ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

残念

2020-11-13 17:59:11 | Weblog

大隅です

先日、妻と大阪道頓堀に食事に行った時のこと。

Go To Eatと大阪市独自のポイントキャンペーンでお得に食事ができるからとのことで、

私のリクエスト「焼肉」で妻がネットで検索し、大阪日本橋にある焼肉割烹のお店に行った。

とても高級感のある店内に、見た目にも楽しませてくれる料理に、心地よい接客 

カウンター席に案内された私達は、いい雰囲気の中で妻との焼肉デートで素敵な時間を過ごすことに

前菜から始まり、程好い間隔で料理が出され、そして名物の「花の階段盛り」が登場

す、すっ、凄い

そして、本日のお品書きの右隅に書いている文字に目が行く

インスタに写真を投稿し、ラインでの簡単なアンケートに答えると、ワンドリンクサービスと、

炙り寿司一貫がプレゼントされるらしい

迷わず、インスタに投稿しアンケートに答えることに

ドリンクはどれでもOKと言われ、山崎の水割りをオーダーし、出て来た炙り寿司をほうばる。実にうまい

焼肉と言うとおいしいお肉をがっつり食べるタイプだが、今回のように上品に食べるのもいいもんだ

素晴らしい料理に舌鼓を打ち、満腹状態に満足感いっぱいで、お勘定をお願いした。

支払い後、妻がレシートを見て、あれっと一言

「山崎の水割りがついてる」と妻

「ああっ、申し訳ありません」と女性スタッフ

気がつかなかったら、サービスのはずのドリンクを支払うことになっていた

せっかくのいい気分が覚めてしまい、がっかり

HPには5つ星ホテルの和食職人、肉業界10年職人、焼肉を知り尽くしたプロ3人が手を組み、

超越した「焼肉割烹」という新ジャンルを創出した店と紹介してある一流のお店のはずなのに

一流のお店なら、最後の最後まで一流で締めくくってもらいたいものだ

でもまあ味は最高においしかったことは評価したい。

なんば駅までの帰り道、宗右衛門町界隈の人がまばらな状況を見て驚く。コロナ第三波の影響か

シャッターが閉まっている店も目立ち、これがミナミかと目を疑うばかりだ

学生の頃よく行った居酒屋「贔屓屋」もテナント募集中の張り紙が貼られ閉店している

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仕切り直し

2020-11-13 16:28:26 | Weblog

大隅です

5月8日に辛くて苦しい以上に、嬉しいこと幸せなこととのタイトルでブログにも書き綴りましたが、

5月9日オープン予定だった応援していたパン屋さんが、6か月遅れで今日グランドオープン

このお店はオープン4日前に隣接する飲食店からの出火で全焼

悲しみに打ちひしがれた状態になっても諦めず、沢山の人の協力と支えもあり、願いが叶った

早速、お父さんと娘さん3姉妹が経営するパン屋さんに先程パンを買いに妻と出かけたが、

凄い行列

やむなく断念し、ちょっと落ち着いてから後日伺いすることに

しかし、このお店を応援する人達がこんなにもいるんだと思い、繁盛すること間違いなしとほっとした

私の生まれ育った阿倍野区の人達だけではなく、地域を超えて愛されるお店になるに違いない。

経営するお父さんとその娘さん3姉妹の笑顔とおいしいパンをお客様にプレゼントし、

喜びの笑顔と幸せの輪を広げて欲しいなと思います

私も応援したい気持ちを込めて、ほんのささやかですが、お花をお贈りしました。

辛くて苦しい思いをした分、それ以上に幸せになって欲しいという想いを込めて

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スピーチ

2020-11-09 15:15:36 | Weblog

大隅です

今朝の全体朝礼で、スピーチの番が私に回って来ました。

スピーチのテーマは「仕事をしていく上での自分ルール」

以下は私がスピーチした内容です。良ければ読んで下さい

 

私は他人から「完璧主義者ですね」とよく言われます。言い換えれば、妥協をしないタイプ

そして時間を有効に使いたいタイプなので、事前に計画をしっかり立てて行動をします。

プライベートでの休日の過ごし方もそうですし、もちろん仕事も同じくです。

 

物を売ったり買ったりすることを実務と言います。

私は現在実務はほぼやっていません。社員にほとんど任せています。

しかし、オークションのリスト等は毎週全てチェックしていますし、部品の受注帳を見て、

あれっ と思ったことは、とことん聞いたり調べたりして、ほったらかしにしません。

完璧に把握しておかないと気が済まない性格だからです。

そういう意味では、ルールと言うより、性格と言った方が正確かも知れません

あと、若い時は他人より長い時間働き、絶対に休まないというのが自分自身のポリシーでした。

50才を過ぎてからも必死に会社を守るため、がむしゃらに仕事に打ち込み、やるだけのことはやって来ました

 

経営者としての目的がはっきりしてからは、社員を育てることを1番の目的とし、力を注いだ結果、

社員の皆さんが更に成長し、凄い力をつけてくれました

そのお陰と言っていいのか、私の仕事は段々と減って来ました。

皆さんの頑張ってくれている姿と成長して行く様子を見守るだけになってきてから、

好きなことをして、楽しく日々を過ごさせてもらっています

最近は働き方改革や有給休暇を消化するよう会社が社員に義務付けるという時代の流れに沿って、

皆さんにも仕事もプライベートも含め、有意義な人生を送ってもらえるようにと考えています。

 

まとめると、仕事をしていく上での私のルールとは、計画を立てて行動し、結果を出し

豊かな生活環境を作ること。

そして何よりも大隅自動車という会社を通じて幸せになってもらう

これが私の仕事をしていく上で、学び作り上げた自分ルールになります

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪都構想

2020-11-02 12:34:43 | Weblog

大隅です

昨日は早起きして、投票→ウオーキング→自宅の掃除→朝風呂→神戸までR43をドライブ→

JR神戸線の高架下のカツ丼専門店でソースカツ丼を食し→北野坂にあるジャズハウスで

昼下がりのジャズライブを楽しみました

それはさておき、昨日は大阪市を廃止して4つの特別区に編成する「大阪都構想」の是非を大阪市民に問う選挙でした。

5年前、当時の大阪市長であった橋下徹氏が提言した大阪の未来政策の改革案です

大阪の二重行政を解消しようという維新の会代表の松井一郎市長と吉村洋文府知事が引き継ぎ、

何としても実現したいと強い決意の元、もう一度大阪市民の民意を問うとの再挑戦でした。

しかし、5年前と同じく僅差で都構想反対との結果

反対論を唱える人は「大阪市がなくなってもいいのですか」と連呼を続けるばかりでした

 

私は時代の変化や厳しさを増す中で、自分の会社を現状維持ではなく成長発展させる責任があります。

だから、いつまでも同じままでいいとの考えはなく、成長戦略を立てて経営に取り組んでいます。

そういう意味でも、現職の府知事や市長が大阪の代表として選ばれた以上、浮き彫りになった課題解決や、

より良い未来志向の新しい改革プランを立て、市民に披露して説明し、我々が誇れる大阪にするべきです

維新の会という名前も、江戸幕府→明治維新をイメージしたものだと思います。

思い切った制度改革をして、東京に負けない大都市大阪を目指してもらいたい

そう考えている私は前回同様賛成と書き、投票しました。

松井市長と吉村府知事は、未来発展のための自分たちの想いを実現できなかった、受け入れてもらえなかったことは、

とても残念で悔しいと思います。

しかし前回の橋下徹前市長と同じく「やれるだけのことはやった」と、とても清々しい表情で「悔いはない」とのコメント

敗北宣言でのお二人の会見は、とても印象的で感動しました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

披露と演出

2020-10-26 17:39:49 | Weblog

大隅です

本当に最高の季節が到来しました

1日1日を大切に過ごしたいものです。

さて、昨夜は当社が日頃大変お世話になってる取引先の社長さんが亡くなられ通夜式に、

そして今日は告別式に参列し、お参りをして来ました。

驚いたのは、今日の告別式

定刻になると開式に先立ち、祭壇の前に天井からスクリーンが突如降りてきて、音楽が流れ出し、

その曲に合わせて、亡き故人の生い立ちから亡くなられる直前までの写真が、ストーリー仕立てで写し出されました。

エンディングに、故人の生き様を喪主である息子さんが綴った言葉が映し出され、ナレーションのようでした。

まるで結婚式の新郎新婦の生い立ちから現在に至るまでの写真紹介のように、告別式も結婚式の披露宴のようでした。

自分を産んで育ててくれた父を、忙しい中参列された方々に最高の形で披露し、故人を送り出す。

最高の演出をすることによって、亡き父に恩返しをする。

葬儀の形もこんな風に年々変わって(進化)来たんだなと感じました。

告別式は通夜式とは違い、私に取っては色々なことを見て学んで、いい経験ができる場となっています。

経営者としては「社葬」という形を取ることが多いので、こういったことも知っておかなければなりません。

喪主からの「参列者へのお礼の挨拶の言葉」もとても印象的で素晴らしかった

実に素敵な告別式に出席させて頂き、私は感動して涙を堪えるのに必死でした

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加