「太陽にほえろ!」当直室 仮設日誌 PART2

6年半ご愛顧いただいた『太陽にほえろ!当直室』(since2002年5月)復活ブログ、引っ越しました。(2014年7月)

「切ないなぁ・・・」

2019-05-20 20:01:17 | 当直室日記
昨日、「ショーケン最終章」を一気読み・・・。




一気に読むんじゃなかったと後悔しました・・・。

確かに、「ヒーロー」とか「カリスマ」とかという観点からこの本を読むと色々と思う人は居ると思いますが、ただそれをひっくるめてショーケンさんの魅力だったということじゃないかと私は思っています。
ショーケンさんの生き方について、一般人的に是非を問うのは野暮というもので、自分に忠実で、かつ職人肌というところで、軋轢を生み、悪さもし、後悔もし、孤独に耐えた人生は、やっぱり芸能の世界でも異質を放った存在であったことの裏返しのように感じますし、同時に芸能の人だったともいえるかもしれません。

俺じゃどう跳ねてもあんな生き方は出来ないので、間違いなく別世界の人を見る感じではありますが、ショーケンさんを主役とした物語を読んだという観点から、涙が出てきました・・・。

ただ、晩年はもっともっと活動されたかったんだと感じます。
だからこそ、酸いも甘いも噛みしめたショーケンさんの「今後」の演技が見られなくなるのも残念至極ですし、『鴨川食堂』の続編も観たかった・・・。

この記事についてブログを書く
« ファミ劇太陽放送5/14=無差... | トップ | ファミ劇太陽放送5/21=「暴... »

当直室日記」カテゴリの最新記事