読書感想文。

メインは読んだ本の記録です。

「夜の国のクーパー」を読んで。

2013-11-11 20:46:01 | 作家さん/あ行
伊坂幸太郎さんの「夜の国のクーパー」を読了しました。

猫が出てくる話だと知らないで読んだので、猫好きの身としては嬉しかったです!
ただ、なかなか読み進めるスピードは上がらず、満足度は65%です。

今週末はブラックな気分になり、とことん荒んでみようとダークな映画を観てみました。
2本共原作本を読んでいて内容は把握済みの、「レイクサイド・マーダーケース」と「告白」です。

原作本がある映画はガッカリすることが多いのですが、どちらも満足行くラストでした。
原作を読んだのがかなり前だったせいなのか、それほど抵抗はなかったです。

それでは、また。

コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「硝子の鳥」を読んで。 | トップ | 「最後の秘境」を読んで。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-11-12 01:59:34
俺もこの作品は伊坂幸太郎としてはちょっと読みにくい本だったような気がしました。
全部を理解することもできなかったし(汗
Unknown (流星)
2013-11-12 20:37:45
読み終わった後は、妙な達成感が残りました。
「読みきったぞ!」と(汗)

コメントを投稿

作家さん/あ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

夜の国のクーパー/伊坂幸太郎 (本と映画、ときどき日常)
この小説の概要をどう書いたらいいんだろう…。 とりあえず猫とネズミが喋れます(笑 ちなみに羊は喋れないみたい。 そして人間同士は争いごとをしていたりします。 ジャンルとしてはファンタジーかな。 はたまた童話?寓話? そして「面白かった?」と聞かれると...