国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測。シャンティ・フーラによる記事の引用・転載は禁止。

北岡伸一元国連大使、北岡篤吉野町長の兄弟は八咫烏の商標の元に秋篠宮を奈良と吉野に導くか?

2019年06月06日 | 京阪奈学研都市への遷都
その社長とは、吉野町の町長を兼務する北岡篤である。彼の一族は江戸時代初期から吉野で換金や手形の取扱いを行い、明治初期に造酒業に商売替え、以後代々それを受け継いでいる。会社名は株式会社北岡本店で、何と大正時代から八咫烏を商標にしている。 北岡篤は単なる中小企業北岡本店の経営者では無い。進学校として名高い(当時は知名度は低かったと思われるが)東大寺学園中学・高校を経て東大農学部を卒業した後に父親の北岡茂の後を継いで社長になっていると思われる。造酒業の経営者として醸造の学問を修めたのだろう。北岡茂は京都帝国大学医学部を卒業した医師でもあった。医師・吉野町長・八咫烏北岡本店社長の三つの職を兼務したのだと思われる。更に北岡茂の父親、つまり北岡篤の祖父も吉野町長であったとの情報がある。大正・昭和期の内務官僚、経済学者、社会政策学者であった北岡壽一は北岡茂の叔父と思われる。 北岡篤の兄は北岡伸一である。北岡篤と同様に吉野町で生まれ育ち、東大寺学園中学・高校を経て東大法学部を卒業、東大法学部大学院、立教大学法学部講師・助教授・教授を経て1997-2012に東大法学部教授を務めている。専門は日本政治史だが、外交関連での活躍も目立ち、2004-2006には外務省に出向して国際連合日本政府代表部次席代表・特命全権大使となっている。2012年に東大教授を63才で辞職した後は政策研究大学院大学学長特別補佐、 国際大学学長等を経て2015年から外務省系の独立行政法人である国際協力機構(JICA)の理事長を務める。そして最も注目すべきなのは、彼が奈良市の旧市街にある奈良県立大学の理事長も務めていることである。2015年10月には既に理事長に就任しているが、何時就任したのかはわからない。 八咫烏の秘密結社があるのかどうかはわからない。しかし、八咫烏の精神を持った人々は熊野大社や橿原神宮や吉野に多数存在するのだと思われる。北岡一族も間違いなくその一員で、それ故に自社の商標を八咫烏にしているのだろう。東京ではJICA理事長、奈良市では県立大理事長として働く北岡伸一元国連大使は、弟の北岡篤吉野町長・やたがらす北岡本店社長と共に、秋篠宮を東京から奈良や吉野まで道案内するに違いない。 . . . 本文を読む
コメント (267)

上皇・秋篠宮が京都に戻って平城京跡歴史公園で秋篠宮が即位、東京天皇と並立する壬申の乱の再現か?

2019年05月18日 | 京阪奈学研都市への遷都
本ブログに5月12日に書き込まれた情報が興味深い。「4月20日に朝日新聞が報道した秋篠宮の上の発言は、壬申の乱の時に大海人皇子が「自分は天智天皇の後を継ぐつもりは無い」と言って出家し吉野に籠もった後に反乱を起こし弘文天皇を殺して即位した歴史を彷彿とさせる。「高齢での即位は出来ない」との言葉は、近日中に即位する意図があるという不穏な発言とも解釈できる。恐らく近いうちに平成上皇と秋篠宮は京都に戻り、今上天皇だけが東京に取り残される。それによって日本は東西京体制に移行する。平城京、長岡京、平安京への遷都時には遷都の詔が出ているが東京については遷都の詔が無いので東京は実は首都では無い。また、今上天皇が5月1日に即位したことは大きな意味は無い。最も重要なのは今年11月に行われる大嘗祭で、ここで今上天皇に神とのチャネリングを行うことが出来るかどうかが試される。それには密教などの仏教系の教育が必要であり、秋篠宮や悠仁親王はその教育を受けているが、今上天皇はそれを受けていない(つまり大嘗祭を行えない)。」というのだ。 羽田空港の新空路の直下に上皇皇后両陛下が居住されるというのも興味深い。騒音に加えて飛行機から落下する備品や機体の着氷が両陛下の邸宅を直撃し破壊することを京都への移住の根拠に出来るだろう。5chのスレッドでは「京都に帰れ」という意味深な書き込みが多いがこれは日本支配階層による情報リークだろうか。更に、壬申の乱や光仁天皇の即位についての書き込みもあるが、私が以前からブログに書いてきた第一の国難、即ち百済の滅亡から安史の乱までの日本の苦難の歴史とかなり重なる内容である。 「私費で賄う大嘗祭、秋篠宮さま自ら提案 既存の神殿活用」との昨年12月25日の朝日新聞報道も、私費であっても多くが国民の税金からの支出であることに変わりない様に思われ謎だったが、これは「浩宮が東京で公費で大嘗祭を行うのとは違い、自分が京都あるいは奈良にある既存の神殿で大嘗祭を行う、その費用は皇族の自由裁量が認められている費用で賄うので浩宮には干渉させない」という意図と思われる。 . . . 本文を読む
コメント (347)

アメリカ帝国は既にほとんど終わっているが誰もそれが事実なのに気がついていない

2019年05月11日 | 米国
日本の若者は1968-69年頃よりも遙かに過酷な現状に追い込まれている。浜田省吾が39年前に「東京」で予言した「路地の陰で少女が身を売る 少年達は徒党を組んで獲物を探す プールサイド 寝そべる金持ち 真夏の街仕事探して彷徨う人 いつまで 君 持ちこたえられる」実現してしまったのだ。本来は、今こそ明大闘争や日比谷焼き討ちや226事件の様な実力行使が必要なのだ。そして、真に打倒されるべきなのは実はこれらの私立大学ではなく、小泉元首相や竹中平蔵などの新自由主義者や、彼らを脅迫し支配する横田基地に駐留する米軍や米英大使館、外資系企業に勤務する諜報工作員なのだ。更に彼らを支配する英蘭などの王族や、彼らが支配する米英蘭などの西側国家なのだ。その実力行使のリーダーとして日本支配階層が選んだのが山本太郎なのだろう。今年予想される衆参同日選挙と期を同じくして、山本太郎を指導者とする大規模な大衆デモを日本支配階層は演出するのではないかと想像する。 5月10日から米国は対中関税を大幅に引き上げた。今後もその引き上げは続くことだろう。田中宇も言っているが、この関税引き上げは国際金融資本の世界支配システムの中心の一つである連邦準備制度(FRB)に対する「負荷試験=ストレステスト」に他ならないと思われる。しばらくの間は短期金利引き下げで連邦準備制度は対処できるが、短期金利がゼロまで下がればもはや打つ手は無くなり、その時点で米英の金融システムは崩壊すると思われる。脆弱になったアメリカ合衆国はトランプ大統領と中露連合の共同作戦としてのストレステストに耐えられないだろう。 . . . 本文を読む
コメント (114)

なぜ日本政府は新元号「令和」の出典として『万葉集』のみを強調し、中国の『文選』を取り上げないのか?

2019年04月02日 | 21世紀の日本の進むべき進路
「令和」は『文選』と「万葉集」の二つの出典を持つが、「万葉集」のみが強調されている。それは、天平2年に太宰府で山上憶良が書いたことを強調する目的と想像する。この時期の日本は唐の属国状態で天皇も新羅系になり女系で辛うじて日本系の皇統を維持するという苦難の状態にあったと思われる。それは、鮮卑拓跋という騎馬遊牧民族による征服王朝である随唐が朝鮮半島から日本まで侵略の手を伸ばそうとしたという、最初の日本の国難によるものである。恐らく日本は国家の総力を挙げて工作を行い、楊貴妃を玄宗皇帝の後宮に送り込んで安史の乱を誘発して唐を弱体化させたのだと思われる。その工作の中心になったのが遣唐使であり、工作の舞台となったのが太宰府であったのだ。日本は歴史上3つの大きな国難を経験している。最初が白村江の戦いから安史の乱まで。2回目は元寇。そして最後はアヘン戦争から現在までの西洋の海軍力による軍事占領である。「万葉集」出典の強調は、当時と同様に現在も日本は国難に置かれているが、それを克服するために工作を続けていることをわかる人に伝える目的と思われる。天平二年の太宰府で山上憶良が考えていたのと同じことを日本の外交官を初めとする政府関係者は今考えていると思われる。多くが帝国陸軍残置諜者の子孫など日本人であると思われる北朝鮮政府関係者も同様だろう。それは「国難の克服のためどのように行動すべきか」ということであろう。 . . . 本文を読む
コメント (859)

ロンドンシティ空港発ドイツ・デュッセルドルフ行きのBA3271便が3/25にスコットランドのエディンバラに着陸した謎

2019年03月27日 | 欧州
『ハード・ブレグジットを英国政府が急いでいるのは、今年施行されたEUの租税回避防止令(ATAD)がタックス・ヘイヴンに預けている投資に及ぶことを阻止するため』という2chの書き込みは真実ではないかと思われる。大英帝国=国際金融資本で最も重要な場所はロンドン金融街でもマンハッタンでも無く、英国領のタックスヘイブンだからだ。ここに欧州王族らの保有する膨大な財産が隠匿されていると思われる。ブレクジットの真の目的は反グローバリズムでは無く、反グローバリズム勢力の攻撃からタックスヘイブンを防衛すること。国際金融資本系のマクロン大統領が英国の合意ある離脱に厳しい姿勢を取っているのも説明できる。ロンドンで3月23日に開催されたブレクジット反対デモ行進にスコットランドのスタージョン第一首相が参加している。そして、翌24日にスタージョン第一首相は、スコットランド独立を巡る国民投票を再度行うつもりと述べている。ロンドン都市圏とスコットランドが連合王国から独立してEUに再加盟し、北アイルランドもそれに加わるというシナリオかと想像する。「着陸後、乗員が乗客に対し、デュッセルドルフへ行く人は手を挙げてくださいと呼びかけると、全員が手を挙げたという。」との報道は、今後ロンドン都市圏とスコットランドで(北アイルランドも?)行われるであろう投票で有権者の大部分がドイツを中心とするEUへの再加入に賛成するというシナリオであることを密かに知らせる目的かと想像する。今後分離独立を通じて大ブリテン島や北米大陸にベルリンの壁や南北キプロス国境の様な壁が建設されるだろう。ロンドン都市圏は今後、旧東ドイツ内部の西ベルリンの様なEUの飛び地になるかもしれない。スコットランドが西ドイツ、アルザスロレーヌが北アイルランドやジブラルタル、ロンドン都市圏以外のイングランドとウェールズが東ドイツに対応する。北アイルランドの英国系住民が実はスコットランド系であることを考えると、スコットランドが連合王国から離脱して北アイルランドと共にEUに再加盟するというシナリオが準備されていると想像する。これ以外にアイルランド紛争の再発を防止する方法はないだろう。 . . . 本文を読む
コメント (94)

次の年号は元恩か?:金正「恩」が母・横田恩とともに生まれ育った「元」山と新潟を結ぶ航路の重要性

2019年03月13日 | 韓国・北朝鮮
「元」は、金正恩が生まれ育った日本海側の港湾都市である「元山」を意味するのではないか。金正恩の生誕地は3つの説がありその一つが元山。子供時代を過ごしたのは元山。なぜ首都平壌では無く遠く離れた元山なのか?「元山」港を母港とする万景峰号は新潟西港と元山を結ぶ不定期航路に就航しており、朝鮮総連関係者の里帰り、修学旅行などの日朝間の往来を担ってきた。1959年から1984年までの在日朝鮮人の帰国事業の後半はこの万景峰号が担当している。在日朝鮮人の帰国事業は各都道府県の赤十字が窓口となり、全国から新潟赤十字センターに集まった後に新潟西港から船で渡航となっていた。この帰国事業開始を新潟赤十字センターで担当したのは新潟市出身の厚生官僚であった小沢辰男で、その後彼は政界に転じ、同じ新潟県出身の田中角栄の側近として活躍し続けている。田中角栄も戦時中に満州国から引き上げて新潟で活動し続けたという不思議な経歴を持っている。朝鮮総連の新潟本部は新潟西港の埠頭の近くに存在しており、帰国事業や万景峰号の運行に深く関与していたと思われる。横田恩が失踪したとされる新潟大付属小付近には当時日銀支店長公邸があった。人通りや警備を考えると拉致が出来るか疑問だ。赤十字センターや朝鮮総連など北朝鮮に深く関係する組織も近隣に存在する。横田恩を北朝鮮に渡航させる目的で父が日銀新潟支店に転勤になったのではないか。渡航は新潟県警や日銀支店長が北朝鮮と協力して支店長公邸も利用し実行したのではないか。彼女は万景峰号で新潟西港から元山に渡航したのではないか。北朝鮮帰国事業は拉致事件の当時も継続されていたのだ。失踪後の捜索活動とその後現在に至る「救う会」の活動は、真実を国際金融資本から隠すためのものではないか。金正恩の母親が横田恩であるとすれば、彼女は息子と共に元山で暮らしていたはず。彼女はホームシックになりやすい帰国後数年間は単身で、正恩出産後は正恩と共に、万景峰号に乗って頻繁に新潟の自宅を訪問していたのではないか。日本の真の首都である平壌から元山・新潟を経て東京に至る交通路こそ日本の真の中枢神経伝達路であり、それ故に北陸新幹線や北海道新幹線に先んじて上越新幹線が建設されたのではないか。 . . . 本文を読む
コメント (229)

杉原千畝の記念植樹の伐採から数年後にやっと日本がイスラエルに抗議した理由は?

2019年02月23日 | イスラエル・ユダヤ・国際金融資本
私が注目するのは、なぜ今頃になって日本側がこの問題を取り上げたかと言う点である。日本大使館は恐らく植樹や記念碑の破壊の直後にその事実を把握しているはずである。杉原氏は元外交官であり、日本とイスラエルの関係では杉原氏は極めて重要な人物であったからだ。日本人旅行者からの声、あるいは事情を知るイスラエル在住日本人からの情報は大使館に入っているはずである。なぜその直後に抗議しなかったのだろうか?やはり、イスラエル政府の対日脅迫の一環として破壊が行われたのではないかと想像する。「我々国際金融資本の命令通りにTPPを受け入れて国家主権を我々多国籍企業に譲渡しないならば、植樹伐採のように日本人を皆殺しにして、記念碑破壊のように日本を破壊するぞ」という脅迫メッセージを日本に送るのが破壊の目的だったのだろう。 日本側はTPPを受け入れる、女帝を容認して国際金融資本系の欧州人王族による日本皇室乗っ取りを認めると見せかけて時間を稼ぎ、平壌の帝国陸軍亡命政権・同盟国であるロシアと中国が中心となって国際金融資本との戦いを有利に進め、とうとう米国本土にトランプ大統領を送り込んで国際金融資本を滅亡寸前まで追い込んでいる。その有利なタイミングを待って初めて日本は抗議の声を上げたのだと思われる。そして、イスラエル側は自己の窮地を理解して謝罪したのだと思われる。 「植樹は父が発給したビザでホロコーストを生き延びた家族と一緒に行い、子どもたちと同じように木々も育って森になってほしいという希望がありました。林や記念碑が跡形もなく消えてしまい非常に心が痛みます」との杉原氏の息子の発言は興味深い。「日本人やパレスチナ人に犯罪的行為を行ってきたイスラエルという国を我々大東亜共栄圏は跡形もなく消し去るつもりだ。ホロコーストを生き延びた人々はこの土地に根付くことは無い」との意思表明を日本は行ったのだと思われる。 . . . 本文を読む
コメント (330)

70年以上前のジョージ・オーウェルのエッセー出版拒否について英文化機関が何故今謝罪するのか?

2019年02月11日 | イスラエル・ユダヤ・国際金融資本
日本政府が労働者の収入の統計を捏造していたことが明るみに出た。日本のマスコミは政府の命令で政権支持率を捏造していると思われる。選挙の得票数も捏造されているはずだ。これは国際金融資本の命令によると思われ、西側諸国全てで行われているはずだ。更にファイブアイズの諜報網はグーグルやマイクロソフトを通じて全ての情報を収集しているはずだ。 これらは「真理省で歴史記録の改竄作業を行う」「市民の行動の全てを監視する」との1984のテーマそのものだ。そして、1984の舞台はイギリスなのだ。 本編の後に附された『ニュースピークの諸原理』と題された作者不詳の解説文が標準的英語の過去形で記されていることが、スミスの時代より遠い未来においてこの支配体制が破られることを暗示しており、ジョージ・オーウェルは、この部分を修正・削除するように要請された際、「削除は許せない」と修正を拒否したとのウィキペディアの記述は興味深い。彼は大東亜戦争期間中にBBC社員として東南アジアでの宣伝活動を行っているが、1922-1927年のビルマ勤務で帝国主義の片棒を担ぐ警察官として働いたことを嫌悪しており、アジアを開放するという大東亜共栄圏の理念に心の中では共感していたのではないかと想像する。そして、将来大東亜共栄圏やロシアによって西側の政治経済システムが打破されることを予想して『ニュースピークの諸原理』を附記したのだろう。 ブリティッシュカウンシルが70年以上前の事柄についてなぜ今頃謝罪したのか?それは、BBC社員としてその犯罪性を熟知していたオーウェルが大英帝国=西側資本主義体制(ユダヤ人を通じて西側が支配していた1917-1953のソ連を含む)の真実を指摘したからに他ならない。これから西側体制の真実が明るみに出る。真実を隠して嘘を報道し続けてきた西側報道機関の犯罪性が暴かれることになる。それを関係者に密かに知らせるのはこの謎の謝罪の目的なのではないか? . . . 本文を読む
コメント (221)

アエロメヒコが開始したメキシコ人DNAに応じた運賃割引はコペルニクス的価値観転換の前兆

2019年01月21日 | 中南米・カナダ
メキシコ人のY遺伝子の多くは白人系で、ミトコンドリアDNAの大部分は先住民系という。Y遺伝子含め白人系遺伝子ではイタリアなど南欧系米国人と米国に移住したメスチソの区別が不可能と思われるので、アエロメヒコ航空のDNAディスカウントは恐らく先住民系の遺伝子の有無や割合を指すと思われる。  今後911事件が米国政府による自国民虐殺であったという事実、米国を支配してきた国際金融資本が犯罪組織であったという事実が明るみに出る時、人工国家米国は国家統合の理念を失って崩壊すると思われる。その時に、虐殺され強姦され続けてきた米国先住民や黒人、アジア系移民の反撃が始まると思われる。北米大陸住民は先住民の遺伝子の割合に応じて国家の主権者となり、少なさに応じて侵略者と定義される時代が来ると思われる。 トランプ大統領はこの未来予想図を前提に、愚かな米国人を扇動して反メキシコ世論を煽っているのだと思われる。反メキシコ、反先住民の感情を持つに至った愚かな米国人は、米国の正義が崩壊した後に、米国こそ犯罪国家であり、先住民の血こそ北米大陸での正義であるとの革命的な価値観転換に呆然とすることになると思われる。 同様に安倍首相ら清和会系政治家も、愚かな日本人を扇動して反朝鮮、反中国、反ロシアの感情を煽っている。大日本帝国亡命政権たる北朝鮮、中国、ロシアの参加国の緊密な同盟が鬼畜米英に対して近未来に勝利を収め、北朝鮮政府首脳の残置諜者らが日本に凱旋帰国する時に、彼らはその革命的な価値観転換に呆然とすると思われる。ただ、米国と異なるのは、日本には鬼畜米英と戦い続けた北朝鮮という正義が存在することである。米国にはそのような正義は存在しない。 このトランプ政権の戦略を見る時、私はヒトラーとの共通性を改めて痛感する。ヒトラーが反ユダヤ感情を煽った様にトランプは反メキシコ感情を煽る。ヒトラーがユダヤ人を迫害したようにトランプは中南米からの移民を迫害する。 . . . 本文を読む
コメント (336)

明治朝日本と革命後フランス:国際金融資本に乗っ取られた両体制の同時崩壊

2018年12月13日 | 日本国内
一番問題なのは私立医学部でのカネでの裏口入学、あるいは卒業生の子女との理由での裏口入学であろう。これはどう考えても正当化することは難しい。そして、国公立大学ではこれを実行すると収賄になってしまうので、地域枠などの形態で地元出身者を優遇することはあっても、医者の子とそれ以外の間で差別を行うことは基本的にはしていないはずだ。日本大学医学部長は「素点としては、正規の合格者と5点も差はない」と言うが、5点近い得点差があり本来なら不合格になるべき受験生がOB子女とのコネで合格したという事実は揺るがない。これを裏口と言わずして何と言うのか。そして、もう一つ大きな問題は、私立医学部の授業料があまりに高額であり、応募できる受験生の層が非常に限定されることである。平均4000万円前後とされる膨大な授業料を気軽に払える家庭は恐らく日本全体の3%もいないだろう。もし私立医学部を公有化して授業料を他の国立並みにすれば、庶民の家庭の受験生が殺到して、超富裕層の子弟の多くは医学部入学からはじき出されることになるだろう。私立の医学部の存在自体が裏口なのだ。そして、日本の私立医学部の大部分は東京を中心とする首都圏に集中している。事実上の裏口と化している慶応幼稚舎や慶応ニューヨーク学院を含め、日本人の金持ちと庶民を分断して対立させ金持ちを味方に付けることで国際金融資本は日本という国を支配するつもりだったのだろう。旧制公立商科大学や旧制公立医学専門学校をルーツとして大阪城を見下ろす超一等地のキャンパスを擁し、地方旧帝大レベルの定員と難易度を有することになる大阪公立大学を誕生させる大阪府。方や、カネやコネで裏口入学して高額の授業料を払える一部家庭のみを優遇する差別的な私学中心の首都圏の大学と、それらの私学をありがたがる首都圏の上級国民達。一体どちらのシステムが優れているのか、答えは明白である。今日本で問われているのは明治維新という革命そのものである。西洋の強大な海軍力に包囲されて已む無く実行されたこの革命体制は、国際金融資本の弱体化によってもはや不要となったのだ。マクロン政権と同様に安倍首相と麻生副総理の現政権も倒れねばならない。 . . . 本文を読む
コメント (777)

ゴーンCEO逮捕劇と水道民営化、米仏対立、ブレクジットに見る国際金融資本の勢力図と戦略

2018年11月28日 | 欧州
欧州軍設立を巡る米仏対立の謎は、米英が反国際金融資本派優勢となり追い込まれた彼らがフランスに逃げ込んだことを示していると思われる。米中露から身を守るには陸軍が必要なのだ。今後FRBが国有化され米軍が世界から引き上げると西洋の覇権を支えることは不可能になる。海軍力も失われれば豪州やNZも中朝露ベトナムインドネシアなどの敵に対抗するのは不可能だ。国際金融資本は生き残りのために大陸国家を乗っ取ることが必要不可欠であり、その為にマクロンが大統領に送り込まれたのだろう。フランスを通じて欧州大陸(EU)を乗っ取り新たな寄生先にするのだと思われる。マクロンが推進する政策は法人税、富裕税やキャピタルゲイン税への減税、燃料税引き上げ、解雇容易化による労働者待遇の引き下げ、徴兵制ないし国民奉仕制の再開、クリミアを巡る対ロシア制裁継続など一貫して国際金融資本優遇・一般庶民冷遇・反国際金融資本大国のロシアへの敵視である。麻生太郎は2013年4月に水道民営化を国際公約している。その娘の彩子が2014年に結婚した相手はフランス人で大手水道会社ヴェオリアの幹部であるという。ヴェオリアなど大手水道会社は世界各国で水道事業を買収し水道料金を暴騰させてボロ儲けしていることで悪名高い。麻生太郎は吉田茂元首相の子孫であり国際金融資本系閨閥に所属することから、日本の公共事業を国際金融資本に叩き売る悪役を演じているのだと思われる。娘の彩子は人質といったところか。日銀出身の福岡銀行元頭取の不審死は国際金融資本による暗殺であり、その目的は麻生太郎や一族への脅迫ではないかと思われる。駐日キューバ大使のヒルトン福岡ホテル宿泊拒否は、福岡で麻生一族との秘密会談が予定されていたのを妨害する目的ではないかと想像する。また、JAL福岡便の謎の欠航はこの飛行機の乗客にフランス国際金融資本系のテロリストが搭乗予定であり福岡で麻生一族の構成員を暗殺する計画であったのを阻止する目的、あるいはこの飛行機に麻生一族など要人が搭乗予定であったがフランス国際金融資本によるテロ情報が入ったなどの理由が考えられる。10月8日深夜に羽田離陸後のエールフランス293便に皇居上空を低空飛行させたのも皇族を暗殺するとの脅迫目的だろう。日本が種子法・水道民営化・入管法改正などの国益放棄的な政策を推進しているのはこれらの脅迫とテロを回避する目的なのだろう。 . . . 本文を読む
コメント (530)

北方領土2島返還への方針転換は、国際金融資本=大英帝国の衰亡を示す大事件

2018年11月19日 | ロシア・北方領土
2018年11月14日にシンガポールでプーチン大統領と会談した安倍首相は、1956年の日ソ共同宣言に基づいて平和条約締結を推進することで合意したという。そして、その際に、歯舞と色丹については日米安保条約に基づく米軍基地の建設は行わないことで一致したという。そして、今後日本と米国の間でこの問題について具体的な協議を行うという。北方領土問題とは、1956年の当時のダレス米国務長官の恫喝により、日本がソ連との平和条約を締結して国境を画定することができなくするために作られたものである。その背景には、ユーラシア大陸周辺の島嶼や橋頭堡から大陸内部のロシアと中国を占領することで全世界を支配するという西洋、つまり国際金融資本の世界戦略がある。そもそもポツダム宣言で日本は千島を全て放棄することを連合国、つまり米英ソによって要求されているのであり、国後と択捉を日本が要求することは本来は国際条約違反なのだ。歯舞色丹に米軍基地を設置しないと米英などが約束しても後にそれを反故にして基地を設置しようとすることは十分考えられる。日本政府は東日本大震災や福島原発の様に柏崎や御前崎の原発を地震兵器やコンピューターウイルスで攻撃すれば簡単に屈服させることが出来るとも考えているだろう。従って、日本としては米軍が様々な兵器を用いて日本にテロ攻撃を加えて脅迫することが出来ない様な体制を作ることが必要不可欠である。それは、日米安保の破棄と日露軍事同盟の樹立に他ならない。このように、今回の安倍首相の2島返還への方針転換は、米国内でロシアを西側の敵と見なして滅亡させ占領しようとする勢力が弱体化し、親露勢力が台頭していることを示すとともに、日本が大東亜戦争に勝利し、米軍の占領下から脱してロシアとの軍事同盟に移行するという国内外の体制転換を意味する。大東亜戦争の開始や昭和天皇の崩御と同様の巨大な歴史的意義のあるニュースであり、本来新聞の一面から三面までを使って大々的に報道し号外を出すべきであると考えるが、真に重要なニュースはこのように小さな扱いしかされないものなのだろう。 . . . 本文を読む
コメント (314)

外国人労働者受け入れ拡大を「事実上の移民政策」と指摘し問題提起した立憲民主党の長妻昭代表代行

2018年10月22日 | 日本国内
欧州諸国で極右と批判される多くの政党、あるいは米国のトランプ大統領と同様に移民を批判する政治家が日本にも現れた。立憲民主党の長妻昭代表代行である。強い反対ではないが、問題点を公の場で指摘したというのは非常に注目される。一般的な移民とは異なるが、日本国内を含めて国際金融資本支配下の有色人種地域では国内での大都市(多くは首都)への一極集中的移住が多く発生している。東京、ソウル、マニラ、バンコク、ジャカルタ、ラゴス、カイロ、などがその好例である。ロシアやモンゴルでも共産主義崩壊後に首都への人口集中が起きている。対照的に大東亜共栄圏系国家で体制が維持されている中国・ベトナム・ミャンマーでは首都は人口でも経済でも最大規模では無い(北朝鮮は小国なので例外)。これは国内移民そのものである。日本で言えば、国内の各地方の文化を担ってきた人々が東京に集められ、地方の文化が衰退し、東京は地域と切り離された無個性な大衆の集まりと化している。有色人種が郷土を守る為に戦うことを恐れる国際金融資本は首都一極集中を行う様に命令しているのだろう。例外として南アフリカやインドでは首都と並ぶ巨大都市が沿海部に複数存在するが、これは首都が内陸にありシーパワーでのコントロールが困難なために首都機能を分散させているのだと思われる。このような途上国から欧米先進国への移民、あるいは地方から旧大陸一極集中的首都への国内移民、旧大陸一極集中型首都への一流大学と大企業本社機能の集中が国際金融資本によって強制されたものであるとすれば、今後国際金融資本の世界支配が崩れると一挙に逆の方向に振り子が大きく揺れると私は想像する。 . . . 本文を読む
コメント (424)

1947年の新制精華中学設立の時点で精華町に新皇居を建設するという明確な計画と強い意志があったのではないか?

2018年08月06日 | 京阪奈学研都市への遷都
ところで、精華町の「精華」はこの地域の伝統的な地名とは無縁である。1947年に複数の村が設立した組合立の新制精華中学校にちなんで1951年4月に昭和の大合併で二つの村の合併により精華村が誕生している。その後1955年に町制が施行されている。平成の大合併で東隣の木津町・北隣の京田辺市と合併する案もあったが木津町と精華町の反対で実らず、木津町は他の町村と合併して木津川市に移行、精華町は京阪奈学研都市の中心でありながら京田辺市と木津川市に挟まれた町のままで存続しており、「精華」の名前は失われていない。この「精華」は1896年から1920年まで存在した組合立の精華高等小学校(現在の新制中学に相当)に由来しており、1890年(明治23年)10月30日に発布された教育勅語の「国体の精華」から名付けられている。同様に「精華」の名を冠する学校は公私立の小中学校、私立の高校・大学が日本各地に存在しており、福山市と岐阜市の二つの新制公立中学、2009年開設の山口精華学園を除くといずれも戦前の設立で教育勅語に因んでいると思われる。ただ、福山市・岐阜市・精華町の新制公立精華中学校の設立が異例であるのは、教育勅語を否定したGHQの占領体制下で教育勅語に由来する名を冠する公立学校が設置ないし再開されたことにある。また、昭和大合併による精華村の設立もGHQの占領体制下である。更に、平成の大合併で京田辺市や木津町と合併していれば、両自治体と比較して小規模であり冠する名称に長い歴史も持たない精華町は吸収合併されて「精華」の名前が失われることは避けられなかったであろう。日本の体制や文化を破壊することを目的としたGHQ占領下という困難な状態で教育勅語の一節を叫び、それを戦後長きにわたって守り続けてきたのは、1947年の新制精華中学校設立の時点で精華町(恐らく祝園分屯地)に新皇居を誘致するという明確な計画と強い意志が存在したことを示していると思われる。 . . . 本文を読む
コメント (1412)

横井軍曹残ってるよ! 誰か戦争を終わらせて!

2018年06月15日 | 21世紀の日本の進むべき進路
みんなでごはん食べる時 最後に一つ大皿にぽつんと残ってる からあげとかあるよね。 あいつに名前を付けることにしました。 横井軍曹と。 「横井軍曹残ってるよ! 誰か戦争を終わらせて!」的な。 わからないちびっ子は調べてね。 恥ずかしながら!! 89巻、始まります!!! . . . 本文を読む
コメント (864)