加山到のハマッ子雑貨飯店

おもちゃ箱をひっくり返したような楽しい雰囲気が伝われば嬉しいなっと。08年11月6日開店!

つつじが丘の生姜焼き

2017-11-16 | 生姜焼き&中華
過日、稽古の都合で京王線は「つつじが丘駅」まで行きました。初めて降り立った駅。知らない町。
むふふふ・・・
当然の如く、昭和の香り漂う定食屋を探しに散策~~~

ありましたーーーー



食堂 「一休」



ほーら、いい感じですよ~ 無口な職人気質のご主人と陽気なおかみさん。典型的なこれぞ日本のご夫婦
「いらっしゃーーい!なんにしましょ? ・・・は~い!〇〇一丁!」とおかみさんが声高々に言うと、厨房ではご主人が何も言わずに鍋にダシを作り始める、或いは食材を取り出す・・・ってな感じ。



もちろん豚肉の生姜焼き定食。おやおや、こういうとこでは珍しい玉ねぎ共存型+ピーマン
「昭和でしょ~?」とおかみさん。
玉ねぎの甘さもさほど強くなく、微笑ましい庶民的な味です



開業して40年弱。まだまだ続いてほしい老舗です。
「美味しかったです!」と言ったら、厨房のご主人がにっこり微笑みました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公演空席状況11月14日

2017-11-14 | 舞台・イベント系仕事
舞台「歌う!ペンション・ビーチサイドやまびこ」
空席状況
11月14日午前9時30分現在

11/20(月)19時……空席あり
11/21(火)19時……空席あり
11/22(水)14時……満席
11/23(祝)14時……満席
11/24(金)19時……空席わずか数席
11/25(土)14時……満席
11/26(日)14時……満席

よろしくお願いします😆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やまびこ」出演者2

2017-11-12 | 舞台・イベント系仕事
舞台「歌うペンション!ビーチサイドやまびこ」の出演者続編です



小野和子さん
いやはや・・・愛嬌のあって可愛いというの言葉はこの方のためにあるのでしょうね。料理が得意で稽古場での宴会時にはお手製のメニューがずらり



ヒコさん
チラシには渡部俊比古さんと記されていますが、どうやらヒコさんが一般的のようです。その独特なセリフ回しと間の取り方は唯一無二 誰にも真似はできません。とてつもない存在感です



永田絵美ちゃん
明るいっす。元気です。ギター弾きます。弾けます。声優やりながらオリジナルソングを作ってはライブやってます



境ゆう子ちゃん
はい、将来の肝っ玉母さん間違いなし!のキャラ。舞台女優として活動する一方、どうやら本職は歌手のようです。今回の舞台では本領発揮しますよ~



野口きみえちゃん
彼女は舞台を支える裏方さん。制作担当で毎日稽古場で笑顔を振りまいてくれています。「写さないで~~~~


『歌う!ペンション「ビーチサイドやまびこ」』
【作・演出】龍尺千秋
【出演】小野和子・加山到・金月真美・川﨑葉子・境ゆう子・そのだやすたか・得本綾・永田絵美・渡部俊比古・小沢あき(ギター演奏)・本多一夫❗️・他
【会場】「劇」小劇場
京王井の頭線/小田急「下北沢」駅南口下車5分
http://www.honda-geki.com/gekisyogekijo.html
住所:東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL:03-3466-0020

ご予約は私まで、ぜひ❗️
*当日に劇場受付でお名前をお知らせの上、代金をお支払いください。
*当日券をお考えの方も、できましたら前日までに予約を頂けたら幸いです。


【公演スケジュール&残席状況/11月11日22時現在】
11月20日(月)19時
11月21日(火)19時
11月22日(水)14時(残席わずか)
11月23日(木)14時(満席)
11月24日(金)19時(残席わずか)
11月25日(土)14時(満席)
11月26日(日)14時(満席)

【全席自由】前売当日共に2,500円
※受付開始・開場は開演の40分前です
※ご入場は来場順となります
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「やまびこ」出演者1

2017-11-10 | 舞台・イベント系仕事
今月に開催される舞台「歌うペンション!ビーチサイドやまびこ」の出演者をご紹介~



まずは得本綾ちゃーん
今回の舞台に私を呼んでくれた張本人。6年前に劇団カンタービレで出会ってからのお付き合い。今回の彼女は物語のキーパーソン。アツく演じてくれますよ~



そのだやすたか君
見るからに真面目そのものですが、熱い いい声してます。そもそも声優として芸能活動を始めているようで、テレビでナレーションなどもしています



金月真美さん
ファンキーなおばちゃん・・・あ、いや・・・お姉さまです。その存在感は抜群。アニメ「花田少年史」やら「ワンピース」やら「金田一少年の事件簿」やら「名探偵コナン」やら「ちびまる子ちゃん」やら、ゲームやらナレーションやらで活躍するとてつもなくすごいベテラン声優



龍尺千秋さん
あ、この方は出演者ではなく今作品の脚本&演出家です。“滝沢千秋”として声優活動を経て舞台の脚本家、演出家、ラジオの作家としてご活躍の姉御肌

次に続く



『歌う!ペンション「ビーチサイドやまびこ」』
【作・演出】龍尺千秋
【出演】小野和子・加山到・金月真美・川﨑葉子・境ゆう子・そのだやすたか・得本綾・永田絵美・渡部俊比古・小沢あき(ギター演奏)・本多一夫❗️・他
【会場】「劇」小劇場
京王井の頭線/小田急「下北沢」駅南口下車5分
http://www.honda-geki.com/gekisyogekijo.html
住所:東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL:03-3466-0020

ご予約は私まで、ぜひ❗️
*当日に劇場受付でお名前をお知らせの上、代金をお支払いください。
*当日券をお考えの方も、できましたら前日までに予約を頂けたら幸いです。

【公演スケジュール】
11月20日(月)19時
11月21日(火)19時
11月22日(水)14時(残席わずか)
11月23日(木)14時(残席わずか)
11月24日(金)19時(残席わずか)
11月25日(土)14時(満席)
11月26日(日)14時(満席)

【全席自由】前売当日共に2,500円
※受付開始・開場は開演の40分前です
※ご入場は来場順となります
※未就学児童の入場はご遠慮ください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ10年突入 パート2

2017-11-07 | レコード
前回に続き、“自己満足”サイン入りレコードです



「GEMINI PARTⅡ」 内海利勝(1975年・フィリップス)
キャロル解散後、ソロデビューしたウッチャンのアルバム。後年、ブギウギバンドのメンバーとライブを行った際にサインを頂きました。穏やかな人なんですよね~

 

「TORU OKI BLUESBAND」 大木トオル(1981年・CBS)
アメリカを拠点に活躍しているブルースマン、大木トオルさん。2002年のデビュー開始30周年記念/凱旋帰国ライブの時に六本木STB139で頂きました・・・が、警戒厳重で、持参したジャケットをスタッフに託してのサインでした



「LIVE STUFF」 STUFF(1979年・ワーナー)
実力派ミュージシャンが集まった最強のフュージョンバンド。高校の頃にはまったなぁ~ ドラムのスティーブ・ガッドが大好きでね。2度ほどコンサートに行ったかな。
リーダーのゴードン・エドワーズが、上述の大木トオル凱旋帰国ライブ時のメンバーとして来日した際にサインを頂きました



「GADD ABOUT」 スティーブ・ガッド(1984年・キング)
STUFFのスティーブがリリースしたソロアルバム。2004年に違うバンドのライブで横浜に来た時に頂戴しました
楽屋出入口近くの客席で「サイン、プリーズ!」と言ったら、「later(あとで)」と言われました。
アンコールを終えて、サインを待つ私を尻目に楽屋に引っ込んでしまってスティーブ。
私が意気消沈していたら、「umm~、誰だっけ?君だったっけ、サインを欲しがっていたのは?」と楽屋から出てきて、快くサインをしてくれましたぁ~~~~



「ひとりきりの部屋」 小野寺昭(1975年・コロムビア)
「太陽にほえろ!」の殿下刑事で絶好調だったころにリリースされたアルバム。2017年の舞台出演の際に頂きました。にこやかに「太陽!」の話などをしてくださいました

以上、2回にわたり、「ブログ10周年突入記念」の投稿でしたぁ~~~~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログ10年突入

2017-11-06 | レコード
お陰様でブログを開店(タイトルが「雑貨飯店」なので開店です)して満9年。10年目に突入いたしました
これもひとえに毎日のように見てくださる方々、時折気になって見てくださる方々、常に気にして下さっている方々のおかげと改めて感謝申し上げます。

SNSとやらの発達で、ブログ更新を滞らせたりやめてしまう人が多い中、「ブログを見てくれている人がいる限り続けなければ・・・」との思いでやってきました。時折SNS(私の場合はFacebook)にリンクさせて、今までと同様に興味を持ってもらえるように考えております。
今後も楽しんで頂けるよう、私自身楽しんで続けてまいります

さて、開店10年を記念して・・・“私の自己満足”をアップしまーす。お許しを~~~~ 少年の頃に購入したレコードに、後年ご本人にサインを頂いたものです。

まずはこちら。



「山口さんちのツトム君」 斉藤こず恵(1976年・フィリップス)
斉藤こず恵さんから舞台で共演した際にサインを頂きました。なんと!買ってから34年目の誕生日



「続・脱どん底」 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(1975年・東芝EMI)
2002年の「シークレット・ライブ」再結成時に4人全員に頂きました。この頃すでにギターの和田さんやベースの新井さんには懇意にしていただいていた関係で楽屋に入れてもらってのサインでした。
「自分のお小遣いで初めて買ったLP」に26年目にしてゲット。再結成していなかったら実現できなかったゆえに感慨もひとしおです。



左)「脱どん底」 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(1974年・東芝EMI)
デビューアルバム。ギターは初代の蜂谷吉泰さん。2002年にベースの新井さんとジョイントライブをしたときに頂きました。

右)「身も心も」 ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(1977年・東芝EMI)
ジャケ写の右に写っている2代目ドラマーの鈴木洋行さんが、六本木のライブハウスでエド山口&東京ベンチャーズのメンバーとして叩いていた時にゲット。「近くで飲み屋もやっているから、今度おいでよ」と気さくに話してくれたっけ。

 

「Spirits」カーティス・クリーク・バンド(1980年・ワーナー)
当時、ワーナーパイオニアのカセットデッキのCMで流れていた「WITH YOU ALL DAY THROUGH」収録。この頃、ドラムの平野肇さんは吉祥寺のヤマハでドラムスクールの講師をされていて、私はその生徒でした。
5年前、カーティスのライブが行われた際に駆けつけ、31年ぶりに先生と再会。その際にメンバーにもサインを頂きました。

パート2に続く
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

開幕まであと2週間🎵

2017-11-05 | 舞台・イベント系仕事
東京・下北沢が演劇の街と呼ばれる所以を確立・定着させた本多劇場社長・本多一夫氏プロデュース作品に出演します。
ご予約は私まで、ぜひ❗️
*当日に劇場受付でお名前をお知らせの上、代金をお支払いください。
*当日券をお考えの方も、できましたら前日までに予約を頂けたら幸いです。

『歌う!ペンション「ビーチサイドやまびこ」』
【作・演出】龍尺千秋
【出演】小野和子・加山到・金月真美・川﨑葉子・境ゆう子・そのだやすたか・得本綾・永田絵美・渡部俊比古・小沢あき(ギター演奏)・本多一夫❗️・他
【会場】「劇」小劇場
京王井の頭線/小田急「下北沢」駅南口下車5分
http://www.honda-geki.com/gekisyogekijo.html
住所:東京都世田谷区北沢2-6-6
TEL:03-3466-0020

【公演スケジュール】
11月20日(月)19時
11月21日(火)19時
11月22日(水)14時
11月23日(木)14時
11月24日(金)19時
11月25日(土)14時
11月26日(日)14時 (残席わずか)

【全席自由】前売当日共に2,500円
※受付開始・開場は開演の40分前です
※ご入場は来場順となります
※未就学児童の入場はご遠慮ください。



加山 到



加山 到
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美味三景

2017-11-04 | 日々是充実
たまには中華や生姜焼き以外もアップしてみますか(笑)



復活!「養老乃瀧」牛丼。
高校の頃、よく食べたな。確かランチ限定メニューでした。吉野家などの既存の牛丼より10~20円安かったと記憶しています



下北沢「広栄屋」のきしめん
いい味です、ここのダシは美味ーい



チェーン店「富士そば」のカレーかつ丼
いや、もう、なんて言うか・・・参りました。笑ってしまうぐらいふつーに美味い
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショウブラザース映画だ!

2017-11-03 | ドラゴン
先月、ドラマのロケで中国に行った時。
宿泊したホテルのテレビをつけると、ドラマ、映画、ニュース、スポーツ、生活、キッズ、医療健康、科学・・・と様々なジャンルに分かれており、リモコンのボタンで選択できるシステムになっていました
そこで映画を選ぶとさらに、恋愛、戦記、アクション、歴史、欧米、アジア、キッズ・・・といくつもの選択肢。迷うことなくアクションを選ぶと約40作品のタイトル

「おあれマジお~~~~っ
かつて1970年代の香港・台湾のみならず、ブルース・リーをきっかけにドラゴン映画/カラテ映画に沸く日本でもおなじみになった“ショウ・ブラザース映画”がいくつもラインナップされていました。



その中でも特に嬉しかったのは「悪客」(1972年)を見ることが出来たこと。
“和製ドラゴン”として一躍メジャーになった倉田保昭の香港デビュー作品なのです。今まで見たくてもなかなかそのチャンスがなかった私にとって、そのホテルでのひと時はとーーーっても幸せな時間でした

 

主役のデビット・チャンとテイ・ロン

 

後年、ブルース・リーの「燃えよドラゴン」で世界的に有名になったヤン・スエ(左)も暴れています



その他にもフー・シェン、ジミー・ウォング、カーター・ワン・・・監督もジャン・チェー、ロー・ウェイ・・・いやはや嬉しい限りでした

 

 

 

 

すべて見放題!しかも無料(だったと思います・・・) 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撮影一段落。

2017-11-01 | 映像系仕事
おやおや、11月です。木枯らしも吹いたし、あとはどんどん寒く冷たくなるばかり

10月中旬から舞台の稽古の毎日なのですが、その間に2本のドラマの撮影に参加していました(放送までまだまだ日があるので詳細はまだ解禁できません)。



舞台のも含めて3冊も台本があると嬉しい反面、ひとつひとつきちんと消化していかなければと気も引き締まります



映画化もされた人気ドラマのスピンオフ作品に1シーンのみ参加。
数名のエキストラを引き連れて中国語を叫びながら40段ほどの階段を駆け上がっていました。リハーサルを含めて4~5回も駆け上がったもんだから、終わったら足腰ガクガク。その後の稽古はしんどかった・・・

    



一方、スペシャルドラマの撮影で中国は浙江省にある撮影所へ。
観光地の一面も併せ持っているので、京都の太秦のようです。しかし、その広さといったら・・・。なにしろ「街」「町」がいくつもできているんです。チンチン電車が通るための線路もあります。

 

そこで頂いた、いわゆるロケ弁。朝昼晩とも中華です(笑)



妻役を演じた通称「Juneさん」。台湾在住の日本の女優さんです。とてもいい奥さんでした



放送が近くなりましたらお知らせいたしますので、お楽しみに~


さて、舞台の稽古に集中しよ~っと
コメント
この記事をはてなブックマークに追加