夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

DRIVER

2008-10-31 | Weblog
何だよ、この冷え込み方はよ。

ここ数年風邪では医者にかかってないけど

ちょいと風邪ひいてんじゃないかな俺。

体のパーツがアチコチ痛むし胃腸が張ってる感じだ。

前に風邪の菌が胃腸に入る悪質なやつにやられてね。

その時の初期症状に似てる気がするんだよなぁ~。

気だな、そんな気がするだけだな(笑)。

仕事上31日に体をゆっくり休めるなんて無理だし。

薬食べて酒で消毒して少し眠れば・・・無理かっ!?

ロックン・ロールは体力勝負なトコもあるからな。

音楽の神様に選ばれし者だったら何とかなるんだろうけど。

へへっ、面倒くせぇ知らねーや。

何があったって1日は曼荼羅で唄ってんだから俺。

逸平も一夜の為に帰って来てんだ。

湯村も木田も直さんもマネージャーもいるしな。

何よりもランブリングスを待ってる人がいるからな。

吉祥寺にて体張ります。
コメント (5)

魂の塊

2008-10-30 | Weblog
魂の塊=Soul Grand。

曼荼羅プレゼンツのタイトル(すげぇタイトル!)。

6月に続いて2度目の出演となる企画ライブ。

ランブリングスを必要としブッキングしてくれる

曼荼羅は本当にありがたく嬉しく思います。

熊本から東京にステージを移した時に初めて俺達を

拾って出演させてくれた思い入れ深い店だからね。

タイトルがダテじゃないってトコを見せられたら良いな。


11月1日 土曜日

吉祥寺 曼荼羅

「Soul Grand」

W/Soulshine

開場19:00pm
開演19:30pm

charge 2000/2500yen


ランブリングスはトップでの出演です。

2008年ラストのランブリングスでのライブ。

仕事休みの皆さんは軽く引っ掛けてから観に来てよ。

仕事帰りの皆さんはぶっ飛んで観に来てよ。

いきなり寒くなってきたけどこの温度差で

風邪などひかぬようお互い注意しましょう。

歌うたいにとっちゃ喉に悪い季節の到来であります。
コメント (5)

Give It to Me

2008-10-29 | 今宵の逸品
J・ガイルズ・バンドのボーカリストだった

ピーター・ウルフの新作をずっと待ってるけど

最近はトンとご無沙汰で噂も聞かないや。

ここ何枚かのソロアルバムは特に素晴らしかった。

ピーター・ウルフが来日して演ったクアトロ・ライブは

俺の中のライブ・ベスト5に入る最高の夜だったな。

ミック・ジャガーは知っていてもピーター・ウルフは

知らないという人が多いとは思うけど

J・ガイルズ・バンドの三枚のライブアルバムを

是非聴いてみて欲しいな。

ロックン・ロールの黒さや青臭さを放電しまくり。

さぁBlow Your Face Outを聴くか!
コメント

長距離走者

2008-10-28 | Weblog
熊本の大学の同期でありバンド仲間でもあったAが

精神的な病と闘いながらギター1本で歌を唄っている。

入退院を繰り返し投薬治療しながらである。

Aとは音楽的に接点は無く深い付き合いではなかったが

あいつはまだ唄っているのだろうか?と何気にネットで

検索しているうちにAの現状を知る事となる。

音楽には人々を癒やす力があるし自分自身を

癒やす力も持っているのだとAのブログを見て思った。

上手く言葉に出来ないがやり続けてきた人間だけに

わかる音楽のキーワードの1つである「熱」が

あいつを奮い立たせステージに向かわせるんだろう。

ゴールなきマラソン・ランナーか。

そう言えば一度奴のアパートで呑んだ時に

アラン・シリトーの「長距離走者の孤独」が

お互いの愛読書と判り酔って話をしたっけな。

俺とAの唯一の共通点だったね。

今じゃもう一つ共通点が増えたけどな。

俺達がまだ歌を書き殴り歌を唄ってるって事さ。

オイ、くたばるなよ!

またあの街で会おう。
コメント (1)

好きこそモノの

2008-10-27 | Weblog
連チャンでのランブリングス・リハーサル。

曼荼羅用セットリストを頭から通して終了。

御意見番の湯村はノリを危惧してたけどね。

フルメンバーでのリハが少なくて確かに難しかった。

だけど今更そんな事言ったってしょーがねぇし。

まぁ奴は必ず最終リハーサル後にぼやくのが癖だからな。

メンバーもわかってるさノリがズレてんのくらい。

ただズレ幅が広いから心配じゃあるけどね。

みんな個々に録音してたから本番までに

個人的にチェックして合わせてくるだろう。

後はやっぱり楽しまなきゃ意味ないしさ。

お客さんにも音楽は伝わらないだろうから。

俺はフロントマンとしてもパフォーマーとしても

周りを変にを緊張させちまうところがあるのは

前からわかってるけど何せ芝居が下手でね(笑)。

だから自分が心底楽しめないとダメだと思うよ。

ランブリングスはこれでOKってところが無いのが

キツいけどコレが音楽を追い求めるって事なんだろう。

俺もどれくらいランブリングスとして

みんなとステージに立てるか判らないし

あと5日、自分のケツをここらでもう一度蹴り上げよう。

その夜に想いのたけを静かに激しく爆発させたい。

ランブリングスでプレイした人しか判らないと思うが

「あの瞬間」を味わったら結構病みつきになるんだ。

何だかんだ言ってもご機嫌なクソバンドだぜ(笑)。


追記・辰吉丈一郎がリングに帰ってきた。ボクシング好きなんだからしょうがねぇよな!おめでとさん。
コメント

それから

2008-10-26 | Weblog
昨夜はユダ初座長公演「ユダの仕業」で唄ってきました。

共演のトップバッターShoutsの良介の弾き語りを

聴いたのは初めてだったけどナチュラルで良かったね。

弾き語りってのは人とナリってのが顕著に出るなぁ。

俺はさすがに少々バテ気味だったけど

お客さんが真剣に聴いてくれてるのが伝わって

少ない曲数だったけど気持ち込めて唄えました。

何かちょっとでも感じてもらえたら幸いです。

トリのユダはホント丁寧に唄ってたと思う。

歌にちゃんと向き会おうとしてるのが見えたよ。

2人ともロックバンドのボーカリストじゃなくて

ギターを鳴らす「うたうたい」って感じがした夜でした。

だだあんまり早く老けこむなよ!(笑)。

また機会を作って演りましょう。

サンキュー!ジョアン。

サンキュー!マネージャー。

みんなサンキュー!
コメント (4)

目まぐるしい土曜日

2008-10-25 | 金田常日頃
昨夜スタジオに入ろうとしたら急に頭痛に襲われ

薬を呑んで横になっていた・・・気付くと午前4時。

頭痛はすっかりおさまったが一体何だったのか?

只今ランブリングス・リハーサル終了。

結構バテましたがイイ感じできてます。

さぁ、いざジョアンへ!

準備はいいか?



写真・木田&湯村がギターで打ち合わせ(笑)。
コメント

うたうたい三人衆

2008-10-24 | Weblog
明日のランブリングス・リハーサルはそろそろ

リハビリしてる場合じゃないしノリを意識してやろう。

一度加速すりゃあラストまで走りきれるだろう。

メンバーそれだけのスキルは持ってるからさ。

後は俺がちゃんと唄えれば良いだけの話(笑)。

リハーサル後はジョアン・ライブ「ユダの仕業」に

すぐにスイッチ切り替えて向かわなければならぬ。

バンドからいきなり弾き語りって初体験だから

どんな風になるのか自分でもサッパリわからない。

身辺慌ただしく動いている中のライブだが

重心低く腰を据えて唄を飛ばしたいもんだ。

明日の西都賀ジョアン+1「ユダの仕業」

初座長サムライのユダ、Shouts良介2人の後輩に

オッサンの俺が混じった、うたうたい3人衆

それぞれの「歌」を土曜日の夜に流したいと思います。

アルコール&FoodsにMUSIC!

皆さん待ってるよ。
コメント (2)

粘り腰

2008-10-23 | Weblog
俺を含め周りは皆こんがらがってるみたいだ。

足元がぐらついて方向がぼやけているように思う。

俺の気分で勝手にそう感じるだけなのかな?

年末に向けて苦しい状況を乗り越えなきゃいけないし。

皆、仕事と音楽を両立させながら生活している。

良い趣味を持ってるから仕事にも張りが出るだろ?

などと簡単に言って下さる輩の何と多いことか。

疑問符だらけの毎日の中で精一杯呼吸してんだよね。

趣味は余裕と比例していると楽しいのだろうな。

皆の衆、粘り強く生き延びようや。

エンドロールが流すにはまだ早すぎるからよ。

己に言い聞かせながら今日が終わり明日が始まる。

どうにもならない事などないと強がりながらさ。



写真・ユダの仕業ポスター昭和の香りがします。


コメント (4)

イマイチ

2008-10-22 | Weblog
ジョアンと曼荼羅のライブが近づいて来た。

声の調子がイマイチなんで少しいたわらねば。

何せジョアン当日は結婚式とRamblingsリハ。

タイトなスケジュールだけどどれも外せないし。

「ユダの仕業」のセットリストも決めなきゃならぬ。

今回はランブリングスでご無沙汰なナンバーも

リハーサルしてるんだけどしっくりこないんだわ。

もう一度スタジオ入って唄ってみっかな。

あと演る演るって言いながら

一度も披露出来ずじまいの新曲達だよな。

歌詞の単語1つだったりメロディーの一部だったり

演るたびに気に入らないところが増えていく有り様。

元々、曲づくりが遅いのが俺だけど

そろそろ解放されたい気分であります。

そう、今の俺は何かとイマイチなのさ。
コメント (2)

お疲れ様でした。

2008-10-20 | Weblog
ギターリスト塩次伸二氏がツアー中のホテルで

倒れ帰らぬ人となったとの不報を聞かされた。

享年57歳。

余りにも早い死でありました。

ご冥福をお祈り致します。

日本でブルーズの道を切り開いていった伝道師。

お疲れ様でした。

heaven's Doorを開けブルーズ・ギターを奏でて下さい。

合掌。
コメント (1)

ふと想う

2008-10-19 | 金田常日頃
言葉が浮かばぬ。


いや心が動かぬ。


何だかそんな夜だなぁ。


君は元気で暮らしているか?
コメント

夕焼け商店街

2008-10-18 | 下町そぞろ歩き
仕事キリがないんで投げっぱなしで夕焼けの商店街へ。

エコバックもとい買い物袋持参であります。

まずは冬物パジャマ購入635円!?

やっぱり商店街はスゲェな。

さてお次は串抜いて外で立ちのみ。

難点は苦手なスーパードライしかないのがツライ。

隣のねぇちゃんのビール二本一気飲みにはたまげた。

看板猫がいるおにぎり屋で五目握りとシソ握り購入。

いつものおでん種専門店でつまむとするか。

ババァ無愛想だけど何故か俺には優しいんだよ。

まだまだ商店街は続くのだ。
コメント (2)

懐かしの苦情

2008-10-17 | 金田常日頃
自宅でギター弾いてたら隣人から怒られた。

高校生以来の出来事に笑ったよ。

ギター弾いて怒られるのって新鮮だったなぁ。

弾かないで文句言われた事はあるのにね。

実家暮らしの高校の頃はよくピンポン・ダッシュやられた。

ギター置いて外に出ると誰もいないんだよね。

ありゃあ隣近所のババァ達の仕業に違いない(笑)。

あの頃はギターなんか弾いてる奴は不良だって

雰囲気がまだ残ってる時代だったんだねぇ。

今やギター弾いてんのが古臭いって感じか?

時代は変わる。

そして廻る。

だから戻る。
コメント

はなむけ

2008-10-16 | Weblog
海上自衛隊の特殊部隊があの相撲部屋がかわいがりと

呼んだ集団暴行と何ら変わらないやり方で

離隊が決まっている自衛隊員をなぶり殺した。

一体何の為にお前らは存在しているのだ?

人命を護るべき自衛隊がなんて事をしやがる。

厳しい訓練をしてきた同じ釜の飯を食った仲間にだ。

お前らはやはり狂った時代のあの軍隊の亡霊か。

オイ!自分の子供達に合わせる顔があるのかい。

戦争やテロや殺人をどう教えるんだよ。

てめぇの仕事をなんて説明すんだよコノヤロウ!

お偉いさんも「はなむけ」の語源と意味くらい

知って使ってるんだろうな。

クソッタレ!

仲間を殺してどうすんだよ!


愛はまだあるのかい?
コメント (4)