ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

心に残るプランナーさん

2019-10-16 16:10:10 | Weblog

大隅です

私事ですが、一昨日の14日(祝)に長女が結婚しました

娘は私達夫婦の宝物です

その大切な宝物である娘を私達が気に入っていた彼にもらってもらえたので、

これほどうれしいことはありません

以前に結婚式は子から親へのプレゼントだと聞きました。

なので、新郎新婦である娘夫婦から最高の贈り物です

私達の夢を叶えてくれたふたりに感謝です

もうひとつ特筆すべきは、結婚式場のプランナーさんでした。

ブライダルフェアから始まり、娘の希望や意向をそのまま形に仕上げてくれたようです

式の最初から最後まで最高の演出をして感動させてくれました

一生の想い出になる結婚式をこの式場で挙げて本当に良かった

もちろん他のスタッフ全員のおもてなしや気遣いも、とても素晴らしいものでした。

私達の結婚式は、この式場のこのプランナーさんにお願いしたいに繋がるのでしょうね

 

4月に食道がんの手術をした父も、病を克服して元気になって出席することができて、

私や家族にとっても忘れられない一日になりました

娘の幸せそうな笑顔が私達への最高のプレゼントになりました

 

コメント

そこまでやる社員

2019-10-16 15:59:49 | Weblog

大隅です

先週末の3連休の前日の金曜日、一人の社員が深夜まで仕事をしてくれた。

3連休最後の14日祝日にも、こっそり出社して仕事

聞けば、お客様が新車を買わず、何か月も待って自分から買ってくれたので、

あれもこれもとやっていくと、そうなってしまいましたとのこと

納得いくまでとことん綺麗に仕上げてから、お客様に届けたかったようだ

「あなたから買いたい」と言ってくれたお客様のことを思うと、

自分自身にも妥協をしたくなかったんだろうと思う。

我社の誇りである

コメント

準備力

2019-10-16 15:47:44 | Weblog

大隅です

先日家の掃除をしようと掃除機を出してきて、コンセントに差し込み、スイッチを入れると動かない

ふんともすんとも動かない

買った電気屋さんに持っていくと、保証があるのでメーカーに修理に出せますとのこと

しかし掃除機が直るまで家の掃除ができない。仕方ないか

「修理できるまで、貸し出し用の掃除機がありますが、お使いになられますか

さすがの準備力

こういうことを想定して、お客様の身になっての対応力

見習うべきだ

コメント

地力

2019-10-16 15:21:03 | Weblog

大隅です

プロ野球クライマックスシリーズ、セ・パ共に終わりました

パ・リーグは2位ソフトバンクが王者西武を倒し、セ・リーグは王者巨人が3位阪神を寄せ付けませんでした

西武はCSで1勝もできず、去年と同じくリーグ優勝しながら、日本シリーズ進出ならず。

短期決戦でのもろさが出ました

阪神は1勝するのが精いっぱいといった感じでした。

CS ファイナルステージでの4チームの打率と本塁打です。

ソフトバンク 打率 ,357  本塁打8本  西武 打率 ,224  本塁打3本

巨人 打率 ,268  本塁打7本   阪神 打率,184  本塁打2本

数字が強弱を物語っています

ちなみに阪神の4番マルテ 打率 ,071  本塁打0

チャンスでことごとく凡退 話になりません

阪神の来季の課題はチャンスに強い強打の4番打者

マルテを外し、強打の助っ人外国人の補強がカギですね

 

コメント

スピード感

2019-10-09 15:26:49 | Weblog

大隅です

すっかり秋の気配に包まれ、今日は風が冷たく感じるぐらいです。

昨日、各部門の会議をしましたが、現状の自社の課題はスピード感の鈍り

日々の仕事は相変わらず早いとは思うが、新たな事へのチャレンジや報連相が希薄であったり遅かったり

連鎖して、以前なら出来ていたこと、やらなければいけないことまで、できなかったり、遅れ出したりしている

当たり前のことが当たり前にできていないことがままある状態

一言で言えば、当事者意識の低さが原因だろう

要因としては、日々決まったリズムや流れに対し、新たなことをやるとなると今までのルーティーンが崩れるので、

知らず知らずの内に拒んでしまっているのであろう

今のままでは今のまんま 何も変わらず現状維持=退化衰退

 

会議後、私はプロ野球のヤクルトスワローズがダントツの最下位だった原因も調べた

今季の成績は59勝82敗で借金23 首位巨人とは18ゲーム差で勝率は、,418だった

攻撃陣は、青木宣親・山田哲人・バレンティン・雄平に今年高卒ルーキー19才の村上宗隆と5人の超強力打撃陣。

特に山田・バレンティン・村上の3選手の本塁打数と打点は、35本/98打点・33本/93打点・36本/96打点

投手力の弱さは否めないが驚異の破壊力だ なのに最下位

ちなみに阪神タイガースは、大山悠輔選手の本塁打14本/76打点がチームトップと、超さみしい成績

しかし、阪神はCS進出して、第1ステージで横浜を撃破し、今日から第2ステージでセ・リーグ覇者巨人と対決

ヤクルトと阪神の違いは何か

ヤクルトは個人プレーで阪神はチームプレー。

各選手の力はヤクルトに劣れども、勝つという執念と結束力の強さ、そして矢野監督の采配と統率力に牽引力

私の会社もヤクルトではなく阪神のような勝利への意識の強いチームを目指し、今期も満足の行く成績を残し、

最後は愛する素晴らしい社員達と感動を分かち合いたい

それには私の想いが、社員達の心にいかに響くか行動を起こすか変えるかがキー

我々はプロ集団であり、自分達で新しい会社と未来を創り上げるしかない

コメント

あきらめない必死さ

2019-10-06 09:37:24 | Weblog

大隅です

超長文になります 良ければお付き合い下さい

昨日、CS(クライマックスシリーズ)が始まりました

仕事が終わって、自宅で試合のダイジェストを見ました。

すっ、凄い

7-1の劣勢から7・8回終盤で阪神が逆転勝利

阪神は先発エース西勇輝が、初回から3番筒香に先制3ランを打たれ、1アウトも取れずノックアウト

その後も中継ぎ陣が撃ち込まれ7点を献上

しかしこの日、北條選手が5打点のまさかの大活躍

まずは7回、木浪聖也のタイムリーで1点返し

続くは、なかなかの剛腕速球派投手エスコバーから、北條史也の追い上げとなる3ランホームラン

そして8回、またまた北條選手が逆転の2点タイムリースリーベース

ベンチのムードも最高潮で、お祭り騒ぎ この全員での一体感がまた実にいい

後は岩崎と球児の鉄壁の必勝投手リレーで本当にまさかの勝利 凄い

そして、まさかの大逆転負けの横浜ベイスターズ

「3番筒香で先制し、中盤中押しで加点したら、終盤はエスコバーで繋ぐ継投は間違いではない

ラミネス監督のコメント 自分の采配に迷いも悔いもないのであろう

一方、6点差をひっくり返して勝った阪神矢野監督のコメントは、

「凄い凄い本当にうちの選手は凄い」と連呼していた。

選手の力と気持ちを心から信じているんだろうな

あっぱれの張本さんも言っていた。

「今の阪神は、選手が必死にやっている。打った後も選手全員が1塁まで全力疾走をしている。気迫が凄い

 

試合後の北條選手のヒーローインタビュー

「完全アウエーの中でも、選手全員が負けていても絶対に諦めない気持ちを持って、全力でやっている

 だから負けない、だから強い

 私の会社も後半戦の残り半期が10月から始まっています。

会社は今年1月創業55周年、今期法人設立30期目を迎えました。

節目の年でもあり、変わらなければいけないと強く思っています。

 

「一生懸命やっていても結果が出ないのは本気になっていないからだ

これは以前、同友会のある方から聞いた言葉です。

最近成果や結果が出ないのは、一生懸命やってはいるが必死さが足りないのでは

仕事のやり方も考え方も変えなければいけない時期に来ています。

そして仕事の質をより高め、もっと磨きを掛けなければなりません。

 

シーズン終盤からの阪神タイガースの闘いは、とても刺激を受けます。

レギュラーシーズン終盤からこれで破竹の7連勝 今の阪神は本当に強い

選手一丸、一致団結、目標に全員でまっしぐら、劣勢でも跳ね返す気迫と驚異の粘り、、、

私の会社の社風や風土も今の阪神というチームにも決して負けない。

そして社員達も、阪神の選手にも劣らない素晴らしく凄い奴らばかりです。

矢野監督のように苦しい状況をいかに楽しむか

指揮官はどんな時でも楽しまないと そして社員達と喜びを分かち合わないと

私は阪神タイガースのファンであり、大隅自動車の大ファンです

 

コメント

幸せになるためにやっている

2019-10-06 08:57:13 | Weblog

大隅です

先週の金曜日、今月23日開催の大阪同友会中央ブロック合同例会の報告リハーサルに行きました。

報告者は兵庫同友会代表理事で、神戸を中心に駐車場管理をされている会社の社長です。

年齢は61才で、兵庫同友会の代表理事を8年間務めている方です。

建設業→駐車場管理会社に事業展開をされ、前期は過去最高売上・最高利益を出されたそうです。

リハの資料には、創業から前期までの売上推移表も添付されておりました。

目に入ったのは、平成14年と15年の売上が激減してどん底の状況でした。

私はこの厳しい状況の時の心の持ち方はどのようにコントロールして耐えたのか?を知りたくて質問しました。

その方のコメントです。

        私は幸せになるために仕事をやっている。不幸になるためではない。

  その時も絶対に幸せになるんだという強い気持ちを持っていたので、全く悲壮感はなかった

思いがけない答えが返ってきた 私と違い、この社長はとてもマインドの強い経営者だ。

コメント

執念

2019-10-01 13:57:29 | Weblog

大隅です

阪神タイガースが昨日CS進出を決めました

3位カープと最大6.5ゲーム差があったのを6連勝をしてひっくり返しました。

今期で引退の高橋(元中日)選手も7回に起用する矢野監督の気遣い。

8回には今期で阪神を去る鳥谷選手を代打起用し、そのままショートの守備に。

粋な計らいもしながら完封リレー

CSに出るんだ!という強い精神力と粘りで、まさかの6連勝 

ここ数試合は圧巻でした

試合後ファンに挨拶で「シーズン3位ではありましたが、CSの切符をつかんだので、

最後の最後までファンの皆さんとしっかり戦いたい」とのコメント。

同じ戦力なのに6連勝できるのは、技術や力ではなく選手の気持ち以外何物でもない。
 
ひょっとしたら、横浜と巨人を倒し、セ・リーグ代表になって日本シリーズ進出するかも知れない。
 
そして鳥谷お疲れ様 サヨナラ
 
 
 
コメント