国際情勢の分析と予測

地政学・歴史・地理・経済などの切り口から国際情勢を分析・予測。収益目的サイトの本ブログ記事の転記・転載は禁止します。

横井軍曹残ってるよ! 誰か戦争を終わらせて!

2018年06月15日 | 21世紀の日本の進むべき進路
みんなでごはん食べる時 最後に一つ大皿にぽつんと残ってる からあげとかあるよね。 あいつに名前を付けることにしました。 横井軍曹と。 「横井軍曹残ってるよ! 誰か戦争を終わらせて!」的な。 わからないちびっ子は調べてね。 恥ずかしながら!! 89巻、始まります!!! . . . 本文を読む
コメント (593)

日大アメフト部事件の謎:なぜ「6月1日までに息子に危害を加える」との捜査情報を犯人逮捕前に公開したのか?

2018年05月31日 | 21世紀の日本の進むべき進路
日大アメフト部事件で日本支配階層が残置諜者に密かに伝えようとした重要なメッセージとは何だろうか?それは、関学QBの父親の奥野氏が5月25日に発信した「6月1日までに息子に危害を加える」との情報であろう。この情報は明らかに脅迫であり、そのような重要な情報は犯人逮捕の前には公開すべきでない。にもかかわらずなぜか奥野市議はこの情報を公開している。これはどう考えてもおかしい。では、この「6月1日までに息子に危害を加える」との情報とは何を示唆しているのだろうか?イスラエルと北朝鮮の間での直接の外交交渉は行われていない様だ。しかし、北朝鮮に深く関係する我が日本の安倍首相とイスラエルのネタニヤフ首相の5月1日の会談では大変無礼で対日脅迫とも考えられるデザートが出されている。そして、私が最も気になるのは、このデザートのニュースが報道されたのが6日後の5月7日であったことだ。この6日間の遅れは、何か重大な交渉や検討がイスラエル側で行われていたことを示している。5月1日に安倍首相がイスラエルのネタニヤフ首相から日本あるいは日本の亡命政権出る北朝鮮に対する重大な脅迫を受けたことを密かに残置諜者に伝える目的で日大・関学関係者の間で事前に打ち合わせを行った上で5月6日にタックル事件が演出されたのだと思われる。「息子」というのは金日成の正統な後継者である金正恩を指しており、イスラエルに彼をミサイル攻撃等で暗殺する計画があるのではないだろうか。その他の考え方としては、「息子」が大日本帝国の亡命政権である北朝鮮を指しており北朝鮮をミサイル攻撃等で火の海にする計画、あるいは天皇陛下の後継者である徳仁皇太子、秋篠宮、悠仁親王などを暗殺する計画なども考えられるだろう。「6月1日まで」との情報も重要である。6月4日(月)になればもはやイスラエルによるテロや暗殺、大規模軍事攻撃の可能性はなくなるということなのだろう。ひょっとすると、6月2-3日の週末に(例えばドイツ銀行の破産などに伴う)バンクホリデー、株式市場閉鎖などの世界的な大規模金融危機が予定されており、滅亡が迫った国際金融資本は切羽詰まっているのかもしれない。 . . . 本文を読む
コメント (279)

李克強中国首相が北海道を訪問し高橋知事と対談した理由は何か?

2018年05月13日 | 21世紀の日本の進むべき進路
シリアのアサド大統領がギリシャの日刊紙との5月10日のインタビューで「トランプ大統領が米国を支配しているとは我々は思っていない。我々は、ディープステートがあらゆる米大統領をコントロールしていると考えている。」と米国政治の真実を暴露したのは、もはやディープステートが米国の支配権を失いつつあることを示している。国際金融資本はFRBに命じて短期金利を引き上げ続けており、途上国や米国国内の脆弱な借り手が危機的状況に陥り始めている。これは近未来の巨大な金融バブルの破裂と資本主義の消滅の引き金になる可能性が高い。しかし、国際金融資本に支配されたFRBにはドルの信頼性を維持するために金利を引き上げる以外の方法は残されていないのだ。訪日中の中国・李克強首相と5月10日に会談した安倍首相が「日中は今日、この日をもって協調の時代に入った」と述べたのは、日本と中国、ロシアの三カ国が緊密な秘密同盟を結んでいるという事実を隠蔽するために、米英国際金融資本の思惑通りに対立を演出してきた時代が、国際金融資本の弱体化によって終わったことを宣言しているのでは無いかと想像する。また、李克強首相が5月10日に北海道を訪れて高橋知事と会談した真の目的は、北海道が今後アイヌ人を主権者とする政治主体に移行する予定であり、国内に多くの少数民族自治区を抱える中国でも同様の自治権拡大ないし独立を予定していることから情報を交換する目的であったと想像する。沖縄県も北海道と同様に独立する可能性があるが、沖縄県は住民の大部分が先住民であって北海道とは事情が異なる。内モンゴルや満州、青海省などの中国本土に隣接する少数民族地区は多数の中国人の移住によって先住民族が少数派に転落してしまっている点で北海道と類似しているのだ。そして、日本と中国がこのような少数民族の主権や独立志向を容認することで、先住民を虐殺しその土地や資源を奪い取ることで成立してきた米加豪(NZはこれに含めるべきかやや微妙)の英語系白人優位という国家軸を否定することができるのだ。それによって、国際金融資本の世界覇権の原動力となってきた米州・豪州などの新大陸の支配権を英語圏白人からモンゴロイドを中心とする有色人種の手に奪還することができるのだ。ミサイルも戦車も登場していないが、これは大東亜戦争の最終決戦なのだ。 . . . 本文を読む
コメント (334)

平成30年8月10日の南関東大地震や大台風襲来で首都圏壊滅、奈良含め関西に首都機能移転のシナリオか?

2018年04月01日 | 京阪奈学研都市への遷都
伊勢女さんの夏の予言によると鎌倉から二宮にかけての相模湾沿岸が被害を受けるとのこと。地震兵器で断層の複数の地点を同時に爆破すれば巨大な津波を作り出すことができるのかもしれない。津波ハザードマップでは鎌倉市や逗子市の旧市街の大部分が、藤沢市でも片瀬海岸地区が津波で壊滅している。また、8月10日であれば同時に気象兵器で作成した巨大台風の高潮で攻撃することも出来るだろう。 私が気になっているのは伊勢女さんの地震予言で取り上げられている「ニノマエ」という地名。2chやブログ「黄金の金玉」では神奈川県二宮町とされているが、私は鎌倉市中心市街地の「二の鳥居前」交差点も指しているのではないかと思っている。ここは鎌倉駅至近の若宮大通りに位置しており、小町通り同様に津波ハザードマップでは浸水する地域に含まれているからだ。そして、鳩サブレーで有名な豊島屋のライブカメラで二の鳥居前交差点の動画が配信され続けており、大津波が来れば二の鳥居を押し流す画像が全世界に流れるだろう。 「偽りの都は滅びる」「火の元の天使は都に戻る」は、「日の本の国の天子」、つまり天皇が偽りの都である東京を捨てて伝統的な首都であった京都または奈良に戻ることを示唆している。3月23日に奈良県議会は突然、奈良県庁の橿原市への移転を決議した。橿原市では県立医大の病院以外の施設の移転と病院前新駅設置を含めた病院周辺の再開発計画があり、ここに県庁を移転することは考えられる。首都機能の関西移転に伴い、現在の奈良県庁や県知事公邸などの公的施設の跡地は皇室・宮内庁・外国の元首等公賓の訪問用に利用されるのかもしれない。 . . . 本文を読む
コメント (688)

トランプ大統領とヒトラー総統の共通性

2018年03月04日 | 米国
カナダ・EU・南朝鮮などの同盟国を主な標的とするトランプ大統領の貿易戦争は総合的に見ると極めて愚かな政策である。その最大の目的は、FRBを通じて自国政府を国際金融資本に乗っ取られた米国が、自国を中心とする西洋の世界覇権体制を崩壊させることで自国の主権を取り戻すこととしか考えられない。 ヒトラーをオーストリア等のカトリックドイツの利益の代理人と考え、第二次大戦をドイツ国内のカトリック(オーストリアやバイエルン等ヒトラーの故郷)とプロテスタント(プロイセンは国民の殆どがプロテスタントだった)の内戦であり1618-48年のドイツ30年戦争の再来と考えれば第二次世界大戦でのドイツの敗戦はオーストリアにとって合理的な選択である。トランプはヒトラーの再来であり米国内での内戦に勝利することが政策の目的と考えれば、トランプの行動は全く合理的である。 このトランプ大統領の貿易戦争開始宣言と、安倍首相の辞任の予兆と思われる数々の動きが、同時に起きているのは偶然では無い。トランプ大統領も安倍首相も単なる俳優であり、脚本を演じているだけなのだ。そして、この脚本を書いているのは大東亜共栄圏やロシア等の反国際金融資本勢力であり、密に連携していると思われる。朝鮮戦争を巡る米国と北朝鮮の交渉が今行われているのも、南北朝鮮の統一を巡る動きがオリンピック前後から盛んになっているのも、国際金融資本に対する大東亜共栄圏の勝利という事象を反映しているのだ。 そして、学校教師のクラブ活動指導による長時間労働が最近問題視されているのも、国際金融資本占領下で鬼畜米英に対する戦争を継続するための軍事教練の代用品としての中学高校の部活が、戦争の終焉によってもはや役割を終えようとしていることを示唆していると思われる。 . . . 本文を読む
コメント (453)

北朝鮮系民族学校とは何か、どんな役割を果たしてきたのか?

2018年01月22日 | 21世紀の日本の進むべき進路
なぜ日本政府はここまで北朝鮮系民族学校だけを優遇するのか?その謎は、北朝鮮政府が旧帝国陸軍残置諜者によって建国された事実上の大日本帝国亡命政府であるから、としか考えられない。犯罪国家鬼畜米英の言語や文化を強制され、直系家族や「仁・和」といった日本の伝統文化が消滅させられようとしている米軍占領の継続下で、大日本帝国亡命政権の偉大なる指導者である金日成や金正日の写真を戦前の日本の学校の御真影の様に校内に掲げた北朝鮮系民族学校だけは、大日本帝国の精神が維持されてきたのだ。そして、これらの学校は犯罪国家米帝の軍事占領に対する抵抗活動の基盤となってきたのだ。 世間一般には北朝鮮系民族学校はネガティブなイメージで語られることが多い。しかしながら、それは北朝鮮系民族学校が果たしてきた偉大な役割を敵の目から隠すためのカモフラージュなのだろう。近い未来に(2018年1月20日に始まった米国政府の予算停止による政府機能麻痺が今後も続けば近日中にも)米英国際金融資本の世界覇権が消滅すれば、コペルニクス的な価値観の転換が起こるだろう。犯罪国家鬼畜米英が批判してきたもの、これまで悪であるとされてきたものが実は素晴らしいものであるという価値観の180度転換が起こるだろう。北朝鮮系民族学校は間違いなくその対象に含まれることだろう。 . . . 本文を読む
コメント (827)

京都・奈良とは何か:小浜市のお水送りと東大寺のお水取りに見る畿内を守る五芒星の結界とその中心軸

2017年12月24日 | 京阪奈学研都市への遷都
古都奈良に春を告げる行事として、東大寺二月堂で3月12日に行われる「お水取り」は有名である。この10日前の3月2日に小浜市神宮寺で「お水送り」が行われ、そこで流される「香水」が3月12日に二月堂の「若狭井」に届くというのだ。この行事は天平時代から1200年間続いているという。お水送りの水源は神宮寺の上流の白石神社にあるがここは若狭一宮の若狭彦神社の境外社であり、「お水送り」はこの白石神社の近くの鵜の瀬で行われる。この白石神社や鵜の瀬も正中線の近傍にある。お水取りの約10日後に春分の日、つまり春が到来する。その約10日後の4月3日は神武天皇が崩御された日で、神武天皇の即位場所である橿原神宮では神武天皇祭が行われる。神武天皇祭の10日後の4月13日から15日まで熊野本宮大社では最も重要な祭りである例祭が行われるが、この神社は神武天皇が日向の国の高千穂から奈良県の橿原に移動する際に通過した場所であり、熊野から橿原までの道案内を行った神の使者である八咫烏がこの神社のシンボルとなっている。このように、小浜市の若狭彦神社と神宮寺から京都市・精華町・奈良市・橿原市を経て熊野本宮大社に至る南北の線は日本の真の中心軸であり、それを防衛するために結界が作られているのだと思われる。お水送り・お水取りはこの結界を外敵から守るために行われているのだろう。 . . . 本文を読む
コメント (528)

神戸とは何か、どんな役割があるのか?

2017年11月23日 | 21世紀の日本の進むべき進路
伊丹空港の阪急直結線は近畿地方交通審議会答申には含まれていない。真に有用な路線であれば答申で正式に検討されるはずである。また、阪急電鉄にとっては、大阪の都心から伊丹空港に向かう客をリムジンバスから奪うよりも、宝塚線や箕面線沿線の高級住宅地から空港への利便性を確保することが有用と思われる。その為には、曽根駅から北西方向ではなく、石橋駅から南に分岐する路線の方が望ましいだろう。ただ、そのような支線の乗客数は少数であり、乗り換えが必要になることを考えると、現存する大阪モノレールの蛍池空港駅乗換で既に間に合っていると思われる。もしどうしても建設するならば、蛍池駅を廃止して 豊中→大阪空港→石橋という路線を建設するしかないだろう。そのような計画が公表されていない以上、今回の曽根駅から伊丹空港への阪急直結線は建設されることは無いと予想する。伊丹空港の廃止と神戸空港の拡張が決定される時点で、阪急神戸線の神戸空港直結線を建設するための準備として、伊丹空港直結線計画が立てられたのだと私は想像する。 もう一つ阪急神戸線にとって必要なのは新幹線の新神戸駅へのアクセスである。京都、新大阪や西明石、姫路などでJR東海道山陽線は新幹線に直結しており、阪急阪神グループは新幹線アクセスで劣位にある。それを挽回し、阪急神戸線の新幹線アクセスを改善するためには、王子公園駅付近から新神戸駅に直結する新路線を建設し、新神戸駅で神戸市営地下鉄に乗り入れるのが良いだろう。新路線の建設距離は2-3km程度で、伊丹空港直結線より安上がりと思われる。神戸市営地下鉄は阪急に売却し、三宮駅から西神中央駅に向かう従来路線の他に南進して神戸空港に直結する新路線を建設しそこに乗り入れるのがベストである。夙川・芦屋川・岡本・御影・六甲などの高級住宅地から乗り換えなしで新幹線新神戸駅・三宮駅経由で神戸空港駅に20分あまりで移動できる様になれば、これらの地域は関西屈指の高級住宅地として生き残ることが可能になる。 . . . 本文を読む
コメント (1049)

悠仁親王の進学する中学は渋々?筑附?奈良女子大附属?江戸・鎌倉とは何か?どんな役割があるのか?

2017年10月27日 | 21世紀の日本の進むべき進路
私の予想通り今上天皇の後を継ぐのが「御寺泉涌寺を守る会」会長の秋篠宮であるとすれば、皇太子となる悠仁親王がどこに住みどの学校に通うかは極めて重要なことである。皇太子が転校生として遷都先の学校に移ることは教育上好ましくない。皇太子は厳選された級友とともに新入生として中学校に入学すべきである。悠仁親王が中学に進学するのと同時に今上天皇が退位するのは、秋篠宮が祝園分屯地等の新皇居に移ることを示唆していると考える。 以前にも書いたが、悠仁親王が学習院以外の学校に通うならば、小学校から高校まであり普通の学力でも受け入れ可能な東大附属が最も好ましい選択肢だった。23区内の学習院以外の私学の多くはキリスト教系(暁星・青山学院・立教)や国際金融資本系(慶応幼稚舎)で、神道を守るべき皇族には相応しくない。国立も学芸大附属や筑波大附属は高校が進学校であり小学校からの内部進学者の大部分は高校進学時までに学力不足を理由に追い出される。よほど学業優秀で無いと授業について行けないだろう。お茶の水女子大附属は高校が女子校なので高校進学時に追い出されてしまう。お茶の水女子大附属小学校という選択肢の理由は、姉妹大学に併設された奈良女子大附属の中等教育学校への進学と想像する。ここは現在はそれほど進学校では無く、普通の学力の皇族でも受け入れ可能だ。中等教育学校なので中学に入学すればそのまま高校まで進学可能であるのも大きな利点。筑波大附属中学への無試験進学制度創設や渋谷学園渋谷中学の学園祭見学はそれを隠蔽するための工作ではないかと考える。渋谷学園渋谷中学はかなりの進学校であり普通の学力では授業についていけないと思われるし、ビル街の中の校舎は皇族の学ぶべき環境にはほど遠い。 . . . 本文を読む
コメント (1084)

天木直人氏が9月23日に東京21区から立候補すると決めた謎:新政権の首相はジャパンハンドラーの長島昭久氏だから?

2017年10月03日 | 21世紀の日本の進むべき進路
この謎の理由は、恐らく今回の民進党や希望の党を巡る混乱のキーマンは長島代議士であることを知らせる目的だ。長島氏は横田基地の米軍所属国際金融資本関係者やジャパンハンドラーから直接指示を受けており、長島氏の命令に従って前原氏は民進党を解党しているのだろう。ジャパンハンドラーが期待する「希望の党」による新政権の首相となるのが党首の小池氏で無いなら実は長島氏と決まっているのだろう。そして、そのことを外務省から知らされたが故に天木氏は新首相と戦うために東京21区から立候補すると決めたのだろう。 2005年の郵政民営化選挙は自民党から国民の利益を重視する政治家を追放し、国際金融資本の利益を追求する政治家だけを残すためにジャパンハンドラーが命令して行った選挙であったと思われる。今回の選挙は民進党で同じことを実行するための選挙なのだ。それが完成すれば米英のように二大政党がともに国際金融資本完全支配となる。それ故に、反安倍首相の筈の天木氏は次期首相の長島昭久に対する反対を唱えて東京21区から立候補するのだ。 . . . 本文を読む
コメント (679)

テリーザ・メイ英国首相の緊急来日の謎と英国王室の行方

2017年09月02日 | 欧州
英国の反王室主義団体である「リパブリック」は、エリザベス女王が死去すれば英国で王政は維持できず共和制に移行するだろう、それは思ったより早いかもしれないと意味深な発言をしている。更に、共和制移行は長期的な目標であり、短期的な目標は、英国王室の保有する古文書を公開させることだという。「リパブリック」のサイトも参照すると、英国政府は20-30年経過した政府文書は皆公開しているのに、英国王室は250年前から殆ど文書を公開しておらず、CIAやMI5よりも秘密主義なのだという。そして、それらの文書はウィンザー城に収められているというのだ。「リパブリック」はこれらの文書を、政府文書と同じく30年経過すれば公開するように要求している。場合によっては20年後でも公開させられるかもしれない。ダイアナ妃暗殺命令が公開される可能性もあるのだ。 私の想像だが、英国王室は恐らく数々の国際テロ行為や戦争犯罪を主導してきたと思われる。フランス革命やロシア革命、明治維新などの革命、第一次世界大戦や第二次世界大戦、イスラエル建国と中東戦争、911自作自演テロ、東日本大震災などは英国王室の命令だったと私は想像する。そして、それに関連する文書はウィンザー城に納められている。これが公開されることは英国王室にとって致命傷である。それを何とか回避できないか、エリザベス女王夫妻やチャールズ皇太子夫妻の命を助けてもらえないかという英国王室から日本への懇願を伝えるのがメイ首相の訪日目的だったのではないかと想像する。 日本側はこの英国王室の虫のいい要求をはねつけたと想像する。虐殺された恐らく億単位の人々の無念を日本を含めた全ての有色人種は決して忘れることはできないからだ。イギリス空軍のA330機で訪日したメイ首相一行は9月1日午後に羽田を出発したようなので現時時間では深夜に英国に戻ると思われる。日本側の回答を聞かされたエリザベス女王夫妻とチャールズ皇太子夫妻に残された選択肢は、ウィンザー城の中の書類を全て処分して自殺することしか無いように思われる。 . . . 本文を読む
コメント (1103)

「日本とは何か、どんな役割があるのか」と考えると、「縄文人・弥生人とは何者か」という問いに行き当たる

2017年07月09日 | 21世紀の日本の進むべき進路
「倭は呉の太伯の後」の「太伯」とは、「太伯と虞仲の兄弟は荊蛮の地へと自ら出奔し、後になって周の者が太伯らを迎えに来たが、二人は髪を切り全身に刺青を彫って、自分たちは中華へ帰るに相応しくない人物であると主張し現地にとどまった」という太伯の行動を指しているのだという仮説である。倭人は更なる荊蛮の地であった西日本に自ら出奔する際に、「戦乱と虐殺が相次ぐ中国大陸には決して戻らずに日本列島に骨を埋める」と決意して渡航したのではないかと私は想像する。場合によっては倭人集団の中に呉の王族を含む支配階層で虐殺を逃れた者が潜入しており、彼らが太伯の故事を倭人に広めたのかもしれない。太伯と虞仲の兄弟が荊蛮の地の住民の風習を取り入れて周の風俗を捨て去ったように、中国大陸東部から日本列島に移住した中国系弥生人は、呉音を残した他は自らの言語を捨て去り、満州から朝鮮半島を経て日本に移住した扶余族系弥生人の言語を取り入れた可能性が考えられる。 冒頭で銅鐸文明の出雲王朝を銅鏡・銅剣文明の九州北部王朝が滅ぼした仮説に触れたが、扶余族系弥生人が出雲王朝で、中国系弥生人が九州王朝であったという仮説を私は提唱したい。出雲王朝が縄文人で九州に扶余族系と中国系の2種類の弥生人がいたという仮説もあり得るが、九州の巨大カルデラ火山の破局噴火は出雲地区を含めた中国地方の縄文人にも致命的な打撃を与えた筈であり、縄文人国家が存在したならその中心は東日本になるのではないかと想像する。更に、銅鐸文明の出雲王朝が縄文人ならば、銅鐸地域である中国地方と近畿地方にはATLウイルス抗体陽性者が多くなる筈だが実際にはそうではないことからも、銅鐸文明の出雲王朝は銅鏡・銅剣文明の九州王朝と別種の弥生人であったことが示唆される。 . . . 本文を読む
コメント (1138)

首都圏の大学文系学部と不動産という二つのバブルの終わり

2017年05月16日 | 日本国内
堺屋太一の言う「1940年以降の官僚主導体制による東京一極集中」というのは、1945年以降米国が日本を統治するために強制的に東京に全ての中枢機能を集めていることをわかる人だけに密かに伝えたものであろう。米国を通じた国際金融資本の日本支配がこれから崩れれば、一挙に東京一極集中と、それに伴う東京の異常に高価な不動産価格や教育費も崩れていくことだろう。恐らく関西地区の乱開発を避ける為に急激に人口が増加した濃尾平野と関東平野は人口に見合わない少数の医大しか設置ていないことからわかる様に今後人口が激減し、国土交通省の立地適正化計画によって多くの住宅街が農地や山林に戻されていくことになるだろう。第二次大戦後の日本では米国の命令で多くの専門学校が強制的に大学に改組された。しかしながら、高度な研究の場であるべき大学は本来ごく少数の高い基礎学力や研究能力を持つ人間だけを対象にするべきである。私見だが、1学年100万人の日本人のうち、大学進学者は3-5万人もいれば十分ではないか。そしてその大部分は理系学部に当てるべきであり、文系学部の定員はその1割の3-5千人で十分ではないか。多くの職業人にとって必要なのは職業専門学校であり、そこの教員に必要なのは研究能力ではなく教育能力である。そして、職業専門学校卒業者の中で研究能力の高い者は大学に編入させれば良いのだ。文科省が6月に発表する新テストは恐らくこのような方向に向かうだろう。そして、首都圏の有名私大を含む日本の大学の文系学部の殆どは1-3年制程度の専門学校に転換するか、あるいは廃校になることだろう。普通科高校も大部分が実業系学科に転換することだろう。東京に一極集中した大企業は一挙に発祥の地に中枢機能を移し、中央官庁も多くが関東以外に移転し、一極集中は終わるだろう。三菱東京UFJ銀行が銀行名から東京を外すのは、三菱グループの多くの企業が発祥の地である大阪市か、あるいは高知県に中枢機能の一部ないし大部分を移す計画を示していると思われる。住友グループも発祥の地である大阪と新居浜(別子銅山)に中枢機能の一部を移すことだろう。中央リニア新幹線が新大阪から関西空港・四国を経て大分など九州まで延伸される計画は、三菱グループと住友グループが共にルーツを有する四国に中枢機能の一部を移すことを示唆していると思われる。 . . . 本文を読む
コメント (882)

シリアと北朝鮮を巡る軍事的緊張の真相を帝国陸軍後継勢力たる朝日新聞の報道から探る

2017年04月18日 | 21世紀の日本の進むべき進路
私は石西礁湖で起きた1989年4月20日の朝日新聞虚報事件を取り上げ、「「K.Yって誰だ?」の答えは「胡耀邦/Ko Youhou」なのだ。珊瑚は恐らくフェニキア・カルタゴ・ベネチアの伝統を引く米英蘭国際金融資本のシーパワーを指しているのだと思われる。帝国陸軍遺残勢力である朝日新聞は国際金融資本が胡耀邦を暗殺した事実を全世界の帝国陸軍残置諜者に知らせる為に4月20日に虚報を行ったのだと思われる。その後5月20日に社長が虚報を認めて辞任したのは、国際金融資本の動きを押さえ込むことが困難であり、天安門広場での武力弾圧や共産圏諸国の崩壊が避けられないことを残置諜者に示す目的と想像する。上記の私の想像が正しいならば、今回の朝日新聞の記事は、珊瑚=国際金融資本の死滅が進んでいることを残置諜者に知らせる目的なのだろう」と書いた。環境省の那覇にある事務所が昨年珊瑚の白化についての調査結果を発表した2016年11月9日は米国大統領選挙翌日であり、朝日新聞が報道した12月16日は19日の選挙人投票により大統領が確定する3日前であり、国際金融資本が狙った選挙人の制約違反投票によるヒラリー当選工作が失敗したことが確定したことを示すのではないかと想像する。暖かい海で育つ珊瑚が暖かい地中海で生まれたシーパワーである国際金融資本の比喩であるとすれば、昨年夏にその大規模な死滅が起こり、今後も予想されるとの内容は、今年の夏にも国際金融資本の大規模な崩壊が起きうることを示す。そして、それに伴う世界金融危機に対する緊急対策が急務である。4月13日の発表と報道は恐らく4月6日の習近平訪米時の米中間の情報交換を受けたものと想像する。そして、会議が予定されている4月23日の翌日から米国議会がイースター開けで開催される。24日から28日までの間に議会で暫定予算の延長を行うかどうかについての事前決定が23日までに行われているだろう。恐らく平壌か北京か那覇あたりで大東亜共栄圏の関係者が23日に一堂に会して、それらの米国議会の情報を元に来るべき激動の時代に取る様々な緊急政策の打ち合わせを行うものと想像する。つまり、現在のシリアや北朝鮮を巡る危機は実は演出であり、今後滅亡するのは現在攻勢に出ている国際金融資本の側というのが私の結論である。 . . . 本文を読む
コメント (585)

なぜ日本は戦後民主主義を見直すべきなのか? なぜ日本はPax Japonicaを追求すべきなのか?

2017年03月31日 | 21世紀の日本の進むべき進路
民主主義がそんなに素晴らしいなら、なぜ歴史上の国々の殆どが民主主義では無く君主制や貴族制や神権政治だったのだろうか?その理由は、有権者は自分の仕事などの特定の分野のみは専門知識が豊富だがそれ以外は素人であり、有権者全員による投票では素人が判断を下すことになるからである。企業経営でも学問でも高度な専門知識を有した少数の人間が意思決定を行う方がより正しい結論に達する確率が高いのは自明である。政治においても話は同じである。どの国と友好関係を結びどの国と敵対するのが国益、あるいは全世界の利益に有用なのか、そのためにはどのような謀略を用いていくべきなのかという高度な意思決定は高度な専門知識を有する人間にしか無理である。それを、専門知識に乏しい大衆の手に委ねるのが民主主義なのである。それ故にそのような愚かな政治制度は歴史上殆ど採用されてこなかったのだ。例外的存在のギリシャ都市国家は事実上フェニキア人の植民地だったのだろう。そして、現在民主主義国を標榜する多くの西側先進国も、フェニキア人の後継である国際金融資本という国家内国家に支配された事実上の植民地であり、その筆頭が犯罪国家基地鬼畜米英なのだ。「民主主義」は鬼畜米英の主張する「正義」なのだから悪に決まっているのだ。吉野作造は国民の生活を第一にする政治を「民本主義」として提唱したがこれが最も重要なのである。そして、その実現のためには意思決定を少数の専門家に委ねるべきなのだ。江戸幕府以前の日本はそのように統治されてきた。大日本帝国もまた議会制民主主義を有するものの、国家の主権者は天皇であって国民では無かった。だから素晴らしいのだ。現在の北朝鮮も中国も民主主義で無いから素晴らしいのだ。現在の日本人に必要なのは、「米英=悪」「米英が批判するもの=正義」というコペルニクス的な頭の入れ替えだろう。そして、儒教的・日本的な「徳による君主の統治」という理念を日本国内で復活させて全世界に広げていくことが必要なのであり、それが「Pax Japonica」の本質なのだ。 . . . 本文を読む
コメント (359)