しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

意味がわかると怖い話3264 「走り屋」

2021年10月03日 23時14分00秒 | 意味がわかると怖いコピペ
「走り屋」なんて言葉が現役だった頃の話。

県南の某峠深夜3時。
いつもは数台の常連が腕を競っていたが、平日の深夜、霧が出ていた事もあって走っていたのは俺一人。

気分良く周回していたら、一つのコーナーのガードレール外で手を振っている人が。

「ブラインド側から対向車が来るのか?」
とスピードを落とし軽く手を挙げて礼をしながら通るも対向車は来ない。
次の周も同じ様に手を振ってる。

「バカにしてんのか?」
次の周にとっちめてやろうとしてスピードを上げる。
同じ様に手を振るそいつに脅しを兼ねて猛スピードで突っ込む。

その瞬間、あることに気づいて全力でブレーキをかける。
道端の献花の上に立ちニヤニヤと嗤うそいつは手を振っていたんじゃない手招きをしていたんだ。




この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 《解説編》意味がわかると怖... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最新の画像もっと見る