夕刊/金田ヒサ

THE RAMBLINGSのフロントマンが贈る漂流記

ロックン・ロール・バンドの唄うたい

2012-10-31 | Weblog
俺にとって弾き語りはライフワークじゃないけど

「唄う」ことに関してはバンドと変わらない。

でも「唄い方」が少し変わるんだよ。

良くも悪くも。

ランブリングスはモニターがバッチリのデカ箱で

演る事なんてまずないから語りかけるように唄って

客席に歌声を繊細に響かせるのは結構難しい。

だからシャウトや地声の太さが必要になってくる訳さ。

ま、基本語りかけねーけど俺。

ちっとも繊細じゃねーけどな俺。

その点、弾き語りは息遣いまで伝わるんで唄い方が丁寧になる。

唄うたいとしては学ぶことが多いって事になるんだが

テクニックに走りすぎる危険性も多々あると思うな。

丁寧に唄ったところで伝わり方は別もんなんでね。

こねくり回して唄う奴にはなりたくないもんな。

俺みたいな下手クソがテクニカルなマネするとロクな事にならん。

でも大抵の弾き語りの連中は上手いけど個性なくて退屈だしな。

歌詞やメロディーにばっかに頼ってるのもあるかもね。



さておき。



前回の「585」の唄入れでグッとこなかったのは

バンドと弾き語りどっちつかずな歌だったんだと思う。

次は日本酒五合呑んだ位の勢いで唄入れするか(笑)。

せっかく録音した粋の良いベーシック・トラックに

平凡な唄をのせて台無しにしたら申し訳ないからさ。

ロックン・ロール・バンドの歌は特別なんだ。

リミッターをぶっちぎる瞬間を忘れてはいけない。

男忍。
コメント (2)

多分そう。

2012-10-29 | Weblog
音楽をプレイすることが特別な事ではなくなってから

随分と長い年月が経ったように感じる今日この頃。

神経質なまでの気負いやこだわりもいつの間にか消えたようで。

(こだわり方が変わったと言った方が良いか。)

呼吸したり食事するように生活の中に当たり前にある音楽。

それは時に俺を苦しめたりするけれど時に救いもする。

そんなこんなで30年以上か(笑)。

ちょいとした転機か?

ちょいとした気まぐれか?

まぁまぁ色々入り交じってる感じです。

全くまとまりませんが。

こと音楽に対しては正直な僕であります。

多分そう。
コメント

ソウル・フード

2012-10-28 | Weblog
11月3日(土・祝)のリビング・ライヴは

ちょいとスパイスを加えて演ることにしました。

足を運んでくれたリスナーが思わずお代わりしたくなる

そんなソウル・フードになるような一夜にしたいと。

気楽にご来場下さい。

11月3日(土・祝)

【LIVING LIVE at Good Music Record】

Act 金田ヒサwith湯村恭生(from THE RAMBLINGS)

開場20時~ 開演20時30分

♪charge 1500yen Order別
コメント (1)

本気と書いて

2012-10-26 | Weblog
ランブリングス・ライヴはメンバーやマネージャーと

ブッキングや日程含む諸々の打ち合わせが必要だけど

必ずロールしますから待っていて下さい。

急がないとベスト・ライヴ演る前に死んじゃうからな(笑)。

今だってやっとこさ生き延びてる状態だしよ。

凄いライヴは芸術性云々さえ凌駕する。

ただの演奏会じゃないからさ。

ガキの頃から本気で思ってるけどね俺。
コメント (2)

「LIVE!」こそすべて

2012-10-25 | Weblog
ランブリングスでライヴをやる。

湯村が死ぬ前に。

ランブリングスでライヴをやる。

直さんが死ぬ前に。

ランブリングスでライヴをやる。

そうだよ俺が死ぬ前にだ。

俺はハナっから感覚だけのロックン・ロールバンドの歌唄いで

弾けもしねぇギターぶら下げてる気分屋のギター野郎だ。

湯村は所詮サウンドにしか反応出来ねぇ独りよがりなドラマーで

屁理屈こねたってブッ叩くしか能がねぇドラム野郎なんだ。

直さんは己をさらけ出す術が音楽にあるって気付いてるくせに

持ってる熱を放電し切れない気取り屋の鍵盤弾きって訳さ。

ランブリングスなんてバンドはそんな奴らの集まりなんだ。

結局ライヴでしか興奮を覚えないインポテンツなバンドだ。

昔っからずっとそうだったハズなんだよ。

師匠達に憧れ未だに恋い焦がれてる諦めの悪い

黒人コンプレックス丸出しのストーカー集団でな。

全くどうしょうもねぇよ。

そんなオッサン達が生きる場所はやっぱりライヴだろ。

ライヴこそすべて。

早く言えばホームに帰ってまた現場に出掛ける。

ま、そんな感じだ。

わかりづらいか?
コメント (1)

狂ってる

2012-10-24 | Weblog
オイオイ、野放しじゃねぇか東電始め電力会社をよ。

何やってんだよ!この国は。

原発事故の加害者だろ?おまえら東電はよ。

国の後ろ盾貰って調子ぶっこいてんだろ。

被災者の血の涙がまだ見えないのか?

いや、何も見てやしないんだ。

狂ってる。

原発が何故安全なのか説明しなよ。

国民にしてみろよ。

どこまで続くぬかるみぞ。

この国は間違ってる。

間違ってんだ。
コメント (3)

Tempest

2012-10-23 | Weblog
変な天気だったねぇ。

温度差もあったしさ。

でも最近じゃ一雨ごとに寒くなってきてるよな。

風邪っぴきが増えてきてるから貰わぬように

手洗い&うがいをマメにしておりますよ。

皆さんも季節の変わり目ご注意下さい。



昨夜ちょいと調子にのったが本日何故か体調が良かった。

シャキシャキと良い仕事しましたよアタシ。

睡眠時間二時間チョイ。

どうしちまったんでしょうか?

緊張感を維持しながらアタマも冴えまくり。

う~ん、死ぬんじゃね?俺。

最終仕事か!?

気持ち悪いよホント。
コメント

懐かしい声

2012-10-22 | Weblog
懐かしい声が携帯から聴こえる。

俺の耳はすぐに奴の声だと判別した。

音への反応は良いからね。

耳以外はすげぇ反応悪いけど(笑)。

左耳がイカレた時にはどうにもならなかったが

今は定期的に検診にいっても聴力に問題はなし。

話を戻そう。

俺が奴の声を忘れる訳がないのだ。

5年以上、右隣でコーラスをとっていたのだからな。

声の主はランブリングス初代ギタリストの平尾だった。

静岡から東京に仕事にくる際に足を延ばすという。

お互い何とか生き延びて会えるのは嬉しい限りだ。

都内のランブリングスや四人工のライヴにも足を運び

観に来てくれてるので何十年振りではないのだがね。

学生時代に組んだランブリングスの初期メンバーには

やはり特別な想いを持っているのだと思っている。

何も先が見えないお気楽な学生生活に退屈しながら

音楽に熱を入れて打ち込んできた言わば青春狂時代。

あの頃を懐かしがるにはあまりに現役な俺だけど

振り返ることを恐れず恥じない年齢になった。

再会の夜は素晴らしい音楽を聴きながら一献傾けよう。
コメント (2)

秋祭りin浅草

2012-10-22 | Weblog
秋の浅草へ。

何故か青森弘前のねぶた祭り開催中。

サンバカーニバルといい恐るべき浅草の祭り吸収力。

久しぶりに良い息抜きになった。
コメント (1)

秋風便り

2012-10-19 | Weblog
某サービスエリアで一服。

秋晴れってやつですな。

木々の色合いにも変化が見えてきたね。

ゆっくり読書でもしたいものです。

旧友から久々の連絡があり鍋でもどうだ?との誘い。

「嫌だよ、他人と鍋はつつかねぇよ。」と返答したらスネた。

電話越しの五十男の拗ねた面を想像したらイラっときた。

奴の話によると秋になると俺を思い出すのだと言う。

理由などないのだろうからあえて訊ねなかったけどね。

すっかり小料理屋のカウンターが似合う年齢になった。

オッサン2人、未来の話でもしながら一献傾けようか。
コメント (1)

リビング・ライヴ フライヤー

2012-10-19 | Weblog
LIVING LIVE AT GOOD MUSIC RECORD 。

フライヤー上がりました。

マネージャーお疲れ様。
コメント

585ヴォーカル・トラック

2012-10-18 | Weblog
585唄入りCD‐Rを受け取りチェックする。

率直に言おう。

「悪かない。」

だが問題はそこにあるのだ。

己が即最高と反応しなかった歌は如何なものか。

今回はそれくらいシビアな判断で挑みたい。

俺は歌い手としては未熟というより下手クソである。

残念だが肥えた耳を持っているので間違いない。

ならばOKテイクは何を基準にしているのか。

それは至ってシンプルな判断基準だ。

グッと来るか来ないかの一点のみである。

自分でグッとこない歌は残す価値などない。

テメエがグッこない歌で人にグッとこられても悔しい。

という訳で数曲を再度レコーディングする事にした。

今までは全曲を1日で殆どワン・テイクで録ってきた。

30年以上唄ってきて初めて歌の再録にトライする。

それはそれで興味深い。

どんな歌が声が出るのだろうな。
コメント (3)

俺の良いとこ3つ言え

2012-10-17 | Weblog
最近までホロ酔い加減で人に尋ねてました僕。

マイ・ブームね。

大抵の奴が言えても1つ止まりでして

ヒドい奴は3つ全部悪口だったりする訳です。

中には1つも言えない奴もいるからガッカリだよ。

多分ランブリングスのメンバーに訊いても

「曲をかく」で1つとかじゃねーかなぁー。

それか「歌を唄う」を入れて・・・2つ・・・・。

もくは「ギターを弾く」まで入れて3つ!!



バカヤロウ。

やめだ、やめ。
コメント (7)

ほざく

2012-10-16 | Weblog
大丈夫ですか?金田さん?ヒサさん?

このまま萎んでしまいそうではありませんか。

正気になりたまえ。

頭モヤったままだと死ぬ確立が高くなりますよ。

だけどさぁ~。

不眠症だしさぁ~。

無呼吸症だしさぁ~。



でもね。



あまり眠らないと云う事は俺の睡眠時間と創作時間を

相殺しているので悪いばかりではないのだな。

昼間の生業もある俺は夜と休日が創作時間なのです。

早起きして曲をかくなんて土台無理な話しだしさ。

最悪なのは夜間仕事が週に何度か重なる場合や

2社に籍を置く俺は休日返上しなければならん場合だ。

さすがにタフな俺でも疲労困憊で動きが鈍くなるのだ。

酒場で呑んだり、興味を持った人と会話したり

DVDを観たり画集を眺めたり読書をしたりする事を

夜の創作活動の糧とする俺にとっては非常にヘビーな問題だ。

この悪循環が続いてくると引きこもりたい気分になってくる。

いかん!

動き続けろ。

ゼンマイ仕掛けの心臓を可動させろ。

この話の67%は嘘だと言え。

オイル切れの関節を鳴らして歩け。

必要のない鍵は外してしまえ。

後ろ向きでも飛び跳ねてろ。



ま、これだけほざけば大丈夫だろ。

多分。

多分な。
コメント (3)

素晴らしきチャンピオン

2012-10-15 | Weblog
スーパーバンタム世界タイトル統一戦。

9R TKO。

西岡が首を狙い続けたドネアに返り討ちにあった。

敗北。

だけどさ、すげぇ感動した俺。

入場~リングインで鳥肌たって泣きそうになったもんな。

ウォォォォォォ~!!マジかぁぁぁ~ってな感じさ。

日本はボクシングに関しては鎖国してるようなもんでね。

世界タイトル戦は日本でばかりでやるんだな。

挑戦にせよ防衛戦にせよね。

だからビッグマッチなんて縁遠い話しでさ。

盛り上がっても日本人同士の世界タイトル戦くらいだから。

そんな調子だから世界チャンピオンになっても

本番のアメリカじゃほとんど無名に近いんだよね。

世界チャンピオンなのにだぜ。

その本場に堂々と乗り込んでいった西岡は大したボクサーだ。

そりゃあ勝って鎖国状態の日本で生まれたチャンピオンが

純粋に日本人ボクサーってのは強いんだと世界に認めさせたかった。

しかし。

今回の西岡VSドネアは日本の若いボクサーに夢を与えた。

間違いないよ。

計り知れない最高の夢だよ。

だって相手は4階級制覇の本物の王者ドネアだぜ。

野茂が海を渡りMLBにトライしたのと同じ功績だよ。

ただ2人が違うのは実績を残したか否かって事だ。

ボクシングほど勝者と敗者の差があるスポーツも少ない。

全てを得る者と全てを失う者。

だけど西岡が残した足跡や傷痕は消えやしないんだ。

ボクシング・フリークは決してこの一戦を忘れないよ。

お疲れさま!西岡。

ナイス・ファイト!
コメント (2)