社会空間研究所 建築・まちづくり通信

社会空間研究所の所員が建築・まちづくりに関する情報等を気ままに綴ったブログです。
2007年6月からスタートしました。

真鶴の次は飯能に。「武州飯能うどん」を食べに

2018-04-18 13:43:32 | まち歩き

2018年の4月8日、日曜日。

飯能の街を散策してきました。

主目的は「武州飯能うどん」を食べることでしたが・・・・。

飯能駅までの所要時間は、西武池袋線富士見台駅から急行で40分。

思っていた以上に飯能は近かったです。

この日のコースは、

飯能駅→299号沿いを「高麗駅」方面へ→飯能観光案内所→

→山手町→本町(高麗横丁)→仲町→広小路→八幡町→

→銀座通り周辺→飯能駅。

所要時間は食事時間も含めて約2時間30分。

▽お休みで入れなかったうどん屋さん「小松屋」(高麗横丁)。庭がきれいでした。

▽材木屋さん(かつて林業は養蚕と並び飯能の主要産業だった)

ここから飯能大通り商店街

▽絹織物や生糸を扱った商売を営んでいた「絹甚」。市指定有形文化財。

▽街灯お金かかっています。

▽豆腐・雑穀・食用油の問屋さんです。

 

▽佃屋横丁。裏通りにも飲み屋さんが地味にあります。

▽まんじゅう小路

飯能では、小さな路地の案内看板がいくつか見られました。

路地からのまちづくりを進めているようです。

▽商工会議所前の銅像。なぜ裸婦像なのか?違和感あるよね。

昔は裸婦像って多かったけど、なんで裸婦像なんだろう?

▽飯能はやはり寒いのだろうか?新しい建物に高気密っぽい北欧風の建物が多いです。

▽ゆたかスポーツ、通った人多いんだろうな~。

▽地元の名家ってぽい家でした。

▽飯能まんじゅう(味噌まんじゅう)、買うの迷いましたが止めました。買えばよかった。

▽懐かしいサッポロビールの自販機。一時期1リットル缶がありました。

▽飯能織物協同組合事務所(大正11年建設)

▽銀座通りの裏側です

▽大通りから銀座通りに入るところ

▽「八百梅」という八百屋さんははじめて。

▽銀座通り商店街

さあ、目的のうどんです。

入ったお店は銀座通りの「長寿庵」。

このお店の情報は、立寄った高麗横丁の「江州屋 goshuya」の奥さんから、仕入れました。

肉南蛮うどん食べましたが、好きな味でした。

地元の馴染みのお客さんが多かったということは、

やはり、美味しいのでしょう。

江州屋 goshuya」の奥さん、いいお店を紹介していただいて、ありがとう。

ちなみに、奥さんのシューズが僕とおなじものでした(パトリック)。

▽長寿庵

はじめて、飯能の中心街を歩きましたが、いろいろ発見がありました。

コメント