隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

テレビ Vol.436 『朝ドラ 「カムカムエヴリバディ」』

2021年11月14日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第436回は、『朝ドラ 「カムカムエヴリバディ」』をお送りします。

 

 


『カムカムエヴリバディ』は、11月1日(月)から始まったNHKの2021年度後期「連続テレビ小説」 (通称:朝ドラ)です。


“朝ドラ” は、NHKで1961年から始まった、テレビ ドラマシリーズです。第1作の『娘と私』から、最新作『カムカムエヴリバディ』まで、105作品が放送されています。


「隊長のブログ」では、朝ドラを、これで24本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9


現在の本放送は、NHK総合テレビ、BSプレミアム、BS4Kにて、毎週月曜日~金曜日に放送されています。隊長は、ロケシーンが美しく映る BS4Kの午前7時30分~7時45分の放送を観ています。


その前後は、午前7時15分~7時29分に、朝ドラ『マー姉ちゃん』の再放送  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/973091300b0643161bd2458ed0b03510 を、


午前7時46分~7時59分は、『にっぽん縦断 こころ旅「2021年秋の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27c352170fe3111f18d00819610bbbd2 を観ています、となるはずでしたが、11月1日の週の山口県の旅が終わった段階で「こころ旅」は、休止。


それでも、明日15日(月)から、大分県の旅から再々スタートなるので、“隊長の日常”が戻ってきます。


朝ドラは、実在した人物をモデルに、その一生を描いた物語が多いのですが、本ドラマは、脚本家・藤本有紀(ゆき)のオリジナル作品です。


物語も一代記ではなく、祖母、母、娘の3世代、一世紀(100年)におよぶ家族を描くということで、異例の三人のヒロインが演じます。


初代・安子(やすこ)を演じるのは、上白石萌音(かみしらいし もね)。娘・るい を、深津絵里。孫・ひなた が川栄李奈です。


かっては “新人女優の「登竜門(とうりゅうもん)」” と呼ばれていた朝ドラ のヒロイン役が、2015年度前期『まれ』の土屋太鳳(たお)から始まり、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁、安藤さくら、広瀬すず、戸田恵梨香、二階堂ふみ、杉咲花、そして清原果耶と、連続13作実績のある女優さんが起用されていました。


今回の三人のヒロインも、実績豊富な女優さんたちですね。


共演者:大和田伸也、鷲尾真知子、甲本雅裕、西田尚美、濱田岳、段田安則、YOU、松村北斗、村上虹郎、ほか。

 

 


語り:城田優


主題歌は、AIの「アルデバラン」。

 

 

第2週までのあらすじ:大正14年(1925)、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋「たちばな」で、女の子が生まれました。名前を橘 安子(網本唯舞葵・子役)といいます。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸せが続くことを願っていました。


14歳になった安子(上白石萌音)は、夏休みに地元の名家の長男・雉真(きじま)稔(松村北斗)と親しくなったのをきっかけに、ラジオ英語講座で英語の勉強を始めます。安子は稔に思いをよせ、大阪の商科大学に戻った稔と文通を始めました。


そんな中、ダンサーを目指していた安子の兄・算太(濱田岳)が、借金問題で家を勘当され、安子は家業を継ぐ婿を迎えるため、見合いを勧められることになってしまいます。気持ちを整理するために大阪まで稔に会いにいった安子は、稔も安子に同じ想いを抱いていることを知ります。


一方、稔の弟・勇(村上虹郎)も安子に思いを寄せていて、甲子園に出場できたら気持ちを伝えようと野球の練習に励んでいましたが、戦争の影響で甲子園大会が中止になってしまいました。

 

 

第2週までの感想:これまでの殆どの朝ドラでは、第1週から第2週は、主人公の子供時代を子役が演じ、第3週から成長した主人公を主演の俳優が演じるのが恒例でしたが、子役の網本唯舞葵(あみもと いぶき)ちゃんが演じたのは、第1週の1話と2話のみ。その2話のエンディングから、14歳という設定の上白石萌音さんが登場するのも異例です。


現在23歳の上白石萌音さん、童顔なので14歳の役に違和感がありませんね。


さらに、いつもの朝ドラと異なり、第1週の3話で将来の夫になるであろう(稔)と出会います。だろうと書いたのは、安子の名字が雉真に変わるので、雉真家の嫁になるのは、間違いないのですが、それが稔なのか、弟の勇なのか分かります。


第2週の最終話では、昭和16年(1941)太平洋戦争に突入したシーンが描かれていたので、第3週で稔が学徒出陣し、戦死するというストーリー展開も考えられます。


その稔を演じている松村北斗さん、作年9月のNHKドラマ『一億円のさようなら』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e1a4a18d3ae82b479163cee1a28b4ce8 で、主役の上川隆也さんの若い頃を演じた時から注目していたのですが、ついに朝ドラの重要な役にキャスティングされましたね。


このドラマは、再放送されている『マー姉ちゃん』と、ここまでは戦争前という同じ時代背景です。『マー姉ちゃん』が、昭和の家族人情喜劇と呼べるでしょう。一方、『カムカムエヴリバディ』は、英会話放送を題材としているだけに、ファミリー・ヒューマン・コメディーと言えるかもしれません。

 

 

==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~420 省略。

Vol.421 2021/9/1  『カンブリア宮殿「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/902375aa2bc366655a31a5308b2dcc07

Vol.422 2021/9/4  『おしゃれイズム「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/995a9d09119dc0ea70458914d2c140ee

Vol.423 2021/9/9  『世界ふれあい街歩き「ミラノ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f69106b3bf062bbfa4a415525aaceab9

Vol.424 2021/9/15 『ボクらの時代 ~2021年7・8月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/527c4728fb57562b89e182d9043d8ea2

Vol.425 2021/9/20 『新美の巨人たち「2021年4~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c6b7783cfcb02050eafa48b4d67fb0dc

Vol.426 2021/9/23 『ファミリーヒストーリー「舘ひろし」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5892608320bcb6499a1a922d8bb093a

Vol.427 2021/10/2 『北川景子 垂直タイムトラベル in ローマ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05d16b31ac61c7ef8f02c354df43ab94

Vol.428 2021/10/7 『ドラマ「黒い画集~証言~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfa2d5b02497a68e31faec6bd395ea25

Vol.429 2021/10/11『朝ドラ「マー姉ちゃん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/973091300b0643161bd2458ed0b03510

Vol.430 2021/10/18『世界ふしぎ発見~2021年6・9月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0144cc4930c51357244f04b899ba6850

Vol.431 2021/10/26『こころ旅「2021年秋の旅」再スタート』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27c352170fe3111f18d00819610bbbd2

Vol.432 2021/11/2 『ドラマ「黒革の手帖」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd61f65ba71cfc8c0030a553ab48b169

Vol.433 2021/11/4 『ドラマ「アンラッキーガール!」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f84d9c153c10e5bb112717b197efe537

Vol.434 2021/11/9 『ドラマ「スナック キズツキ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5211c0a6d92b4a4cd7a73d420effcf1b

Vol.435 2021/11/12『ドラマ「最愛」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/706144f56cb414cef824267009823c9d

 


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« スポーツ No.226 『令和三年... | トップ | グルメ336食 『福島柏屋の 「... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

テレビ番組」カテゴリの最新記事