たっちゃんのフォトブラリー(*^ω^*)

たっちゃんのフォトギャラリー たっちゃんのフォトブログー
タイトルは何でも良かった。 まっ、暇つぶし・・・。

かやぶきの里・一斉放水

2017-12-02 19:35:52 | その他観光
 かやぶきの里・一斉放水に行く。(2017年12月1日)

待ち合わせ場所及び昼食は、美山町の “旅館いそべ” だった。(停車してる車は我々とは関係ない)



中に入ると団体さんの膳が用意されていた。



我々5名は、こじんまりした座敷で頂く。
ミニ牡丹鍋、美味しゅうございました。(*^ω^*)



昼食場所から先は、滝友のS先輩に連れてってもらった。
ここ背後の山の斜面にも、40名ほどのカメラマンが待機していた。





正面には大勢のギャラリーがいる。



一斉放水自分は初めてだったが、メンバーの皆さん正面からは撮り飽きている。
よって今回は、斜め横からの撮影となる。
放水予定時刻の13時半になると、サイレンが鳴って水がチョロチョロ出始める。



う~ん、なかなかえい感じ!!











どうやら終焉のようです。



 以上、5分間のドラマでした。
今回ご一緒いたした皆様には、何かとありがとうございました。

奥山公園

2017-11-22 15:48:39 | その他観光
 三田市の地図を見ていたら “奥山公園” なる文字が。
はてこんな名前の公園、聞いたこと無いぞ!! しかもこんな山の中に・・・
少し気になったので検索したが、大した情報は得られなかった。
で、自分の目で確かめに行くこととする。(2017年11月21日 三田市上本庄)

山の中とは云え、ゴルフ場(アイランドゴルフリゾート三田)に行く道路の途中にあるので、道は良い。
ゴルフ場のゲート手前で右の小道に入る・・・



・・・するとすぐに公園の駐車場が



公園の周囲は低いフェンスで囲まれている。



わりと立派な東屋があった。 見晴らしもそこそこ良い



階段を上るともう1つ小さな東屋が





いつごろ何のために造られた公園なのか分からないが、ここに訪れる人などほとんどいないだろう。
だいたいにおいて、ここに来るまでに公園の標識など1つも無かった。

最後に公園の少し奥にある池まで行ってみる。



道中の紅葉



道中で発見した小滝  幡尻川の滝と命名する。



帰りがけに出合ったアトリの群れ

旧和田山機関庫

2017-08-15 06:11:23 | その他観光
 和田山まで買い物に行ったついでに、旧和田山機関庫を見学する。(2017年8月13日)

1時間未満は無料の、和田山駅前公園駐車場を利用する。



入場券を購入して和田山駅1番ホームに行く。





ちょうど “特急こうのとり” 城崎温泉行きが入って来た。





ほぼ同時に、1番線にも似たような列車が入って来た。
静寂だった和田山駅が、ちょっとだけ賑やかになった。



機関庫や給水塔を見ていると、蒸気機関車が好きだったガキの頃を思い出す。
たまにオバアチャンちへ遊びに行くと、必ず駅まで行って機関車を眺めていたのであった。





ついでに 駅からそう遠くない所にある大蔵神社に寄ってから、帰宅の途につく。






ヒメハナ公園

2017-08-14 11:10:08 | その他観光
 和田山まで買い物に行ったついでに、ヒメハナ公園に寄る。(2017年8月13日)

ヒメハナ公園は昔に1度来たことがある。
その時はヒメハナ公園の入り口にある、楽音寺が目的だった。
繁殖の時期になるとウツギノヒメハナバチが、楽音寺の庭に無数の巣穴を作るのである。
その巣穴と蜂を見るのが、その時の目的だった。

楽音寺(今回の)







以下ヒメハナ公園
ウツギの館



子供広場



ローラーすべり台用尻マット



ヒメハナ橋



ポンプの故障か、それとももう止めたのか!?
目的の1つであった平成の滝には、水が流れてなかった。



ヒメハナ公園には長さ170mのローラーすべり台がある。
こんな所には孫と一緒に来れば良いのだが、ジジイとババアの2人でローラーすべり台に乗る。
前に乗った時はずいぶん尻が痛い思いをした記憶があるので、今回は備え付けの尻マットを利用する。



新年会の道中にて

2017-01-23 10:00:16 | その他観光
 丹後半島で滝仲間4人の新年会だった。(2017年1月21~22日)

追手神社(篠山市大山宮)
篠山より北は、1週間前の大雪がまだ残っていた。



集合時間に間があったので、雪解け増水を期待して屏風岩の滝に行く。
ところが日本海近くまで来ると、全くと云ってよいほど雪は無かった。
でもスズメのしょんべん位の滝水が流れていたので、少しは救われた。(京丹後市)







立岩(京丹後市)







残雪の竹田城跡(朝来市和田山町)
帰りも行きと同様に、豊岡経由にする。(雪の影響を避けるため、標高の低い所を走る。)