社長ブログ

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

10回目の命日

2022-06-17 17:41:37 | Weblog

大隅です

今日6月17日は母の命日。

そして今日は10回目の命日です。

すい臓がんを患ってから、たった10か月で、70才の時にこの世を去った母。

母の大好きだったカサブランカのお花を用意して、朝から実家に行きました。

20歳で結婚した母。

亡くなる1か月前の5月5日こどもの日が、50回目の結婚記念日となる金婚式でした。

「そこまでは、お母ちゃん、何が何でも生きる」と言い続け、本当に金婚式を迎えたこと。

その日入院先の病室で、家族揃って皆で細やかながらお祝いしたことが、今でも忘れられません。

 

死への恐怖は間違いなく相当あったはずなのに、一切弱音を吐かず、弱い所を全く見せなかった。

生きることへの執念。生命力の強さ。母は強かったし、本当に凄かった。私には到底真似できない。

私にできることは、今でも元気な父を母の分まで大切にし、とことん親孝行することです。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

社長就任14年目

2022-06-10 16:28:49 | Weblog

大隅です

父から社長を引き継いで、6月10日の今日で丸14年目になります。

朝会社に着くまですっかり忘れていたが、

社員からお祝いの言葉を掛けてもらい、そうだと思いだした。

2008年のリーマンショックの年に社長に就任し、まあ色々あったが、

社員と家族に守られ支えられ、今日まで続けてこれたことに感謝である。

話は変わるが、先日の井上尚弥の世界戦、圧勝だった。

試合を観ていて、こんな強い人間がいるんだと驚くばかりである。

私がこんな強い人であれば、もっと凄い会社になっていたのかなと、ふと思うが、

私は私、彼は彼である。

だから私なりの思いと経験を積み重ね、今の会社に築き上げてこれたのだと思う。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

働き方改革と利益の両立 佰食屋

2022-05-20 13:23:55 | Weblog

大隅です

京都で国産牛ステーキ丼専門店「佰食屋」を経営する株式会社minitts代表取締役の中村朱美さん

16もの賞を受賞できた理由と、100食限定販売に至るルーツを知りたくて、先日講演会に参加しました。

テーマは「時代と共に変化する中小企業経営 ~働き方改革と利益の両立~ 」

営業時間は午前11時~午後2時半までの3時間半、1日100食限定、完売と同時に閉店。

ガイアの夜明けなど、数々のメディアにも取り上げられているようだ

はHP  とてもシンプル

店内は10坪程、お客様が10人も入れば満員のようだ 店舗にリスクを持たさないとのこと

メニューもシンプルで、A・B・Cの3種類のみ

すべてにシンプルなビジネスモデルを追及しているようだ。

メリットは下記の3つ。

1.フードロスゼロ⇒毎日の材料仕入量が一定。なので在庫管理の手間要らずで毎月の仕入れ先からの請求書も定額。

2.利益が最大⇒1日100食をスタッフ5人で回すので、無駄なく利益は最大。100食に対しての適正スタッフ数は5人。

3.早く帰れる⇒午後2時半閉店の後、早く帰って好きなことができる。ワークライフバランスを追求

 

全体の売上高に占める比率は、材料の原価率は全体の50%、人件費は30%、後は家賃と雑費のみ。

このような形態に至ったのは、そのお店で働く人が、こんな環境で毎日働けたらいいなあとの思いを追及して、

できあがったとのこと。

ただ飲食業には特に逆風だったコロナの影響により、4店舗の内、2店舗を閉鎖しなければいけない状況になり、

経営者として相当厳しい経験もしただろうと思う

しかし講演会の最後の中村さんの言葉は、非常に力強いものだった。

「私たちは仕事をするために生れて来たのではない。人生を豊かにするために生れて来た。

そして、当たり前のことを誰よりも早く沢山やる。それだけ

働き方改革と利益の両立ができて初めて、豊かな人生を歩める訳である

 

私の会社でも働き方改革により、遅くまで仕事をするのではなく、時間内で仕事を終え、利益も両立させる。

社員には、そんなより豊かな人生を存分に味わってもらいたい

講演会数は年間120回と聞いた 早口で喋りながらも聞き取りやすく、内容濃く心に響いた。流石だ

起業後10年でこんな歩みをされて来た37才の中村朱美さんの話は、経営者の私に取って有意義な90分間でした。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4度目の正直 

2022-05-18 18:17:01 | Weblog

大隅です

先週の女子ゴルフトーナメント、ほけんの窓口レディースを見て、しびれました。

渡邉彩香がプレーオフ2ホール目の超ロングパットを沈め、自身通算5度目の優勝

今季最終日最終組で優勝争いすること4度  そう、4度目の正直で勝ち取った勝利でした

振り返れば、今季開幕戦は第35回ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント2022

会場は琉球ゴルフ倶楽部。私も先月、トーナメントと同じ西⇒東コースをラウンドしました

4日間開催の最終日最終組で終盤まで渡邉は首位だったのに、最後に逆転した西郷が初優勝

終盤の最後の最後で崩れてしまい、黄アルムや西村優菜にも追い抜かれ、まさかの4位タイ

見ていて可哀そうでした

優勝賞金は2,160万円、2位は約半分、4位タイとなると約1/4の555万円

その後も同じような試合展開が2度あり、最後まで勝ち切ることの難しさを痛感しました。

 

先週の渡邉は「過去3度は弱い自分でした」とのコメントを残し、この試合に臨むも、

18番でバーディパットを決めた高橋彩華に追いつかれ、決着はプレーオフに

プレーオフ2ホール目も、高橋彩華は第1打ナイスショットでフェアーウエーキープ、渡邉は左に曲げて深いラフ。

流れはどう見ても高橋 セカンドはグリーンオンするもピンには高橋よりもはるか遠く、

渡邉に取っては厳しい展開。絶体絶命

「今回もまたダメか~」と思った瞬間、渡邉の執念のロングパットが決まりバーディ相手を振り切って優勝

渡邉彩香のこの試合での勝利、何が何でも今度こそは何としても勝つとの意地とプライドと執念を感じました。

私の会社も、ホテルの会議室を貸し切っての経営計画発表会をすること今期で4度目。

過去3回は残念ながら、計画を達成することはできませんでした

今期こそは、渡邉彩香の執念の如く、意地とプライドで結果を出すのみです

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

経営計画発表会

2022-05-17 13:20:18 | Weblog

大隅です

先週末土曜日にアートホテル大阪ベイタワーにて、恒例の経営計画発表会を行いました。

ホテルで開催するのも今年で4回目、社員達主導でやってもらうのも3回目となりました。

私は開会の挨拶と前期の決算説明のみで、主役は社員。

社員達は、何日も前から過去のデータを収集し、計画書を作成

今期は社員主導での3年目。ホップ・ステップで経験値を積み、今期はジャンプの年

発表の内容もより細かく分析し、課題もきっちり把握してくれているので、今期はとても楽しみ。

必ずや目標達成してくれるだろうと手応えを感じ取れました

 

最後の車輛部製造課課長の〆の挨拶も、彼らの熱量が凄く、私や会社、そして仲間への熱い思いを込めた話

聞いていて、またまた思わず感極まって涙が出てしまいそうに

そんな家族のような素敵な社員と、一致団結して歩んで行けることに感謝。

いつものように会議後に記念撮影して、レストランで懇親会、結束を誓い合いました

毎日が楽しく幸せな人生です

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする