていた)を敷いて、壁にもたれる感じでしばらく魚を眺めていました。身体が熱かったのでとても気持ちがよくて。そのまま昼寝モードに入りそうでしたが、そこは理性を働かせて、起きていました。やっぱりいいな、魚は。

 

 アシカ、アザラシのコーナーで、穴ぐらみたいなところに入ってアシカがびゅんびゅん泳ぎ過ぎるのを見ていたら、3歳くらいの女の子もいっしょに見ていて、「いまの、はやかったねぇ」とか話しかけたら、連帯感を覚えたのか、その子が自分の首にかけていた「ペンギンとフォトをとれる」カードを見せてくれました。予約券でしょうか。それで、私はかばんに入っていた、オオサンショウウオの絵のついた年間パスポートカードを見せてあげたら、手をだしたのでちいさな手にのせました。

 

 女の子はじっとそれを見つめてから、カードについていた白い紐を両手でひろげて私の首にかけてくれました。 わぁ、ありがとう。おそろいだねぇ。なんかなごむなぁ。

 

 それから、私が好きなのはクラゲ。 いつみても美しい。 あの周囲の繊細なレースのぴらぴらの先にひとつひとつビーズのような玉がついていて、それがふわふわと息をするように泳いでいる姿は、見ていて飽きません。となりにやってきた若い女の子ふたりが、クラゲのまんなかの赤いところは腸なんだってとか話し出して、せっかく幻想的な雰囲気にひたっていたのに~と思って移動。

 

 最後にお気に入りのチンアナゴに挨拶をして京都駅まで散歩がてら歩いたのですが、暑かった・・・ せっかく涼んだ意味が・・・・

 

 なんだか盛りだくさんの一日でした。

 

 

 

 

 

コメント

動くクリスマスツリー

2017-08-28 22:43:50 | 日記

 きょうもランチはSさんと。

 

 Sさんは体調不良で金曜日お休みで、お茶当番を代りにやっておいたら喜んでました。

 

 体調不良って、大丈夫なの? ってきいたら、「なんかストレス性のものっていわれた」「え、ストレス???」「自分でもわからないうちにたまってるのかも」

「へー」

 

 パスタを食べて、会社に戻る途中、後ろからゆらゆらと自転車が私たちを追い越していきました。自転車は空き缶のたくさん詰まった袋を前にも両サイドにも後ろにも載せていて後ろからみても自転車に見えません。

 

 Sさん「ひゃあ、びっくりしたー なにが通っていったんかと思った」

 私 「きらきらしてクリスマスツリーみたいだね」

 Sさん「ほんまや! 細く下の方に見えているタイヤが幹」

 私 「最近は銀色系のツリーも多いし」

 Sさん「動いてるし。もうツリーにしか見えへんわ」

 

 げらげら笑いながらエレベーターを昇ってロッカーに戻ったら、

 

 Sさん「あれ、お腹痛くなくなってる」

 私 「笑ったら治ったんとちがう?」

 Sさん「あははは、そうかもー」

 

 暑くてだるい月曜日が、なんとなくSさんの笑い声で明るい週のはじまりになりました。

 

 

コメント

油小路通り

2017-08-27 21:47:11 | 日記

 きのう、ぶらぶら歩いていた油小路通り。綾小路通りから仏光寺通りあたりまでは魅力的な建物がたくさんありました。

 

 四条烏丸、四条大宮の間にあって、そこだけ昭和な感じ。

 

 いきなり小さな天満宮があったり、(小さなと思っていたら、結構有名な由緒あるお宮だそうです)、レトロな煉瓦造りの建物いいなぁと思って写真を撮って帰ったら、宮川美髪館という昔の散髪屋さんで、写真に撮っている人も多いようです。

 

 なによりも私の心をとらえたのは、外壁に「石」(ほんとうは石じゃないけど)の銀色の文字が張り付けられた建物。空にまでのびていきそうな太いパイプが、建物に設えてあって、なにこの建物!って釘付けになりました。なんというか、煙突とか雨樋とか、セメント工場とか、なにかが動いたり流れたりして、ものが生まれていると思うとわくわくします。まぁ、雨樋は雨が流れるだけだけど、惹かれてしまいます。

 

 帰ってここも調べてみたら、石野味噌という京都の白味噌の老舗でした。

 

 ほかにも、いかにも昔から子供を長く診て来たというような小児科医院もあって、すてきな通りでした。

 

 そんな話を写真を見せながら夫にしていると、「石野味噌は小学校のときの同じ校区で、社会見学に行った」とか「梅鉢医院! 子供のころしょっちゅう診てもらってたわ、まだしてはるんやな」ということで、夫が子供のころ過ごしていた区域だったのです。

 

 いままで、まったく案内とかしてもらったことなかったのになぁ。

 

 またゆっくりと歩いてみたいと思いました。

 

 

コメント