しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

《解説編》意味がわかると怖いコピペ574 「同時に叩かれた」

2011年09月26日 23時46分21秒 | 意味がわかると怖いコピペ
このコピペも
「なんか意味ありげなんだけど、よう判らん」
と誰ひとり解明出来ていない。

一行目には「お風呂」なのに
最後の行では「フロにはいる」
と表記が変わっているのが怪しい。

途中で人格が変わっているのかな~?

どなたか解説出来る方求ム!
(って解説編とちゃうんかい?!)
コメント (2)

パティスリーグレゴリーコレ アプソリュ ☆☆☆

2011年09月26日 21時22分37秒 | ダイエットよりスイーツ!
海岸ビルヂングを取材していると
すぐ傍をピンク一色の山田花子が通った。
何故かしきりときっどさんに愛想を振りまいている、
何かのロケのようだ。
山田花子には特に興味はないので、スルーして
スィーツのお時間である。

元町と言えば、きっどさんは



Patisserie GREGORY COLLET

毎度お馴染、飽きもせずに注文するはホットミルクティーと



アプソリュ

あらっ、なんかちょっと変わってる?
周囲を囲む羽根の様な薄い板チョコが無くなって
その代わり、マーブル状の板チョコが一枚だけ斜めに刺さってる。
しかも全体的にひと回り程、小さくなったような。

それよりも大切な味の方だけど
以前ヒメが
「台の部分が不味くなってがっかり」
と怒っていた。

アプソリュは
ショコラとキャラメルのムースの間に
クリームブリュレクリームを挟んでいるんだけど
その下には箔状のゴーフレットを敷いて
土台はノワゼットのビスキュイである。

そのノワゼットが一時期まるでチョコクランチのよう
いやもっと言うとコーンフレークのようにガシャガシャになって
アプソリュ全体の上品さを台無しにしていた。

それが今日久々に本店で頂くと
まさに軽いカラメリゼ状態に仕上がっていて
程良い歯ごたえ、いやアクセントにさえ感じさせないくらいに自然で
昔きっどさんが「日本一のチョコレートケーキ」
と称賛した当時にすっかり戻っていた。

グレゴリーコレの看板商品であり、代名詞でありながら
日々進化する、そして間違っていると判ったら躊躇せずに昔に帰る、
「absolute(完全な)」でありながら日々進化しているのだ。

海岸ビルヂング

2011年09月26日 14時05分32秒 | 近くに行きたい
先日、「ビーバップ・ハイヒール」で放送してから、
このブログでも、こっそり始まった
「関西レンガ建造物」シリーズ!

今回は神戸元町の



海岸ビルヂング
である。

住所も正に「海岸通」のこの辺りには、レトロビルが多いだけに、
あれ?どれやろ~と思ってたら、
きっどさんが昔、働いてたビルの隣の隣だった。
なんや~、これか!?



2号線側からみると石造りのようだけど、裏に回るとこの通り、
しっかり中身は煉瓦造りな訳ですな。



でも、本当の魅力は、普通に事務所が入居する、
この建物内の雰囲気かも?



レトロを漂わせながら、現役バリバリ、
単に古くて、ボロいだけのウチの事務所と大違いだ!
コメント (2)

クールビズ終~了~

2011年09月26日 12時33分38秒 | ブログ
ホントはキリの良い処で10月1日から、
とも思ったけど、今朝の冷え込みでギブアップ、
本日から長袖、ネクタイ有りに。

久々にネクタイ締めると、やっぱり気合い入るなぁ。
ただこの夏、「夏痩せ」せずに、
「ブタブタおっさんブタ」になったので、
首回りが苦しい~

意味がわかると怖いコピペ574 「同時に叩かれた」

2011年09月26日 01時31分14秒 | 意味がわかると怖いコピペ
今日も一日の勤めを終え、私はお風呂に入ろうとしていた。

その時、玄関のチャイムが鳴る。
玄関のドアを開ける。誰もいない。
部屋に戻る。
テレビをつける。
写りが悪い。
テレビを叩いてみると、玄関のドアも同時に叩かれた。
また玄関のドアをあける。
赤くて黒い服を着た少女が悲しそうな顔をして一人。
「どうしたの?」
私は聞く。
少女は何も言わずに走り去っていく。


テレビ・・・?ドア・・・?
私はなぜか怖くなったが、深く考えると発狂しそうなのでフロにはいることにした・・

《解説編》意味がわかると怖いコピペ573 「私より数分前に」

2011年09月26日 00時24分00秒 | 意味がわかると怖いコピペ
自己像幻視ではなく、このような
「第三者によって目撃されるドッペルゲンガー」の事例は、
昨日の脳の機能障害では説明できない。

ただ、この場合も
主人公が二重人格であり
先程、別の人格が一度登校したことを意識していない、
という解釈も出来得る。