明日に向けて

福島原発事故・・・ゆっくりと、長く、大量に続く放射能漏れの中で、私たちはいかに生きればよいのか。共に考えましょう。

明日に向けて(1774)新型コロナウイルス対策としての小中高の休校要請は正しいのだろうか(まずは冷静にこの病を注視しよう!)

2020年02月27日 23時30分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20200227 23:30)

● 全国の小中高を休校にするというけれど・・・

みなさま。京都市長選に全力投球して以降、しばらくブログの更新をせずにきましたが、YouTube番組「もりもりチャンネル」では幾つかの動画を配信しています。
今後、「明日に向けて」のブログ、HP、メルマガでの配信体制を大幅に再編し、「もりもりチャンネル」も含めて情報発信の仕方を刷新していくつもりです。
新たに「もりもりラジオ」も開設します!また新たにプロジェクトを立ち上げて、いままでにないコンテンツも幾つか出していきます。ともあれ新体制に期待してください。

さてこの新たな歩みの第一歩を京都市長選の振り返りから始めようと考え、かなり考えを煮詰めていたのですが、新型コロナウイルスへの対応がものすごい勢いで急展開しています。
端的に言って、僕は政府のスポーツ・文化企画の自粛要請は、過剰反応なのではないか、かつまたあまりに中途半端なのではないかと思っていたのですが、本日(27日)にさらに全国の小中高の休校要請が政府から出されました。
驚きました!「安倍内閣はそこまで錯乱しているのか!」とビックリしました。なぜって長い間、無為無策で過ごし、いろいろな準備をする時間を失った上で、いきなりまだ患者確認もされていない県も含めてこの方針を出したからです。

そんなことをしてどういう社会的影響が出るか考えているのでしょうか。ほとんど何も考えていないのではないでしょうか。これでは小学校低学年の子を抱えているあらゆる人々が仕事ができずに行き詰ってしまうし、計り知れない社会的ダメージがあります。
その上、もっとも感染の危険性のある「満員電車」はそのままにしたまま。いやそれどころかダイヤモンド・プリンセスに乗船し、レッドゾーンとクリーンゾーンを分けられない環境にいた厚生省の職員たちへのウイルス検査もせず、国会や霞が関界隈を歩き回らせたままです。
それらの人々が国会議員に濃厚接触しているのに、国会はマスクもせずに行っている。それでいて小中高を休校へとあまりに対応がチグハグです。少なくともこんな政府にとても命を預けられないことだけは明白です。



● まずは新型コロナウイルスの影響を正確につかもう!

さて僕はいまの対応が過剰ではないかと書きましたが、その点はいったんペンディングしましょう。それよりもまずは冷静にこの病がどういうものなのかをおさえることが大事だからです。
とくに僕が懸念するのは、「全国の小中高を休校に」と言い出したことから、多くの人が「ああ、子どもが危ないんだ!」と思ってしまうことです。あるいは「なんで保育園や幼稚園を休みにしないんだ!」とものすごい不安も沸き起こっていると思います。
しかし中国から発せられたデータを解析した上で強調したいのは、「子どもたちや若い人々にはほとんど深刻な症状は出ていない!」ということです。10歳未満では死者も一人も出ていません!その点で成人にいたらないお子さんをお持ちの多くの方はけして慌てる必要はありません。

僕がこう語る根拠は中国の医療者たちが出してくれた以下の論文にあります。
中国におけるコロナウイルス病2019(COVID-19)の発生の特徴と重要な教訓https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2762130?fbclid=IwAR2KYa3JRxz06C_bbEBBd_fgA1MDWPG_8Zq5dNTF5jomnFGlYiLxkFYweCg

英文ですがたじろぐなかれ!Google翻訳などを使えば簡単に読めます。
このところこのソフトは格段に性能が増していて、かなり正確な訳に近づいているので試してみて欲しいです。
最も注目すべきところは、10歳から19歳までと10歳未満の患者がともに全体の1%にすぎないことです!




● どの年代がどう危ないのか・・・

この論文は2月11日までの症例を反映しています。このときまでにこのウイルスへの感染が疑われた72314件のうち44672件がこの病であることが確定されました。
そのうちの87%、ほとんどの部分は30~79歳です。このほか80歳以上は3%、20~29歳8%、10~19歳は1%(549件)、10歳未満も1%(416件)、10歳未満は正確には0.931%でした。
致死率は全体では2.3%ですが、これは武漢が重症者しか診れていなくて軽症者がほとんどカウントされていない状態のもので、武漢をのぞく中国全体では0.22%となっています。(この点だけ当該論文外の資料に基づいてます)



さらに重要なのは10歳未満では死亡者は1人もいないことです。発症者が416件あった中でのことです。この点では10歳未満のリスクは決して高くないと言えます。
反対に80歳以上の致死率は14.8%と高い!70~79歳でも8%です。
これらのデータからすると守るべきは30歳以上の人々、とくに高齢者であってその点では、満員電車への対策やれいわ新選組が国会閉会を求めているるように、メンバーの多くが高齢者や障害者で構成されている場に適正な対応を施すことです。

若い人々の間ではインフルエンザの方が危険性が高いことも分かりますが、しかしインフルエンザに対して全国の小中高の休校を一斉に行ったことはありません。
休校政策はそれはそれでさまざまな社会的矛盾をひきおこすからです。その点で今回の決定は社会的マイナス面の方が大きいと僕には思えます。子どもの患者の増加による高齢者への影響を防ぐ効果はあるかもですが、それならますます満員電車を放置しておけないはずです。
ともあれ全国の小中高の休校が要請されているからといって20歳未満の子ども・若者が危機に直面しているわけではないことに留意してください。リスクは満員電車の多くを占める30歳以上の方がより高い。ただそれもインフルエンザと比較してすごく大きいわけでもないことをおさえておきましょう。

政府の対応に対するウォッチを続けます!

コメント

明日に向けて(1773)いのちの守り方 原発のおはなし +中村哲さんのこと、京都市長選のことをお話します!(16日木津川市にて)

2020年02月14日 17時20分00秒 | 明日に向けて(1701~1900)

守田です(20200214 17:30)

● 京都市長選、結果は残念でしたがとても大きなものをつかみました!

みなさま。大変、ご無沙汰してしまいました。京都市長選に没頭してました。
選挙に向けてYouTube番組「もりもりチャンネル」を立ち上げ、もっぱらそこでの動画配信を行っていてブログ更新ができませんでした。
どうも申し訳ありません。

すでにチャンネルについてはお知らせしていますがあらためてここに記しておきます。
今後、よりたくさんのことを配信していきたいと思います。

もりもりチャンネル
http://j.mp/morimorich

さて京都市長選、みんなで相当に熱を入れて取り組みましたが勝てませんでした。
なぜなのか。また積み上げることができたものは何だったのか。今後、どうすればいいのか。基本的な点はクリアに見えてきたように思っています。
まだ「つなぐ京都2020」としてのまとめが出せていないので、詳しくはその後に自分の見解をきちんと出していきたいと思いますが、以下の左京区の振り返りの会のラストの発言でアウトラインを述べたのでよければご覧ください。

京都市長選挙左京報告集会 
もりもりチャンネルvol.148
https://youtu.be/OB0MFyHbNwc

僕の発言は52分ぐらいからですが、全体として選挙後の「つなぐ京都2020」の雰囲気が良く分かるので全体も観てくださると嬉しいです。


● 原発について、中村哲さんのこと、京都市長選のこと、話します!

選挙が終わって、捉え返しを進めながら、さすがにちょいと風邪もひき、療養したりもしてました。
それを通じて、だんだんまた力が漲ってきたので、次なる歩みを開始します。

まず16日に以下の企画でお話しますのでぜひご参加下さい。

原発のこと、いのちの守り方についてお話するとともに、「中村哲さんのこと、京都市長選のことも話してください」とのことですので、頑張って統一的に話してみます!

守田敏也さん 『いのちの守り方 原発のおはなし』
主催者: Olipoli くらしのあれこれを話す会https://www.facebook.com/events/638871570219527/?active_tab=about

🔶日時 2020年2月16日(日) 10:00〜12:00
🔶場所 木津川市東部交流会館 ホール
🔶参加費 大人 1000円 大学生 500円 小人無料

原発、核。共存できないってことはわかるけれど、仕組みが難しそうでなんとなく話しにくい、、守田さんのお話はそんな思いをいっぺんにひっくり返してくれます。あーそうなのかって目からウロコ。
原発の仕組みや命の守り方を子どもにもわかる優しい言葉で熱く語ってくださいます。
引き出しがたくさんある守田さん。去年行かれたアメリカ、ハンフォードのお話や、親交深かったペシャワール会の中村哲さんのお話も。ぜひ聞きにいらしてください。


● 各地の京都市長選の振り返り会に参加します!

また次なる一歩のためにも京都市長選でつかんだかなり大きなことをうち固め前に進む必要性を考えているのでどんどん参加しています。
実は今日14日、これからすぐに以下の二カ所の会に向かい、参加し、お話します。

京都市長選挙報告集会/南区 
18:30〜京建労会館にて
京都市南区西九条豊田町3

京都市長選挙報告集会/下京区 
19:00〜企業組合センターしんまちにて
京都市下京区東塩小路町

この他、発言の予定はありませんがこれにも参加します。
西京市長選振り返り集会
20日19:00~20:30
京都市西文化会館ウエスティ

19日午後7時から風伝館で行われるそもそも選挙とはからガチンコで話そうというトークにも参加します。
ネット情報を見つけられなかったので、分かり次第、ご案内します。


みなさま。
これからもまたよろしくお願いします!

コメント