しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』角岡 伸彦著

2017年11月10日 13時49分46秒 | 読書感想文
文庫本化されたので読んでみた、
と言っても文庫本になったのは今年の初めやったけどね。

反さくら・百田の立場で書かれているので、
きっどさんが常々このブログで書いてた事とほぼ一致する。

たかじんはチキンで、
そして後年、体制側に利用されているのに、自分が偉くなったように誤解していたと。

まあそれは宜しいが、
売れる前や、ラジオを始めた頃のたかじんについて、まあまあページを割いているんだけど、
きっどさんもヘビーリスナーだったヤンタン火曜日について、
まったく触れていないのはどういう訳だろう?

著者は、関西出身だし、きっどさんと同年代なので、
たかじんファンなら当然に思い出深い、語らずにはいられないラジオ番組だったと思うんだけど。

角岡伸彦さん、
あんた、たかじんが死ぬまで、あんまり知らんかったんとちゃう?
勿論、「関西の視聴率男」なんて持ち上げられていたから、存在は知っていたやろうけど。
ばぁ~とかもリアルタイムに視てた??

単行本が書かれたのは例の「殉愛」の前。
この本の中でたかじんのお父さんは在日韓国人である事がしつこく書かれている。
著者がこの本を書いた、本当の理由はここにあったのかも知れない。

著者は部落解放同盟と非常に近い立場であり、
著作も殆どそれ関係、
きっどさんも読んだ事がある「同和利権の真相」シリーズに大クレームを入れている。
この当りの両者の関係、
そして、たかじんが生涯、実父が在日韓国人であった事を明かさなかった事をネタに一冊仕上たのだ。

でも我々はなんとなくしってたよ、たかじんがそうやって事。
昔ラジオで言ってたのか?雰囲気で感じ取ったのか?
でも、そんなんどうでも良かったけどね。

この後「百田尚樹『殉愛』の真実」なんて書いてるし。
結局、この角岡伸彦もたかじんを利用して儲けようとした一群の一人でしかない。


コメント

「花咲舞が黙ってない」 池井戸潤著 原作者がドラマに寄せて書いた続編に半沢直樹も登場!

2017年10月11日 20時10分55秒 | 読書感想文
テレビドラマ「花咲舞が黙ってない」の原作は
短編集の「不祥事」でありテロップで流される「銀行総務特命」
以外も他の短編を適当にアレンジして元ネタに使っている。

で本作はスマッシュヒットしたドラマを受けて、
いや敢えて言おう、原作者池井戸潤が「ドラマに寄せて」読売新聞に連載した続編である。

「不祥事」の時と違って、明らかに花咲舞は杏である。
相馬さんはドラマの上川隆也よりは情けなさが強いものの、
芝崎次長は、年齢がちょっと上とは言え、キャラ的には完全に塚っちゃんである。

こりゃドラマのシーズン3を意識したものか?
と思ったけど、それは杏の第三子懐妊以外にも大きな障害がある。

物語はだいぶ過去に遡り、銀行合併の話なんだけど
(でも当時も、現在も東京第一銀行だけど)
その合併相手の、辣腕銀行員として、
かの半沢直樹が登場するのでございます。

最初はちょっとしてゲスト出演かな~と思ったけど、
物語を左右する結構重要な役割。

若し、日本テレビ「花咲舞が黙ってない」で映像化する際、
TBS独占契約を結んでいる可能性の有る無しに拘らず、半沢直樹を登場させる事は、
堺雅人が演じないとしても、やっぱり問題がありそう。

となれば映画化かな?
日本テレビ80%、TBS20%くらい出資の製作委員会方式で。
コメント

「特命金融捜査官」  江上剛著

2017年06月16日 17時27分41秒 | 読書感想文

中小企業融資に特化したJIB。
しかし実態はバックに反社会的勢力がいて、マネーロンダリングの舞台になっている。
それを取り締まる正義の金融庁検査官・伊地知、

って、かの日本振興銀行の元社長である江上剛が、
どの口でそんな偉そうな事いえるねん!?

主人公を税関職員に出向扱いにしてまで所持させた拳銃。
表紙にもなってるけど、全く使ってないし!

コメント

「忍びの国」和田竜 この夏、大野智主演で映画化!信雄はゴリ押しで知念侑李

2017年05月19日 20時36分25秒 | 読書感想文

織田(北畠)信雄の伊賀攻めを描いた作品。

著者は「のぼうの城」の和田竜で、こちらも2017年夏に映画化される。

天才忍者・無門が大野智、
その妻・お国が石原さとみかぁー、
なんかちょっとイメージと違うなぁ。

信雄が知念侑李、って全然ちがう
なー、
Hey! Say! JUMPは今や完全にジュリー派となったそうなので
完全なるゴリ押しキャスティングですな。

帯にはなかったけど、後の石川五右衛門、文吾、
武器職人の鉄、
辺りもジュリー派のジャニーズタレントが務めそう。

そうなると見るも無残な映画になってしまいそうな。。。

コメント

「由伸・巨人と金本・阪神 崩壊の内幕」 ××  野村克也が私怨でこき下ろした1冊

2016年11月05日 17時33分19秒 | 読書感想文
幼少期に「南海ホークス子供の会」に入っていたきっどさんがサインをねだりに行くと、
「お前ら入場料払ってないやろ(子供の会員は無料)金払ってない奴にサインするか!金持ってこい」
と言い下した人間的にカスな野村克也が私怨をぶつける為に書いた一冊。
自分を馘にした阪神タイガース、ヤクルトに逆指名決まってたのに、
親の借金肩替りを条件に悪徳ジャイアンツに乗り換えた高橋由伸への悪口満載である。

中でも阪神批判が酷い、しつこい!

タイガースが野村監督を解雇した訳ではない。
3年連続最下位でも球団は留任を発表していたのだ。
夫人である野村沙知代が脱税容疑で東京地検特捜部に逮捕された為、辞任したのである。
本書の中でも
「ウチに金はある筈なのだから知らない、沙知代が昔から全部管理しているから」
と言っている。
つまりそう言う事、自業自得、いや阪神タイガースこそ被害者である。
だいたい南海を石持て追われたのも、この野村沙知代(当時伊東芳枝)が原因である。
他人の批判はしても、これらの自らの汚点は完全スルーだけどね。

ただ、金本監督への「自分が目立ちたい為だけの采配はいらん」は当たってるかも?
コメント

「超高速!参勤交代リターンズ」 土橋章宏 ×

2016年07月14日 18時14分49秒 | 読書感想文
前作も読んで、WOWOWで映画も観たんだけど、
同じく参勤交代を描いた浅田次郎の「一路」も同時期に読んでいて、
しかもドラマが最近また地上波で流されたりしてるんで、
両者の設定が混同されてしまって、どっちがどっちかよう判らんようになってもた。
NHKドラマ「一路」は真面目くさってるけど、原作は結構コミカル、
両者のテイストは相当似ているけど、
同じような時期に書かれてるし、
「超高速!」は映画脚本が先で、そのノベライズ本なのでどちらかがパクったと云う物でもない。
たぁ~またまである。

第一作脚本→第一作ノベライズ→リターンズ小説→リターンズ映画化・脚本

てな流れなので、元々ある程度小説の登場人物は映画のキャストに合わせて描かれてる感じなんだけど、
リターンズのお咲は完全に深キョン、明らかに土橋章宏が寄せている。

と褒めてるようだけど、物語的にはスッカスカ。
特に上下刊に及ぶ「一路」を読んだ後ではちょいと情けない。
ま、映画としてはそんな真剣に観るんじゃなく、
高度成長期に乱造された娯楽時代劇的に、とにかく楽しめば良いんだろうけど。
コメント

「1998年の宇多田ヒカル」 宇野維正

2016年03月01日 20時33分18秒 | 読書感想文
確かにこの4人共1998年デビューの同期、
そしてそれはCDが歴史上一番売れた年なんだけど、
なんか無理くりのこじつけっぽい話ばかりで。

それにアーチスト名、曲名をやたら列挙して文字数を稼いでるような。。。
コメント

「七つの会議」 池井戸潤 NHKドラマ原作本がやっとこ文庫化

2016年02月27日 20時18分24秒 | 読書感想文
ちょうど「半沢直樹」と同時期にNHKでドラマ化された池井戸潤作品。
「半沢直樹」の高視聴率に比べて、さして話題にもならなかったけど、
結構クオリティが高かった。

こちらはまだ単行本だったので読まなかったんだけど、
この度めでたく文庫化されたので買って、お風呂で一気に読みきってしまった。
お陰で本がふやけてくちゃくちゃですな。

えっ「日経新聞で連載」?でんでん読んでなかった、いつ?いつ?
原作はちゃんと七つの会議だったんやなあ。
七つの連作短編小説形式で(単行本化される際に一本追加して八つ)登場人物を生い立ちから丁寧に描いてる
ドラマでは主人公の筈のメリー東が吉田剛太郎に完全に喰われてたけど、原作では主人公が八人ってスタンス。

こんなリコール隠し、あっちゃこっちゃで行われてるんだろうなぁ。
おちおち電車にも乗ってられんわ!
コメント

「メガバンク最終決戦」 波多野聖 ☆ WOWOWドラマWで放送スタート!

2016年02月20日 19時11分08秒 | 読書感想文
風邪を引いてた一週間だけど、アポや提出が重なって休めなかった。
それでも水曜日、昼頃まで寝てられたので、一気に読んでしまった。(眠れよ!)

現実世界ではマイナス金利だけど、
小説では一転して日本の金利が急騰、それは国債の暴落を意味する。
主人公の居るメガバンクTEFG銀行には直前に国から巧妙に押し付けられた巨額の40年国債が存在し、破綻の危機に!

モデルはMUFG、三菱東京UFJ銀行。
5兆円の40年超長期国債を押し付けられた交換条件が
「三菱の名前を返してくれ」と。

トホホ。。。
「下町ロケット」でも描かれてたけど、どうして三井・三菱の野郎達はこんなにプライドが高い?
東京銀行と合併する前の三菱銀行なんぞ都銀13行の中でも中位行。
バブルの時に攻める度胸も、能力もなかったので、たまたま不良債権が少なかっただけ。
反対にUFJは金融庁の私怨によって潰された、その差がMUFG内での現在に状況へと到ってるだけで、
「三菱でなければ人であらず」なんて勘違いも良い処。
なのにこの小説やドラマWではUFJ(三和)出身の関西人役員を思いっきりバカにしてるけどね。

国債の暴落と、金利の暴騰は、
いつかは必ずやってくる「富士山の噴火」「南海地震」並の出来事。
その意味からは「近未来パニック小説」とも言える。

WOWOWドラマWでは、第二話以降はどう描くか?
MUFGがスポンサーでなくてもスポットCMをガンガン流す民放では決して出来ない、
しがらみのないWOWOWの強みをみせてくれ!
コメント

「赤めだか」 立川談春 二宮和也主演ドラマの原作 立川流の落語は「お笑い」ではない。

2016年02月02日 20時56分10秒 | 読書感想文
年末にニノ主演で放送されたドラマの原作本。
先に読みたかったので、録画したまま置いてあった。

基本的には「師匠(イエモト)」である故立川談志のお話。
この本に出てくる論理的な談志の考え方は共感持ちまくりなんだけど、
噺家としての立川談志が全く好きになれなかったのは、
談志が全く「面白くなかった」からである。

これは腐している訳ではない。
立川志の輔がまくらで言ってるように、
東京ローカル落語、いや正確には立川流の落語は伝統芸能であり、
「お笑いに入れるな!」と宣言しているのである。
人形浄瑠璃を見てゲラゲラ笑えないのと同じレベルである。

これが、「笑い」と言う物を徹底的に論理的に追及した、
「爆笑落語」桂枝雀落語が現在でもトレンドである上方落語と根本的に違うところ、
関西からみると、講談のイメージに近い。
それでもまだ立川志の輔は笑う場所があるんだけど、
談春の落語はまくらも殆どなく(少なくともCDやDVDでは)
笑い処ナッシングである。

上方落語と、東京ローカル落語では共通のネタも多いんだけど、
現在は余りに違う物となっている。

三代目志ん朝なんぞは残されてる音源を聴いたら、充分面白く、笑い処満載なんだけどなあ。
25年くらい前、生前の志ん朝の落語を浅草で生で聴いた事あるんだけど、
粋で、それでいて面白くて随分感動したもんだけど、
「今一番チケットが取れない」と言われる談春の落語会を聴きに行ったら、
きっどさんたぶん怒って帰って来てしまいそう。
これは単純に相性の問題で、お笑いファンには立川流の落語は向いてないだけである。

ただこの本にも書かれてる、
最晩年の米朝師匠に稽古を付けて貰いに行った
(実際には聴いて貰うのもしんどい状態だったみたいだけど)
談春の「除夜の雪」は一度聴いてみたい。
コメント

「ルーズヴェルト・ゲーム」池井戸潤著 福沢諭吉Dは原作一冊では無理

2015年11月30日 02時27分10秒 | 読書感想文
テレビドラマ始まった時、まだ原作本を読んでなかったので、
「とりあえず録画しといて、先に本を」
と思ってたら、すっかりドラマが終わり、
他局でも花咲舞やら、民王やら続いて、すっかり忘れてた。

が、「下町ロケット」関連か、TBSチャンネルで再放送が始まり、
うっかり第一話を観てしまったので、慌てて原作にとりかかる。

ドラマはまだ、第三話までしか観てないけど、原作は随分シンプル。
ドラマは原作にないエピソードを混ぜてかなり膨らませている。

福沢諭吉Dは相当スピーディーなので、原作本一冊では足らないんだろうな。

「半沢直樹」も「下町ロケット」も二作でワンクールだから
文庫本500ページ足らずでは、全然持たないとみたね。

第三話まででも、銀行の融資課長の話、訴訟の話、輸送システムのバグの話はドラマオリジナルだもんな。

「ルーズヴェルト・ゲーム」に関しては、
原作とテレビドラマはテイスト的に別物、
って感じがするな。

どっちも面白いけど。
コメント

『小説土佐堀川 広岡浅子の生涯』 古川智映子著 朝の連続テレビ小説「あさが来た」原案本

2015年11月02日 17時16分22秒 | 読書感想文
「泥の河・螢川・道頓堀川」の宮本輝の川三部作の第四弾?

帯に名前もあるし、本屋で並んでる時、一瞬そう思ってしまったけど、でんでん違います。
現在のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」の原案本。
ドラマでは五代友厚以外は基本的に名前を変えているけど、
本作では基本的に実在の人物そのまま。

なんで名前を変えてるのか?
「ニッカに続いてBKは今度は大同生命からなんぼもろてんねん?」
てな邪推されないようにかな?

浅子が晩年設立に尽力した大同生命。
実はきっどさんも昔働いていた。

当時、本社は江坂に移っていたけど、
この表紙のヴォーリズ設計の初代本社も肥後橋ビルとしてまだ残っていて、
何度か訪れた事がある。
この地に本社新社屋を建てるに伴って、取り壊し前に見学会なんかもあったような。

ま、基本的に企業名・商品名を出しての宣伝不可の公共放送なのと、
その子孫の方が多く残ったはるんで、なんやかやと問題が起こる可能性もあるので、
名前を変えたり、一部設定を変えたりしてるんだろうけど、
ただ、この小説にも描かれず、最後は「加島屋ばんざい」とハッピーエンド&死亡で締めくくってるけど、
加島銀行は昭和恐慌の煽りを食って廃業しとるんですな。

因みに、玉木宏がもう直ぐ社長となって腕を振るう尼崎紡績の本社は



「ユニチカ記念館」として現在も残ってる。
きっどさん、2年前ポスティングぅの途中にたまたま寄って、
このブログでも紹介してましたな。

浅子が乗り込んだ潤野炭鉱は10年くらいで売却したそうな。
小説の中では、後年まで九州に通ってたんだけどなあ。
コメント

「しんがり 山一證券 最後の12人」 清武英利著 来週よりWOWOWドラマWにて放送開始!

2015年09月13日 16時20分23秒 | 読書感想文
1997年、山一證券が会社更生法でも和議申請(民事再生法施行前)でもなく、
「自主廃業」って日経新聞に報道された時、
「何それ?」と言ったのを覚えてる。

1997年11月
「日本が震えた1ケ月」と未だに語り継がれる、
最大の金融危機の中で起こった四大証券一角の破綻。
昭和40年に田中角栄が日銀特融を発動した話は散々聞かされてきたので
「四大証券は壊れない、壊さない」と思い込んでたし。
それが破綻どころか、名門・山一證券が跡形も無く消えてしまう
「自主廃業」って。。。

その後、無名の社員達が破綻原因を究明し、
全て実名で「調査報告書」書き上げた話。
調査チームである「ギョウカン」のメンバーだけがやたら美化されているのは鼻につくが
本書の中でも基本的に実名で書かれているのが驚き。

来週からWOWOWドラマW
「しんがり 山一證券 最後の聖戦」
ではさすがに全て名前を変えているけど、
山一證券って舞台はそのまま。
旧大蔵省の悪徳ぶりをどこまで描き切るかも興味深い。

当時、メリルリンチが日本法人を立ち上げ、
旧山一の社員達の受け皿となったけど、
そのメリルリンチ本体があんな末路を迎えるとはね。
コメント

「民王」 池井戸潤著 テレビ朝日ドラマの原作だけど設定、ストーリーは違い過ぎ!

2015年09月12日 22時39分46秒 | 読書感想文
いよいよ来週、ドラマは最終回を迎えるが、
設定もだいぶ変えられてるし、
ストーリーに関してはここに来てほぼオリジナル。

ただ原作者の池井戸潤が絶賛してる通り、
テレビドラマの脚本の方が面白い!

総理大臣の父親とその馬鹿息子の人格が入れ替わる、
と言う設定は「転校生」→「パパとムスメの7日間」の流れの延長線上にのる、
言わば「使い古された」話。

原作は麻生総理時代に書かれた物で
「みぞゆう」と漢字を読めない総理大臣や、
大事な記者会見に泥酔する財務大臣なんて普通では考えられない、
って事はひょっとして彼らは、息子や娘と人格が入れ替わってるのではないか?
てな発想から生まれた設定。

ただ、泥酔会見はその後の中川昭一を考えると余り触れる事が出来ないし、
上から目線のおぼっちゃま麻生をおちょくると間違いなく安倍政権から圧力がかかる。
テレ朝だし。

黒幕も薬品会社じゃないってのも、
この番組に限らずテレ朝の他の番組のスポンサーに考慮してなんだろな。
ただ公明党からのクレームが怖いね、
原作よりかなり悪役になってるし。
まっ、来週真のラスボスが出てきて
貝原がまさかの!も、もうひとどんでん返しがありそうだけど。

【追記】エリカ様が知英だとは途中まで全然気づかなかった、
日本語完璧なんですけど、
しかも野党第一党代表の父親と入れ替わったと言うややこしい設定で。
コメント

「ここまでわかった!大坂の陣と豊臣秀頼」 歴史読本編集部編

2015年08月31日 11時35分04秒 | 読書感想文
歴史ドラマなんかでは、関ヶ原の合戦以降、豊臣家は一大名に落ちぶれて、
家康が征夷大将軍になり直ぐに秀忠に後を継がせた事で、一気に徳川政権へと移った、
と描かれる事が多いけど。

実際には豊臣摂関家の「関白型公儀」と徳川将軍家「将軍型公儀」が或る時期並立していたと言われている。
現在の論点は、その並列はどの程度で、いつ頃までだったか?
って所なんですな。

だいたい将軍が最高権力者だったのは応仁の乱以前、当時から150年前。
現在から150年前と言えば正に幕末、最後の将軍慶喜が居た頃。
つまり当時、家康が唐突に将軍に即位したという事は、
現代の世において、どっかのおっさんが
「わしが征夷大将軍に就任する!」
と言いだしてるようなもの。
(将軍自体「令外官」だし)
当時の最高権力者は秀吉・秀次と続く関白であり、
武士も、庶民もその認識だった。
(実際、信長も秀吉も将軍任官を拒否してるし)

だから家康の行った事は、
単に豊臣家から政権を簒奪しただけではなく、
政治制度の改革、
正確に言うと信長、秀吉が行った劇的な改革を、
大昔に戻したって事なんですな。

だからこそ、家康は単に征夷大将軍に就任しただけではなく
将軍史上最高権力を保持した足利義満に則って源氏長者にもなる必要があった。

ってな事を書いてるんだけど、
「歴史読本編集部編」だけあって
複数の著者が自説を展開するので、
自分としてはどの説を採りたいかは難しいとこですな。
コメント