「太陽にほえろ!」当直室 仮設日誌 PART2

6年半ご愛顧いただいた『太陽にほえろ!当直室』(since2002年5月)復活ブログ、引っ越しました。(2014年7月)

太陽中毒者の記録 2019-9-19

2019-09-19 01:12:13 | 当直室日記
九州から始まり、まさか千葉であれだけの被害になるとは想像もつかなかった今年の夏の台風。
高波かと思えば暴風・・・・。
太陽ファン、そして私が存じ上げる方々にも多くの方が大小被害に遭われていると思われます。

遅くなりましたが、心から、お見舞い申し上げます。

本当に「9月」というのが、毎年恐ろしく迎えなければならないのか・・・・。

やっぱり、最低でもラジオ付きライト(携帯充電もできる手動発電タイプならなお良し)は常備しておいた方が良いでしょうね。
私も去年は役に立ちました。



ツイッターネタで幾つか。

▼コロンボ総統のロケ地検索
Gパンダミ人形でお馴染みの#59、そして新宿のアンニュイな朝な#60、なかなかくすぐったいところがコロンボ総統氏をもっても解明できないとは・・・本当にすんなり判明しそうなんですけどね・・・<(_ _)>
さすが、西山邸(署長官舎)は塀(現在は柵)の下の石垣も同一に見えますので、ご指摘場所で私も良いんじゃないと思います。
ところで西山邸・・・これっきりの登板で、後年時限爆弾が仕掛けられようがセリフのみでした・・・・(^_^;)

▼お元気でしたか
人物特定されるので濁しますが、マカロニファンのあの方ツイッターを発見、お元気なようで何よりで、何かしら怪しい(^_^;)企画にも参加されているようで。
いやぁ・・・なによりです。

▼特捜最前線と太陽とその時代
ツイッターを見ていると、特命課と七曲署を比較する方が結構いらっしゃるのですが、確かにライバル視する方が居られ、特命課の方は企画時には小川英さんが参加されていたわけなので、強ち間違いではないと思いますが、辛うじて津上殉職を本放送見る事に間に合った小生(当時7歳)としては、太陽は全方位に向けたアプローチを忘れなかった「大衆的娯楽」の枠を大切にし、登場人物は身近な存在的な雰囲気を醸し出していたのとは別に、特命課は水曜の22時に疲れが溜まった大人が週の後半目がけて頑張る為の薬的な、ちょっと近寄りがたいけど一度ハマると癖になる娯楽だったという印象があります。この時間帯で脚本がつまらないのは致命的(寝てしまう)なので、やっぱり特捜隊仕込みの練った脚本が特命課の真骨頂でもあり、それを当時の通な子供達は涙して観たものです・・・・老刑事がヒーローだったかもしれない(^_^;)・・・ので、同じいわゆる「刑事モノ」に見えながらも棲み分けはあるという認識で、個人的には比較は野暮だと思っています(^_^;)
簡単にいえば、太陽のラストは「来週は誰が主役だ?」という期待感があり、特命課は十字架を聴いて物語の虚しさを昇華するというか、見る目線というかスタンスというかそれが違っていたとは思います。
特命課は1982年ごろから視聴率が上がり、1983年がピークだった記憶があります。細かい視聴率は忘れましたが、22時台のドラマとしては凄かった。
ただ、人気というのは解らないもので、特命課が視聴率のピークを迎えていたころは、すっかり刑事・探偵モノは古臭いと思われていたのは確かで、それは「殉職ブーム」で一気に増えた刑事モノが1980年を境にどんどん淘汰されていって、今はそんなこと感じませんが、『大捜査線』や『プロハンター』辺りは当時小生ですら「古く」感じたものです。
ただ、それだけ時代の流れる速度が今よりも早かったのも確かだったのですが、視聴者に「定番」という意識を芽生えさせる番組は強かった。
今は、視聴者は定番を欲しているのに、なかなかそういうドラマが無いというのも現状。これは面白いと思ってもゴールは見えてそれっきりだし。そりゃ『相棒』シリーズの再放送視聴率が高いのも頷けます。

というか、特捜隊をリバイバルさせれば・・・・出演者にお金をかけず、ホンを様々な人に書いてもらって。

と、徒然なるままに・・・(^_^;)

原口剛さん、ご逝去・・・・・・

2019-09-18 00:13:35 | おくやみ
原口剛さんが9月11日、
胃がんの為ご自宅でご逝去されました。80歳。

娘さんが既にツイッターで表明されておられましたが、新聞報道で確認できましたので、
ここでもお知らせいたします。

時代劇での「押し出しの強い」悪役といえば、この方だったんじゃないかと思うほどの、立派な体格、目鼻立ちがハッキリしたフェイス、そして特徴的な通るお声。
特に我々太陽ファンとしては、やはり・・・ゴリさんをボコボコにする霧島や、殿下がその人生で最期に逮捕した爆弾犯人・沼田、そして元北署の刑事で凶悪犯の井口。
時には善人の顔をした悪人だったり、まんま凶悪人だったり。
それでもどこか憎めないのは、原口さんがノッて各役に挑み、さらにご本人のお人柄が起因しているのではないかと思います。

太陽には10作にゲスト出演されています。

#84「人質」・・・ 霧島修司
#185「虹」・・・佐田
#339「暴発」・・・竜神会幹部・前島
#414「島刑事よ、永遠に」・・・ 沼田武
#437「ニセモノ・ほんもの」・・・ マギーのマスター
#469「東京・鹿児島・大捜査線」、#470「鹿児島・東京・大捜査線」・・・ 井口恭二
#503「山さんとラガー」・・・柏木
#530「検問突破」・・・ 西山幸男
#671「野獣」・・・ 伊吹

残念です。
ご冥福をお祈り申し上げます。

本日のファミ劇太陽放送はお休み

2019-09-17 06:48:42 | 当直室日記
本日のファミ劇太陽放送はお休み。

連休中はしっかり休ませていただきました・・・。
ツイッターウオッチャー等と化していたわけですが、懐かしいお名前を発見したり、思わぬ訃報を見つけたり。
後日書きたいと思います<(_ _)>

署長官舎も世田谷?

2019-09-10 23:26:17 | ロケ地検索&メモ
#88。

いつもヒール役な西山署長、でも平田さんのイメージが当時の児童にはすこぶる良いため(私はウルトラマンとぴったしカンカン)、憎めない存在です。
この頃は登場時よりも馴染んできた感じでの唯一の主演編。
ただ、西山って後年もたまにやらかすんですよね・・・気持ちはわかるんですが、スコッチを山田署へ飛ばしたのは西山署長の思惑が十分に絡んでいるようで・・・。

と、まだ突っ込んで調べたわけではないので、ヒント的になればと思いますが、コロンボ総統氏の怒涛のロケ地検索に油がさせれば・・・(^_^;)

どうやら、西山邸(署長官舎)から池谷と落ち合うために出かける幸雄を尾行する西山の図については、どうやら世田谷区成城2丁目の成城通り近辺であることから、署長官舎も成城にあるのではないかという贅沢な疑いが・・・・。

池谷の勤めていた自動車整備工場は電話番号で検索すると、世田谷区千歳台3丁目の中華屋さんがひっかかってきます。


ファミ劇太陽放送9/10=西山署長の息子が容疑者!/鮫やん、地獄と天国?

2019-09-10 00:21:48 | ファミ劇日誌
なんとなく、動き出せそうな・・・けぶでございます<(_ _)>


さて、9/10・・・・反抗刑事記念日(^_^;)のファミ劇太陽放送です。


【CS】

▼ファミリー劇場HDリマスター版 ジーパン編


9/10(火)
17:00~18:00
[HV]太陽にほえろ! HDリマスター版/ジーパン刑事編#88
ファミリー劇場HD(CS)

9/10(火)
18:00~19:00
[HV]太陽にほえろ! HDリマスター版/ジーパン刑事編#89
ファミリー劇場HD(CS)



第88話 49.03.22 息子よ、お前は… (西山署長・ボス)

セミレギュラー(主演SP扱い):平田昭彦

ゲスト:南風洋子
 宮崎和命 矢野間啓二
 福沢良
 佐々木睦雄 大和田由紀 林寛一 金子富士雄 鹿島信哉 石川隆昭

脚本:田波靖男
監督:竹林進

七曲署管内でひき逃げ事件が発生、現場に残された車の塗装から有力容疑者として大学生の西山幸雄の身柄が確保された。
しかし、その幸雄は実は七曲署の署長である西山の息子だった。西山は激しいショックを受ける。
一方、幸雄を取り調べの中の山さんは、法学部の学生である幸雄が、刑の軽重についてもっとも関係がある被害者の容態をまったく気にしないことから、彼の犯行に疑いを抱く、しかも、事件当日の映画の半券を持ており、何故かそれを隠そうとしたのだ。
そんな時、幸雄の証拠固めに奔走中のジーパンは、幸雄の友人で修理工の池谷が事件当日から行方不明になっていることを聞き込んだ・・・・。

幸雄って、確かに「署長の息子」的風味というのが濃厚で、頭はよさそうなんだけれども、人が良いというか・・・。
ただ、西山署長のクールさから考えると、ちょっとスイートな感じはします。

「点数取りの虫」的な登場だった西山署長、いくら息子の犯罪容疑が晴れたからとはいえ、今回で藤堂一家にも頭が上がらなくなるし、おそらく出世にも響いただろうし、これから9年以上も七曲署に在籍していたという理由みたいな感じがこの作品にはあるかもしれません。

ただ、職場での西山の態度では人間性はちょっと垣間見られなかった部分はあったかと思いますが、本作では確かに「署長」というポストに執着する面はあるものの、いさぎいい面も持ち合わせているというところも判明したり、いつもは指差し藤堂君の西山署長ですが、そういう側面を踏まえることで、これからの太陽視聴の幅も広がっていくと思います・・・。

ところで、今回は破壊は無いものの、クライマックスのカーアクションが見所の一つであります。

無論、クラウンも参加して間もないカリーナも交えながら、多摩川の河原で飛んだり跳ねたり(クラウン・カリーナ除く)、結構壮絶です。

しかし、ジーパンもこの頃になると西山を署長として認めざる負えなかったんでしょうね・・・・。
西山就任時はジーパンのオヤジさんの件含め、きつい嫌味を言われてましたからね・・・。



第89話 49.03.29 地獄の再会 (鮫やん・殿下)

SPセミレギュラー:藤岡琢也
セミレギュラー:北あけみ(初登場)

ゲスト:塩沢とき 
 山中貞則 佐竹一男 関虎実
 勝野睦浩(勝野洋テスト出演)

脚本:市川森一
監督:竹林進

殿下の殺人容疑事件で城北署から山田署へ左遷されていた鮫島刑事がある事件の解決で一緒に事件を担当した若い青木刑事と総監賞を受賞、その為に久々に都心に赴いていた。
一方、一係にはボスが鮫島の別れた妻・玉枝を招いていた。
ボスと殿下は何とか二人のよりを戻そうと画策していた。
その二人を殿下は喫茶店で相手をしていたが、その時喫茶店に鮫島宛の呼び出し電話がかかり、かわりに出た青木が何者かにショットガンで撃たれ即死した。
血相を変えた鮫島はタクシーを強奪、慌てて同乗した殿下と共に、逃走車両を追跡した。
完全に頭に血がのぼった鮫島は、青木は自分の身代わりになったと涙しながら必死に追跡する。
都心からどんどん遠ざかり、山田署の管内に入っていく。
或るガソリンスタンドで2人の犯人のうち1人を殿下の拳銃で仕留めた鮫島と殿下は、残る1人を執拗に追うが、やがて殿下を置いて、鮫島一人で追跡を続行するが、犯人は警察の包囲網が敷かれた山中に消えた・・・。


この作品には色々な見どころポイントがあり困ります(^_^;)

*鮫、別居状態・・・そりゃ疲れるわ。。。玉枝初登場
*殿下もすっかり鮫の親友状態
*青木刑事=勝野さんのビール瓶割りは圧巻!
*関虎実氏が殺し屋として登場。
*高速道路で撮影してるぞ!
*キレまくる鮫、尋常じゃない勢い。
*勢い余って車の運転も初披露。
*完全に気後れしている殿下
*今回の藤堂一家は完全に鮫に置いていかれている。。。

ものの数分で鮫島復讐劇に変貌する起伏の激しさ、そして鬼気迫る塩沢ときさんの熱演と、

正直、どこを観ていいか解らなくなるほど色々怒涛の如くという感じでしょうか(^_^;)

ただ、構えて観ないと・・・視聴者まで鮫に置いていかれる可能性があるかも・・・・。

鮫やんの怒る気持ちもわかるけれども、鮫やんにしても窮地でしょう。

でも、それでも、けれども、最後はほっとするかも。

taro's kitchen 名残り雪

2019-09-09 22:59:42 | ロケ地検索&メモ
茶屋町さんのツイートを見ていて、あの電気コンロの非力さで焼いた、長さんの焼き飯が無性に食いたくなったけぶでございます<(_ _)>

恐らくは、ザーサイの瓶の中身をそのまま放り込んでいるものと思いますが、赤身も見えるんだよなぁ・・・。
油なんて無い割には、あの立派なフライパンは何なんだ?状態ですが(^_^;)
しかも、「ある程度」使ったら洗っていたようですし。

と、長さんが自慢の焼き飯を披露する#398。
実質的なスニーカー登場編の最終回で、ボン楽曲が重用される、クセになる話です。
何というか、友里千賀子さんの立原佐知子が印象深いのもあるのですが、沖縄「前夜」の淡々とした感じっていうのが逆にこちらも印象深く。

ところで、折角ですから佐知子のマンションと張り込みの葵荘をロケ地検索。

目黒区青葉台2丁目でした。
佐知子のマンションは現存、葵荘の位置には別な建物が立っている・・・と思いきや、窓の位置が似ているのでひょっとするとリノベーションかもしれません。

生井健夫さん、ご逝去・・・・・・

2019-09-05 23:46:07 | おくやみ
生井健夫さんが8月29日にご逝去。89歳。


俳優座2期生として役者人生をスタート、その後劇団仲間を設立し、現在まで創立メンバーとして中心的な役割を担われていたようです。

テレビでの本格的活躍は1960年ごろからで、その後時代劇中心の活躍された印象があります。

個人的には、特捜隊の佐久間刑事と仕置人の同心・田口で、あまり悪役の印象が無い方です。
特捜隊#287(白黒放送最後の方)での岩崎公安官役の熱演も印象に残っています。

ところで、太陽には3作ゲスト出演されています。
特に#241については、ものごしの柔らかい七曲署の鑑識主任役で、しかも殺されてしまうという役柄を演じられました。

#241「脅迫」・・・ 松本治平
#292「一流大学」・・・ 二郎の父
#632「恐ろしい」・・・ 作助(福島県警刑事)


ご冥福をお祈りいたします・・・・・。

ボスVS青木の商店街(#86)

2019-09-03 23:45:13 | ロケ地検索&メモ
#86の冒頭でひっかかったけぶでございます<(_ _)>

過去シーンで、青木が拳銃を乱射して、タイトな黒いトレンチコートを着たボスが撃たれ、さらに巻き添えも発生した商店街。

アーケードもあって賑やかなので、今まで気づきませんでしたが・・・すんなり判明。

砧3丁目(世田谷通り沿い)・・・ってまた砧(^_^;)

#24より頻繁にロケ使用される銀行の並びです。というか、シークックの並び・・・というか、もう太陽銀座です(^_^;)
#86当時の店舗は銀行のほかに1店残っています。


ファミ劇太陽放送9/3 ボス、究極の選択と苦悩/殿下、究極の失意と苦悩

2019-09-03 01:30:32 | ファミ劇日誌
夏バテなのか・・・やる気の導火線に火が付かないけぶでございます<(_ _)>


さて、9/3・・・・テキサス命日のファミ劇太陽放送です。


【CS】

▼ファミリー劇場HDリマスター版 ジーパン編


9/3(火)
17:00~18:00
[HV]太陽にほえろ! HDリマスター版/ジーパン刑事編#86
ファミリー劇場HD(CS)

9/3(火)
18:00~19:00
[HV]太陽にほえろ! HDリマスター版/ジーパン刑事編#87
ファミリー劇場HD(CS)



第86話 49.03.08 勇気ある賭け (ボス)

セミレギュラー:平田昭彦

ゲスト:宇佐美淳
 加賀邦男 鈴木瑞穂
 綾川香 大下正司 高森玄
 鈴木和夫 三上定良 久本昇 林靖子

脚本:長野洋
監督:山本迪夫

ボスとの深い因縁のある海外逃亡していた拳銃ブローカーで殺人犯・青木が日本に戻ってくるとの情報を得た。
船での入国なので所轄警察に「内諾」の上、非公式にジーパンを潜入させ情報をつかむが、現場には青木は現れなかった。
捜査は明るみになってしまい、署長には捜査中止を要請されるが、ボスはジーパンの粘りもあって、独断で捜査を継続する。
そのうち山さんの調べで、青木を密航させている組織には政財界の黒幕が絡んいることが判明、さらに青木の密航してきた船の乗員から天然痘患者が出たため、青木も感染している可能性が出てきた。警察上層部はボスに青木を24時間内にボスの責任で見つけ出し、入院隔離させるように内示した。
ボスははぐらかされるのも承知で黒幕に青木を渡すよう直談判に及ぶが、黒幕は交換条件にボス側のスパイ=ジーパンの情報を要求してくる・・・。


政財界の黒幕「箱根の人(老人)」の初登場。
覆面車のゴールド・カリーナの登場。

唯一と言っていい「ヤサぐれるボス」が見られるという所が見どころですが、太陽史上ボスの非情さと情の深さが同時に出る貴重な作品・・というか、ボス自身の究極の選択に対し、自分自身をも賭す覚悟のボスに対する、各メンバーの思いも解ります。
それに、長さんも山さんもボスを本当に慕っているというのがハッキリしますし、長さんに弱い部分を見せるボスもなかなか愛おしいし、そのボスの為に身体を張って、腹を撃たれる山さんも愛おしいですし。
ただ、この話で一番男を上げたのはジーパンでしょう。太陽シリーズの中でボスが唯一「裏切った」のがジーパン。皆も訊かないで理解しているし。




第87話 49.03.15 島刑事・その恋人の死(殿下)

セミレギュラー:有吉ひとみ

ゲスト:浜田寅彦
 幾野道子 中村孝雄
 水谷邦久 真山京子 雨宮和美 大坪日出代

脚本:柏倉敏之
監督:山本迪夫

40歳ぐらいの男が拳銃で撃たれて死んだ。身許は解らず、犯人の手がかりは被害者が息を引き取る前にうわごとのように繰り返した「タツ」という言葉だった。
恋人・麻江とデート中だった殿下は急遽現場に向かうが、その直後、麻江は車に轢かれて急死した。
しかもひき逃げだった。
ショックで自暴自棄となった殿下は「人の生命など明日が知れない」と、ボスが心配するのも耳を貸さず、夜も殆ど寝ずに捜査に没頭していく。
その結果、被害者の身許が割れた。板金加工場を経営している西池で、またその妻の証言から殺された当日は融資を受け500万を持っていた。「タツ」という線から工員・白井竜文が逮捕された。
一方、西池を殺した共犯の岩本を追う殿下だったが、銃口を向ける岩本に、一係の応援を待たずに一人立ち向かっていくが・・・・。


太陽の登場人物の特徴である、プライベートでは幸せにはなれないというパターンは、殿下が確立したと言ってもいいと思います。
その方向性を確実に決定した作品が#87、文字通り殿下の恋人・麻江が死んでしまいます。
でもこのセオリーは太陽のみならず他の刑事モノにも波及していきます。

冒頭で結婚を決意する殿下、そのすぐ後に麻江の轢き逃げという酷い展開は、観ているこちらも辛くなりますが、殿下自体もいつもの殿下とは決定的に違う「自暴自棄」「投げやり」の行動・言動が目立ちますが、その殿下を救うのがボスの強力なパンチであり、さらに麻江を轢いて逃げたタクシーの運転手であったり、人間は一寸先は闇とも言いますが、捉え様によっては自分をどん底に陥れた相手が逆に自分を救うという結果になるわけで、何とも考えさせられます。

それほど今回の殿下の不幸は妙に生々しく響いてきます。

ジーパン編自体、殿下の成長編という側面を持っている為に、逆にこういう不運な作品が連続するのですが、この頃は主演編ごとに不幸が訪れますが、この作品以後はそういう不幸を冷静に乗り越えていく殿下が描かれだします。

でも、殿下の場合は主演編ではなくても、重傷を負ってしまうことが多いですし・・・。

太陽中毒者の記録 2019-9-2

2019-09-02 21:35:57 | 当直室日記
とりあえず、停滞状態継続中のけぶでございます<(_ _)>
新車のジムニーを買うという妄想を・・・。
太陽中毒だったら、シフォンアイボリーメタリックを選ぶんだろうなぁ・・・
希望ナンバーで、23-12か60-39で迷うんだろうなぁ・・・などなど・・・。

だがしかし。。。。
先々週末ぐらいから、ツイッターやうちのブログをフォローして頂いているブログさんなどを拝見させていただき、
太陽視聴熱が異常なほど上がり、またメッタギリ視聴を開始(^_^;)
結局はまた300話ぐらい、只々観ました。。。。

多分一番どうなってるんだ状態なのが、オーストラリア→鹿児島(大捜査線の方、、、)→沖縄といった具合。
要するに、ボンがとっくりを着て、かつゴリさんが「チョッキ」を着用して→脂ギッシュな南国の警部が登場し、マークIIが初期から得意のゴリ作戦でボロボロとなり→運動靴がジャリ銭片手に自分の故郷に帰ったわけです。。。(^_^;)

で、都心の方にはあまりなじみがないと思いますが、コロナってクルマはタクシーの定番だったんですよね。沖縄でもそうだったんですが、それにしても見る作品にコロナが登場して、現役当時は広い車だなぁ・・・と思っていましたが、やっぱりゴリさんが運転すると狭く感じるんだよなぁ。。。殿下だとそうには見えないのですが(^_^;)
ただ、そう考えると、山さんがXXやトレノを運転して違和感を覚える一方、40系スプリンターGS(セダン・クーペ・LB・HT)を運転しても何の違和感も覚えないというのは一体どういうことなのか・・・・とも思ったり(^_^;)

確かに、ボスの30レビンというのもカッコイイ。。。


と徒然なるままに。。。


▼コロンボ総統のロケ地検索
コロンボ総統氏も急にあの漫画家夫婦の自宅を突き止めたり(^_^;)
そういえば、国際放映あたりの地図をおこそうは思っていたり・・・(1985年版、このころはまだ砧温泉もありました。)
と、現在#58を検索なさっていますが、山さんヨレヨレ階段=スコッチ前期OPゴリフラッシュカット現場は、お察し通りだと私も思います。
千駄ヶ谷の(旧)コナモノ企業さんの本社。Yビルの隣となれば、ここしかないんじゃかいでしょうか。


▼愛しのボン単独期・・・・香ばしい作品群とボンのマラソン(^_^;)

スコッチ前期ですっかり全キャストのステージが上がってしまって、ボンを前面に押し出せなかった部分はあったにせよ、おでこ披露も含め、あの急激な押出し方は宮内さんご本人も待ってました状態だったとは思いつつも「辞表」は本当につらい作品だよなぁ。。。宮内さんご自身、沖さんを意識したところはあったみたいですし。
ただ、ボンっておそらく太陽キャラの中では、オリジナルメンバーに次いで時間をかけて丁寧に仕上げられた(最初の一年は除外(^_^;))人物だったので、ある意味太陽の番組コンセプトの中では、ゴリさんに次いで「Mr 太陽」だった気がするのは、私だけでしょうか。
なので、あの引きづりスニーカー登場があったわけですけど、あれはファンとしてもちょっと居たたまれなかった部分は認めざるおえないところはありました・・・それでスニーカーが霞んでしまったというのもありましたが、やっぱりボンの抜けた穴は大きかったんですよね・・・・。

▼誰が登場回数トップ?
OP含めた場合で、話数であれば・・・・ボス。
実演となれば・・・まさしく山さん。

出演密度からいけば、山さんか主演作トップで助演も出番も多いゴリさんで争うんだろうなぁ・・・。

その出演密度、次点は・・・・やめときます(^_^;)
多分殿下だと思ますが、意外とドックかもしれないし、もしかしたらロッキーの可能性も捨てきれない。
いや、殿下でしょう・・・ってボスかなぁ・・・。