たっちゃんのフォトブラリー(*^ω^*)

たっちゃんのフォトギャラリー たっちゃんのフォトブログー
タイトルは何でも良かった。 まっ、暇つぶし・・・。

輸送機

2018-12-11 06:21:30 | 日記
 よく行く公園ではオスプレイ(輸送機)の目撃者が多い。
自分も今日の午後、初めて見る事が出来た。(2018年12月10日)

午前中は西から東へ低いところを通過したらしいが、自分はその時まだ公園に着いてなかった。
そろそろ帰ろうと思った午後1時45分頃、今度は東から西へ高いところを通過した。






画像を見て、プロペラの回転が同期してることに気が付いた。
なぜ同期してるのか調べたら、2個のエンジンは機械的に連結しているらしい。
もし片方のエンジンが停止したら、バランスを失い瞬時に墜落する。
連結することにより、パワーは半減するもすぐの墜落は免れる。
墜落するまでに何処かに不時着出来ればいいな、という事なのだろうと思う。

その10分後にオスプレイの後を追うかのように、ハーキュリーズ(輸送機)が通過した。



そのうち飛行機のオスプレイと、鳥のオスプレイのツーショットが撮れたらいいなと思う。

ミヤマガラス

2018-12-09 06:30:00 | 
 播磨にて。(2018年12月7日)

ハシボソガラスの群れの中に、何十羽かのミヤマガラスが混じっていた。


















行きがけの車窓から、電線に止まってる小鳥が目に入った。
普通ではない数だったので、何の鳥かと停車して確認する。
そしたらニュウナイスズメの群れだった。



こっちを見るな!!



帰りもあえて同じ道を通ったら、やっぱりまだ居た。



我がフィールドは水鳥とぼしいが、播磨まで来ると色んな水鳥がいる。
運転中にため池を発見すると、どうしても池の方に目が行ってしまう。
車道端の池に白っぽい鳥を発見したので、停車して確認する。
そしたらセイタカシギだった。(ついでにカモとイカルチドリも写っている。)

コクマルガラス

2018-12-08 10:54:06 | 
 今季はミヤマガラスが多いらしい。マイフィールド内でも見た人がいる。
『播磨まで行けば見られるよ』 の話を聞いて、プチ遠出する。(2018年12月7日)
広範囲の田んぼの中からミヤマガラス見つけるの難しいと思ったが、運よく一発で見つけた。

ハシボソガラスの群れの中に、ミヤマガラスの群れが混じっている。
そのミヤマガラスの群れの中に、4羽のコクマルガラスを見つけた。
もちろん見るのは、ミヤマもコクマルも初めてであった。

コクマルガラス







コクマルとハシボソガラス







コクマルガラス









移動するカラスに追従出来るように、すべて手持ち撮影。

1泊・岡山

2018-12-06 09:11:32 | 旅行
 所用と遊びを兼ねた1泊岡山(2018年12月1日~2日)で、遊びで寄ったのは・・・

道の駅では、“かよう” と・・・



・・・ “黒井山グリーンパーク” だった。



滝では、“鳴滝” と・・・



・・・ “血洗の滝” だった。



神社では、“吉備津神社” と・・・



・・・ “宗形神社” と・・・



・・・ “青木神社” だった。



撮った鳥は、“クマタカ” と・・・



・・・ “オシドリ” だった。



そして宿泊は、初めて利用する “いこいの村(岡山いこいの村)” だった。
我々が若かった頃の、景気の良い時代に出来た施設なのだろう。
大きな施設だけに、今の時代は運営するのが困難なのではなかろうか?。
内容としては、まあまあだった。










吉備津神社

2018-12-04 12:23:32 | 神社仏閣
 所用と遊びを兼ねた1泊岡山では、遊びで寄るのはいつも滝ばかり。
で今回は、滝2本の他に吉備津神社(岡山市北区吉備津)に寄った。(2018年12月1日)

駐車場から見て 右から回ろうか、左から回ろうか迷った。
見てるとどうも左から回る人の方が多そうなので、我々もそれに倣った。









拝殿



本殿(本殿・拝殿は国宝)
本殿はどこから見ても逆光がきつく、まともな撮影ポジションが無かった。





祈祷殿の辺り



境内社



長い廻廊(総延長は398mもあるらしい)











廻廊から見た境内社



境内社



廻廊の終わり(逆から回れば入り口)



鳥居の近くまでやって来た



鳥居



駐車場横にある宇賀神社



宇賀神社と普賢院



駐車場まで戻ったら、やっと順光の本殿が撮れた(望遠で)。