ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

下町ロケット

2018-11-27 14:13:35 | Weblog

大隅です。

昨夜、社員旅行から帰って来て早速、録画しておいた日曜日放送の下町ロケットを見た。

中小企業が抱える諸問題(私の会社も含めて)をリアルに描き出してるドラマは、

私にとってもすごく参考になり、楽しみにしている番組である。

取引会社の裏切り、社内の人間模様に葛藤、様々な状況の急変が次から次へ

ただ、佃社長の人間性や人柄には学ぶところ大である。

信頼している取引先から理不尽な要望があっても、自社の目先の利益に固執することなく、

社会全体の利益、もっと言えば、先々の将来のことを見据えて行動決断する勇気や姿勢には敬服する。

こういうことができる経営者になりたいし、人間になりたいと心から思わせてくれる。

実質的に何をすべきか?どういう方向に会社を進めて行かないといけないのか?

 

また、番組の中で、佃社長と娘との会話のやり取りで、「もうパパの愚痴には付き合えない!」

と言うやり取りがあった。

私も身近で同じことをしている人間のひとりだ。

愚痴というのは、自分ひとりでは問題を対処解決できないので、一番信頼している人に協力や相談、

若しくは不満をぶちまけることだと思う。

愚痴を聞く側は、不快に思うか、若しくは何とかその人の悩みを解決してあげたいと思うのか。

しかし、根本的に解決するには、自分自身の器を大きくするしかないのかなと、

昨日の番組を見ていて気付かせてくれる。

この番組は、ドラマ上の人物だとはいえ、私も佃航平のような考え方ができる社長にならなければと、

色々と考えさせられる素晴らしい番組であり、感動させられるドラマである。

佃航平は、冷静に状況判断ができる強い社長である。

 

コメント

社員旅行

2018-11-27 10:46:16 | Weblog

大隅です。

先週の土曜日~昨日までの3日間、台湾へ社員旅行に出かけました。

海外へは4年振りとなります。

台湾九份・十分見学に円山大飯店での夕食、台北101での展望を楽しみ、

ディン・タイ・フォンでの飲茶の昼食と、盛りだくさんに楽しみました。

お世話になっている台湾人の方が、すべて企画し、3日間案内までしてくれたことに感謝し、

普段頑張ってくれている社員のお陰で旅行にいけたことに対しても感謝です。

来年からも続けて社員旅行に行き、社員に楽しんでもらえたら私も幸せです。

旅行初日の九份での夕食

十分での天燈上げ

台北101

台北101展望台 地上382mからの眺望

十分での集合写真 みんなの笑顔が最高

 

違う写真でいけました この笑顔が我社の宝です

コメント

会社の印象

2018-11-22 14:21:19 | Weblog

「こちらフロントです。大隅様、如何しましたでしょうか?」

今週月曜日に宿泊したホテル日航金沢で、部屋からフロントに電話した時の女性フロントの方の対応です。

「外出しようと思ってるんですが、傘は貸してもらえるのですか?」

「もちろんでございます。ご準備しておきますので、フロントにてお声掛け下さい

 

流石ホテルのフロントの対応。

フロントに内線すると、私の名前を言って返事が返って来るし、もちろんですという言葉も憎い。

私の会社でも、以前はこういったホテル並みの対応をしようという訳で、

お客様から電話が掛かって来た時には、

「お電話ありがとうございます。大隅自動車の〇〇です!」と決めたのですが、

最近の当社フロントや電話に出る社員の対応は、

「大隅自動車です!」と、ただ単に社名を述べるのみ

せめて「ありがとうございます、大隅自動車の〇〇です!」と言いましょうと何回か促してはみたものの続かず、

また「大隅自動車です!」と告げるだけ

 

今回このホテルのフロントの対応でとても気分がよく、やはり私の会社でもお電話頂いた方に、

大隅自動車の電話対応は、他社とは少し違うと唸ってもらえるようにしなければならないと感じました。

時々社員も一流のホテルに宿泊して、私自身こういった生の体験をさせる必要があると思います。

他人(社長)から言われてもなかなか改善できないもので、自分で体感するしか方法はないのかなとも思います。

お客様へのちょっとした心配りというか、「言葉配り」がとても大切であると、気づいてもらいたいものである。

コメント