飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

超速バイリンガル養成無料講座が始まる・・・!

2017-03-29 22:43:16 | ビジネス

誰しも英語は話せた方がいい!
と持っているに違いない・・・?!
が、
どうすれば良いのか?
具体的に教えてくれる機会がほとんど無い。
そういう思いに、
「目からウロコ」の情報が山ほど見つかるだろう・・・!
取り敢えずTopへ、最新記事はSecond Page!


ネイティブ(母国語のよう)に英語を使えるということは、

端的に言えば、

英語脳(英語回路)を作る以外に無い。

英語圏に生まれた人は、

生まれながらにして英語脳(英語回路)を有しているからだ・・・。


<取りあえず画像をクリック!


あの英語界のブラックジャック・藤永丈司先生に

再びそのコツを伝授して頂こう・・・。

好評を博した昨年の「誰でも英語をネイティブに・・・」講座が、

装いも新たに再登場する。

その名も「Joy5」・・・。

楽しみながら英会話を身に付けるコツだ。

もう勉強と言う概念を捨て去る時だ・・・!

少なくとも英会話については。

【JOY5】超速バイリンガル養成無料講座

 

無料講座でその全貌が明らかにされる。

「目からウロコ」とはこの事であろう。

「超速バイリンガル」と銘を打っているが、

そのメソッド(方法)に、

納得するかしないかはそれぞれだろう。


<取りあえず画像をクリック!

 

しかし、

何事にも知らないでは損である。

まずは、

「あぁ、成程!」と肝に入れば幸いだ。

それが出発点である。

そして、

英会話を楽しみ、

交流を広めるきっかけになれば、

世界は確実に広がる。


<取りあえず画像をクリック!

 

又、

どうにも苦手意識が抜けなかった語学というものが、

必要に応じて聞き、

読み、

そして、

表現できる意欲が湧きあがる瞬間がある。

その時、

世界は大きく広がっているはずだ。

世界が広がるということは、

情報が拡がるということである。


<取りあえず画像をクリック!

 

語学は手段である。

手段を手にするということは、

目的を近づけるチャンスだ。

少なくとも、

日本人でありながら世界に通ずるということは、

限りなく大きい。

情報に直接タッチ出来るということである。

例えば、

トランプ大統領はツイッターで直接発信し、

ネットメディアでいち早くメーッセージを発している。


<取りあえず画像をクリック!

 

何よりも、

個人であれ、

直接に情報を発信出来る時代が到来した。

その情報発信言語は英語である。

世界共通言語として英語は定着している。

必要性は限りなく高まっているのである。


それを自由に使いこなすことは、

そうでない場合と比較して、天と地ほどの差があるだろう。

その極意が、

ここにある。

確信である。

そして、

そして、

無料である。


詳細は取りあえず画像をクリック!



 

<取りあえず画像をクリック!

 

【メッセージ開始】

----------------------------------------------
一生仕事に困らない魔法の武器を授けます
----------------------------------------------------

●一生仕事に困らない魔法の武器とは?
http://infotop-acenter.com/lp/10919/284478/


2020年には東京オリンピックがありますね。


オリンピックに向けて、
日本経済は元気に成長して欲しいと思いますが、
消費増税に一向に増えない給与など、
個人レベルでは、景気回復の実感はそんなにありませんよね。


どうすれば給与が増えるのか。
副業などをがんばっている方も多いでしょう。


さらに、2020年に向けて、
首都圏はもちろん、地方でも、どんどん
外国人労働者が流入してきます。


建築現場やコンビニなど、
肉体労働系や日本人がいやがる仕事は、
すでに外国人に取って代わってます。


今後は、同世代の日本人だけではなく、
彼らとも戦って行かないといけません。


一生お金や仕事に困らない武器が必要です。


そのための武器のひとつが、
英語です。


世界的に著名な経営コンサルタントの
大前研一氏もことあるごとに著書などで警告しています。


これから日本人が身につけるべきなのは
「IT、お金、英語」の三種の神器だと。


でも、英語の重要性はわかっていても、
過去の受験英語の苦い経験から、
苦手意識を持っている人も多いでしょう。


あれだけやったのに、
実際には聞き取れないし、
話せないと。。


でも、そんな英語ができない症候群から
ついに脱出できる方法が公開されました。


なんでも、


●リスニング禁止
●英会話禁止
●単語帳も不要
●文法もいらない


という従来の英語学習を
真っ向から否定する方法なんだとか。


本当にそれで、
英語がペラペラになるなら、
こんなに嬉しいことはないですよね。


でも、実際にこの方法で、
続々と超速バイリンガルが誕生しているようです。


そしてなんとその、
勉強しないで英語がペラペラになるとっておきの方法が、
期間限定で無料公開されています。


一度でも
「英語ができたらな」と思ったことがある人は、
必見の内容だと思います。


実はこちらは、
過去3年に渡り、期間限定で公開しており、
実に6万人以上に体験いただき、
史上最高の反響があった英語プロジェクトです。


圧倒的なリクエストにお応えして
今年も、2週間だけ期間限定公開が復活しました。


今回も、超太っ腹に、
無料で英語がペラペラになる
ビデオと書籍がもらえるようです。


次回はもうないかもしれません。
ぜひ、このチャンスに受け取っておきましょう。


一生、仕事とお金に困らないために、
必須のスキルをこのチャンスに身につけましょう。


1年に1度、
わずか2週間だけの期間限定公開なので、
お急ぎください。

http://infotop-acenter.com/lp/10919/284478/

【メッセージ終了】


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津波?! いや、清振(せいしん=せいしゅ seiche)と言うらしい!?

2017-03-28 08:20:01 | ミステリー

初めて知った!
要するに地形から来る固有振動波のことらしい・・・
それに外部からの振動波が、
共鳴現象で長周期の共鳴波が生じる現象・・・。
風呂場で揺らすと時として異常な高波になる。
あれだな!

 

それにしても、

まさに津波だな・・・。

津波にしては波長は短いようである。

うねりとも違う大きな振幅、

湾とか湖で発生するらしい。

 

【転載開始】参照!

静振とは、風や気圧の変化、流入量や流出量の変化、湖面降水量の場所による違いなどによって起こる湖水の振動のことです。振動の周期はさまざまですが、4時間周期の波動が多いようです。左の図は、静振による水面位の変化を示したものです。南湖の南岸が「振動の腹」、南北両湖の境界付近が「振動の節」にあたり、水位は「腹」では上下、「節」では水平方向に往復運動をします。

内部静振

夏、湖のなかでは、上層の温かい水から下層の冷たい水まで、水温による層ができますが、層のなかでも特に水温が急激に変化している部分を水温躍層といいます。内部静振は、この躍層が振動する現象です。強い南風が吹くと、表層の水は北へ吹き寄せられ、北側では水面が高くなりますが、水温躍層の位置は逆に低くます。風がおさまると、水温躍層が元にもどろうとして振動するのです。振動は40~70時間というゆっくりした周期でおこります。

【転載終了】

 

リアス式海岸で津波が異常に高くなるのも同じ原理だろう。

どこかの湖でも(多分ロシア?)津波か

と見紛う大波が押し寄せた動画が公開されていたが、

あれも清振(せいしん=せいしゅ seiche)ではなかったかと思われる。

その動画はもう見つからない。

探し続けてみよう。

 

津波と言えば、

地震によって海底の断層が跳ね上がることに起こるとされている。

それに似たことは、

水面近くの山が崩落しても起こるし、

氷山が崩落しても起こる。

滅多にはないが、

隕石の衝突でも起こるとされている。

この清振(せいしん=せいしゅ seiche)は他の原因に依る。

まことに不思議な現象である。

 

長周期地震というものがある。

これ等もある地震が発生した場合、

特定の波動を地形や地質が共鳴して、

長周期波動が強調される地震だろうが、

一定の高さのビルなどに共振して異常な揺れを起こす。

清振(せいしん=せいしゅ seiche)も

その一種であろう。

ただ原因が地震ではなく、

風波であったり、

風そのものであったり、

いろいろの原因があるようである。

 

まことに不思議な現象である。

水理現象は奥が深い・・・。

面白いので全文転載させて頂いた。

 

 

 

【転載開始】

イランで起きた「津波ではない津波のような海の現象」で多くの建物が破壊され、行方不明者も多数

  2017/03/26  

イランの国営放送プレスTVの報道より


presstv.com

イランのペルシャ湾に面したダイイェルという街で、「海からの波が海岸沿いの街を襲った」という出来事がありました。

しかし、これは「津波でも高波でもなかった」のです。

冒頭のプレスTVの報道のタイトルの中にありますように、イランを襲ったのは「静振(せいしん)」と呼ばれる現象で、どんなものかといいますと、辞書の説明では以下のようになります。

せい‐しん【静振】

気圧や風などの変化により湖沼や湾内でみられる水の振動。

これだけ見ますと、穏やかな現象のように感じますが、今回のイランの現象は、下のツイッターに投稿された動画のような激しいもので、「津波そのもの」といってもいいような現象です。

 

そして、この波により、少なくとも1名が死亡し、5名が行方不明となっているようです。

一体何が起きたのか。

プレスTVによれば、風によって発生した海の振動が、突然「巨大な津波のような現象」を起こし、それが海岸沿いを一掃したようです。

イランの「静振」による被害の状況


MEHR News Agency


MEHR News Agency

George Monttgreen

イラン・ダイイェルの場所
・Google Map

あまりにも被害が大きく感じましたので、この「静振」というものを、もう一度調べてみますと、これは「セイシュ」とも読むそうですが、日本大百科全書には次のようにありました。

せいしゅ seiche

湖や港湾でおこる長周期の波で、周期が場所ごとにほぼ決まっている固有振動。

もとはスイスの方言であったが、現在では国際的に通用し、静振(せいしん)と訳する。全振幅(谷から山までの高さ)が1メートル程度以上になると、陸上への浸水や小型船舶の流失・転覆などの被害が生じるようになる。このような普段見られない大きなものは、異常潮ともよばれる。

ということで、このイランの現象は「異常潮」というほうがいいようです。

海での、陸地にまで被害を及ぼす現象は、津波と高波くらいのものと思っていましたけれど、こういう原理で起きる現象もあるのですね。

しかし、この現象も、イランにおいても決して普通のことではないですので、死者不明者まで出してしまっているという点でも、異常事態といえそうです。【転載終了】

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

ディビット・ロックフェラーが見逃されない理由のトップ5

2017-03-27 20:39:56 | NWO

国際主義(グローバリズム)の確信犯であった!
その他に、
人口削減、
秘密結社、
生物兵器による人工パンデミック、
悪魔崇拝・・・etc.

 

数え上げればキリがないほどの、

世界的諸政策の要にロックフェラーは登場する。

自ら自白した通り、

彼は確信的グローバリストであった・・・!

そして、

「・・・それが罪なら、喜んで罪を犯そう・・・」とまで言い切っている。

 

毛沢東が4000万人(1説3000万人もある)とも言われる

自国民虐殺を称賛したというから恐ろしい。

エイズや、

サーズや、

きっと、

鳥インフル・豚インフル等々のパンデミック自作自演も、

ロックフェラーの息がかりで行われた見ても差支えなかろう。

何しろ、

国連をニューヨークに建てたのも彼だから、

穿ちえる。

WHOは率先してパンデミックを煽り、

ロックフェラーが牛耳る製薬会社の売り上げに貢献した。

 

はたして、

人口抑制に成功したのだろうか?

否である。

パンデミックは実現したであろうか?

否である。

世界統一政府は実現したであろうか?

否である。

 

現在、悉くそれらは敗北しつつある。

それは当然である。

パラサイト(寄生虫)のパラノイア(偏執狂)というべきである。

滔々として流れる大河に生じた下流の淀み、

逆流の渦に過ぎない・・・。

その無常な足掻きの一つが墜ちた。

厳しい試練が待っているだろう。

それとも、

それも一つの気づきの戯れに過ぎない出来事なのだろうか?

 

大きく時代流れは変わりつつある。

David Rockefeller speaks about population control.

 

【転載開始】

Top 5 Reasons Why David Rockefeller Won’t Be Missed
Top 5 Reasons Why David Rockefeller Won’t Be Missed

With New World Order kingpin David Rockefeller dead, here’s a look at the top 5 reasons why he was one of the most despised people on Earth and won’t be missed.

1. Founder Of Several Secret Societies

David Rockefeller was a huge part of virtually every secret society of ultra rich on the planet. He was not just a member of the Council Of Foreign Relations, the Trilateral Commission, and the Bilderberg Group – he was reportedly the founder. Through these secret societies and others like the occult Bohemian Grove club, Rockefeller conspired to control the media and governanments around the world to establish his goal towards a one world government, even once thanking the media for it’s complicity.

“We are grateful to the Washington Post, the New York Times, Time Magazine and other great publications whose directors have attended our meetings and respected their promises of discretion for almost forty years.” He went on to explain: “It would have been impossible for us to develop our plan for the world if we had been subjected to the lights of publicity during those years. But, the world is more sophisticated and prepared to march towards a world government. The supranational sovereignty of an intellectual elite and world bankers is surely preferable to the national auto-determination practiced in past centuries,” David Rockefeller, said speaking at the June, 1991 Bilderberger meeting in Baden, Germany.

      2. Population Control

Rockefeller is no stranger to the agenda of population control. In a speech in September 14, 1994, during the Annual Ambassadors’ Dinner he discussed how the U.N. should sustain the world’s population, noting that improved public health has caused global life expectancy to rise from 46 years in the 1960s, to 60 years at the time. ‘Stabilizing the population’ – as Rockefeller called it – actually meant sterilization, vaccinations, encouraging abortions, using food as a weapon, and viewing disease and war as a means of “correction” to stop population growth.【転載終了】
 
【Google仮訳開始】 ※一部修正
David Rockefellerが見逃されない理由のトップ5

投稿者:Aaron Kesel | 2017年3月20日|
David Rockefellerが見逃される理由のトップ5

新世界秩序のキングピンDavid Rockefellerが死んで、彼が地球上で最も軽蔑された人々の一人であり、見逃されない理由のトップ5を見てみましょう。

1.いくつかの秘密結社の創設者

デビッドロックフェラーは、地球上の超富裕層の事実上すべての秘密結社の大部分でした。彼は、外交評議会、三極委員会、ビルダーバーグ・グループのメンバーだけではなく、創業者であったと言われています。ロックフェラーは、これらの秘密結社やオカルト・ボヘミアン・グローブ・クラブのようなものを通して、世界中のメディアや政府をコントロールして、一度も共感してくれたメディアに感謝していても、

「ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、タイム・マガジン、その他の偉大な出版物に感謝しています。その取締役は約40年にわたり、私たちの会合に出席し、裁量の約束を尊重しています」と述べています。私たちがその年の間に宣伝の灯しを受けていれば、私たちは世界のための私たちの計画を開発することができます。しかし、世界はより洗練されており、世界政府に向かって行進する準備ができています。知的エリートと世界の銀行家の超国家主権は、過去数世紀に亘って行われた国家の自決には確かに好ましい」と、デービッド・ロックフェラーは1991年6月のバーデンバーデンでの会合で語った。

2.人口管理

ロックフェラーは人口管理の議題には見知らぬ人ではない。 1994年9月14日の演説で、年次大使の夕食会で、国連が世界の人口をどのように維持すべきかについて話し合った。公衆衛生の向上により、世界の平均余命は1960年の46歳から60歳時間。 「人口を安定させる」 - ロックフェラーが呼んだように、実際には滅菌、ワクチン接種、中絶の奨励、食糧の武器としての使用、病気と戦争を人口増加を止める「是正」の手段として見ることを意味する。

3.ロックフェラー財団は人口に関する非倫理的実験の背後にあった

ロックフェラー自身の演説に続いて、ロックフェラー研究所は人口に関する非倫理的実験の背後にあると言われています。グアテマラ人にSTDを感染させることがいくつか挙げられています。コロネリウス・P・ローデス博士がプエルトリコスに癌を感染させる計画をスポンサーしています。これは、Rhoadsが強く拒否し、冗談として却下したという主張です。
 
David Rockefellerは1940年にRockefeller Institute理事会に加わり、1950年から1975年にかけて会長を務め、1975年から1995年まで理事会の執行委員会を議長とし、名誉会長と人命受託者となった。

4.グローバリスト・コネクションズ

ロックフェラーは、様々な秘密結社での影響を通して、グローバル主義者の主要な前衛の一人として自分自身を確立しました。ロックフェラーと彼の加盟組織はまた、米国の利益に反対し、世界の政治経済構造(新世界秩序)を確立しようとしていたことは間違いない。彼の著書「回顧録」では、ロックフェラーはこれだけのことをしている人々の「秘密の洞窟」の一部であることを認めました。

    
「私たち(ロックフェラー家)は、アメリカの利益に反する秘密のカバールの一部であり、私の家族と私を「国際主義者」として特徴づけ、世界の他の国々と共謀して、経済構造 - あなたが望むならば、一つの世界。それが罪であれば、私は罪を犯し、私はそれを誇りに思う」

ロックフェラー財団とビルアンドメリンダゲイツ財団は、ワクチンの使用による過疎化の手段を創出するために、協力して協力してきました。 Bill Gates氏の下のビデオで、これをどうやって行うことができるのかを調べてください。ゲイツ氏とロックフェラー氏は両方ともビルダーバーグの出席者であり、故意に一緒に協力していた可能性があります。

さらに、CIAとロックフェラーの家族は、特に分類された情報の取り扱いに関して、共同して働く歴史も持っています。

CIAは、ロックフェラーの納屋を保管庫として使用して、さまざまなトピックを網羅した327のTOP SECRETとSCIの文書を保管し、ロックフェラー夫人にトップレベルのセキュリティクリアランスを与えるよう提案しました。文書は後でフォード大統領図書館に移された。

5.世界的な影響

グローバル・ポリシー・フォーラムの主要な研究は、ロックフェラー財団が、世界中の健康と農業政策を支配するための資金と能力を利用していると結びつけました。グローバル・ポリシーフォーラムは、「グローバルな多ステークホルダーパーナーシップの原動力となる」と述べ、「グローバルなパートナーシップと垂直的資金の積み上げは、孤立し、しばしば調整の難しい解決策につながった」と述べている。国連レベルでの統合的開発戦略の実施を損なう」と述べた。

要するに、私たちは、ロックフェラーの影響が、少なくとも健康と農業の領域で世界中に広がっていることを知っています。また、世界の銀行システムの問題もあり、その影響は世界中に広がっています。ロックフェラーファミリーは、この分野の主役のひとりとしても知られています。

1973年の中国訪問の後、デビッド・ロックフェラーは4000万人以上の人を虐殺した共産主義独裁者の毛沢東を称賛した。デビッド・ロックフェラーが資金を調達した人々の手で、何人の人々が死亡したかは誰が知っていますか?【仮訳終了】
 
 
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

中共には日本解放(共産化)工作要綱がある!その2

2017-03-26 18:08:53 | 壮大なうそ

中共には日本解放(共産化)工作要綱がある!その1の続きである!
今ある現状の魑魅魍魎(ちみもうりょう)の淵源がある・・・。
全てとは言わないが、
政治の混乱、
思想の混乱、
社会の分断は多くは造られたものだ!?

 

日本解放というが、

日本分断というのがより正解だろう・・・。

その後に来るのが階級独裁だ。

そもそも共産主義思想は階級闘争という、

人間分断のイデオロギーである。

無産階級の独裁を標榜しているが、

無産階級を代表するとする党の独裁である。

 

それが共産党であるから、

共産党の独裁の中国は中共と呼ぶのが相応しい。

中共は、

もともと日中友好というのは目的ではなく手段であった。

現在もそれは変わらないだろう。

目的は、

日本解放⇒日本分断⇒日本共産化⇒共産党の独裁であった。

 

分かり易く言えば、

天皇陛下を日本民族の家長とする家族的共同社会を、

陛下を処刑して、

家族で言えばじいちゃんばあちゃんも除くか、

虐げて、

道義も秩序もない無産者に実権を与えて支配しようとする、

虚無的イデオロギーである。

丁度その頃文化大革命賑やかかりし時代であるから、

幼少の者を紅衛兵として利用したのと被るだろう。

 

そこには

父親・母親あるいは長幼の区別なく、

誰彼無く造反(反対)有理(理屈あり)で突っ走っていた。

日本は新左翼・過激派全盛期の時代であった。

今では、

そうはいかないことを承知しているかもしれないが、

根底にはそうした原理的共産主義思想がある。

それで日本を解放(共産化)する要綱が存在した。

今はどうか?

少なくともこれを彷彿させる事態が進行している。

それは日本の中共属国化政策である。

 

尖閣がそうであるし、

沖縄がそうである。

しかし、

日本本土にもその食指が伸びているのは間違いない。

それは「日中友好」の段階を越えて、

日本分断化の段階に及んでいる・・・?!

その兆しが、

森友学園問題でもその片鱗を見ることが出来る。

 

異論はあろうが、

森友学園問題は、

元新左翼市会議員が端緒を点け、

朝日新聞が広げた。

その情報デマの多くは左翼議員が引きだし、

あるいは捏造して取り上げ、

マスコミが誇大に報道した。

叩けば埃が出る事業急展開の誹りもあって、

当初支援した政治家が持ちあげて急遽撤退したので、

「窮鼠猫を噛む」反撃に出たのである。

慌てふためくには理由がある。

 

これが大まかな展開だ。

 

直接中共が関与したとの情報はないが、

この要綱を見れば、

素地は造られていたと考えることが出来る。

 

新左翼は、

要するに思想的イデオロギーは二の次に、

不平不満分子が後で思想を付け加えた様な存在である。

だから、

何時でも似非右翼に変わり得ること出来る。

要するに、

思想など何でも良いのであって、

はけ口を求めている存在である。

何処でも常に存在するテロリスト要員存在だ。

 

これを利用せよと要綱は述べている。

所詮は利用して、

最終的には抹殺する存在だと認識している。

新左翼は階級的に無産階級ではないと、

看破している。

その通りである。

不平不満分子である。

 

今回も、

そのような現象が惹起された。

意図的ではないにしても、

極右と新左翼が共同戦線を張ったから、

事はさらに魑魅魍魎としてきたのである。

問題が無秩序に拡大して、

論点が見えない状況だ。

 

しかし、

この事は要綱を見れば、

今を彷彿させられる。

何事においてもとにかく分断する。

日本を弱体化させるからである。

それが狙いである。

日本の家族的共同体をイデオロギーで分断し、

最終的には破壊する。

これが日本解放(共産化)工作要綱であると思われる。

共産化はグローバリズムと同通する。

国家破壊と同通するアナーキズムを蔓延する。

厳重警戒を要する。

【転載開始】 中共には日本解放(共産化)工作要綱がある!その1の続き

日本解放第二期工作要綱

中国共産党

⇒続き

第3.政党工作

3-1.連合政府は手段

 日本の内閣総理は、衆参両院の本会議で首班指名選挙を行って選出される。両院で議員総数の過半を掌握すれば、人民の意志とは関係なく、任意の者を総理となし得るのである。

 1972年7月の現況で言えば、自民党の両院議員中、衆議院では約60名、参議院では10余名を獲得して、在野党と同一行動を取らせるならば、野党連合政府は容易に実現する。

 しかし、この方式を取るならば、社会党、公明党の発言権を益するに留まり、且つ最大の単独多数党は依然として自民党であり、この2点は純正左派による「日本人民共和国」成立へと進む阻因となることは明らかである。

 自民党のみではなく、社会党、公明党、民主社会党もまた、無産階級の政党ではなく、最終的には打倒されるべき階級の敵の政党であることを忘れてはならない。

 本工作組に与える「民主連合政府の樹立」という任務は、日本解放の第二期における工作目標に過ぎず、その実現は第三期の「日本人民民主共和国」樹立の為の手段に過ぎない。

 共和国樹立へ直結した、一貫的計画の元に行われる連合政府工作でなければ、行う意義は全くない。

3-2.議員を個別に掌握

 下記により国会議員を個別に掌握して、秘密裏に本工作員の支配下に置く。

A.第一期工作組がすでに獲得したものを除き、残余の議員全員に対し接触線を最少4線設定する。

B.上の他、各党の役職者及び党内派閥の首長、有力者については、その秘書、家族、強い影響力を持つ者の3者に、個別に接触線を最少2線設定する。

C.上の接触線設定後、各線を経て知り得る全情報を整理して、「議員身上調査書」の拡充を期し、公私生活の全貌を細大漏さず了解する。

D.右により各党毎の議員を「掌握すべき者」と「打倒排除すべき者」に区別し、「掌握すべき者」については「連合政府の樹立にのみ利用しうる者」「連合政府樹立より共和国成立に至る過渡期においても利用し得る者」とに区別する。 ここに言う「打倒・排除」とは、その議員の党内における勢力を削ぎ、発言権を低下せしめ、孤立に向かわせることを言う。

E.「掌握」又は「打倒」は調査によって明らかとなったその議員の弱点を利用する。

 金銭、権力、名声等、欲するものを与え、又は約束し、必要があれば中傷、離間、脅迫、秘している私事の暴露等、いかなる手段を使用してもよい。

 敵国の無血占領が、この一事に懸っていることを思い、いかなる困難、醜悪なる手段も厭うてはならず、神聖なる任務の遂行として、やり抜かねばならない。

3-3.招待旅行

 上の接触線設置工作と並行して議員及び秘書を対象とする、我が国への招待旅行を下の如く行う。

A.各党別の旅行団。団体の人数は固定せず、実情に応じて定める。

 但し、団体構成の基準を、「党内派閥」「序列」「年齢」「地域別」「その他」そのいずれかにおくかは慎重に検討を加え、工作員の主導の元に、我が方に有利になる方法を採らしむるよう、工作せねばならない。

B.党派を超えた議員旅行団。議員の職業、当選回数、選挙区、選挙基盤団体、出身校を子細に考慮し、多種多様の旅行団を組織せしめる。

C.駐日大使館開設後1年以内に、全議員を最低1回、我が国へ旅行せしめねばならない。

 自民党議員中の反動極右分子で招待旅行への参加を拒む者に対しては、費用自弁の個人旅行、議員旅行団以外の各種団体旅行への参加等、形式の如何を問わず、我が国へ一度旅行せしめるよう工作せねばならない。

D.旅行で入国した議員、秘書の内、必要なる者に対して、国内で「C・H・工作」を秘密裏に行う。

3-4.対自民党工作

A.基本方針

 自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる。

 自民党より、衆議院では60名前後、参議院では10余名を脱党せしめて、連合政府を樹立するというが如き、小策を取ってはならないことは先に述べた所であるが、右派、左派の二党に分裂せしめることも好ましくない。

 これは、一握りの反動右翼分子が民族派戦線結成の拠点として、右派自民党を利用する可能性が強いからである。

 従って、多数の小党に分裂する如く工作を進めねばならず、又表面的には思想、政策の不一致を口実としつつも、実質的には権力欲、利害による分裂であることが望ましく、少なくとも大衆の目にはそう見られるよう工作すべきである。

B.手段

 自民党内派閥の対立を激化せしめる。

① 自民党総裁選挙時における派閥の権力闘争は常に見られる現象で通常は総選挙を経て若干緩和され、一つの党として受けて曲りなりにも保持していく。

 今回はそれを許してならない。田中派と福田派の対立の継続と激化、田中派と大平派、三木派、三派の離間、中間五派の不満感の扇動等を主点として、第一期工作組は工作を展開中である。総選挙後、若干の変動があっても、派閥の対立を激化せしむるという工作の原則は変わらない。

② 派閥対立を激化せしめる最も有効な方法は、党内の非主流派となって政治活動資金の調達に困難を生じている各派に個別に十分な政治資金を与えることである。

 政治献金は合法であり、これを拒む政治家はいない。問題は方法のみであり、工作員からAへ、AからBへ、BからCへ、CからDへ、Dから議員又は団体という如く間接的に行うのは言う迄もない。

③ 先に述べた議員個人の掌握は、それ自体が連合政府樹立の有効な手段となるが、派閥対立激化についても活用するのはもとよりである。

3-5.対社会・公明・民杜各党工作

A.基本方針

① 各党内の派閥闘争を激化せしめ、工作による操縦を容易ならしめる。派閥というに足る派閥なき場合は、派閥を形成せしめる工作を行う。但し、党を分裂せしめる必要はなく、分裂工作は行わない。

② 日本共産党を含めた野党共闘を促進する。

B.手段

自民党の項に同じ。

3-6.「政党工作組」で統轄

 対政党工作は「連合政府樹立工作」の中心をなすものであり、本工作組に政党工作部を設け、その下部機構を、自民党班、社会党班、公明党班、民社党班の四班に分かち、各班毎に派閥名を冠した派閥小組を設ける。

 

第4.極右極左団体工作

4-1.対極右団体工作

 我が党は日本解放、日本人民共和国樹立工作を進めるに当たって、日本の極右団体に対する対策は必要であるか? 必要だとすればいかなる対策をたてて工作を進めるべきか?

 第一に認識しなければならない彼我の関係は、彼等は利用し得べき中間層に属するものではなく、水火相容れざる敵であることである。

 では、彼等の現有勢力はどうか? 東京における極右団体数は約180余。シンパも含めて人数は約40万、全国には1人1党的なものも含めれば約800団体、総数100万未満で問題にするには足りない。

 世論の動向はどうか? 我が方は、逸早く「マスコミ」を掌握して、我に有利なる世論作りに成功した。

 敗戦日本を米帝が独占占領したことは悪質極まる罪悪であるが、米帝が日本の教育理念、制度を徹底的に破壊し、国家・民族を口にすることが、あの悲惨な敗戦を齎した軍国主義に直結するものであると教育せしめたことは、高く評価されねばならない。

 極右は、嘗て輝かしい成果を収めたように、「国家」「民族」というスローガンで民衆に近づく道を封じられているのである。否、彼等がそれを強調すればする程、民衆は彼等から離れていくのである。

 800に分裂し、マスコミを敵とし、直接に民衆へ呼び掛けても、効果が上がらぬ彼等は、翼なきタカであるか? 工作の対象として取り上げるに値しないものであるか?

 ここで我々は、日本解放工作の最も困難なる点、即ち、我が方の弱点の所在を十分に承知しておかなければならない。

① 国会議員の過半数を工作組の掌握下に置き、国会での首班指名選挙で、我が方の望む人物を選出させ、連合政府を成立させることは合法行為で可能である。

② 右は日本人大衆の意志とは、関連なく行い得る。

③ マスコミは右の工作が順調に進むよう、背後に隠れ全面的に支援する。

 上の3点から連合政府樹立については、極右勢力がその阻害の素因となる恐れは殆どない。もし彼等が連合政府樹立前に武装反革命戦を惹き起こせば、世論の総攻撃を受け、日本官憲によって弾圧粉砕されることは間違いない。

 問題は、連合政府樹立直後の民心の大変化にある。大衆は「連合政府・・共和国成立」という革命図式がデマでなく真実だと直感するであろう。彼等を騙し続けてきたマスコミへの怒り、彼等の意志を完全に無視して首班指名選挙を行った議員への怒り、生活様式が一変するという恐怖感、これらが組織されて爆発したらどうなるのか?

 この時点で、統一された、組織を操る極右勢力が存在すれば、これ程大きな危険はない。彼等の微小な力「一」は、たちまちにして「百」「千」となろう。大衆は、彼等の武装決起に背を向けないどころか、それを望み、それに投じるであろう。もとより、最後の勝利は我が方に帰するが、一時的にせよ、内戦は避けられず、それは我々の利益とはならない。

 以上の分析に従えば、対策は自ずから決まってくる。

A.極右のマスコミ奪回の反激戦に対しては、常に先手をとって粉砕せねばならない。

B.極右団体の大同団結、乃至は連携工作を絶対に実現せしめてはならない。凡ゆる離間、中傷工作を行って、彼等の感情的対立、利害の衝突を激化させねばならぬ。

C.各団体毎に、早期に爆発せしめる。彼等の危機感をあおり、怒りに油を注ぎ、行動者こそ英雄であると焚き付け、日本の政界、マスコミ界、言論人等の進歩分子を対象とする暗殺、襲撃はもとより、我が大使館以下の公的機関の爆破等を決行するよう、接触線を通じて誘導する。

 我が公的機関の爆破は建物のみの損害に留め得るよう、準備しておけば実害はない。事後、日本政府に対して厳重抗議し、官憲をして、犯人の逮捕はもとより、背後団体の解散をなさしめ、賠償を要求し、マスコミには、全力を挙げて攻撃させ、人民の右派嫌悪を更に高め、定着させる。

D.右のため、必要な経費と少量の米製武器弾薬を与える。これは蒋介石一派が日本の極右に資金・武器を与えたのである、と日本官憲に信じ込ませる如く工作して、二重の効果を生むよう配慮せねばならない。

E.本工作は工作組長自ら指揮する直属機関「P・T・機関」をして実施せしめる。

4-2.対極左団体工作

A.学生極左団体は、一定任務を与え得ない団体(又は個人)と一定任務を与え得る者と区別して利用する。

B.前者には、資金・武器を与えて小規模な武装暴動を頻発せしめ、全国的な社会不安を高めると共に、日本官憲をして奔命に疲れせしめる。犯人及び直接関係者は、駐日大使館において保護し、必要ある場合は我が国の船舶で中国に逃亡せしめる。

C.後者には、各階層の極右分子中、我が工作の著しい阻害となる者に対しての暗殺・脅迫・一時的監禁等を使用する。その保護については前項に同じ。

D.前二項に関連して起きる、日本官憲による我が大使館への「犯人引き渡し要求」又は「捜査への協力要請」は、その事実無し、必要無しとして断固拒否する。

 続いて、マスコミの全力を挙げて官憲の不当を攻撃せしめ、日本政府へは、国交断絶も辞せずと圧力を加え、官憲の要求を制約せしめる。

E.逮捕された犯人に対する援助は一切行ってはならない。又、その犯人との接触に使用した中間連絡者に対しては、直ちに「P・T・機関」をして必要、適切なる処置を構ぜしめ、官憲の追跡捜査を許してはならない。

F.本工作は、対極右工作と共に「P・T・機関」をして実施せしめる。

 

第5.在日華僑工作

5-1.華僑の階級区分

 約5万3千名に上る在日中国人は、現在の思想、言動を問わず、本質的には資産階級、小資産階級に属する階級の敵であって、無産階級も同志ではない。

 しかし日本人民共和国成立以前においては、彼等を「階級の敵」と規定してはならず、統一戦線工作における「利用すべき敵」に属するものとして規定し、利用し尽くさなければならない。

5-2.工作の第一歩・・逃亡防止

 国交正常化が近づくにつれて、彼等は必然的に動揺し不安を感じる。

 不安の第1は、我が駐日大使館開設後、祖国へ帰国させられるのではないか? その際、在日資産を処分して得た携帯又は送金外貨を帰国後、中国銀行に預金させられ封鎖されるのではないか、との不安である。

 第2は、蒋介石一派の言動をとっていた者、及び「台湾独立運動」に従事していた者の罪を恐れる恐怖不安である。

 これに対し

 「居住の許可、私有財産の保護は日本政府の保証する所であり、中共大使館の干渉し得ざる内政干渉があること」

 「民主国日本においては、思想・言動の自由が保護されており、それが外国人に及ぶことは、国府大使館時代の実例で証明されていること」

 等を挙げて、第一期、第二期工作員と共に、彼らの不安解消に全力を挙げ、彼等に日本残留を決定せしめなければならない。

 対在日華僑対策の第一歩は、彼等を掌握して利用する為に日本ヘ留めることであり、決して台湾又は東南アジア各地へ逃亡させてはならない。

5-3.工作の第二歩・・青少年把握

 工作の第二歩は、華僑の小・中・高校・大学等の生徒学生及び青年を、先ず掌握することである。

A.駐日大使館開設と同時に、大使自ら各地の華僑学校へ赴き、祖国からの贈物として、施設拡充に十分なる寄付金を無条件で与え使用させる。同時に、政治色のない図書館を大量に寄付する。

B.祖国から来日するスポーツ選手団の試合、各種の公演、展覧会に、青少年を無料で招待する。

C.華僑学校へ女性の中国教師1名を派遣する。この一切の費用は大使館で負担する。教師は初期においては一切、思想・政治教育を行わず、忠実熱心な教員として全生徒の信望を勝ちとることに全力を尽くす。

 続いて、語学教育を通じて、全生徒に祖国愛を抱かせること、及び生徒を通じて自然にその家族の状況を知ることの2点を任務に加える。教員数も、教員に与える任務も漸増するが、その時期を誤ってはならない。

D.祖国観光旅行。派遣教員による生徒の掌握が進んだ時点で、祖国観光旅行へ招待する。この後、次第に、政治・思想教育を行って青少年を完全に掌握する。

5-4.国籍の取得

A.駐日大使館開設後直ちに、在日華僑の中国国籍の取得、パスポート発給申請の受理を開始するが、決して強制してはならず、且つ受理期間を制限してはならない。

 飽く迄も、彼等が個人の意志で決定し、自発的に申請するという形式を取らせねばならぬ。時間が掛かることは問題とするに足らない。

 掌握せる青少年に「中国人が中国の国籍を取るのは当然のことである」との考えが徹底すれば、彼等は自然に両親を説得する。

 これ青少年の自発行為であり、子供と共に行動する親の行為も又自発的行為であることは言う迄もない。

B.日本政府に対しては「在日中国人の国籍問題について」の秘密交渉申し入れ、下記を要求する。

① 在日中国人の日本への帰化を認めてはならないこと。

② 在日中国人で中国国籍を取得せず、無国籍者を自称する者に対しては、各地の在日居留期間が満期となる際、居留期間の政治延長許可を与えてはならないこと。

③ 蒋介石一派が発給するパスポートを認めない。その所持者に、日本居住を許可してはならないし、旅行入国をも認めてはならない。

 中国人について、2種類のパスポートを認めることは、2つの中国を作る陰謀に該当する最も悪質な反中行為であることを認めること。

5-5.中国銀行の使用を指定

A.在日華僑の大部分は商人であり、その年商総額は約1兆円に達している。駐日大使館開設と同時に、日本に進出して各地に支店を設ける中国銀行は、中国との貿易に従事する全ての日本商社に口座を開設せしめる他、華僑については、その大部分の資産を中国銀行へ預金せしめる如く工作せねばならない。

B.資産階級は狡猾無比で、資産を分散隠匿して保全を図る習性を持つ動物である。正面からの説得で、取引銀行を中国銀行一本に絞ることはあり得ない。

 青少年の掌握、国籍取得がゆきわたり、日本政府が我が方の国籍問題についての要求を入れ、最早我が大使館の意志に抗し移行することは困難となった段階で、下の諸点を実施する。

① 「祖国の銀行を使おう」「事実で素朴への忠実を示そう」等のスローガンの元に「中国銀行への預金運動」を華僑自体に展開させる。

 青少年に運動の先鋒隊として宣伝、説得工作をなさしめると共に、父母の言動を監視せしめ、実行しない場合は摘発せしめる。

② 預金を中央銀行一本に絞らなければ、パスポートの有効期限の延長申請を大使館は受理しないであろう、と意識的なデマを口から口へ伝えて、「延長申請が許可とならねば無国籍となって日本に居住できない」との不安を煽る。

③ 華僑仲間の密告を「祖国への忠誠行為」として奨励することを暗示する。

5-6.政治・思想教育

 国籍を取得し、預金を中国銀行に集中せしめた後において、5万3千の華僑を、日本解放の為の一戦力となすべく、政治教育、思想教育を開始する。

5-7.「華僑工作部」で統轄

 本工作に「華僑工作部」を設け、全工作を統轄せしめる。

 

 

C.統轄事項

C-1.派遣員数・身分・組員の出身

 本工作員の組員は、組長以下約2千名を以て組織する。大使館開設と同時に8百名、乃至1千名を派遣し、以後、漸増する。

 組長以下全員の公的身分は「大使館員」「新華社社員」「各紙特派員」「中国銀行員」「各種国営企業代表又は派遣員」「教員」の身分で赴任する。

 組員は、その公的身分の如何に拘らず、全て本工作組長のみの指揮を受け、工作組の工作に専従する。組員は、一部の責任者、及び特殊工作を行う者の他、全員「第48党校」日本部の出身中より選抜する。

C-2.経費

本工作での必要経費は、全て中国銀行東京支店より支出される。中国銀行は、日本国内で華僑及び日本商社より吸収する資金中、銀行業務の維持に必要なる額を除き、残余は全額、本工作の為に支出する。 

 華僑預金は、日本人民民主共和国成立後は、全額没収するものであるから、将来において預金者に返還することを考慮に入れておく必要はない。

 本工作組長は、常に中国銀行東京支店、党支部書記と密接に連絡し、資金運用の円滑を図らねばならない。

C-3.指令・関係文献の取扱い

A.本指令、及び工作組織系統表、工作員名簿等の下達は、組長、副組長のみに限定する。

B.関係文献は全て組長自ら保管する。

C.関係文献の複印、筆写は厳禁する。

D.工作組の各部責任者に対しては、訓練期問中に、組長より個別にその所管事項について、指令内容を伝え記憶せしめる。

E.組員に対しては、その所属する各部責任者が、その組員に担当せしめんとする事項についてのみ教育訓練する。【転載終了】


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

中共には日本解放(共産化)工作要綱がある!その1

2017-03-25 19:19:47 | 壮大なうそ

日中友好はとんだペテンであった!
それ以前から、
中共は日本解放工作要綱で動いていた・・・。
その結果が「日中国交回復」であり、
今もその要綱通り万事が進められている・・・!
気づけ!

 

一体、

森友学園の魑魅魍魎はなぜ起こったか?

具体的に解明されるには時間が掛かる・・・!

しかし、

中共は狡猾である。

 

そう思って置いて間違いはない。

その中共からの工作員が初期(1970年)から1000人居るのだ。

現在、その数が幾らか?

それは杳として知れないが、

在日中国人が65万人が存在する。

その数が一番多いのは、

もちろん東京都であるが、

大阪府には5万人、

近畿各県合わせると10万人を下らないだろう。

 

大半は善良な人々だろうが、

工作員は当初予定の2000人を大きく上回り、

数万人は予想される・・・。

それに加え、

在日朝鮮人・韓国人を加味すれば、

どれだけの敵性市民が存在するか?

想像を越えた事態が想起されるであろう。

全てが工作員とは断定しないが、

工作綱領に依れば、

相当数存在すると推量できる。

 

平和を愛するのは結構である。

しかし、

それが反戦・不戦・思想の定着とは籠絡以外の何物でもない。

敵が存在するのに、

不戦とはこれ如何に?

今一度、

冷静に思いを致すことが肝腎である。

 

【転載開始】

日本解放第二期工作要綱

中国共産党



 中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書。
 内容は中国共産党が革命工作員に指示した陰謀で、当時から現在に至る迄、中国の対日謀略は秘密文書の通りに続いているとみられる。
 同年8月、国民新聞社は特集記事を掲載し、更に小冊子を発行したが、重要と思われるのでここに再録する。

A.基本戦略・任務・手段

A-1.基本戦略

 我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。

A-2.解放工作組の任務

 日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。

 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)

 口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)

 ハ.日本人民民主共和国の樹立 ・・天皇を戦犯の首魁として処刑(第三期工作の目標)

 田中内閣の成立以降の日本解放第二期工作組の任務は、上の第口項、即ち「民主連合政府の形成」の準備工作を完成することにある。

A-3.任務達成の手段

 本工作組の任務は、工作員が個別に対象者に接触して、所定の言動を、その対象者に行わしめることによって達成される。即ち、工作者は最終行動者ではなく、隠れた使喉者、見えざる指揮者であらねばならない。以下に示す要領は、全て対象者になさしめる言動の原則を示すものである。

本工作の成否は、終始、秘密を保持しうるかどうかに懸かっている。よって、工作員全員の日本入国身分の偽装、並びに工作上の秘密保持方法については、別途に細則を以て指示する。

 

 

B.工作主点の行動要領

第1.群衆掌握の心理戦

 駐日大使館開設と同時になされなければならないのは、全日本人に中国への好感、親近感を抱かせるという、群衆掌握の心理戦である。好感、親近感を抱かせる目的は、我が党、我が国への警戒心を無意識の内に捨て去らせることにある。

 これは日本解放工作成功の絶好の温床となると共に、一部の日本人反動極右分子が発する

 「中共を警戒せよ!日本支配の謀略をやっている」

 との呼び掛けを一笑に付し、反動極右はますます孤立するという、二重の効果を生むものである。

 この為に、以下の各項を速やかに、且つ継続的に実施する。

1-1.展覧会・演劇・スポーツ

 中国の書画、美術品、民芸品等の展覧会、舞劇団、民族舞踊団、民謡団、雑技団、京劇団の公演、各種スポーツ選手団の派遣を行う。

 第一歩は、日本人大衆が中国大陸に対し、今なお持っている「輝かしい伝統文化を持っている国」「日本文化の来源」「文を重んじ、平和を愛する民族の国」というイメージを掻き立て、更に高まらせることである。

 我が国の社会主義改造の誇るべき成果についての宣伝は、初期においては少ない方がよく、全然触れなくても構わない。

 スポーツ選手団の派遣は、ピンポンの如く、試合に勝ちうるものに限定してはならず、技術的に劣っている分野の選手団をも数多く派遣し、日本選手に学ぶという率直な態度を示して、好感を勝ち取るべきである。

1-2.教育面での奉仕

A.中国語学習センターの開設。

 全国都道府県の主要都市の全てに中国語学習センターを開設し、教師を無報酬で派遣する。

 教師は、1名派遣の場合は女性教師、複数の場合は男、女半々とし、全て20歳代の工作員を派遣する。受講者資格は、もとより無制限とし、学費は無料又は極めて小額とする。

B.大学への中国人中国語教師派遣の申し入れ。

 中国語学習センターを開設し、日本人青年層に中国語学習熱が高まったところで、私立、公立の大学には個別に、国立大学については日本政府文部省へ中国人中国語教師の派遣を申し入れる。

 申し入れを婉曲に拒否した場合は、「我が国の純然たる好意、奉仕の精神に対する非礼」を責めれば、日本のマスコミも大衆も、学生も許さないであろう。

 しかし、第1回で全勝を求める必要は無く全国大学の過半数が受け入れればそれで良い。後は自然に受け入れ校は増加していくものである。

C.委員会開設。

 「中日文化交流協会」を拡充し、中日民間人の組織する「日中文化教育体育交流委員会」を開設して実施せしめ、我が大使館は、これを正式に支援する方式をとる。

 尚、本綱の全ての項目は、初期においては、純然たる奉仕に終始し、いささかも政治工作、思想工作、宣伝工作、組織工作を行ってはならない。

 

第2.マスコミ工作

大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と読んだのは、遠い昔のことである。次の時代には、新聞、雑誌が世論を作った。今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げるのである。

 偉大なる毛主席は

 「およそ政権を転覆しようとするものは、必ずまず世論を作り上げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」

 と教えている。

 田中内閣成立までの日本解放(第一期)工作組は、事実でこの教えの正しさを証明した。日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、我が国との国交正常化への道へと追い込んだのは日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下に置いた我が党の鉄の意志とたゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである。

 日本の保守反動の元凶たちに、彼等自身を埋葬する墓穴を、彼等自らの手で掘らせたのは、第一期工作組員である。田中内閣成立以降の工作組の組員もまた、この輝かしい成果を継承して、更にこれを拡大して、日本解放の勝利を勝ち取らねばならない。

2-1.新聞・雑誌

A.接触線の拡大。

 新聞については、第一期工作組が設定した「三大紙」に重点を置く接触線を堅持強化すると共に、残余の中央紙及び地方紙と接触線を拡大する。

 雑誌、特に週刊誌については、過去の工作は極めて不十分であったことを反省し、十分な人員、経費を投入して掌握下に置かねばならない。接触対象の選定は「10人の記者よりは、1人の編集責任者を獲得せよ」との原則を守り、編集を主対象とする。

B.「民主連合政府」について。

 「民主連合政府」樹立を大衆が許容する温床を作り上げること、このための世論造成、これが本工作を担当する者の任務である。

 「民主連合政府」反対の論調を挙げさせてはならぬ。しかし、いかなる方式かを問わず、マスコミ自体に「民主連合政府」樹立の主張をなさしめてはならない。これは、敵の警戒心を呼び覚ます自殺行為に等しい。

 「民主連合政府」に関連ある事項を全く報道せず、大衆はこの問題について無知、無関心であることが最も望ましい状態である。

 本工作組の工作の進展につれて、日本の反動極右分子が何等の根拠も掴み得ないまま焦慮に耐え得ず、「中共の支配する日本左派勢力は、日本赤化の第一歩として、連合政府樹立の陰謀を進めている」と絶叫するであろう。

 これは否定すべきであるか? もとより否定しなければならない。しかし、否定は真正面から大々的に行ってはならず、計画的な慎重な間接的な否定でなければならない。

 「極右の悪質なデマで、取り上げるにも値しない」という形の否定が望ましい。

C.強調せしむべき論調の方向

① 大衆の親中感情を全機能を挙げて更に高め、蒋介石一派との関係は完全に断つ方向へ向かわせる。

② 朝鮮民主主義人民共和国並びにベトナム民主共和国との国交樹立を、社説はもとより全紙面で取り上げて、強力な世論の圧力を形成し、政府にその実行を迫る。

③ 政府の内外政策には常に攻撃を加えて反対し、在野諸党の反政府活動を一貫して支持する。特に在野党の反政府共闘には無条件で賛意を表明し、その成果を高く評価して鼓舞すべきである。  大衆が異なる政党の共闘を怪しまず、これに馴染むことは、在野諸党の連合政府樹立を許容する最大の温床となることを銘記し、共闘賛美を強力になさしめるべきである。

④ 人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調

ここに言う「人間の尊重」とは、個の尊重、全の否定を言う。
「自由」とは、旧道徳からの解放、本能の開放を言う。
「民主」とは、国家権力の排除を言う。
「平和」とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。
「独立」とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止をいう。

2-2.テレビとラジオ

A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。

 具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。

 前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。

C.時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。

2-3.出版(単行本)

A.我が国への好感、親近感を抱かせるものを、第一に取り上げさせる。風物写真集、随筆、家庭の主婦が興味を抱く料理、育児所の紹介など、受け入れられ易いものを多面に亘って出版せしめる。

B.社会主義、毛沢東思想などに関する理論的著作も好ましい。しかし、我が国の社会主義建設の成果、現況については、極右分子の誹謗を困難ならしめるよう配慮させねばならない。

C.マスコミの主流から締め出された反動極右の反中国の言動は、単行本に出路を求めているが、これは手段を尽くして粉砕せねばならない。

 特に、社会主義建設の途上で生じる、止むを得ない若干の歪み、欠点について、真実を伝えると称してなされる暴露報道を絶対に放置してはならない。これらについては、誹謗、デマで両国関係を破壊するものであるとして、日本政府に厳重に抗議すると共に、出版社主、編集責任者、著者を告訴して根絶を期すべきである。

D.一般娯楽面の出版については「デンマークの進歩を見習え」として、出版界における「性の解放」を大々的に主張せしむべきで、春画、春本の氾濫は望ましい。

E.単行本の出版についての今一つの利用法は「中間層文筆業者」の獲得である。「中間層」とは思想的に純正左派、または右派に属しない、中間の動揺分子を言い、「文筆業者」とは、凡そ文筆を以て世論作りにいささかでも影響を与え得る者全てを言う。

 彼等に対しては或いは原稿料を与え、或いは出版の支援をなして接近し、まず「政治的・思想的立場の明快さを欠く」中間的著作をなさしめ、徐々に我が陣営へと誘導する。

2-4.本工作にマスコミ部を設けて、諸工作を統轄する【続く】

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加