しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

意味がわかると怖いコピペ579 「引き出しの中から」

2011年09月30日 22時49分13秒 | 意味がわかると怖いコピペ
私がネット初心者の頃、いろいろ分からなくてネットサーフィンをしていたんです
そしてエロ画像を探そうと重い、外国のサイトをリンク辿ってアクセスしまくっていました
結局タダで見れるところは無くて、検索で個人のサイトを探そうとしてたら
変なHPを見つけたんです、トップページにはデジカメで撮ったような低画質の写真があり
カラシ色のTシャツを着た中年の写真で、顔にはモザイクがかけてありました。

しかしそのページが変な理由はその写真ではなく、ページの隅から隅まで文字で
埋め尽くされているんです、それらは英数字なのですが文章になっていませんでした。
しかしページのデザインが妙にカッコよくて、次の日
学校で友達に「このサイトってUGかな?なんかカッコイイぜ」とURLを教えてました
友達は「おー、見てみるわ」と言い別れました。

そして私は家に帰り、衛星放送を見ながらそのまま寝てしまいました。
そして深夜の2時半くらいに携帯が鳴ったんです、見るとその友人からでした。
「なんだよ、こんな時間に・」と思い、わざと不機嫌そうに「なんだよ?」と出ました
するとめちゃくちゃ早口で「引出しの中からで幽霊出てきた!」って言うんです。

なんでも、深夜に私が教えたHPを見てたら机の引き出しが「ササー」と開いて
中年の男の顔が伸びてきたらしいのです。

勿論ウソだと思いました、ネタだと思いました、よくウソつく奴なので

《解説編》意味がわかると怖いコピペ578 「吊り橋の途中で」

2011年09月30日 22時33分14秒 | 意味がわかると怖いコピペ
高所恐怖症の人なら
「足元の板はところどころ隙間がある」橋を渡って
しかも途中でクツ紐を結び直すなんて!
よっぽどお化けより怖いわ!!

という意見が出るかも知れないが、
きっどさんは残念ながら高い所平気のへいさ!
である。

ではこの青い指は誰だったのか?
川でお馴染の河童で無い事は確か。
彼らなら水かきがついてるし
漫画は大好きなので置いていかない。

では、川から落ちて死んだ人、自殺した霊、
こんな場合、定番としては海や川の中から手が出て来て
引き摺りこもうとするのである。

そうなると答えはひとつ
主人公が橋を渡った時に
橋から足を滑らせて落ちて
指一本で辛うじて橋に捉まっていたのである。

それを見捨てて、助けも呼ばず去って行った主人公
保護責任者遺棄致死罪の疑いがある。

〔阪神タイガース〕球児久々の登場!フロントが画策するのは解任ではなく真弓課長側からの辞任

2011年09月30日 21時56分16秒 | ブログ
ネルソンが新井に
ぶつけにいったのか?
手本が狂ったのか?

そんな厳し攻めをしなくても充分打ちとれるんだけど
あれが新井の「静かなる闘志」に火を点けたか?

中日としても、優勝はOKにしても
若し日本シリーズに進出して11月になってしまっては
落合監督と短期契約を再度結び直さなければならない、
これが契約社会なのでね。
金も問題で揉めるとか、
そうでなくても落合側が拒否すれば
日本シリーズを「代行監督」で戦わなければならない事となるので
ドラ側としても
「セ・リーグ優勝まではいいけど、日本シリーズ進出はNG」
というスタンスかも知れない。

タイガース側の「契約社会なので」はもっと低いレベルで。
きっどさんを含め、ファンの皆さんは軽々しく
「真弓辞めさせろ!」と騒ぐが、
2年契約である限り、球団側の都合で一方的に中途で契約を打ち切る場合、
それ相応の違約金が発生する。
推定8000万円の年棒なので、その80%補償として6400万円、
これをもうチームに居ない人物の為にドブに捨てるのだ、
勿論、変わって招聘する監督、若し梨田監督なら
広報・村岸潤子さんの給与は別にしても1億円は必要だろう。

この無駄な支出を避ける為のタイガースフロントは
「来年も真弓課長が既定路線」と早い段階から言っておいて
真弓課長に「辞めろーっ!」って怒号が集まる事を計算し
そのプレッシャーに負けて真弓課長側からの辞任を期待しているのではないかと?

い~や~、
これぞストーブリーグ
見事な駆け引きですな!
小宮山や清水も、是非とも見習って欲しいぞ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村
トラックバック (17)

角淳一、MBS「ちちんぷいぷい」卒業!「フリーアナウンサー」へ

2011年09月30日 16時05分46秒 | テレビのつぼ
「ドすみ」と言えば我々ヤンタン世代にとっては
「逆カリスマ」である。

見た目も「しょぼいおっさん」だし
特に何か秀でた才能がある訳でもない、
アナウンス能力と言われると「?」だし
ずっと大阪弁で通し、ちゃんとした共通語が喋られるかどうかも怪しい。
その癖、態度だけはデカイけど
若い者からは平気におもちゃにされる、

そんな関西以外の方には
「誰?」と訝しがられる
角淳一が今日の放送で12年間パーソナリティーを務めた
「ちちんぷいぷい」
を卒業する。

それだけではなく本日9月30日付で毎日放送との専属契約も解除して
「フリーアナウンサー」に、
名実ともに「MBSの角さん」の終焉の日である。


なんか感慨深いな~
先に述べたように、ヤン木がきっどさんの青春時代であり、
石川優子のLPレコードを買って聴いたり
「すみからすみまで角淳一です」を営業車のラジオで聴き
角さんが脳梗塞で倒れはったら、
「自分もそろそろ病気に気をつけなアカン時期やなー」と思ったり。
常に「MBSの角さん」は傍にいた。

ホンマにふつーの冴え無いおっさんやねんけど
角さんが喋る大阪弁を聞いたら、ほっとするねんなー。

その「MBSの角さん」が
「フリーアナウンサーの角さん」になるというのは
関西にとって、大きなひとつの節目になる日、
と言っても過言ではないと思う。

角さん、お疲れ様でした。
間違っても府知事や大阪市長選なんかに立候補しないでね。
コメント (2)

意味がわかると怖いコピペ578 「吊り橋の途中で」

2011年09月30日 00時49分12秒 | 意味がわかると怖いコピペ
中学生の時、夏休みに家族でキャンプに行った。
そこのキャンプ場は駐車場から5分ほど歩いたところにテントが張ってあった。
テントに着くまでには川があり、やや古めの吊り橋を渡って行った。

夕食後やることもなく虫を捕まえたりしながら過ごしていたのだが、
アウトドアにあまり興味のなかったオレは車の中にマンガを置いてきた事を思い出し、
取りに行くことに決めた。
父親から車のキーを借りて駐車場まで行きテントに戻る途中、その吊り橋を
渡っていた。木でできていて幅は両手を広げてやっと届くぐらいだった。
足元の板はところどころ隙間があって下を流れる川がぼんやり光っているのが見えた。

橋の中程まで来てちょうどクツのヒモがほどけたので結び直そうと思いしゃがんだその時、
オレの足のすぐ横にある板の隙間から青白い指がニュっと出しているのが見えた。
その指はまるで橋にすがりつこうとしているかのように板につかまっていた。
オレは全力ダッシュでテントまで戻り、落としてきたマンガのことも忘れて毛布の中で
震えながら夜を過ごした。

翌朝吊り橋を渡る時にオレの落としたマンガはまだそこにあったのだが、持ち帰ると
ろくなことがない予感がしたのでそこに放置したまま帰ってきた。

《解説編》意味がわかると怖いコピペ577 「やっぱりそうなるとおもってたんや」

2011年09月30日 00時11分08秒 | 意味がわかると怖いコピペ
これまた非常に難解なコピペであるが、
特に最後の2行

「[あずさ@inet-osaka]
とても怖い話ですね。皆さん、何が怖いのかわかりますか? 言葉の意味よりもむしろ…。 」

これが更にややこしくしている。
一瞬「女性専用車両」か?とも考えたが
近鉄奈良線の女性専用車は朝のラッシュ時のみ。

在る方の独自解釈、
かなり長いが全文引用させて頂こう。


主人公の女性=あずさ。彼女は頭をリボンで結わえた女の子自身であり、またその子の母親らしき古めかしい女性でもある。

あずさ、彼女に母親はあったろうか。
勿論母をもたずに生まれてくる子供は有りはしない。
だが、本当の意味で、彼女は母親と共に甘えたい時期を過ごしていただろうか。

女性ばかりの電車の中、彼女が見たのはよりどりみどりの母性の世界だった。
あずさ「ああママは私を置いていく、どうしようどうしよう」
母に放置をされるのはいつもの事だったろうか。どうしようとはうつろに思いながらも彼女は安心しきっていた。走る電車の中、それ以上遠くに行くはずの無い自分の保護者。また、まわりには自分の理想や願望を具現としたような女性たちにあふれている。
ひょっとするとそこは彼女にとって、いつも以上に安心できる空間だったのかもしれない。
気が抜けたら、時間帯もあってあずさは眠くなってきた。
うつらうつらと首を揺らせば、誰かが寄りかかることを許してくれそうな気がした。

―話を切るが、どうにも書くのが辛い。だが私も結論を求めて2時間考えた身だ。私と同じように物語の軸を知りたい人のために、少しでも書かせて頂こうと思う。―

彼女は右に揺られた。押し返される。
(ああ、)
今度は左に揺られた。押し返される。
「ママ、ママ、ママ…」
嗚咽交じりの声で彼女は居場所を求めたのであろう。誰かに愛してほしかった、そんな願望が呼び声となってぽつりぽつりと彼女の口から零れ落ちる。
だがそのしずくを拾ってくれる当ても無く、ましてや本当に求めていたあの母は遠くに声も届かない。

そして女の子の隣に座っていたあずさが、例の男性の声を聞くことになる。
「やっぱりそうなるとおもってたんや」
これは彼女の父親の声に他ならない。(もしくはこの母子の事情に詳しい誰か、という事になる。ここでは最も可能性の高い父親ということで話を進めていく。)
そこで、あずさは目を覚ます。
隣にはこちらを見上げて微笑む少女が一人。
その笑顔が歪んで見えたのは他でもならぬ自身の心が歪んでいたから。…といってはいささか語弊があるようだ。
正確には、彼女の過去の経験や、あずさがふと眠ってしまったときに聞いた心の声が、一時的に彼女の心の鏡を歪めてしまったからという事になるだろう。
 そう、あずさはほんの一瞬夢を見た。
幼い日の母と自分、そして諭すように、また諦めを含んで聞こえたあの日の父の声。
それは父の声を借りたあずさ自身の、「自分がかつての母のように成長していた」事を伺わせる、深い落胆の悲鳴である。
あずさが浅いまどろみの中で聞いた父の声は、未だ消えやらぬ母への慕情と、今の自分への失望に重ねられた母への恨みの念であったのだ。

電車から飛び降りる。
車内は振り返れない。
彼女は自分の心の底に押し込めていた暗い部分に気が付いた。
当然それを認めくない。しまっておきたい暗い過去。
だが一度気が付いてしまった以上、彼女がそれを忘れる事は無い。

あの時、向き合わなければいけなかったのだ。

電車から降りたときに、真っ先に振り返って、少女を確認すべきであったのだ。
 少女は母に「またせてごめんね」と手を引かれ降りるところかもしれない。
 少女の隣に出来た空席に、「ねむくなっちゃったね」と母が座って膝枕をしてあげるのかもしれない。
 少女はこちらを向いて無邪気に手を振ったかもしれない。
 それらの光景を臨むのは限りなく希薄である。
 
 だが、例え振り返った先に何の変哲も無い光景が広がっていたとしても、
 それが彼女の妄念を電車と共に運で行って軽くしてくれたに違いないのに。

あずさが自分と真に向き合うのは―現在となると憶測のしようが無いが―まだ先のようである。

>>とても怖い話ですね。皆さん、何が怖いのかわかりますか? 言葉の意味よりもむしろ…。

振り返れなかった彼女が、

〔阪神タイガース〕3連夜の再逆転負け!コーチ陣の「巧妙なサボタージュ」という反乱?!

2011年09月29日 21時03分43秒 | 虎ブロ
同じパターンで3タテ負け。
先制されたものの攻撃陣が踏ん張って逆転、
いいー雰囲気で試合の流れがタイガースに来ている筈が
投手のちょっとした兆しを見逃したせいで
投手継投がワンテンポ遅れて、再逆転され
更には勢いの乗る相手に、もう追いつけないくらい追加点されて
The End

今日なんて素人目に見ても
8回裏1死2、3塁にされた時点で球児の投入。
ここで無理をさせる為に、今シーズンはイニング跨ぎもせずに大切に使ってきたんだろう?
ましてや、もう10日間も登板がないのだ。
球児本人は充分そのつもりで、既に出来上がっていた様子だし。

反対に、昨日の藤原は、伝達ミスで直前まで知らされず
殆ど準備なしでマウンドに上がったんだと。

こらしゃーないわ。
投手継投の全権を掌握している久保Cのクビは事実上決まってるんだから。
定年間際や、転勤が決まって引継ぎ中のサラリーマンと一緒で
ここに来て、大きな仕事にかかろうとも思わんわな。
ただただ残務整理を淡々とこなして、17時になったら帰ると。
今すべき事は、営業成績を挙げる為にちょっと無理した
「ヤバめの爆弾」をとりあえず在籍中は爆発させずにうまく隠す事。
いなくなっちゃえば、後任の者に押し付けられるし、
しかも今回は、自分は何も仕事をしない直属の上司
「真弓課長」は留任するし、
来年まで誤魔化せれば、このおっさんのひっ被らせられるし。

今はとにかく、目立たぬように、何もせず
間違っても怪我人なんて出さないように。
今更成績を挙げてもどーせ、クビはクビなんだし、

まっ、こんな感じなんでしょうな。
問題は真弓課長自身は全て部下に任せて、自分は何も出来ないので
係長達にサボタージュされたら業務に支障をきたす
いや、企業活動が立ち行かなくなると言う事。

真弓課長「久保コーチ、次の投手は誰に?」
久保コーチ「いやいや貴方が監督なんだから、自分で決めて下さい」
真弓課長「え~、藤原って右投げだったっけ?左?
     誰か選手名鑑持ってない?
     あ~、もういいわ、
     審判さん、ピッチャー交代藤原!」
藤原  「えっ、えっ、藤原って、僕が行くんですか?
     ブルペンコーチからの指示が出てないから
     まだ肩を作ってないですよ~」
山口コーチ「はいはいコールされちゃったからな、
      頑張ってね~、恨むなら監督を恨んで
      (ニヤリ)」

以上は勿論フィクションだけど
昨夜、このような会話が為されて無かったか、心配だ。

責任を全て部下に押し付けて
自分だけ保身に走る上司への
強烈なしっぺ返し。
それがチーム内で巻き起こっているのか?!



にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村
コメント (4)   トラックバック (15)

チュートリアル福田充徳、ブレーキの無い自転車「ピスト」で公道を走り摘発

2011年09月29日 13時44分10秒 | 社会問題
「ピスト」
とはもともと競輪で使用される自転車で最近人気らしけど、
問題はそのままではブレーキがついていない事。

競輪のレーサーは少しでも軽量化の為に
レースに必要無い器具は全て外してるからね。
停まる時は、ペダルを逆回転させる。

ただ、制動装置(ブレーキ)を装備していない自転車で公道を走行した場合
道路交通法違反(制動装置不良等)で
5万円以下の罰金、
となる訳ですな。
反則金じゃなく、罰金!

当然、ライトも附いていないだろうから夜間に走ると
同じくである。

刑事罰・取締等の問題じゃなく
ブレーキ無かったら、単純に危ないだろう?
若し自分の自転車が加害者となって事故を起こしたとして
自動車保険では(特約がついていなければ)賠償出来ないからね。
相手を死亡させたり、重大な後遺症を残したりしたら、賠償金は何千万単位、
お金の問題だけではなく社会的責任も大きいし
当然、重過失致死傷罪で刑事罰も受ける。

この「ピスト」に限らず、
猛スピードで走り去るチャリンカーの皆さん
くれぐれもお気をつけて!
きっどさんは長距離移動なのでチンタラ走ってるけど、
気をつけよう!!

意味がわかると怖いコピペ577 「やっぱりそうなるとおもってたんや」

2011年09月29日 01時46分37秒 | 意味がわかると怖いコピペ
はじめて、お便りします。あずさといいます。
近鉄電車のお話です。
私は奈良の富雄という所に住んでいて、大阪から帰るときは近鉄電車を利用します。
大学生の頃、神戸の方まで通っていました。

夜、21:30くらいに、近鉄の大阪側の始発駅である難波から電車に乗りました。
富雄駅の手前から生駒、東生駒、富雄と電車は止まります。
生駒を過ぎ、東生駒から女の子を連れた女の人が乗ってきました。
女の人は緑色の三角布を首の下で結んでいて、何重にもスカートをはいていて、床まである長さのものを着ていました。
何だか昔風の、最近の人じゃないみたいな感じでした。
女の子は首の上まで刈り上げたオカッパで、頭のてっぺんで噴水みたいに髪を赤いリボンで結んでいました。
服装は覚えていませんが、女の子も昔風の感じがしました。

そのときの車両は、ちょうどすべての座席に人が座っていて、不思議なことにみんな女の人でした。
私は、車両のなかの一番はしっこに座っていました。
その席は三人がけで、席の端に私が座り、真ん中を空けて別の端に若い女の人が座っていました。
その車両で空いている席はそこしかありませんでした。
東生駒から乗ってきた女の子を連れた女の人は、女の子を私のとなりに座らせて、別の席のほうにいき、その前で吊革を持って立っていました。
どうして女の子の近くにいないんだろうと思ったことを覚えています。

やがて、女の子は眠り始めました。
眠り出すとこっちのほうにコックリコックリと、もたれてきました。
それがイヤだったので、意地悪かったのですが軽く押し返しました。
すると女の子は別の端の若い女の人のほうに、もたれかかりはじめたようでした。
女の子はその女の人にも押し返されたようで、今度はもたれかからないで真ん中でゆらゆらと揺れながら「ママ、ママ…」と言いはじめました。
何度も「ママ、ママ…」と言うので、そのとき、どうして女の子の近くに来ないんだろうと思ったことを覚えています。

何度「ママ、ママ…」というのを聞いたでしょうか。
突然「やっぱりそうなるとおもってたんや」と低い男のダミ声がすぐ耳もとでしたのです。
「えっ!」と驚いて、女の子のほうを見ると、ニヤッと私のほうをじっと見ていました。
ゾオッとして、気がつくと降りる富雄駅だったのです。
飛び降りてからも、ゾオッとした感覚は残っていて、電車の中を見ることができませんでした。
あのダミ声は強烈でした。
[あずさ@inet-osaka]
とても怖い話ですね。皆さん、何が怖いのかわかりますか? 言葉の意味よりもむしろ…。

《解説編》意味がわかると怖いコピペ576 「人が消えるという神社」

2011年09月29日 01時19分20秒 | 意味がわかると怖いコピペ
「神隠し」
は実は
「髪かくし」
で神主さんの髪の毛が抜けている。

ってだけでは無い。

「『人が消える』というような物騒な噂は聞いたことがない、」
筈なのに鏡を見ると自分の姿が消えている。
つまり、
自分は人間では無かった。。。

幽霊か?
妖怪か?
宇宙人か??
コメント (2)

〔阪神タイガース〕無残。。。後はひたすらマートンと鳥谷の慰留に努めよう

2011年09月28日 22時02分06秒 | 虎ブロ
これが8月頃なら
「秋山の次の登板に期待しよう」
と前向きな発言も出てくるんだろうけど、
もうリアルに「ストーブリーグ状態」

ひょっとして今シーズン
もう二度と球児の登板はないかも知れない、
そら調整登板はあったとしても
正真正銘の真剣勝負での登板はもう無いと思った方が良い。

打撃陣はこの5試合で野手8選手は全員打率3割オーバー
今日も11安打と一見好調と思えるかも知れないが
これだけ無残な敗戦を重ねていれば、所詮「帳尻合わせ」に過ぎない。

ジャイがベイさん相手とはいえ土壇場で逆転して
3連勝を飾った。
正直もうCSも無理だ。

今シーズンのタイガースは
「弱かった」
ただそれだけだ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村
トラックバック (16)

生誕120周年記念 岸田劉生展 in 大阪市立美術館

2011年09月28日 19時57分04秒 | 近くに行きたい
深夜に不気味に流れる
「こんにちわ、岸田麗子です」
のCMが怖いとツイッターでつぶやいたら
公式ツイッターにフォローされてしまったので
仕方なく天王寺の市立美術館で
9月17日~11月23日まで開催中の
「生誕120周年記念 岸田劉生展」
へ行って来た。

折角だから500円払って音声ガイドを借りてじっくり観賞する事にしよう。

岸田劉生の代表作でもある
「麗子像」
氏の愛娘を描いた作品。
CMでも使われていたし、勿論ポスターもこれ
誰もが一度くらいは目にした事ある一枚だろうけど、
きっどさん前々から疑問に思っていたのが
「こんな奴おらんやろ~」
タイガースの柴田講平並みに顔の縦の長さが短い、
それとも麗子ちゃんは何か身体的に、、、
とちょっと心配になってたりしたんだけど、
本物の岸田麗子ちゃんは



いたってふつー。

実は当時の岸田劉生は
「グロテスクの美」
なんて言いだして、自分の愛娘をモデルに
こんな、ちょっとキショイ「麗子像」を100枚以上も描いておるんですな。

我々が知ってる重要文化財にもなっている有名な「麗子像」は
正式には「麗子微笑(青果持テル)」と言うんですな。

この作品だけガラスケースに厳重に入れられていて
反対にその分、直ぐ傍まで近づけるんで、舐めるようにじっくる眺めて来たけど、
素人目にも、この麗子像だけやっぱり違う。
(他にも30作品以上ずらーっと麗子像が並んでいる)
直接この目に観て初めて判ったけど
確かにこの作品も顔の縦と横のバランスがが柴田講平並みにアンバランスではあるんだけど
ちっともキショイとは思わない、
深夜の不気味はCMとは全く違う印象を持つ。
「モナリザの微笑」とも並び称される優しい微笑みに
少し麗子ちゃんが「綺麗だな~」と感じてしまう程。

やっぱり実物を観ないと判らん、ちゅー事ですか。
あのCMは「誤解を与える」という意味では逆効果かも知れないけど、
興味を持たせて、きっどさんのように足を運ばせると言う点では成功かも。

因みに、岸田劉生は「麗子微笑(青果持テル)」を描いた後
京都に移り住んだものの、
「美術は書かなくても、買えばいいんだ」
とちっとも絵を描かなくなって、芸者をあげての放蕩三昧で借金をつくりまくり
金持ちの肖像画を描いて借金を返そうと、大連に渡ったものの
遊び過ぎが祟って、38歳の若さで亡くなってしまう、
という「晩節を汚す」には余りに早い時期からショボさであった。

意味がわかると怖いコピペ576 「人が消えるという神社」

2011年09月28日 02時30分26秒 | 意味がわかると怖いコピペ
人がいなくなるという噂のある神社が近くにあると聞いて、
俺と友人は早速出かけてみることにした。
木々の生い茂る山道を抜け、角度の急な石段を登ると少し開けた場所に出た。
どうやらここが噂の神社らしい。

ところが、俺と友人は早速拍子抜けしてしまった。
なぜなら髪の薄くなったおじさんが普通に境内の掃除をしていたからだ。
だけど、ここでなにもせずに帰るのもなんだか悔しいので、
その人に話を聞いてみた。
その人はどうやらここの神主さんらしく、
「人が消える」というような物騒な噂は聞いたことがない、
ということだった。

結局無駄足かぁと思いつつ、神社を後にする俺たち。
その帰り道で、落ち込んでいる俺を励まそうと思ったのか友人がこういった。
「神主さんを思い出してみろよ。噂は本当だったんだ」
それを聞いて俺は思わず笑ってしまった。
神主さんの目の前ではとてもいえないような冗談だったが、
少し残念な気持ちを吹き飛ばすのには十分だった。

後日、鏡を見るまでは。

《解説編》意味がわかると怖いコピペ575 「ホットケーキ」

2011年09月28日 02時23分21秒 | 意味がわかると怖いコピペ
小麦粉が大量に舞った事によって
粉塵爆発が起ころうとしている。

彼女が
・物理学を専攻している大学院生
・ライターをプレゼントしてくれた
・買い物に行ったまま帰って来ない

事から明らかに意図的に狙っての事と推察される。

彼氏のDVに耐えきれずに
事故に見せかけて殺害しようとしているのだ。

〔阪神タイガース〕今シーズンのタイガースが弱いのは「中継ぎ陣がショボイから」

2011年09月27日 23時29分22秒 | 虎ブロ
スタンを3回途中で降ろした後
珍しくイニング途中でも投手交代をして
それなりに頭を使った継投策をとった。
ひとつひとつに問題が無かった訳ではないが
全体としては、スタンを早期で見限った事
あの場面でエノゴリくんを投入した事
決して間違っていなかったと思う。

それでも結果は4-8で敗戦。

今シーズン、タイガースが勝ちきれないのは
その結果、連勝で勢いに乗れないのは
ズバリ「中継ぎ陣がショボイから」

我々はタイガース御用マスコミからの限られた情報で
まるで中国・北朝鮮並みにマインドコントロールされて
「タイガースは他のチームが羨むくらいの豊富なリリーフ陣を擁している」
と思いこまされいるが、(きっどさんも典型的なその一人)
じゃあ、何故ここまで大切な場面で尽くひっくり返されるのだ?

確かに球児は球界を代表する「絶対的な守護神」かも知れない。
しかし、そこの繋げる中継ぎ陣が余りにお粗末過ぎるのだ。
考えてみれば、ルーキーに対して
「絶対的なセットアッパー」
「もし榎田が居なかったらどうなっていたか?」
なんて言ってる時点で、既に開幕前から用意が出来ていなかった証拠、
(コバヒロが計算外だったにしても)
ドラゴンズの中継ぎ陣なんて防御率0点台続出だからね。

ここまでそれに気づかなかったのは
先発陣が勝利がつかなくても踏ん張ってくれていたから、
彼らに夏の疲れが見えて来た今、
「中継ぎ陣がショボイから」
が遂に露呈してきてしまった。

現在絶好調の「絶対的守護神」球児は
もう9日間も登板の機会すらない。

明日の先発は今季初登板の秋山が有力。
また早いイニングでの降板が有り得る。
この際
「中継ぎ陣がショボイから」
という事実を認めて
今日よりももっと慎重な、丁寧な継投で
もう一人一殺、ワンポイントリリーフ多用してでも
なんとか9回裏の球児まで繋ぎ切るのだ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへにほんブログ村
トラックバック (14)