飄(つむじ風)

純粋な理知をブログに注ぐ。

ザ・コミット~確かなビジネス成功は環境にある!

2017-01-19 12:44:51 | ビジネス

これからビジネスを志す方、
ビジネスで成長を期する方、
組織を構築する方に取って、
必見です・・・!
年に一度在るか無いかのチャンスです!
戦略決定のために・・・。

取り敢えずTopへ、最新記事はSecond Pageから!

 

というのも、

今やすべてのビジネスは、

インターネット環境下にあります。

これは否定しようがない現実です。

これからますます

その傾向は強まることはあっても、

弱まることは決してないでしょう・・・。

 

 


<取りあえず画像をクリック!


10年前、

ブログを書き始めたことが切っ掛けで、

様々な情報を得ることが出来るようになりました。

ほとんどの情報が、

インターネットを通じて入手できます。

その真偽を判断するのは本人に委ねられていますが、

正しい順序と確認方法を駆使すれば、

ほぼ正邪の区別が誰にでも出来ます。

 

その中に、

ビジネス情報もあります。

この世界も実に驚くべき情報に溢れています。

そして、

「本当かな?」と思う事が、

沢山あり、

実際に試してみて判断をします。

勿論、

お金など必要はなく、

その試みをすることが可能です。


<取りあえず画像をクリック!


正確に理解して正しく実践すれば、

まさに目からウロコノ結果を得ることが出来ます。

これは本当です。

何故か?

情報こそすべての始まりだからです。

そして、

情報はインターネットの真髄で、

ビジネスはその後についてきます。

 

そんなことから、

沢山のことを学びました。

そして、

現在も情報を確認しながら学んでいます。

その中から、

自分にできる分野だけを選んで実践しています。

ブログを書くことと同じで、

日々の積み重ねです。

 

その結果、

ブログとは別に、

インターネットを活用して、

サイトを作って、

情報を収集したり、拡散したり、

商品を紹介してネットショップを運営したりしています。

ブログの読者の皆様には、

滅多にその事について書きませんので、

ご存じないでしょうが、

事実です。


<取りあえず画像をクリック!

情報は全ての始まりです。

ビジネスも情報がうまく機能してこそ始まります。

その意味で、

インターネット環境が、

誰にでも自由にビジネス開始できる条件だと、

心底思っています。

では、

どうすれば良いのでしょうか?

 

難しい理論はさて置いて、

実際にそれで成功した先行者の実例話を理解することです。

沢山の優れた方々が居ます。

その中でも

まさにパイオニア的存在の大御所の話は貴重です。

どういう方がすぐれた方かという判断は、

様々でしょうが、

日本のインターネットビジネスの原型を作り上げた方々が、

やはり、

間違いない先駆者でしょう。


<取りあえず画像をクリック!


その貴重な提言を耳にしたら、

きっと未来に大きな可能性を見出すことが出来るでしょう。

実は、

過去に於いてもそうでした。

これからもそうでありたいと思っています。

そして、

同じ事を広くお奨めしたいと思っています。


<取りあえず画像をクリック!


かといって、

私自身は

ビジネスに明け暮れることをしている訳ではありません。

ほとんどビジネス退役軍人みたいなものですから、

余力でやっているに過ぎません。

ほとんどは、

ブログの更新を使命的に行っている存在ですが、

これが安定的に出来るのも、

小さなビジネスを確立しているからです。

 

情報は情けに報いることですから、

知り得る情報は、

無料で拡散することを信条としています。

この情報も、

ビジネス情報とは言え、

同じ信条から拡散しています。


<取りあえず画像をクリック!

 

インターネットが発達し、

劇的に便利性が向上しました。

スマートフォンも、

様々なインターネット技術が駆使されています。

SNSやブログやサイトに居ながらにして繋がることが可能で、

ほとんど瞬時に情報に接することが出来ます。

同時に、

拡散することも出来ます。

 

従って、

ビジネス上の宣伝広告は、

革命的に変わりました。

同時に、

決済も瞬時に可能です。

物流はそれに連れて大きな変革を遂げ、

アマゾンなどの物販は、

物流を左右するまでに至りました。

 

この傾向はますます強く、

大きく伸展を続けるでしょう。

好むと好まざるに関わらず、

ビジネス環境は変貌を遂げているのです。

ビジネスは環境下で、

大きく変わります。

その事を知って頂けるだけでも、

大きな可能性が見えてきます。


<取りあえず画像をクリック!

 

ビジネスを志している方は必見です。

既に、

ビジネスに邁進している方にとっては、

飛躍するチャンスです。

大きく伸長している方にとっては、

戦略転換するチャンスになるかもしれません。

又、

ビジネスの一線を退かれた方にとっては、

第二のビジネスチャンスのひらめきが得られるかもしれません。

あるいは、

人生の再活性化に繋がるインスピレーションを

得て頂けるチャンスかもしれません。

 


<取りあえず画像をクリック!

 

新年の始まりに相応しい、

インターネット業界のパイオニア企業家の

心魂込めたセミナーが開催されます。

本物です。

 

心からオススメします。

 

無料です。

 

 http://infotop-acenter.com/lp/9606/284478/
  

 

 

 

 


<取りあえず画像をクリック!

 

 

 

【メッセージ開始】

 

【招待状】あの伝説の2人のコンサルを受けられるスペシャルチャンス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2017年。
あなたのビジネスの成功は「コレ」で約束されましたー

http://infotop-acenter.com/lp/9606/284478/


今日の情報はあまりにも貴重なため、
私を含め、限られたごく一部の人しか紹介することができない
極めてクローズドな特別なご案内です。。。


ですからご覧になったら、
すぐにご登録されることを強くおすすめします。


その内容とはー


過去に、
ゼロから数十億円超えの経営者を続出させた
あの伝説の「100億円クラブ」が
^^^^^^^^^^^^^^^^
史上最高のノウハウとサポート体制で復活します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


主宰者は、
ネットビジネス界では知らないものはいない
情報ビジネスのパイオニア・菅野一勢さんと、
マーケティングの鬼才・中村司さん。


あなたがもし、
このお二人の名前を知らなければモグリです。。


ネットビジネス業界の歴史の全てを作ってきたのが
この2人です。


ゼロから起業して最速で
年商1億、3億、5億、10億を達成し、
継承、売却、そしてセミリタイヤまで、全てを経験。


現在ではシンガポールに移住し、
合計34社、75億円規模の企業を持つ
2人がシンガポールから緊急帰国して、
直接、伝授してくれるまたとない機会です。


2人の会社がすごいのはある意味当たり前ですが、
2人の手にかかれば、


●ビジネス経験0の女性が1年で1億円

●倒産危機の通販会社が、
 3年で年商10億円という奇跡のV字回復

●金ナシ、家ナシから最速で年商1億、
 労働時間1/10、売上16倍の映像制作会社

●脱サラ1年で年商3億円の元商社マン・・・


など、指導を受けた誰もが
圧倒的なブレイクスルーを手にしているようです。


ですからこの機会を逃さず参加すれば、
2017年にあなたのビジネスが大爆発することは間違いないでしょう。


ただし、
プライベートクラブに参加するには、
二人が行う全国セミナーへの参加が条件になっているようです。


レジェンド的存在のお二人から、
生で話を聞けるだけでも貴重ですし、
参加すれば数々の成功者も実践していた伝説的な教材も、
プレゼントされるようです。


一部の人にしか公開されていないとはいえ、
すぐに席は埋まると思いますので、
このチャンスを逃さないように、
今すぐチェックしてください。

http://infotop-acenter.com/lp/9606/284478/


追伸:繰り返しにはなりますが、
   今回の情報はごく一部の限られた人しか
   紹介できないクローズドな情報ですので、
   この機会を逃さないでください。
   そして口外は厳禁です。


とにかく、ご自身のお席の確保を急いでください。

http://infotop-acenter.com/lp/9606/284478/

【メッセージ終了】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランプはプーチンに緊急メッセージ!

2017-01-19 12:42:14 | ドナルド・トランプ

今週、私は生き残ることが出来ないかもしれない・・・
しかし、
生き残れたなら、
あのろくでなしの奴らに仕返ししてやる!
そうすれば、
みなが勝利する!

 

至言である・・・。

またそうなるだろう・・・。

そうなってほしい!

そうなるはずである。

そうならなければ世界は闇の覆われる。

 

能天気な日本のメディアは、

反トランプデモの事ばかり報道している・・・。

少しはトランプ応援バイカ―デモを取り上げたらどうか?

客観的観て、

ニュース価値があるではないか?

20万人のバイカーデモは壮観だぞ。

というところである。

 

反トランプデモは、

沖縄反基地闘争に似ている・・・?!

沖縄の米軍基地はなくなるに越したことはないが、

複雑な国際情勢を無視しては成り立たない。

最大の問題は、

中共の存在である。

中共の野望の存在である。

それに対する日本の無防備の存在である。


中共の工作員の侵入、

リベラル左翼の暗躍が実在がある。

その事を見極めないメディアの姿勢は、

グローバリズムの暗躍と見て間違いがない。

 

韓国の朴大統領弾劾集会にも、

日本のリベラル左翼が参加している。

何故か?

既存の秩序を破壊するグローバリストの

参入が散見される。

常にあらゆる機会を見て侵入し、

不安定化を狙う存在が実在するのである。


<??何でソウルの朴槿恵スキャンダルデモに日本の労組が・・・?>

 

韓国はもはや国家崩壊に近い。

それは自業自得であるが、

又、

それに便乗する分子が暗躍することも事実であって、

それを見極めることが、

真のジャーナリズムには求められる。

 

今の情勢は、

東西陣営とか、

イデオロギーの対立は越えている。

真実と偽善の戦いが始まっている。

真実とは正義である。

真実が明らかになれば、

自ずと正義も明らかになる。

不実の慰安婦問題を後生大事に唱え続けている韓国は、

偽善を為して、

欲望を遂げようとしていることに他ならない。

 

偽善であるから、

慰安婦像が少女像に変化し、

その内、

ロリコン像に変わり果てる。

元日本軍がロリコン疑惑に変わり、

その内にマンガになってしまうのである。

 

トランプが無事であれば、

多くのこれまでの偽善が暴かれる・・・。

これは間違いなかろう。

それこそ、

良きにつけ悪しきにつけ、

マンガを超えたおぞましい世界が暴かれる・・・。

その内、

最大の偽善、最悪の背徳の偽善は、

悪魔崇拝である。

悪魔崇拝であり、

小児性愛であり、

生贄儀式である・・・。

これについては、

就任式以後のテーマとする・・・。

 

Trump Sends Emergency Message To Putin: “I May Not Live Through The Week”

 

【翻訳転載】※出典;http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001154.html

赤字は転載者責

(概要)

2017年1月17日、トランプ次期大統領はプーチン大統領に「私は今週生き残ることができないかもしれない。しかし生き残れたなら、あのろくでなしの奴らに仕返しをしてやる。そうすればみなが勝利する。」と書いた緊急メッセージを送りました。
ダボスで開催された世界経済フォーラムにて、トランプ直筆のメッセージがトランプ次期政権のOffice of Public Liaison and Intergovernmental Affairs (直訳:公共通信及び政府間問題局)の局長からロシア連邦保安局のトップ(RDIFのCEO)を介してプーチンに手渡されました。

1950年2月17日にドイツ系アメリカ人の銀行家でありCFRの創設者の息子、ジェームズ・ウォーバート氏は米上院外交評議会にて次のように証言しました。
我々が望む望まないに関わらず世界政府は必ずできる。ただ、世界政府が同意の下にできるのか、征服によってできるかの違いはある。

アメリカでは厳密な法的手段により独裁体制が築かれる可能性があります。アメリカには米憲法を破壊し政治体制を一党独裁体制に変えようと秘密裡に活動を継続している強力な政治活動集団が存在します。
彼らは冷酷な権力追及エリート集団であり、1世紀にわたるアメリカの病なのです。
「彼らは大統領、米議会、法廷に対して釈明の義務は負っておらず、誰も彼らを解体することができない。」と1954年に、ある米上院議員が述べました。
1961年にアイゼンハワー大統領がホワイトハウスを去る前に、政府評議会にて、「我々は不当な組織である軍産複合体から一方的な要求をおしつけられ彼らの影響を受けることがないよう、この国を守らなければならない。」と警告しました。
アメリカにはアメリカを破壊しようと企んでいるとんでもない権力機構が存在しており、彼らに我々の自由と民主的プロセスを奪わせてはならないのです。
我々の自由と安全を守るために、破壊的な方法ではなく平和的な方法で彼らに立ち向かう必要があります。
トランプは、メッセージの中で、彼が誰と戦っているのかをプーチンに伝えました。

まさに今、トランプが戦っている相手がCIAが主導するディープ・ステート(国家の中の国家)です。
つい最近、オバマは、CIAにトランプの個人的な電話通信を盗聴させ、メディアにその内容をリークさせることを可能にする大統領令に署名しました。
プーチンに宛てたトランプのメッセージには、「私にとって唯一安全な通信方法は手渡しで伝える直筆の緊急メッセージだけである。私の周りは敵ばかりだ。米国民が真実を知ることを切望する。私は米国民の支持に強く依存する以外に方法はない。」とも書かれていました。
また、「オバマは戦争に備えるためにノルウェーの国境沿いに大量の米海軍部隊を送り込んだ。私はそれを止めることができなかった。彼らは数千台もの戦車や武装車両をロシア北部国境沿いに配備中である。」とも書いてありました。
さらに、トランプは「オバマが元CIAエージェントのデスーザ氏(女性)をイタリアに引き渡すのを阻止することができなかった。彼女は単に上司の命令に従っただけなのだ。さらに、米政府が子供たちにワクチンを強制的に接種させ自閉症にさせていることや気候変動の嘘を暴露した元CIAエージェントのケビン・シップ氏はもうじき暗殺される恐れがある。」と伝えました。
オバマはこれらの元CIAエージェントを暗殺するつもりです。トランプ新政権は、ブッシュ、クリントン、オバマが行ってきた数々の犯罪についてCIAエージェントから証言を得ようとしていますが、オバマはそれを阻止するために証人となるCIAエージェントを次々に暗殺するでしょう。

大統領就任式を直前にして、トランプ VS CIA主導のディープ・ステートの戦いがクライマックスに達し、トランプにとっては最も危機的状況です。
CIAが主導するディープ・ステートによるトランプ暗殺計画は、イギリスの諜報機関MI6が1924年にラムジー・マクドナルド政権(ロシアと平和協定を結んだ)を倒した際に用いた手法を用いて行われます。
現在、MI6エージェントがアメリカに送り込まれており、彼らは、CIAの調査結果として、メディアを介してトランプに関する根も葉もない偽情報を垂れ流しています。

トランプの緊急メッセージには、「今後、益々激しい攻撃を受けることになるだろう。特に今週18日頃には、盗聴された私の発言の数々(息子は知恵遅れだなど)が報道されることになる。そして反トランプの極左団体はこれを理由に大統領就任式に反トランプの激しい暴動を起こす危険性がある。」とも記されていました。彼らは反トランプの暴動を起こすのに20万ドル以上の活動資金を提供されています。

ロシアでは、極左のオバマ政権のスパイがモスクワで暴動を起こしカオス状態にさせようとしていると報道されました。
多くの米国民が主要メディアのねつ造報道に洗脳されており、何が真実なのかを考えることもできなくなっています。

CIAは、ケネディ大統領を暗殺したように、ケネディと同様にキリスト教国と武力ではなく平和外交を行おうとしているトランプ次期大統領が邪魔であるため、彼を必ず暗殺しようとするでしょう。
しかしアメリカ、EU、ロシアの人々は彼らを破壊するつもりです。
彼らのバカげたねつ造報道を信じるような人たちはいません。【翻訳転載終了】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NOトランプ! 抗議の参加手当て額2500$/日

2017-01-19 10:38:02 | ドナルド・トランプ

日常行われている反トランプデモ参加手当てである!
想定内の事実である・・・。
クライシスアクターの日当が200$であるから、
それよりも安いか?
6回は最低デモに参加条件があるから、
しっかりしている・・・!

 

因みに、

似非右翼(街宣車搭乗、あるいは戦闘服で威嚇)アルバイトが日当2万円。

沖縄左翼基地反対闘争参加費用は幾らか?

少なくとも旅費は支給されているはずだ。

何処も、

やらせ政治プロパガンダは大流行りである。

 

今に始まったことではないが、

この事は、

その行事を企画しているところが、

確かに存在する。

今回の反トランプデモ企画者はグローバリストである。

グローバリストというのは、

NWO国際主義者で、

金融資本グループと観て良い。

 

同時に、

ISIS創立者、

バラ革命等民主化運動は同根である。

又、

ネオコンは元極左トロツキスト一派である。

国際金融資本が共産主義国家を作った。

同時にナチスを作った。

そして、

今、

アメリカに寄生し世界統一政府を目論んでいる。

いずれも左翼リベラルグローバリストである。

 

トランプはナショナリストであり、

言ってみれば保守、

右翼と呼ぶならそうである。

古き良きアメリカの国是に立つ党派と呼ぶべきだ。

アメリカの国家は、

グローバリストに簒奪されている。

言い換えれば寄生されている。

グローバリストは寄生虫(パラサイト)であるから、

駆除に立ち挙がったのがトランプである。

 

明後日(米国時間現在18日)、

そのトランプが大統領に就任する・・・。

それまでは、

寄生虫に依って、

トランプ包囲されている。

行政府も諜報機関もひょっとして警察軍隊も、

トランプを暗殺を企図している・・・。

 

その事をトランプはプーチンに手紙で伝えた・・・!

その件は、

別稿で・・・。
 

【転載開始】

NOトランプ! 抗議の参加手当て額をマスコミがすっぱ抜き

NOトランプ! 抗議の参加手当て額をマスコミがすっぱ抜き
© REUTERS/ Max Whittaker
米国
2017年01月18日 18:11(アップデート 2017年01月18日 19:12)
トランプ次期米大統領に反対する抗議行動への参加者には毎月2500ドル(およそ28万4千円)の手当てが支給されている。ワシントン・タイムズ紙がこの情報をすっぱ抜いた。
トランプ氏に反対する抗議キャンペーン「抗議要求(Demand Protest)」は参加者に対して月額2500ドルを提供。このほかイベントに参加する度に時給50ドルが追加支給される。

こうした支給を受けるには年間最低でも6回は抗議行動に足を運ばねばならない。

トランプ氏の大統領就任式は1月20日、ワシントンで行なわれる。

先に伝えられたところでは、1月20日ワシントンには、米国の次期大統領ドナルド・トランプ氏の宣誓式を失敗させるために、何千人もの人々が集まる見込みだ。【転載終了】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドゥテルテ、小児性愛者と金持ちについてバチカンを言及

2017-01-18 14:08:34 | NWO

ドゥテルテ大統領はよく分かっている・・・!
ペドフェリア(小児性愛)は悪魔崇拝に由来する・・・。
総本山はバチカンだ
又、
マネーロンダリング・麻薬の総本山も同じだ!

 

これ程、

単刀直入に言及されれば、

グーの根も出ないだろう。

フィリピンはカトリックの国である。

何故、麻薬犯罪が横行する?

カトリックだからであろう。


<ロシア海軍寄港を出迎えるドゥテルテ大統領>

 

同時にイスラム自治区も存在する・・・。

フィリピンは長らく西欧植民地を経験した。

戦後(大東亜戦争)程なくして独立したとは言え、

複雑な国情は日本では理解が乏しい。

インドネシア、マレーシアその他の東南アジア諸国と同じで、

イスラムテロとの関連も深い。

それだけにNWOの情勢も直接的に影響を受ける。

 

まさにフィリピンのトランプと比較される

ドゥテルテ大統領の見識は深い。

悪しき悪魔崇拝の影響もあるのであろう。

そうでなければ、

記事のような発言はあり得ない。

 



いずれにしても、

世界は悪魔崇拝のリードされるNWO掃討の布陣が出来た。

ドゥテルテ大統領はただ者ではない。

それにしても強面の大統領も、

その目は実に穏やかだ。

何時も思う。

 

The Philippines president Rodrigo Duterte is not backing down. Just one day after calling out U.S. ambassadors as “CIA spies,” Duterte has now criticized the top of the elite’s pyramid: The Vatican.

 

duterte1

After the Vatican staged a photo exhibition to commemorate victims of the drug war happening in the Philippines, according to RT.com President Duterte lashed out at the Vatican and did not hold back:

“You say Duterte killer. You priests, you blame me for the deaths of thousands of drug addicts, even those who died in hospitals, you still blame me. But you are the ones who killed Christ.” 

The president also said that the Vatican hasn’t helped in any way to end the drug war:

“[They don’t do] anything against illegal drugs. They never bothered to help. The Church is not giving anything even if they collect so much. My statement is full of sarcasm because they [priests] have been criticizing me. They are hypocrites.” 

 

Duterte also said that he believes in God and Allah, but does not believe in organized religion and that the Vatican’s religion is about gold hoarding, as well as putting the fear of hell into it’s followers:

“Do not believe it. That is what that religion is all about, they are instilling fear that you will go to hell if you are a sinner. But you will only know if there is indeed a hell if you die… Be careful about religion, it is about gold. It is about gold. They have not done anything. Where is their God and their grace? There is the hypocrisy of it all.

Duterte then went for the jugular:

“Catholicism is a sordid religion. It is about time to show you its history. Pope Leo was sired and even had sex with his child.”

While the pedophilia statement could be argued, what can’t be argued is that fact that the Vatican has paid out over $4 billion dollars to victims of sexual abuse by priests and clergy of the Vatican, according to the National Catholic Reporter. In other words, while it might be difficult to prove today that Pope Leo was a pedophile, it is well known that the Vatican itself has had a major and sinister problem with pedophilia and sexual abuse.

Earlier this year, President Duterte was set to visit the Vatican to apologize to Pope Francis for calling the pope “a son of a w***e,” but ultimately decided against the trip.”

The Philippines president has quickly gained a reputation for speaking his mind and telling people exactly what he thinks. Last week, he threatened to burn down the United Nations:

“You go and file a complaint in the United Nations, I will burn down the United Nations if you want. I will burn it down if I go to America.” 

He also called Zeid Ra’ad Al Hussein, a United Nations official, an “idiot” and “son of a b****.”

“This guy [Zeid] is either the joker or crazy. You UN officials, sitting there on your a**es, we pay you your salaries. You idiot, do not tell me what to do… Who gave you the right? Please shut up because your brain is lacking there. Go back to school. You United Nations, you do not know diplomacy. You do not know how to behave to be an employee of the United Nations. You do not talk to me like that, you son of a b**ch.”

duterte2

While Duterte has been speaking his mind for awhile now and publicly distancing himself from the U.S. and aligning with Russia and China, this latest call out of the Vatican for gold hoarding, incest and pedophilia takes it to the highest level. The times we live in are getting extremely interesting. This could even turn into a spectacle of “what will Rodrigo Duterte say and do next?”

【転載開始

 

【Google仮訳開始】※一部修正

フィリピンのドゥエテテ(ドゥテルテ)大統領、小児性愛者と金持ちのためにバチカンを呼び出す

    
2016年
12月30日

フィリピンのロドリゴ・デュテテル(ドゥテルテ)大統領は支持していない。 Duterteは、米国の大使を「CIAスパイ」と呼んでからちょうど1日後、エリートのピラミッド「バチカン」のトップを批判しました。

RT.comによると、バチカンがフィリピンで起きた麻薬戦争の犠牲者を記念して写真展を開催した後、ドゥテテ(ドゥテルテ)大統領はバチカンで激怒し、

"あなたはDuterte(ドゥテルテ)殺人者と言う。あなたは司祭であり、何千人もの麻薬中毒者が死亡したと非難しています。病院で死亡した人でさえ、あなたはまだ私を責めています。しかし、あなたはキリストを殺した者たちです。

大統領はまた、バチカン市国は薬物戦争を終結させるために何らかの形で支援してこなかったと述べた。

「違法薬物に対する何もしていない。彼らは手伝ってもらえませんでした。教会はあまりにも多くを集めても何も与えていません。彼らは[司祭]が私を批判しているので、私の声明は皮肉でいっぱいです。彼らは偽善者です。

Duterte(ドゥテルテ)はまた、彼は神とアッラーを信じると述べたが、組織化された宗教を信じておらず、バチカンの宗教は地獄の恐怖を追随者に置くだけでなく、

"信じてはいけない。それは宗教がすべてについてのことです、あなたが罪人ならあなたが地獄に行くという恐怖を植え付けています。しかし、あなたが死ぬと本当に地獄があるかどうかだけを知ることができます...宗教については注意してください、それは金についてです。それは金についてです。彼らは何もしていない。彼らの神と彼らの恵みはどこですか?すべての偽善があります。

Duterte(ドゥテルテ)は頸部のために行った:

"カトリックは卑劣な宗教です。それはあなたに歴史を示す時間です。教皇レオは息を呑んでいて、彼の子供とセックスしていました。

小児性愛声明が議論されるかもしれないが、ナチスカトリック記者によると、バチカンがバチカンの司祭と聖職者による性的虐待の被害者に40億ドル以上を支払ったという事実が主張されていない。言い換えれば、今日、ローマ法王が小児性愛者であることを証明するのは難しいかもしれないが、バチカン自体が小児性愛や性的虐待に重大な不吉な問題を抱えていることはよく知られている。

今年の初めに、ドゥテーテ(ドゥテルテ)大統領は、教皇を「****の息子であると呼んでいる」と謝罪するためにバチカンを訪問する予定だったが、最終的にはその旅行に反対した。

フィリピンの大統領はすぐに彼の心を話し、人々に彼の考えを正確に伝えたという評判を得ました。先週、彼は国連を燃やすと脅した。

"あなたは行くし、国連で苦情を申し立て、私が望むなら、私は国連を焼き払うでしょう。私がアメリカに行くと、私はそれを燃やすでしょう。

彼はまた、国連当局者であるザイド・ラダル・アル=フセイン、「ばか」と「息子の息子」を呼んだ。

"この男[Zeid]はジョーカーかクレイジーです。あなたは国連当局者で、そこに座って給料を支払っています。あなたはばかだ、何をすべきか教えてくれないで...誰があなたに右をくれたの?あなたの脳が欠けているので黙ってください。学校に戻ってください。あなたは国連、あなたは外交を知らない。あなたは国連の従業員であるために行動する方法を知らない。あなたは私のように私に話していない、あなたはb ** chの息子です。 "

Duterte(ドゥテルテ)は今やしばらく心を開いており、米国からロシアや中国との距離を置いているが、金の寄付、近親相姦、小児性愛のためのバチカンからの最新の呼びかけは、最高レベルに達している。私たちが住んでいる時代は非常に面白くなってきています。これは、「ドゥドロテ(ドゥテルテ)・ロドリゴが次に何を言い、何をするのだろう」という光景に変わってしまうだろう。【仮訳終了】

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

20万人のバイカーがワシントンに集結、トランプを守る!

2017-01-17 22:56:36 | ドナルド・トランプ

バイカ―=オートバイ乗りのことである・・・!
トランプを支援してたことは夙に知られていた・・・。
それがワシントンに集結する
警察と共に肉壁でトランプを守る!
情報ではテロ集団もワシントンに集結するらしい・・・!

 

1月20日大統領就任式は

異例の攻防が繰り広げられるか?

 

しかし、

考えてみればおかしな話である。

トランプ氏は大統領選挙に勝利した。

異論があったが、

確定したのである。

それに反トランプ派が抗議行動に打って出る?

異例の偽旗抗議活動が繰り広げられる情報がある。

 

それだけなら未だ許せるが、

何と中東のテロ分子が大挙してワシントンに集まるとなれば、

何が始まっているのか?

それを指令しているのは誰かである。

反トランプ派であろう。

グローバリストである事は分かっている。

 

グローバリストはテロリストか?

テロリストを支援しているのは

グローバリストである事は知られている。

いみじくもその事を自白するのか?

正体極まれりというべきだ。

 

少々威圧的な連中だが、

テロリストよりマシである。

テロリストはソロスなどが資金提供し、

洗脳した左翼であるから、

その正体はつかみどころがない。

一応、

道義を弁えた右翼の方がよっぽど御しやすい。

 

'Bikers for Trump' to Form 'Wall of Meat' If Inauguration Protests Get Out of Hand

 

【転載開始】
Sunday, January 15, 2017 12:47

(Before It's News)

bikers for trump inauguration wall of meat

January 15, 2017 | Samantha Chang |

 

Bikers for Trump has a message for protesters planning to disrupt the Trump inauguration: Bring it on.

Chris Cox, founder of Bikers for Trump, said the group plans to form a “wall of meat” to protect citizens at the presidential inauguration.

Cox and 200,000 other motorcyclists will be in Washington, D.C., to provide backup to the police to ensure that protesters and rioters don’t ruin the inauguration. The first line of defense is a “wall of meat,” he said.

“We will stand shoulder-to-shoulder with our brothers, and toe-to-toe with anyone that’s going to be breaking down police barriers, assaulting women, spitting on them or throwing things,” Cox told Fox News.

Cox has full confidence in the police to ensure order at the inauguration, but stands ready to back them up. “We are here to support them,” he said.

Cox underscored that Bikers for Trump is not a vigilante organization, but they are a political force to be reckoned with — and woe to anyone who plans to cross them or Trump.

Several groups, including one called  “DisruptJ20,” are planning mass protests during Trump’s inauguration.  Leftist crybaby Michael Moore also vowed to disrupt the ceremonies.

Bikers for Trump, which started off with 100 members, now has more than 200,000 members nationwide.

Hopefully the protests will remain peaceful, but if they get out of hand, Bikers for Trump is ready to step in.

“We formed for the sole purpose of electing Donald Trump president,” said Cox, whose group now stands lockstep behind our 45th president.

Many on Twitter supported Bikers for Trump, saying crybaby snowflakes better watch out.【転載終了】

 

【翻訳転載開始】http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52001049.htmlより転載!
1月15日付け

トランプ次期大統領を支持してるライダー(バイク愛好家)集団が肉壁になって大統領就任式を守ると宣言しました。

bikers for trump inauguration wall of meat

トランプ次期大統領を支持しているライダーたちは、トランプ大統領就任式を妨害しようとしている反トランプ抗議団体にメッセージを送りました。それは「かかってこい!」です。

トランプ次期大統領を支持するライダー集団を結成したクリス・コックス氏は、ライダー集団が肉壁となって大統領就任式と市民らを危険から守ると宣言しました。
コックス氏率いる20万人のライダー集団がワシントンDCに集結します。彼らは大統領就任式が無事に執り行われるよう警察の援護を行うことにしたのです。

コックス氏は「我々は仲間と共に、反トランプ派が警察の防壁を壊し人々に暴力をふるうことができないよう肉壁となって闘うつもりだ。」とFOXニュースで宣言しました。


コックス氏は、「大統領就任式の秩序は警察が維持すると考えていますが、ライダーたちはいつでも警察を援護できる態勢でいる。」と述べました。
ライダー集団(Bikers for Trump)は自警団員ではありませんが、彼らは政治上の一勢力であり、彼らやトランプ次期大統領を怒らせようとする者たちを哀れに思っています。

当日、DisruptJ20を含む複数の反トランプ集団が大規模抗議デモを計画しています。極左の泣き虫マイケル・ムーア氏は大統領就任式を必ず妨害すると宣言しました。

100人のメンバーからスタートしたトランプ支持のライダー集団(Bikers for Trump)は今では全米から20万人以上のライダーがメンバーに加わっています。

彼らは大統領就任式が無事に執り行われることを願っていますが、手に負えない事態になれば、彼らが介入することになります。彼らはトランプ大統領を背後からしっかりと守ります。【転載終了】
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加