筑波大学硬式野球部のブログ

筑波大学硬式野球部公式HP http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/baseball/

vs 関東学園大学

2011年08月30日 18時27分41秒 | Weblog
こんにちは!
本日はAチームが関東学園大学とのオープン戦を行いました。

まずは、ランニングスコアから。

関東学園 110000000 2
筑  波 000100110 3


今日は先発投手の立ち上がりを攻められてしまい、初回と2回に立て続けに点を取られてしまい序盤から追う展開になってしまいます。

3回からは変わった2番手投手がテンポの良い投球を見せ、攻撃に流れを持ってきて、チームに勢いをもたらします。
すると4回裏の攻撃二死12塁から9番打者が昨日に続く適時打を放ち1点を返します。

なおも筑波の流れで迎えた終盤の7回の攻撃。
二死ながら2塁のチャンスを作ると5番打者が初球を右前に弾き返し同点とします。

さらに続く8回。先頭打者が粘った結果出塁し、二死となりますが1番打者が右線を抜く2塁適時打を放ち、逆転に成功します!

後半も3番手投手が3回5奪三振を奪う好投を見せ、そのままゲームセットとなります。



本日は昨日の試合とは違って、ロースコアの試合展開となりました。
リーグ戦ではこのような試合が多くなる事も予想されますが、このような展開の中でも粘りながら繋ぐ野球をして、最後に逆転できた事は良かったと思います!

“繋ぐ野球”これこそ筑波の野球だと思います!
この繋ぐ野球をリーグ戦でもお見せ出来るように、残り少ない練習を必死になって取り組んで参ります!!!


主務 大谷佳慶

vs 東京農業大学

2011年08月29日 23時38分30秒 | Weblog
こんばんは!
本日は東京農業大学とのオープン戦が行われました。

まずはランニングスコアから。

筑  波 010004020 7
東京農業 001003100 5


試合は序盤から動きます。
2回表。先頭の4番打者が四球で出塁すると、続く打者の犠打で2進。二死から7番打者が右前適時打を放ち先制点を取ります。

3回に2本の安打で1点を失うものの、ここは最少失点で切り抜け1-1のまま前半戦を終えます。

5回終了時の整備を終えた直後の6回表の攻撃。
先頭が倒れるものの、続く4番打者から中前安打、四球、ダブルスチール、左前安打、死球、中前適時打と打線が繋がりを見せこの回だけで一挙4点をあげます!
すぐの裏の守りでは、相手3番打者に甘く入った球を振り抜かれ、2ラン本塁打を放たれ、さらに失策絡みでもう1失点してしまい3点を失います。

7回にも1点を失い、逆転は許さないものの5-5と試合は振り出しに戻り、終盤の勝負の展開になります。

8回表。一死から6番打者の放った打球は、センターの頭上を遥か越え、バックスクリーンの得点板直撃となる中越本塁打となり1点を取ります。
さらに続く打者が四球で出塁すると、犠打で2進。二死2塁から代打を送り、この打者が初球をセンターに弾き返しさらに追加点をあげて、7-5と突き放します。

残るイニングは粘り強くしっかり守りそのままゲームセット。
先発投手は120球の熱投を見せ完投します。



この試合はミスも見られ、失点も多くなってしまいましたが、相手には逆転を許す事無くなんとか粘り来る事が出来ました。
また攻撃では、課題であった1イニング複数得点や終盤の攻めに収穫はあったと思います。
しかし、リーグ戦はもっとタフな試合になると思います。リーグ戦まで2週間足らず。オープン戦は残り2試合となりました。
これからの練習や試合はもっともっと目線を上げて、内容にも結果にも拘って取り組みたいと思います!


主務 大谷佳慶

vs 東京ガス

2011年08月24日 08時33分24秒 | Weblog
おはようございます!
報告が遅くなってしまい、申し訳ありません。

昨日、東京ガスとオープン戦を行いました。
今夏は例年よりも社会人さんとの試合を多く組んでおります。昨日で3試合目。3勝目をあげたいところです!


先攻の筑波の初回。
安打、四球で得点圏に走者を置き、3、4番が倒れ走塁のミスもあり初回は無得点。

その裏の守備では四球で出した走者を進められて、続く打者に適時打を放たれてしまい先制点を取られてしまいます。

すぐに取り返したい筑波はこの回先頭の5番打者が右線を抜く適時二塁打を放ちます。このあと二死ながらも12塁とし、ここで9番打者が何球も粘り甘く入った球をセンターに弾き返し、追い付きます。
点を取ったあとの0で抑えたいイニングですが、ここでも1点を失ってしまいます。

次に得点をあげたのは筑波。4回と5回に打線が繋がり1点ずつを取り、3-2とし前半戦を終えます。

勝負の後半戦。5回まで被安打5で粘り強い投球を見せていた先発投手ですが、6回に4本の安打を食らいこの回だけで3失点。
7回から変わった投手ですが四球やエラーで1点を失ってしまいます。

このままでは終われない筑波。
8回の攻撃では一死から5番打者がこの日2本目の長打を放ち、続く打者が倒れるものの二死3塁。ここで昨日抜擢された7番打者が中前適時打を放ち1点を返します。
9回にも粘りを見せて代打陣が2本の安打を放ちますが、反撃もここまでとなり両チーム共に2桁安打を放ち3時間を越える長い試合は、4-6でゲームセットとなりました。


筑  波 010110010 4
東京ガス 11000310x 6


この試合では春のチームには無かった良い所や収穫もありました。しかし、決して納得のいくような試合ではありませんでした。
リーグ戦では1つの取りこぼし、1つのミス、1球で負けます。開幕まで20日を切りました。
これからの練習、1球1球の質を高めて、拘って取り組んで参ります!


主務 大谷佳慶







コメント (1)

vs 桐蔭横浜大学

2011年08月22日 11時12分26秒 | Weblog
本日予定されておりました、桐蔭横浜大学とのオープン戦は雨天のため中止となりました。

またBチームの東京学芸大学とのオープン戦も悪天候のため中止となりました。



Aチームは明日、13:00より東京ガス(東京ガス大森グラウンド)とのオープン戦が予定されております。


主務 大谷佳慶

vs 姫路獨協大学

2011年08月21日 18時17分04秒 | Weblog
こんにちは。

本日は姫路獨協大学とダブルの予定でしたが、雨の影響で試合時間を遅らせて1試合のみ行うことが出来ました。
19日の静岡大学との試合が中止になったので、本日雨の降る中でしたが、試合を消化する事ができて良かったと思います。


まずは、ランニングスコアから。

姫路獨協 000200010 3
筑  波 000030000 3


立ち上がり。筑波の先発投手は失策で走者を許すものの、3回をノーヒットに抑えます。
対する攻撃では3回まで毎回走者出すものの得点をあげる事が出来ません。

4回表。この回から変わった投手が3安打を浴びてしまい、2点を先制されてしまいます。

追い付きたい筑波は、5回裏の攻撃。
先頭打者が2塁打を放つと、この回だけで3本の長打を放ち3得点をあげて逆転に成功します!

このまま逃げ切りたい所ではありましたが、8回に相手の代打に1発を浴びてしまい同点とされてしまいます。

試合は同点のまま終了となり、3-3の引き分けとなりました。


本日はグラウンド状況も良くなく、雨の降る中での試合でした。
環境に左右される事なく、いつも通りの自分たちの野球をやろうとしましたが、全てを出し切る事が出来ないまま試合を終える形となりました。

リーグ戦でもこのような状況下での試合も想定されます。
どのような環境や境遇にあっても常に自分たちのやるべき事、力の全てを出し切れるように残りの時間、一生懸命取り組んでいこうと思います。


明日は本学グラウンドにて11:00より桐蔭横浜大学とのオープン戦が予定されております。



主務 大谷佳慶

vs 仙台大学

2011年08月17日 21時50分57秒 | Weblog
こんばんは!
本日も猛暑日。そんな中、筑波大グラウンドにて仙台大学とダブルヘッダーでのオープン戦を行いました。

まずは1試合目。

仙 台 000110000 2
筑 波 01020000x 3


先制したのは2回裏の筑波の攻撃。
先頭の5番打者が粘った末に右前安打を放って出塁し、犠打で送り2進。内野ゴロと四球で2死13塁となります。
ここで足を絡めた攻撃で1点を取ります。

4回表に四球で出した先頭を、長打で返されてしまいますが、直後の裏の攻撃で四球、適時2塁打、安打と打撃陣が繋ぎすぐに取り返し3-1とします。

5回にも先頭を出してしまい、苦しい守りとなりましたがここを最少失点で切り抜け、相手に逆転をさせません。
6回以降は変わった投手が丁寧な投球を見せて、相手打線を零封。

そのまま3-2でゲームセット。接戦をものにする事が出来ました。


2試合目。
打っては15安打9得点。守っては3人の投手がしっかり繋いで、9回を被安打4、失点は1とし終始優勢のまま試合を運ぶ事が出来ました。


1試合目は緊迫した接戦でしたが、泥臭く粘りの野球で踏ん張り、2試合目は攻撃の手を緩める事なく相手にスキを見せず最後まで自分たちの野球を崩さず行うことが出来ました。


まだまだ、暑い中でのオープン戦が続くとは思いますが、常にリーグ戦を想定して、自分たちの出来ること、自分達が出来ることをしっかりやってチームを仕上げていこうと思います!
次の試合は明後日の19日。 筑波大グラウンドにて静岡大学と2試合を予定しております。


主務 大谷佳慶

vs 東京情報大学

2011年08月16日 23時56分23秒 | Weblog
こんばんは!

本日はつくばのグラウンドにて東京情報大学とのオープン戦が行われました。
相手はこの春に全日本に出場して、勝ち上がっているチームです。
試合前、チャレンジャー精神を常に持ち、攻めの姿勢でいこう!という話をしました。


まずはしっかり守り、攻撃へ流れを持っていきたい筑波ですが先発投手が立ち上がりを攻められ、この回だけで4本の安打と1四球で4失点。
また、2番手投手が3回に本塁打を放たれ、2点を追加されてしまいます。

一方、攻撃では1回裏に先頭打者が本塁打で1点を返します。
4回裏。2死から途中出場の選手がセーフティバントから盗塁を決めます。得点圏に走者を進めると、続く6番打者が右越2点本塁打を放ち3-5と2点差まで追い上げます。

一気に追いつきたい筑波は、5回にも1点、6回には四番打者の本塁打などで3点を追加し7-5と逆転に成功します!

守備では3回途中から変わった投手が低めを丁寧につく投球で相手打線を封じ、以降の追加点を許しませんでした。
試合は攻撃でも守備でも最後まで攻めきった筑波の流れのままゲームセット。勝利しました。


東京情報 302000000 5
筑  波 10021300x 7


本日は序盤に大量失点を喫してしまいましたが、相手に流れをやるまいと中盤以降は厳しい場面でもしっかりと守りきり攻撃へ流れを持ってくる事が出来ました。
また、珍しく3本もの本塁打が出ましたが、それだけでなく足を絡めた攻撃や作戦を成功させ打線として相手投手と戦えた事が7点をとれた事に繋がったと思います。

今までやってきた事、自分たちがやろうとしている事をしっかりと試合で出す事が出来ると結果も良くなってくるのではないかと感じました。
まだまだ試合が続きますが、これを継続していければと思います。

主務 大谷佳慶

第2回メシ会!

2011年08月15日 22時52分35秒 | Weblog
こんばんは、メシ会リーダーの加藤啓明(4年,投手,真和高)です。

今日はこの夏2回目のメシ会を開きました!

全学年揃っての練習が始まって1ヶ月が経ちました。

しかし4年生の自分は、まだ全ての1年生の顔と名前を一致させられずにいます。


メシ会が、そんな問題を解消させるきっかけになればと思います。


さて、私達の班は近くのステーキ屋で肉を頬張りました。

最初は会話よりも肉に夢中→→腹を満たすのと比例するように会話が増える→→満腹になり会話が盛り上がる

という感じで楽しいメシ会になりました。


写真はその時の様子です。

vs亜細亜大学

2011年08月14日 21時00分52秒 | Weblog
皆様、こんばんは。
全国的に猛暑が続いていますが、リーグまで残り一ヶ月の時期ですので、暑さに負けず、チーム全員がそれぞれの場所で頑張っています!

さて今日、Bチームは亜細亜大学とのオープン戦を行いましたので、その報告をさせていただきます。

まずはランニングスコアから。

筑波  000 002 023 7
亜細亜 000 050 000 5


試合は両チームの先発が素晴らしい立ち上がりを見せ、四回までお互いにチャンスを作ることができません。

五回裏の筑波の守り、先頭打者に死球を与えてしまい、リズムを崩した筑波の先発が長打を放たれ先制され、さらにチャンスを広げられ、そのピンチで本塁打を打たれ、一挙に5点を失います。

しかし六回表の筑波の攻撃、先頭打者が内野安打で出塁し、相手のミスに助けられ、まず2点を返します。

さらに筑波の二番手・三番手投手が好投し、攻撃にいいリズムをもたらします。

その勢いに乗り、筑波は八回表の攻撃で一死から代打が二塁打を放ち、その後の打線もつながり、2点を返し、スコアは4-5。

さらに9回も途中出場の5番打者が三塁打を打ち、チャンスを作ります。
しかしその後、相手の好守も有り、二死二塁となってしまいます。
それでも諦めずに先程、代打で二塁打を放った選手が詰まりながらもレフト前を打ち、同点に追いつき、二・三塁のチャンスでもその後続打者がタイムリーを放ち、この回、3得点を挙げ、逆転に成功します。


九回裏も相手に出塁を許す場面もありましたが、7-5のスコアのまま、勝利することができました。


今日は最大5点差を跳ね退け、最後まで諦めずに粘り強く戦ったことが結果に表れたと思います。
オープン戦期は個人が結果を出すことも重要ですが、いかにチームのために自分が役割を果たすかという、自分の役割を見つけることも重要なことだと思います。

勝利のために自分たちそれぞれの役割をしっかり見つけ、秋リーグで勝つために、その役割を果たせるようそれぞれが努力していきます!

3年マネージャー 藤塚永志

vs 日立製作所

2011年08月13日 17時26分56秒 | Weblog
こんにちは!

本日はAチームのオープン戦が行われました。

まずはスコアから。

筑   波 001003001 5
日立製作所 000011000 2


今日のゲームは絶対に先取点をとろう!と試合前のミーティングで決めました。

まずは序盤の攻撃。
1回、2回と先頭を出し得点圏に走者を進めるものの後続が倒れ無得点で終えます。
3回にも先頭を出し得点圏に走者を進めると、2番打者がセーフティバントを決め、その間に2塁走者が生還し筑波が先制します。

一方守備の方では、先発投手が持ち味を活かした投球で相手打線を封じ、4回までを打者12人で切り抜けます。
5回に四球で出した走者を犧飛で返されてしまいますが、最小失点で切り抜け1-1となり試合は後半勝負へ。


6回表。
先頭が死球で出塁。二死から3連打で一挙3点を取ります!

その裏に無死満塁のピンチを作られてしまいますが、ここも併殺打の間に取られた1点のみで最小失点で切り抜けます。

筑波は最終回にスクイズでダメ押しの1点を追加します!

終盤の守りですが、7回から変わった投手が3回を投げ被安打1と力強い投球を見せて、相手打線を封じて5-2でゲームセットとなりました。


今日の試合では昨日の試合で出た課題も上がらず、守り勝つ野球をすることが出来ました。
攻撃においても先頭を多く出し7つの犠打を決め手チャンスを多く作ることが出来ました。


まだまだ細かいとこでの課題や改善点はりますが、同じ課題が上がらぬよう1つ1つ克服していこうと思います。

主務 大谷佳慶