筑波大学硬式野球部のブログ

筑波大学硬式野球部公式HP http://club.taiiku.tsukuba.ac.jp/baseball/

2つ目の勝ち点をかけて…

2011年09月30日 21時34分10秒 | Weblog
皆様こんばんは!

最近ブログの更新が途絶えておりましてすみませんでした。


最近つくばは日が落ちるのも早くなり、朝晩は少し肌寒くなってきました。
ようやく秋の訪れを感じている今日この頃です。


チームは空き週を挟んで2週間ぶりのリーグ戦を迎えようとしています!
この2週間は毎日のように、今まで以上に全員で1つになろう!という話をしてきました。

明日からは、より一層強くなったチームの結束をお見せできると思います!

自分たちの勝ち点がどうとか、相手の勝ち点がどうであるかとかを気にするのではなく、目の前の試合・目の前の相手を倒す事だけに集中して行こうと思います。


尚、明日の大東文化大学との試合は平塚球場にて15:00試合開始予定となっております。
応援のほど、宜しくお願い申し上げます!


[写真はナイター照明を点けてのシートノックの様子です]


主務 大谷佳慶

vs 平成国際大学

2011年09月24日 21時48分27秒 | Weblog
こんばんは。
今週は筑波は空き週です。そのため、本日は平成国際大学とオープン戦を行いました。

まずはランニングスコアから。


筑  波 000000000 0
平成国際 00001000x 1


本日の試合では筑波は5人の投手の継投をしました。
どの投手もテンポ良い投球で相手打線を抑え、打たれた合計の安打数も3安打とします。
しかし、3番手投手が四球で出した走者を進められてしまい、ワイルドピッチにて得点を与えてしまいました。

一方の攻撃面では、なかなか思うように走者を出す事が出来ず、自分たちの思うような展開に持って行く事は出来ず、無得点のまま試合終了となってしまいました。



本日の試合では良い面も悪い面もハッキリと形となって現れた試合となりました。
リーグ戦中にこのような試合経験が出来た事をプラスに捉え、残りの一週間を有意義なものにして大東文化大戦に臨みたいと思います。


主務 大谷佳慶

空き週。

2011年09月21日 20時39分18秒 | Weblog

皆様、こんばんは!

昼頃から大雨と強い風の天気でありましたが、心配された台風も少し前から弱まり、現在はだいぶ落ち着いてきました。
本日は台風の影響を考慮して、午後の授業は全学で休講となりました。

そのため部活動も早い時間に行い、台風のピーク時前に全体練習を終えました。
写真は、室内の施設を利用しての練習風景です。



さて、リーグ戦も2節終え、筑波は今週が空き週となっております。
残る勝ち点を全て取るためにはこの一週間の過ごし方がとても重要になってくると思います。

この期間は調整ではなく、うまくなる・強くなるための期間と捉え、常に向上心をもって取り組んで参りたいと思います。




尚、今週の土曜日に平成国際大学とのオープン戦が入りましたので、併せてご連絡致します。


主務 大谷佳慶

東海大学(2)

2011年09月18日 20時19分39秒 | Weblog
こんばんは!
本日は東海大学との2回戦が行われました。


今日の筑波の先発は宮谷。
先週の日本体育大戦のような好投をと思っておりましたが、立ち上がりに東海大の強力打線に捕まってしまい2イニングを投げて3失点。

4回には2番の谷口も満塁から押し出しの四球を出してしまい、4点目を与えてしまいます。
4回途中から変わった3番手の山田が、東海大打線を残る最終回までノーヒットに抑え、攻撃へリズムを作ろうとします。

しかし、相手投手の前になかなかチャンスを作る事が出来ず、終わってみれば10奪三振、3塁を踏む事が出来ないまま試合終了となってしまいました。


筑 波 000000000 0
東 海 210100000 4


本日の試合は、自分たちのやりたいような野球をする事が出来ないまま終わってしまいました。
また新たな課題が浮き彫りとなった試合となりました。次節は空き週なので良い意味で切り替えて、次の試合に臨みたいと思います!



また、今節は3連休中ということもあり、遠方からの方も含め、いつもよりも多くの方々に球場へ足を運んで頂きました。
力強い、心強い応援ありがとうございました!

皆様からの応援に応えるべく、もう一度チームを鍛え直し、作り直し残りの試合を戦い抜きたいと思いますので、引き続き応援宜しくお願い申し上げます!




主務 大谷佳慶
コメント (1)

東海大学(1)

2011年09月17日 21時22分13秒 | Weblog
こんばんは!
本日は東海大学との一回戦が行われました。

相手先発は好投手菅野。
しかし、初回の攻撃。先頭の山下がいきなり中前安打で出塁し、続く丸山が犠打を決め2進。初回からチャンスを作ります。
後続が続かなかったものの、試合の入りから攻めます。

試合が動いたのは2回表。
先頭打者に中越2塁打を放たれ、犠打で3塁へと送られてしまいます。続く打者に左越え2塁打を浴びてしまい、先制点を許してしまいます。
なおもピンチは続きますが、ここは最少失点で切り抜けます。

3回以降は筑波大の久保・東海大の菅野がお互いに得点圏に走者を置くものの、粘投で要所をしっかりとしめ両者とも得点に繋がりません。
試合はそのまま終盤へ。

8回表に二死ながら走者2塁から、相手4番打者に適時打を放たれてしまい2点目を取られてしまいます。

最後まで諦めない筑波は、最終回の攻撃。
この回先頭の途中出場の星野が左前安打で出塁。続く3番大島も中前安打で続き無死13塁とこの試合一番のチャンスを作ります!
ここで4番矢野。矢野の打球は鋭かったものの遊撃手の正面にいってしまい、併殺打となってしまいますが、この間に1点を返します。
しかし、二死から糸井が中前安打を放ち、チャンスを再び作りますが、最後は相手投手に抑えられてしまいました。



東 海 010000010 2
筑 波 000000001 1


初戦は白星で飾る事は出来ませんでしたが、必ず明日は勝利し、第3戦に繋げたいと思います!
まずは明日の試合! 万全の準備をして、臨みたいと思います!!


明日の試合は、等々力球場にて13:00試合開始予定となっております。



また、別件にはなりますが、弊部HP上に土浦で開催されるリーグ戦についての情報を掲載致しました。
今秋初めて土浦でリーグ戦が開催されるという事で、この節をホームゲームと位置づけを致しまして、球場へ多くの方々に足を運んで頂き盛り上げて頂こうと考えております。
詳細については、決まり次第随時更新していく予定ですので、こちらも併せて見て頂ければと思います。



主務 大谷佳慶
コメント (2)

越えるべき壁

2011年09月16日 19時48分39秒 | Weblog
こんばんは!


いまメンバーはバスで等々力球場近くのホテルに向かっております。

明日から勝ち点2点目をかけて東海大学との試合を行います。


私たち4年生は過去東海大学とは7季戦っておりますが、未だ勝ち点を取ったことはありません。

東海大学に勝つチャンスもこの秋が最後になります。
好投手擁する相手ではありますが、越えられない壁ではないと思います。
むしろ、神宮で勝ち上がるために越えるべき壁であると思います!


今の自分達なら勝てます!!
選手、スタッフ、スタンド、応援してくださる皆様が1つになり全員で束になって戦い抜きたいと思います!



明日の試合は等々力球場にて10:30より行われます。

絶対勝ちます。
明日も変わらぬご声援のほどよろしくお願い致します!!


主務 大谷佳慶
コメント (1)

日本体育大学(3)

2011年09月12日 14時18分39秒 | Weblog
こんにちは。
第1週の勝ち点をかけた日本体育大学との3回戦が行われました。


筑波のマウンドには昨日の2回戦に続いて宮谷が上がります。
宮谷は4回まで安打1本と相手打線を封じ込め筑波に流れを引き寄せます。

すると4回裏の筑波の攻撃。
この回先頭の3番松浦の鋭い打球は相手3塁手のグラブを弾き、その間に松浦は2塁へ進みます。
続く4番矢野が犠打で相手守備のフィルダースチョイスにより無死13塁とチャンスを作ります。
一死から6番糸井が初球スクイズを成功させ、欲しかった欲しかった先制点をものにします!

しかし、5回表の日本体育大学の攻撃。
一死から矢野の失策、安打、四球となり満塁のピンチを作られます。ここで相手1番打者に右前安打を許し同点に追いつかれてしまいます。
なおも満塁のピンチが続きますが、宮谷が踏ん張り2者を打ち取り3者残塁、最少失点でピンチを切り抜けます。


1-1のまま試合は後半戦へ。
次に試合が動いたのは7回裏の筑波の攻撃でした。
この回先頭の林が左前安打で出塁すると、代打星野の犠打、9番鈴木の進塁打で二死3塁のチャンス。
ここで迎える打者は、本日安打を放っている4年生の大島!
カウント0-1から振り抜いた打球はレフトの頭上を越える適時打となり、再び筑波がリードする形になりました!!!


残る2イニング、走者を出すものの宮谷が最後まで気迫のこもったボールを投げ続け、2-1のまま試合終了となりました。



日本体育 000010000 1
筑  波 00010010x 2


リーグ戦第1週目。3試合とも非常に厳しい戦いが続きましたが、最後まで集中して自分たちの野球をやり通せたからこその勝利だったと思います。
この勝ち点を良い意味で自信にして、次の東海大学との試合に臨んで行こうと思います。


まだまだ始まったばかりです。
気を引き締めて次に向かって行きます!!!!!



主務 大谷佳慶
コメント (7)

日本体育大学(2)

2011年09月11日 21時31分41秒 | Weblog
こんばんは。
本日は日本体育大学との2回戦が行われました。


本日の試合も昨日に引き続きどちらも譲らない、非常に緊迫した試合となりました。


先攻の筑波は相手の先発投手の好投の前に9回まで2安打に抑えられてしまいます。

一方で守りでは先発の宮谷と途中登板の谷口が好投を見せて、日体大打線を9回でわずか4安打に抑えます。

昨日に引き続いて、両者無得点のまま延長戦に入ります。


10回表。
二死から糸井の中前安打、河野のセーフティバントで12塁のチャンスを作り、9番林の打球は中前安打となり2塁走者の糸井が本塁を狙うもタッチアウト。

その裏には逆に二死12塁のピンチとなりますが、相手の意表をつく盗塁を糸井が冷静に送球しチェンジにさます。
11回の裏にも先頭を死球出してしまいますが、糸井が盗塁を刺し相手のチャンスの芽を摘みます。


両者譲らないまま迎えた13表。 遂に試合が動きます!!
この回の先頭に山下を代打で送ると中前安打を放ちます。
続く林が犠打を決め、相手の悪送球の間に3塁へ進み無死13塁なります。 続く大島は四球で無死満塁。
この試合一番のチャンスに迎える打者は代打宇佐美!宇佐美の振り抜いた打球は見事に三遊間を抜き、待望の先制点を挙げます!!
なおもチャンスが続き、3番松浦、5番平井、途中出場の桑島が連続適時打を放ち、一挙5点を取ります!!!!


その裏を山田がきっちりと抑え延長13回の末、5-0で勝利致しました!!!!


繋ぐ野球、粘り強い野球、全員野球。
自分達が掲げる野球を徹底してやり抜けたからこその勝利だと思います!
明日も自分達の野球をやり通し、絶対勝って勝ち点をものにします!


応援よろしくお願い致します!!


主務 大谷佳慶
コメント (5)

日本体育大学(1)

2011年09月10日 19時33分25秒 | Weblog
こんにちは。
本日より2011年秋季リーグ戦が開幕致しました。

筑波の初戦は開幕戦。 相手は前回のリーグ戦の覇者の日本体育大学です。


筑波の先発はエース久保。1,2回と安打を放たれ走者を出すものの後続を抑え先制を許しません。

4回には2連打と四球で無死満塁の大ピンチを迎えますが、その後の三人をしっかりと打ち取り無失点。
5回にも一死13塁とされますが久保の力強い投球の前に相手打者のバットは空を切ります。


一方、先制点の欲しい筑波は初回に3番大島が、2回には7番の糸井が安打を放つも無得点。
その後は相手エースに抑えられたままとなり前半を終え0-0。


6回裏の筑波の攻撃。一死から代打松浦を送ると初球をレフトに弾き返します。続く主将の鈴木が犠打を決めクリーンナップに繋ぎます。
3番大島が四球、4番矢野が右前安打を放ち二死満塁のチャンスを作ります!
ここで5番金附の放った打球は鋭かったが相手の正面に飛んでしまい、得点に結びつけることが出来ません。

その後も両チーム共に得点圏に走者を進めるものの、得点は入らず無得点のまま延長に入ります。


10回表の日体大の攻撃。
先頭打者の出塁を許すものの続く打者の犠打を久保が好フィールディングを見せ封殺。
二死1塁としますが、ここから安打と四球で満塁とされ、1番打者に中前2点適時打を放たれてしまいます。

このままでは終われない筑波ですが、本塁を踏むことが出来ないまま試合終了となりました。


日本体育 0000000002 2
筑 波 0000000000 0


初戦は落としてしまいました。
しかし、下を向いている暇なんてありません!
リーグ戦は明日、明後日と連勝すれば勝ち点をあげる事ができます!!

まずは明日の試合。
チーム全員で全力で取りに行きます!!

応援よろしくお願い致します!!



主務 大谷佳慶

明日開幕!

2011年09月09日 17時37分09秒 | Weblog
こんにちは。
いよいよ明日になりました。

今メンバーは平塚に向けてのバス移動中です。


非常に悔しい思いをしました。


辛い期間もありました。


厳しい夏の練習を全員で乗り越えました。


気付けばあっという間に時間が過ぎ去りました。




自分達のやれることはやり通してきました!



明日からは、その成果を出すだけです。

自信を胸に、自分達を仲間達を信じて暴れて来るだけです。



私たち4年生にとってはラストシーズンになります。
全てを懸けて戦います!




初戦は平塚球場にて日本体育大学と12:00より行われます。
応援よろしくお願い致します。



主務 大谷佳慶
コメント (4)