明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

明日に向けて(2015)岸田首相の「新しい資本主義」はまやかし。新自由主義を本当に止めることが問われている

2021年10月20日 11時00分00秒 | 明日に向けて(2101~2200)

守田です(20211020 11:00)

いまこそ「新自由主義」とななにか、「資本主義」とはなにかの考察を深めよう

総選挙を前に、いや総裁選の過程から岸田新首相が「新しい資本主義」というフレーズを使い出しました。所信表明でこう語りました。
「新自由主義的な政策については、富めるものと、富まざるものとの深刻な分断を生んだ、といった弊害が指摘されています。
世界では、健全な民主主義の中核である中間層を守り、気候変動などの地球規模の危機に備え、企業と政府が大胆な投資をしていく。そうした、新しい時代の資本主義経済を模索する動きが始まっています。」

なぜこれを言い出したのか。自ら述べているように、新自由主義のもとで経済的格差がどんどん開き、人々が苦しみにあえぐ中で、批判が高まっているからです。
では岸田首相は本気で新自由主義の克服を考えているでしょうか。どうみても真剣だとは思えません。そもそも「新自由主義とはなにか」をきちんと明らかにしていないし、それを強烈に推進してきた自公民政府の行いへの反省もないからです。
「変える必要がある」といいながら、それまでの問題点を掘り下げることも、責任の所在を問うこともしない。それで事態が変えられるはずなどありません。


「新しい資本主義」の実現目指す 就任後初の所信表明演説 TBS NEWS 20211008

新自由主義とは金儲け最優先の反道徳的な考え方

大事なのは新自由主義のどこがどう問題なのかを明らかにすること。このために今回はこれまで行ってきた講演の中から、この点について論じたものの切りだしを行うことにしました。
2019年2月23日に宇治市で市議会議員選挙に挑戦しようとしていた、佐々木まゆみさんが主催する井戸端カフェにお招きいただいて、話した時の動画の中からのピックアップです。(佐々木さんはその後、当選。市議として頑張っています)
講演全体のタイトルは「やさしい経済の話 社会的共通資本について」。今回はそこから「新自由主義とはなにか」について、創始者のミルトン・フリードマンの人となりを示す逸話を宇沢先生の話から紹介した部分を切り出しました。



この中で宇沢先生が、1965年にイギリスのポンドが切り下げられようとしていた時に、ミルトン・フリードマンが、「空売り」をしようとしていたことについて述べています。
動画の中で詳しく紹介しましたが、「空売り」とは元手を無しに、為替の差を利用して儲けを作りだす錬金術です。これを行うためにコンチネンタル・イリノイという銀行にいって英ポンド1万ポンドを借りだそうとしたのでした。
ところが「われわれは紳士だからそんなことをしない」と断られてしまいました。このことにフリードマンは激怒し、「資本主義のもとでは儲けられるときに儲けるのが紳士だ」と言い放ったそうです。

このように、もともとミルトン・フリードマンが広めた「新自由主義」とは、お金儲けを最優先し、そのためには社会的道徳や倫理観を壊すこともいとわない考え方です。
だから新自由主義に染まった社会ではモラル崩壊が起こり、社会的混乱が起きます。実は「紳士」だったはずのコンチネンタル・イリノイもその後、「投機的な儲け」に走って節度を失い、1985年に事実上、倒産してしまいました。
そんなインモラルなものを進めてきたのが、これまでの自民党公明党政権でした。真摯な反省がなければ転換などできようはずがありません。

なお動画全体についてもご紹介しておきます。
守田敏也講演「やさしい経済の話 社会的共通資本について」

続く

#新しい資本主義 #新自由主義 #岸田首相 #ミルトンフリードマン #宇沢弘文 #空売り #総選挙 #社会的共通資本

原発や放射線被曝の危険性の暴露、さらに経済や社会体制の問題、社会的共通資本に関するさまざまなことの取材・研究・執筆活動のためのカンパを訴えます。以下からお願いします。
振込の場合: ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalの場合:https://www.paypal.me/toshikyoto/500(金額は自由に設定できます)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日に向けて(2104)10月31日は総選挙!みなさん。投票に行きましょう!

2021年10月17日 11時30分00秒 | 明日に向けて(2101~2200)

守田です(20211017 11:30)

 ”VOICE PROJECT 投票はあなたの声” に共感しました。

「ああいいなあ」と思った動画が流れています。
ぜひ紹介したくてシェアさせていただくことにしました。
以下、ご覧下さい。



それぞれの思いがこもったビデオです。出演者の人たち、裏方の人たちの息吹が伝わってきて、そこが良いなあと思いました。
なんというか、俳優さんたちが普通の個人、若者に戻って、等身大で語っているように感じました。
だからああ、「若い人たちがこう語るのって良いな」と思ったし、同時に「投票しても変わらない。自分たちに社会を変える力なんてない」と若い人たちに思わせてしまっている大人の責任もじんわり感じました。

新自由主義の「自己責任」プロパガンダのもと、正規雇用からはじき出され、社会保障を次々と奪われて苦境に立ちながら、「お前が苦しいのはお前の自己責任だ」と罵倒されているのが、実際の多くの若い人たちですものね。
「そりゃ投票する気になれんわ、社会を変えられるなんて思えんわ、それは僕らの責任だ」と僕は思い続けてきました。
そういう人たちがどうすれば自信を回復できるのか、コツコツと可能性を探り、言葉を紡いで来ました。
もっと一人一人の判断が尊重され、だから自信を回復してもらえると良いよなあと思いながら。

そんな中で、すいぶん苦労しながら一生懸命に作られたビデオとも聞いてもいるので、なおさらしっかり受け止めたいです。あ、若者ではない方も混じってますけどね(笑) うん。それもいいな。
けして「有名人」がその力で上から「投票しましょう」と教え諭しているのではなくて、いまのたくさんの人の等身大の声を代弁し、その中で「投票に行こうよ」と伝えてくれていているように感じて「いいな、広げたいな」と思いました。
出演されたみなさん、裏方で尽力されたみなさんに感謝します。

これ、ぜひみんなでどんどん広げましょう。

#拡散希望 #VOICEPLOJECT #投票はあなたの声 #投票に行こう

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日に向けて(2103)原潜から始まった原発と核燃料再処理の意味するもの(森川聖詩と守田敏也の「もりもり対談」2回目の2です)

2021年10月10日 23時30分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20211010 23:30)

今回は原潜と原発のこと、核燃料再処理の意味するものついて語り合いました

森川さんと守田のもりもり対談2回目「原爆と原発の関係について」の続きをお届けします。

ここで話されたことを2回にわたって書きだしています。
前回は「ウランの核分裂と原爆製造」と「プルトニウム原爆の製造」について説明しました。
今回は「原子力潜水艦から始まった核発電」と「核燃料再処理の意味するもの」についてです。

「もりもり対談」1回目もご紹介しておきます。

被爆問題とどう向き合っていくのか。コアな内容を語り合いました。紹介記事のアドレスも記しておきます。
明日に向けて(2057)被爆、被曝、被ばく、ヒバクについて考える(森川聖詩と守田敏也の「もりもり対談」を始めます!)
https://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/02ef7f7741b0f4afe886733f93b6b5c2


原子力潜水艦から始まった核発電

今回は、ウランの核分裂の発見から原爆が誕生したことに継ぐ話で、この過程で核発電=原発も生まれたことを解説しています。その際、原発はあくまで副産物だった点が大きなポイントです。
どういうことかというと、原子炉で核分裂連鎖反応を行うと大量のエネルギー=熱が発生するのです。これを冷ますにどうしたら良いか。あれこれ試される中で水が使用されました。
しかも水は「減速材」の役目も果たしました。原子炉の中の中性子が水の分子と当たることで速度を落とし、より次のウランに当たりやすくなるのです。その点でより効率的でしたが、しかし熱によって大量の蒸気が発生してしまう。

これを何かに使えないかということでタービンをかませ、発電することが考え出されたのですが、それも初めは核軍事体系の一部でした。潜水艦の動力として開発されたのだからです。
核戦争の当事者にとっては、相手がどこから核攻撃をしてくるのかをつかむのが重要です。先にそこを叩けば核攻撃を防げるからです。反対にどう隠された場から核攻撃を行うのかが重要になる。
ヒロシマ・ナガサキではアメリカ軍はB29から原爆を投下しましたが、しかし航空機は撃墜される可能性があるし、基地を叩かれる可能性があります。それでミサイル開発が進みましたが、ミサイルも発射基地を特定されたら叩かれてしまう。

それで注目されたのが潜水艦ですが、そうすると今度はできるだけ長く潜っていた方がいいことになる。燃料補給などのために浮上してきた時が見つかりやすいからです。燃料基地も攻撃を受けやすい。
長く潜っているためには、少量の燃料で長く航行できると良いし、しかも酸素を使わずに発電できれば酸素の補給もいらないので、より浮上をしなくてすむ。それで「原子力エンジン」が開発され、原潜が生まれたわけです。
民生用の原発は、そののちに核戦略への批判が高まる中で、「平和」という隠れ蓑のもとに登場してきたものにすぎないのです。


最初の原子力潜水艦ノーチラス号 1954年1月21日進水、1954年12月30日搭載原子炉初臨界 アメリカ国立公文書記録管理局の写真より


核燃料再処理の意味するもの

さてこのように核開発の歴史を観てくると、核兵器を持つためには、原子炉やウラン濃縮技術を持つとともに、再処理技術を持つことがとても重要であることが分かります。それがないとプルトニウムを得られないからです。


再処理の工程 原子力・エネルギー図面集より


このため核保有五大国は、その他の国に原発は認めても再処理技術を持つことを認めていません。実は唯一の例外として、この技術を持っているのが日本なのです。
その五大国や日本が、原発を輸出するときには、売却する相手国と「原子力協定」を結ばなければなりませんが、そこには「原発の技術を供与するけれどもこれを核開発に使ってはならない」という約束が書き込まれます。

それでも実は各国は、原発を持つことが核兵器を持つことの初めの一歩になるので、持ちたがる傾向にあるのです。軍事的緊張関係の中で強国たらんとしている国ほどそうです。
この点で特徴的だったのは日本とトルコの間の原子力協定でした。トルコのエルドアン首相が、再処理技術の供与を強く欲したからです。核技術体系として原発を求めたのです。
しかしそれでは原子力協定違反になります。それで協定には「両国が合意した場合は、再処理技術を供与する」と「玉虫色」の文言が書き込まれました。


トルコ・エルドアン首相と安倍総理大臣で原子力協定調印を合意 2013年5月3日 AFP通信

エルドアン首相は、それでトルコを、再処理技術を持ちうる国=核武装を可能にしつつある国と周辺国に見せることを可能にしようとしたのでしょう。
一方で、日本側は「両国が合意したらと書いてある。日本は合意しないので再処理技術を供与したことにならない」とうそぶき、ビジネスを進めたのですが、この一件は、原発が核兵器体系の一環であることを強く印象付けるものでした。
もっとも、結局、日本からは原発そのものが輸出できませんでした。トルコと日本の民衆の連携で、原発建設を食い止めてしまったからです。僕も食い止めに少し寄与することができて嬉しかったです。

#原爆と原発 #原子力潜水艦 #原発は核兵器体系の副産物 #核燃料再処理の意味するもの #再処理は軍事技術 #原子力協定 #核技術体系としての原発 #エルドアン 

原発や放射線被曝の危険性の暴露、被爆者にまつわるさまざまなことの取材・執筆活動のためのカンパを訴えます。以下からお願いします。
振込の場合: ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalの場合:https://www.paypal.me/toshikyoto/500(金額は自由に設定できます)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日に向けて(2102)原爆と原発の関係性について考える(森川聖詩と守田敏也の「もりもり対談」2回目です)

2021年10月07日 23時30分00秒 | 明日に向けて(2101~2200)

守田です(20211007 23:30)

原爆と原発の関係性について語り合いました

森川さんと守田のもりもり対談の2回目ができましたのでお届けします。
今回は原発がもともと原爆製造装置から生まれてきたことについて話し合いました。
原爆と原発の基礎が分かります!まずは動画をご覧下さい。

ここで話されたことを2回にわたって書きだします。
前半は「ウランの核分裂と原爆製造」と「プルトニウム原爆の製造」。
後半は「原子力潜水艦から始まった核発電」と「核燃料再処理の意味するもの」です。


広島・長崎原爆のレプリカ ニューメキシコ州ニュークリア博物館にて 守田撮影

ウランの核分裂と原爆製造

もともと「原子力」はウランが核分裂することが発見されたことから始まります。
中性子が当たると核分裂するとともに、新たに中性子が飛び出して核分裂の連鎖反応が起こり、すごいエネルギーが出ます。これを応用したのが原爆であり、原発です。
原爆の場合は一気に核分裂連鎖反応が起こされて大爆発が生み出され、原発ではゆっくりとした連鎖が続けられますが、どちらでも死の灰(放射性ヨウ素やセシウム、ストロンチウムなど多様な放射性物質)も大量に出ます。


原子力百科事典 ATOMICAより

この時、重要なポイントとなることは、地中に埋まっているウランのうち、核分裂するウランはほんのわずか、0.72%しかないことです。(動画では間違えて0.6%と語ってます。お恥ずかしい。正しい値をテロップで入れてあります)
これでは核分裂の連鎖反応を起こせない。それで濃度を高めます。「ウラン濃縮」です。これを繰り返して純度を限りなく上げて製造したのが広島型原爆(リトルボーイ)です。


広島原爆のレプリカ ニューメキシコ州ロスアラモスのブラッドバリー博物館にて 守田撮影

ウランの核分裂を利用するためには、核分裂の連鎖を管理下で起こせる装置が必要ですが、そのために作られたのが「原子炉」です。原子炉の中で核分裂の連鎖が持続する状態を「臨界」と言います。
この際、原子炉の中にはウラン235と238の双方が入っていますが、核分裂しないウラン238(99.2475%)にも中性子が当たって重要な変化が起きます。中性子を取りこんだウランが、新たな核分裂性物質に変わるのです。
それがプルトニウム239です。正確にはウラン238+中性子→ウラン239→ネプツニウム239→プルトニウム239という過程を経ます。


ウラン238からプルトニウム239への変化 出典不明


プルトニウム原爆の製造

炉内で生成したプルトニウム239は、ウランが詰められて核分裂連鎖反応が行われた核燃理棒の中に生れています。これを取り出すのが「再処理」という工程です。
プルトニウム239は他の死の灰もたくさん詰まった使用済み燃料と一緒に存在しているため、プルトニウム239を取り出す過程でどうしても他の死の灰も環境中に出てしまいます。
グリーンピース・ジャパンの「原子力安全・保安院」提出の資料も基づく説明では、1日に通常の原子炉が1年かけて放出する放射性物質を出してしまいます。大変な核汚染です。(通常の原発の汚染も深刻ですが桁違い)
https://web.archive.org/web/20110903202711/http://www.greenpeace.or.jp/campaign/nuclear/plutonium/rokkasho/20021122_shiryo_html

このようにプルトニウム239を再処理して取り出し、これを材料に作ったのがプルトニウム型原爆です。長崎で市民の大量虐殺に使われた爆弾です。


長崎原爆のレプリカ これもブラッドバリー博物館にて 守田撮影

形状の違いから広島型に「リトルボーイ」、長崎型に「ファットマン」というニックネームが付けられました。
ウランの場合は、大きく二つに分けて火薬の力で真中で合体させて核分裂させましたが、プルトニウムの場合は細かく分けて、球のように配置し、火薬で真中へと「爆縮」させて核分裂させました。

この際、プルトニウム爆弾を爆発させる方が難しいとのことで、1945年7月16日にアメリカのニューメキシコ州アラモゴードにあったトリニティサイトに実験的な核爆発が行われました。


現地の市民団体が作ったニューメキシコ州の地図 中央の黄色、オレンジの部分がトリニティサイト、その北にあるロスアラモスから火事で放射性物質を含む煙が流れたことが図示されている


このとき周辺住民が深刻に被曝しました。人類初の核爆弾による被爆者は、アラモゴード周辺で生まれたのです。もっともウラン採掘からプルトニウム製造、再処理の過程ですでに膨大な汚染が生じ、先住民族などが被曝していたのですが。
米軍はこのような過程を経て、さらにヒロシマ・ナガサキで核による人体実験を行い、その結果、プルトニウム原爆の方が安く製造できることをつかみ、その後はもっぱらプルトニウムが核兵器の材料の中心となりました。

続く

#原爆と原発 #ウラン核分裂 #ヒロシマ #ナガサキ #ウラン235 #ウラン238 #ウラン濃縮 #プルトニウム #再処理 #トリニティサイト

原発や放射線被曝の危険性の暴露、被爆者にまつわるさまざまなことの取材・執筆活動のためのカンパを訴えます。以下からお願いします。
振込の場合: ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalの場合:https://www.paypal.me/toshikyoto/500(金額は自由に設定できます)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明日に向けて(2101)「北陸からのトンネル新幹線」なんてやめて欲しい・・・外山亮介作「トンネル」をご覧下さい

2021年10月04日 22時00分00秒 | 明日に向けて(2101~2200)

守田です(20211004 22:00)

写真展「トンネル」開催中です

京都市京北町に住むカメラマン外山亮介さんが描いた「トンネル」をご覧下さい。共感したら拡散もしてください。

https://youtu.be/-qVt6_d2A1o

外山さんは2019年に東京から京北に移り住まれ、古民家に手を入れて住まわれています。
のどかだけれど、京都の町にも近いこの場での生活に馴染んだころ、その真下に「北陸からのトンネル新幹線」のルートが設定されようとしていることを知ったそうです。
「最初は地下深いところなら影響も少ないか」と思ったものの、調べれば調べるだけ不安が広がり、「壊されてしまうかもしれない」ものを撮ろうと思い立ち、この展示に結びつけられました。

外山さんは写真を「アンブロタイプ」という技法で撮られた。
仕上げた後にそのガラスの写真を割っていき、それを美しく直してから展示した。
昔、大切にされていた「割れ目さえも美に変えていく」日本の古来の技法を取り戻したいとの思いも込めて。


京都国際写真祭(KYOTO GRAPHIE)と連携したKG+に出展

「トンネル」は、京都国際写真祭(KYOTO GRAPHIE)開催に合わせて展示されています。
この写真祭そのものが素晴らしいので、ぜひお出かけください。10月17日土曜日までです。
https://www.kyotographie.jp/

「トンネル」の出展は、正確にはこの写真祭と連携した「KG+」の場においてです。
http://kyotographie.jp/kgplus/2021/exhibitions/index.html

その52です!
http://kyotographie.jp/kgplus/2021/exhibitions/52/index.html

場所はKYOTO GRAPHIEのインフォメーションセンター二階です。
三条両替町。地下鉄烏丸御池駅すぐそばです。


トンネルに大金をつぎ込みながら「財政破たん」を公言する京都門川市長のウソ

なお「北陸からのトンネル新幹線」はたくさんの深刻な問題を抱えています。
その一つがお金の問題。なんと京都門川市長が「財政破たん」を公言しながら、どれだけ京都市が負担することになるかもわからないこの新幹線工事にお金をつぎ込もうとしています。
門川市長は他にも、堀川通のバイパストンネルを作ろうとしており、さらには「リニア電磁波トンネル新幹線」計画にもお金を出そうとしています。

しかしよくその主張を聴いてみると、そもそも地下鉄東西線のトンネル工事での借金がなかなか返せないというのです。
それで調べてみたら、この工事、2450億円の予算で始まりながら、ゼネコンの言うがままに145回も契約更新した末、4515億円もかかってました。ところが何の反省もしていない。
結局、トンネルを掘って掘って、お金を継ぎ足して継ぎ足して、ゼネコンが大きく儲けて、市税が使われたのです。あまりにひどい。

しかもそれで今度は京都の地下水脈が傷つけられ、膨大な土砂の搬出で京都近辺にダンプカーが溢れ、東京のように地表の陥没などが起ころうとしています。
そんなトンネルなんてまっぴら。そんなことも考えながら外山亮介さんの「トンネル」をご覧いただきたい。
なお「財政破たん」というウソと、トンネル工事のひどさについて、日本共産党京都市会議員の樋口英明さんに教えていただいたので、動画をご紹介しておきます。こちらもご覧下さい。

ウチこま緊急企画 京都市の財政破綻ってホンマなん?


水と木の祭 で外山さん他みなさんとお話します!

「トンネル」を描いた外山亮介さんとお話する機会も持てました!「北陸新幹線延伸計画」についてが主題。
10月9日(土)、滋賀県の琵琶湖畔、白ひげ浜水泳キャンプ場にてです。14時20分から

スペシャルトークイベント
http://mizutokinomatsuri.asia/talk/?fbclid=IwAR0ybDaa8L_IK2j1DFuXAGnNN-6JkqgsEOWdL5DsDTJKJIorh_8DOUaeQUE

他の登壇者は
長野宇規(ながのたかのり)さん。知井の新幹線問題を考える有志の会
にしむらしずえさん。フリースクール「ひとつぶてんとう園」代表
丹下 紘希(たんげこうき)さん。人間ときどき映像作家/たまにアートディレクター
廣海緑朗(ひろみろくろう)さん。NPO法人みんなの地球のくらしかた/mumokuteki/京都オーガニックアクション

そして
外山亮介(とやまりょうすけ)さん。写真家
守田敏也(もりたとしや)です。

ただし「水と木の祭り」全体としてクオリティの高いミュージシャンがたくさん出演するため参加費は1万円。その上、人気が高くて追加チケット100枚ももうほとんど売れてしまっているようです。1万円ではかなり安めの企画なのだとか・・・。

ともあれ、いろんな角度から新幹線のこと、トンネルのことを深めたいです。あ、僕的にはやはり原発のことにも触れたいですね。
みんなと一緒に考える場を作ってきます!

#北陸新幹線 #北陸からのトンネル新幹線 #外山亮介 #トンネル #KYOTOGRAPHIE #KG+ #水と木の祭 #京都市長はウソつき #財政破たんはウソ #ウソつき市長

新自由主義のもとでの巨大開発についての取材・執筆活動のためのカンパを訴えます。以下からお願いします。
振込の場合: ゆうちょ銀行 なまえ モリタトシヤ 記号14490 番号22666151
Paypalの場合:https://www.paypal.me/toshikyoto/500(金額は自由に設定できます)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする