ほよほよさんぽみちNEW

いつでも君のこと好きだったよ

無人電車

2018-07-22 23:30:51 | 日記

 金曜日、神楽岡歌会へ行くときのこと。

 

 いつも利用している奈良線の京都行の普通電車に乗りました。(ちょうどいい快速がなかったのです)

 

 あれ、なんだろう。このすうすうした感じは。

 

 なんの気配もないことに普通でない感じがして、顔をあげてみると、なんと私の乗っている車両には私以外、お客さんがいないのです。

 

 いくら空いている奈良線でもこんなことは初めてでした。暑すぎてだれも出掛けないのでしょうか。にしても、私と車掌さんだけって・・・たぶん次の車両には誰か乗っているんでしょうけれど。

 

 物語がはじまるみたい。 これは夢? 黄泉の国とか銀河とかへ行く電車? それとも暑さのせいで私の頭がへんになっているのか。。

 

 落ち着かなくて本も読めません。ちらと車両の後方をみると、車掌さんと目があいます。

 

 いくつめかの駅でがやがやと人が乗ってきて、ほっとしました。 水のなかから顔をあげたみたい。高い山から下りてきて耳が正常にもどったときみたい。

 

 あれは夢だったのでしょうか。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子の転居

2018-07-21 23:54:34 | 日記

 息子が去年4月から住んでいたアパートを出ることになり、きょうは新しい家を探すため、仲介業者さんと見学。

 

 9時に家を出て、10時ごろに茨木の息子のアパートに到着。約束どおり、きょうは早く起きて洗濯をしていました。

 

 それからひといきついて、10時半に仲介業者さんのところへ行き、いくつかリストアップしてきた物件と、業者さんがみつくろってくれた物件を照らし合わせて実際に見る物件を絞り込んでいきました。

 

 条件: 広さ 1K(キッチンと居住スペースは分かれていること)

     お風呂とトイレは別であること できたらトイレはウォッシュレットつき

     去年鍋を揃えたので、ガスが使えること(ITはダメ) できたら2口コンロ

     エアコンがついている

     会社まで3キロ以内

     3階以上ならエレベーターつき

     エアコンの室外機の風が洗濯物にあたらない向きであること

     家賃は共益費込み6万円以内

 

  そんな条件を満たすところってあるのかなぁ。と思っていたけれど、大学が多い街のせいか、結構ある。担当のMさんがにこにこ提示してくれる。

 

  Mさん「ここは広さはいいんですけど、線路が近いんですよね、ちょっと電車がうるさいかも」

  息子 「電車は好きなんで、むしろそのほうがいいです」

  

  Mさん「ここはキッチンにコンセントが少なくて、炊飯器を置くスペースがないんですよ。それで、リビングのほうに炊飯器を置くというようになりますけど」

  息子 「おかわりがしやすくていいですね」

  Mさん「めちゃくちゃポジティヴですねぇ(笑)」

 

  私も思わず笑ってしまう。おかわりがしやすいって・・・・ リビングに炊飯器っていいのか・・・・ 

 

  それで、結局2つに絞って見せてもらいました。部屋が2つずつあいていたので、物件Aの2階と4階の部屋。物件Bの102号室と103号室。隣同士でも、つくりが反転していたらイメージが違うし、エアコンの新旧などやはり違います。2階と4階では窓からの景色がまったく違うし。

 

  物件Bを第一候補にして、両方の見積もりを作ってもらいました。月曜日に会社に提出して稟議されるそうです。

 

  それからお昼を食べに行き、いまのアパートの掃除。朝の洗濯物が乾いていたので、シーツや掛布団カバー、枕カバーを洗う。洗っているうちに、布団を干し、冬物を袋につめて車に乗せていく。引っ越しがしやすいように、毛布や当分使わない電化製品も乗せる。洗濯機が止まったので洗濯物を干し、今度はカーテンを洗う。この際、いろいろ洗って新しい気分で引っ越ししたいものね。

 

   私はキッチンにまるめてあった布巾を洗ったり、いらないものは捨てていく。息子は掃除機をかけ、夫は拭き掃除をする。日当たりがいいので、シーツなどすぐに乾く。布団もすぐにふかふか。スーツを持ち運ぶケースや、旅行鞄、ビジネスバッグなども干す。ベッドにシーツやカバーをかけて、家から持ってきた夏用のひんやりマットを敷いて。

 

 なかなか食材を買いに行く時間がないというので、夫と息子は買い出しへ。なにか作っておいてよ、というので、リクエストをきいたら、ミートソースを作ってほしいという。それなら簡単。ふたりが出掛けているうちに具材を切り始める。しばらく待っていたら帰って来たので肉やナスを切って、ぐるぐるまぜて煮込んでできあがり。あしたは出勤らしいので、帰宅したらスパゲティをゆでればいいし、月曜日はご飯とまぜてオムライスにできるし。まぁ、いろいろ利用してちょうだい。

 

 それからアイスクリームと紫蘇ジュース(持参した!)を飲んで、少しはやめの誕生日のお祝い外食。ケーキも食べれるところがいいかなといったら、

 

 息子「誕生日にケーキ、という発想が幼稚」

 

 むむむ。じゃあ、なによ、食後にケーキじゃなくて。 抹茶パフェでもいいしさ。 なるほどね。ということで、和食の店へ行き、デザートに私は抹茶わらび餅、夫はマンゴーパフェ、息子は抹茶ティラミスと桃アップルジュース。(結構子供っぽいもの頼んでる・・・)

 

 それで、引っ越しの日をだいたい決めて、ばあいといって帰ってきました。 なんだか濃い一日でした。

  

     

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょうの綿 少し回復

2018-07-19 20:41:57 | 日記

 さっき、上半期の家計簿をまとめていて。去年の上半期と比較してかなり変わってきているのに気が付きました。

 

 去年の3月まではまだ息子が家にいて、教育費もかかっていたんだとか。 スマホ代も一部払っていたし、今年からプラン見直しをしたので通信費がかなり減っています。食費も当然のごと減。光熱費は私が家にいるようになってから逆に高くなっているし。それは仕方がない。

 

 そして、今年の1月から6月の内訳をみていて、「母 ストール」とあって、ああ、この1月にはまだお義母さんがいて、お義父さんが出掛けている日に二人でランチに出掛けたなぁと思い出しました。そのレストランの隣の雑貨屋さんでお誕生日のストールを買ってあげたのでした。私はお揃いの色違いのマフラーを買って。お義母さんはそのストールを気に入ってそのまま巻いて帰ったこととか。いろいろ思い出して、泣けてきました。

 

 1月の家計簿を書いていたときは、お義母さんが二か月後にはもういないことなんてまったく想像もしていなかった、と思うと不思議な気がします。

 

 いろんなものが少しずつ欠けていくような日々のなかにいて、ムキになって紫蘇ジュースを作ったり、枯れそうな綿の世話をするのは、「去年と同じ」であることを自分に確かめたいのかもしれません。なんにもかわらないよ。おなじだよ。というふうに。

 

 綿のその後ですが。夜には門灯のそばに移動してやさしい光をあて、朝日は強いので早い時間だけあてて、また影に移動し。そういうことを1週間ほど繰り返しているうちに、元気になってきました。写真は夜のなので、ちょっとしょんぼりしていますが、お昼には葉をぴんとのばして元気そうです。

 

 きのうははじめてずっと日陰に移動せずに日なたに置いてみました。またへなへなになってはいけないので2時間おきに様子を見に行って。夫に「手のかかる花やな」と笑われましたが、今年は移植してすぐに日なたにおいて虐待してしまったから、償うように見守っているのです。でも、ずっと日なたでも大丈夫でした。

 

 きょう猛暑の中、買い物や義父宅から帰ってくるたびに、玄関前で元気な綿が迎えてくれて、もう移動しなくても大丈夫かなと思いました。もともとは暑いのが好きなはずだから。でもまだ油断は禁物なので気にかけていこうと思っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

果の実ファームさんの桃!

2018-07-18 18:56:41 | 日記

 今年は岡山県は洪水になったりして心配していたのですが、今年も果の実ファームさんに桃を注文したら、きのう届きました。今年は「白鳳」と「なつごごこ」という2種類のミックス。

 

 リビングと冷蔵庫が甘い桃の香りで満ちていて幸せです。

 

 きのう夕ごはんのあとのデザートに白鳳を1つ剥いたのですが、あま~い!!!  もうひとつ食べたいけど、毎日ひとつにしよう!と決める。

 

 果の実ファームさん http://kanomi-farm.com/fruite.html

 

 *箱をあけてすぐに写真に撮ればよかったのに、一度出してしまってから、あ、写真だと思って箱に詰めなおしたので、、、へたっぴですみません。ほんとうはもっときれいに入っていました。ごめんなさい。

 

 きょうも朝から暑くて、冷蔵庫をみたら紫蘇ジュースがなくなっていたので、作ることにしました。もう今季4回目。 きょうはどこにもいかない、家にいる日と決めていたのに、紫蘇の葉っぱを洗って茎から外して、さあ、煮ようと思ったところで、酢がないのに気づきました。ああ。

 

 もう葉っぱ洗ったし、生協へ。途中郵便局へ寄って、振り込みなどをして、生協のお酢コーナーにいったら、なんと本日お酢20%オフ! すごい。 小さい瓶は人気でもう品切れとなっていましたが、私は大きい瓶をもともと買うつもりだったので、なんだかラッキー。

 

 冷蔵庫は果物と飲み物ばかりになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見回り隊

2018-07-17 19:38:10 | 日記

 金曜日、母の診察の付き添いに実家へ帰ったら、父が薬を飲み過ぎて前夜に倒れたという。ええええ・・・・

 

 なんでそんなことになるの。心配と悲しみと憤りとなんかいろんな感情が溢れて父を叱ってしまう。はああ。しかも、父の薬がなくなったので、母の分を飲んでいたらしい。母にそんなもの手渡したらあかんやん、と母にも注意。そんなことしたら、お互いの薬の分量とか効き目とかめちゃくちゃになってしまうのに。

 

 診察では足首にサポーターをつけるために、スニーカーを買うようにいわれ、父が昼寝をしているあいだに母と買い物にいきました。けっこう気にいったのが見つかって、高島屋でいい感じのブラウスがセールしていたので、母はそれも買いました。いつもはがっかりするから試着せずに買う、というのだけど、やっぱり服を買う時は試着しないとだめよといって、試着もして。試着室の外にでるのが恥ずかしいというので、私もいっしょに試着室にはいって確かめました。ふたりで試着室にはいるってどうなんと思いつつ、まぁ、いいかぁと思って。紺のブラウス、とても似合っていました。

 

 それまで元気のなかった母がスニーカーとブラウスを買って、とても晴れ晴れした顔になって、よかったなぁと思いました。母も大変だもんね。

 

 土、日は義父宅へ行って、冷蔵庫の点検と中型ゴミの運びだし。義父はいろいろこだわりのあるひとで、生ごみ受けになぜか45円いれておくとか。それが10円になってしまっている、誰かが生ごみといっしょに捨てたんだといって、気に病んでいました。まぁ、ヘルパーさん、お義姉さん、夫、私、の誰かが生ごみといっしょに35円を捨てたのでしょう。貼り紙を張ってほしいというので、

 

 「生ごみ受けに45円が入っています。生ごみを捨てるときは注意してください」

 

 と貼り紙を書いてシンクの前に貼っておきました。義父はにこにこ満足そう。べつに怒るとか犯人を捜すとか、そいういうふうにならないところが助かります。

 

 このあいだ、卵を買ってきて、冷蔵庫に並べるときに、

 

 「卵ってパックから出したら消費期限がわからなくなるでしょう。なので、私はパックに消費期限が書いてある紙があればそれを卵置き場に見えるように立てているんですよ。今回みたいにパックにシールが貼ってある場合はそうっとシールをはがして卵置き場に貼っておくんです」

 

 と言いました。すると、きょう冷蔵庫を確認にいったら、お惣菜をお皿に移したものにラップがかけてあって、そこに「7.18」というシールが貼ってありました。をを、応用している。そうそう。お惣菜もパックから出したら消費期限わからないものね。えらいなぁ、お義父さん。

 

 それから、お薬ポケットが壁にかけてあったのですが、とりにくいところにあって、たまに薬を食器棚の裏側に落としてしまう、と言っていたので、薬がおちない場所へ移動しておいたのですが、

 

 「これねぇ、ここにかけてもらってよかったです。もう落とす心配しなくていいし、カレンダーのそばだからとてもわかりやすくいいですね」

 

 といわれ、こういう前向きな評価をいただけるとほっとします。歳をとると「あった場所を忘れるから移動するな」という感じになりがちなのですが。

 

 毎日暑いので、実家へ電話して声をかけたり、義父宅へ様子をみにいったりメールで音信確認をしたり。見回りの日々です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加