ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

ちょっとだけ・・・

2011-05-30 10:17:07 | Weblog

気がつけば・・・・

梅雨入りです。

製作から一カ月がたちました・・・

本日、オープンなのですが、

少し早く、皆様に見せたいと思います。

 いいでしょ

New H.P

話は変わりますが、今回

良いサービスとは、何か・・・・

が、テーマでスピーチをしているのですが

サービスと言ってもそのやり方は、色々あるとは思うのですが、

接客・対応・品質・アフターなど

どの部分が欠けてもお客さまにとっては良いサービスにはならないと思います。

たとえば、品質がいかに良くても接客や対応が悪いと、

お客様が満足することはありません。

その逆も同じで、接客・対応が良くても品質が悪ければ満足することはありません。

アフターサービスも大事です。

いくら品質が良くても中古の物なので100%つぶれないものなんてないからです。

ですので、フロントは接客・対応力のUP

現場・鈑金は中古部品や車輌の品質UP

それぞれ、やらなくてはいけない事は違えど

今やっている事+αの力が発揮出来るようになれば

個人個人としてではなく

会社としてお客様に1つの良いサービスの提供が出来るのではないかと思います。

なので、今後もお客様にとって良いサービス

を追求するために社員全員で考え、協力していたいと思います。

以上、コウスケデシタ

 

コメント

はじめまして

2011-05-28 13:50:53 | Weblog

 

 

新宅といいます。

今年の三月半ばからこちらで働かせていただいています

もう入社して二ヶ月ほどになりますが覚えが悪く先輩方にお世話になりっぱなしです

しかしいずれは仕事はもちろん、社会人としてのマナー、スキルを磨いて、

日頃お世話になっている先輩方に恩返しをしたいです

その日がいつ来るかはわかりませんが一日一日を精一杯働き、

安心して仕事を任せられる人間”となる事を目標にして、お客様のために頑張りたいと思います

長くなりましたが、これから宜しくお願いします。

 

コメント

Part 3

2011-05-16 09:55:51 | Weblog

 

モーニングりぃだぁです

さてさて、毎度おなじみ全体朝礼ですが、

今回のテーマは良いサービスとは?なんです。

まぁ一言でサービスって言われても人それぞれ感じ方も違いますが

「 品質? 接客? スピード? 値段? 」

色々有りますよね

ちなみに りぃだぁ以前こんな体験をしました。

とある、ディーラーさんに用事があり尋ねました。

フロント入り口の自動扉が ウィーン

「こんにちは~」   …  …  … あれ? … 無視 

まぁ イラッとしましたが、大人のりぃだぁは、「こんにちは~」と再びアタック

すると… ハイなにか?

ん~基本的に用事があるから来てますので、何か? と聞かれると

「何が?」と答えたくなりましたが、そこはっとガマン

まぁ、先方からしたら一元のどんな奴かもわからんってな感じでしょうが

お客さんには、違いないですよね。

で、また後日、同じ店にお邪魔した時 またまた「こんにちは~」

〇〇商店の依頼で部品を頂きに来ました~

すっすると、さぁさぁこちらです!どうぞどうぞ! っ的な!!!

世の中こんなものなんですかね…

「否」 違う!ってか、そんなんダメです。

時間が無いのでこの辺で失礼しますが…

お互い、気持ちの良い接客を心掛けたいものです (^O^)/

 

 

 

 

コメント

ロスト・・・・・・・・・

2011-05-14 20:49:50 | Weblog

こんばんみぃBKG48っす

小生の3rdバイクのママチャリならぬパパチャリが・・・・・・・

今日の昼ごろ・・・・パクられちゃいました

ガビーン

コメント

☆休日☆

2011-05-12 10:22:59 | Weblog

どーも、神です

気がつけば、もう今年もアッというまに五月ですね

先月の休みの日に地元の友達を集めて花見をやりました

バーベキューなど地元の少年サッカーチームの子供達とサッカーしたりと、

一日中バタバタと忙しかったけど、いい気分転換になった一日でした

 

 

 

コメント

とんだハプニンブ2

2011-05-11 23:40:37 | Weblog
大隅です。1時間前に名古屋駅前のチサンホテルにチェックインした。
一泊4.800円。格安である。ただ、家に帰る予定がなぜ名古屋なのか。

朝から雨の天気。今日、千葉幕張に行った帰りの出来事である。
5時55分羽田発神戸空港行きの飛行機に乗った。
乗る前から空港ロビーで「神戸空港悪天候のため、羽田に引き返すか、
中部国際空港セントレアに着陸するかの条件付きの飛行になります」と
アナウンスが流れた。
言うてるだけやろなと思いながら、予定時間通り離陸した。
離陸してから夜景は一切見えない。見えるのは雨と白い霧のみ。
しかし7時頃に窓の外に神戸の夜景が広がった。
やれやれ何とか着いた。と思ったのもつかの間で、上空で旋回が始まった。
「悪天候のため、管制塔から着陸許可が出ません。」とアナウンス。
なんでや、すぐ下に見えてるし視界もいい。早く着陸してくれと
思った瞬間、急にエンジン音が大きくなり、加速しだした。
「着陸許可が出ませんでしたので中部国際空港に向かいます」とアナウンス。
うそやろ。ここまで来てるのに。勘弁してくれよと思うや否や機内に
ため息とざわめきが始まった。私も始めての経験である。

8時過ぎに着陸したが、その後の乗客のマナーとスカイマークの対応が
素晴らしいものだった。
いくら天候のせいであっても神戸から名古屋である。
しかし誰一人文句を言わないし、スカイマークも中部国際空港から神戸空港
までの鉄道での運賃をすべて支払うというのである。
天候のせいであって、スカイマークは悪くないのだ。安全を重視した結果だ。
儲けを吐き出してまで、乗ってもらったお客様には迷惑をかけない。
我々も大いに見習うべきだ。対応の早さも特筆すべきである。
先日のJRとはえらい違いである。
ただ、ここから神戸空港まで3時間もかかる。着くのは11時半過ぎ。家には1時。
なんで夜中やねん。もういい。勘弁してくれ。と言う訳で名古屋に泊まることにした。
当初この出張を別の社員に行かせる予定であったので私でよかったのかも知れない。

と思った瞬間、JR大宮支社の○○さんという人から先日の件で電話があった。
やっとである。○○さんは営業の方で駅業務改善担当の人のようである。
30分くらい話をした。私のぐちを聞き、聞き方も下手からである。
言葉使いも丁寧で、こちらを立てて物を言ってくる。さすがだ。
先日の小山駅の人とは随分と違うものだ。
私も言いたいことを言わせてもらったのと、かなり時間も経ってたので、
「もう結構ですので、この件はもう終わりにしましょう」と電話を切った。

中部国際空港駅から名古屋駅に着くまでに携帯からホテルを探し予約した。
10時に名古屋駅に着き、お腹もすいていたので駅構内でラーメンを食べた。
ラーメン通りにあるお店で、他の店は10時閉店なのに、ここだけ11時までやっている。
この店も素晴らしい。店員さんは男女を問わず、声が大きい。やかましい程だ。
店員さんもじっとしていない。客を店内に誘導して注文を聞くと店頭に立って、
「もうすぐ10時半でラストオーダーです。まだ間に合います。おいしいラーメンを
食べに来てくださ~い」とそこらじゅう響き渡る大きな声で呼び込む。
しかも女性である。元気で大きな声は、やはり活気がみなぎる。
店内は11時で終了だが、店内は最後までいっぱいだったのは言うまでもない。
社員教育も兼ねて、ここのおいしいラーメンを食べに社員を連れて来てみたいものだ。
コメント

母の日

2011-05-08 19:41:57 | Weblog
本日最後の投稿です。
今朝のルソンの壷は、たこ焼きで有名な「道頓堀くくる」を取材していた。
事業を拡大し成長させたキーポイントが紹介されていた。

このプロジェクトはこのスタッフにやらせたいと社長が指名したスタッフが
「その重責に答え、難題であればあるほど、成し遂げた時の達成感は何物にも代え難い。
やればできるという自信につながり、最初のやらされ感からやりたい感に変わり、
未来への希望が広がりワクワクする」と語っていた。素晴らしい!

この会社は、社員教育に力を入れ、社員とのコミニケーションを重んじているようだ。
社長の信念は、「我々は物を売るのではなく物の心を伝えること」
「社長と社員の心がつながっていなければ成功はない」 同感だ!


最後に、今日母の日なので両親と家内と4人で難波に寿司会席を食べに行った。
母からは、誘ってくれてありがとうと言われたが、ありがとうを言うのは私のほうだ。
いつもありがとう
それから、母にお花を贈ってくれた我社の社員のあなたにもありがとうだ。
いつも感謝してますよ
コメント

采配

2011-05-08 09:03:08 | Weblog
阪神が波に乗れない。
真弓監督の采配もさることながら、信頼関係が薄れてきてるように感じる。
金本の起用もさることながら、ロッテから来たクローザーの小林宏もだ。
確かに高い実績・年俸を考えれば使わざるを得ないし、そのうち必ず調子を上げ、
成績を残してくれると信じ、我慢して使わなければいけないだろう。

ただ、プロ野球は実力主義で勝たなければ意味がない。時には勝ちにこだわり
鬼のような厳しい采配をしなければいけない。中日の落合監督のように。
控えにいい選手がたくさんいるので、遠慮せずにその選手を起用すべきだ。

チャンスで金本がでてくると「あー、打たないやろな。代打を出してくれ」
8回に小林宏が出てくると「打たれる。やめてくれ。逆転される」とやじってしまう。
ただ、監督も経営者と同じく、選手や社員との信頼関係を築くべく、辛抱も必要であろう。
なぜなら本来は力のある選手・社員であるからだ。
しかし、力を発揮して結果を出すか出さないかは選手・社員次第である。
コメント

プレッシャー

2011-05-08 08:47:30 | Weblog
おはようございます。大隅です。

先日、巨人小笠原選手が苦しみながら2.000本安打を達成した。
偉業を前にすると、あんな素晴らしい選手でもプレッシャーを感じるのであろう。
1人では達成できない。みんなの協力があってのこととチームワークを強調。

一方、同じ試合で阪神の我が母校の後輩岩田投手が578日ぶりに勝利投手になった。
彼のコメントが「腐らず前を向いてやってきた」と涙のコメント。
まじめに成功する自分をイメージしてこつこつやれば報われるということだ。

かたや、焼肉えびすの勘坂社長。いくら食中毒で死亡者を出したとはいえ、
あの社長の謝罪する姿は、見るに耐え難い。
ちまたでは潰れるのは時間の問題だと、とりだたされているが、前述の岩田投手の
コメントではないが、私は1日でも早く誠意を持って早く復活する姿を見たいものだ。

しかし亀田は強い。ハートの問題であろう。プレッシャーとは無縁のような男だ!
コメント

JR東日本の対応

2011-05-03 09:12:47 | Weblog
大隅です。先ほどのラーメン屋さんとはまったく違った内容のJR東日本の話。
少し長くなるのでここからは興味のある方だけ読んで下さい。5分位かかります。
JR小山駅から自宅に帰るまでのとんだハプニングの話である。

先週の土曜日に埼玉県小山に朝早く仕事で出かけた。
帰りは5時29分発の小山駅発湘南新宿ライン逗子行きの快速に乗り浜松町経由で
羽田に行き、8時5分発のスカイマークで神戸空港に帰って来る予定であった。

小山駅で切符を買い、改札で駅員さんに「羽田へ行くのですが何番線ですか」と尋ねると
「9番線で大崎駅で乗り換えです」と返答。大崎駅で乗り換えたこともなければ、そんな
駅名聞いたこともない私は「大崎駅?」と聞きなおすと「そうです。9番線で大崎です」と
同じ答え。言われたとおり、来た電車に乗り扉が閉まる。時計を見るとちょうど5時29分。
ホームに降りて電車の行き先を確認しなかったが、事前に調べてた発車時間であった
ので何の疑いも無かった。

やれやれと思いながら、仕事の報告と頼みたいことがあったので社員にメールを打ち始めた。
しばらくすると車内アナウンスが流れてきた。「この電車は次の宇都宮止まりです」
あまり小山に来ることもない私は、宇都宮と大宮を勘違いして、手前で降ろされるんやと
思いながら宇都宮で降りると向かいのホームに「湘南新宿ライン逗子行き」と書いた電車が
発車寸前だったので確認もせずとりあえず飛び乗った。
ネットの路線案内で調べて乗ったはずなのに、宇都宮で乗り換えるなんて書いてなかった。
なぜこんなことになってるのだと不思議に思いながら、車内アナウンスが流れてくるのを聞き
耳を疑った。
「この列車の途中止まる駅は久喜、小山、、、」 ええっ、小山?なんでや??
また元の場所に戻って行くのか?
乗車口の扉の上に駅の順番が書いてあるのを恐る恐る見ると、宇都宮が東京と反対方向に
あるのを確認した。  
「反対や、やられた。飛行機間に合うのかな、やばい」
すぐに携帯の路線案内を調べる。羽田空港着8時20分。 あかん飛行機に乗れない。
神戸空港に車を置いている。神戸まで新幹線で帰るしかない。覚悟を決めた。

しかし冷静にお金の計算をする。飛行機の当日キャンセルが全額かかるとなると11.800円、
東京駅から新神戸の運賃が13.720円、新神戸から神戸空港まで電車であれば520円、なければ
タクシーで3~4千円、合計2万6千円~3万円くらい別にかかってしまう。痛い出費だ。
路線案内で調べると、新神戸着11時20分、そこから地下鉄で三宮経由ポートライナーで
神戸空港着0時18分。

本来であれば9時20分に神戸空港に着くのに3時間も遅れる。それも夜中だ。
運悪く次の日はゴルフで朝6時起きなのに。しかも私の家は富田林なので神戸空港から
1時間半もかかる。家に着くのは夜中の2時?
なんでこんなことになったんや。小山駅の駅員が乗り場を言い間違えたとしか考えられない。
するとパニック状態にあった私の感情が、うそを言った駅員に対しての怒りに変わった。

小山駅に6時23分に着いた。どうしようかなと思ったが一旦降りて文句を言いに行くことにした。
言わなければ気持ちが収まらない。いずれにしてももう飛行機には乗れないのだ。
改札に行くとその駅員がおらず、対応した別の駅員に事情を説明すると「申し訳ありません」の
繰り返し。確認すると乗り場は9番線ではなく12番線であったことも判明。
その駅員を呼んで下さいとお願いしても呼んでくれない。私の目が殺気だってたのだろう。
緑の窓口の駅員は、お客様の聞き間違いではありませんかと耳を疑う言葉。怒りは最高頂に。
しかし、話していても らち が開かないし、時間も無駄だし、早く帰りたいので月曜日に
クレーム係りから電話をもらうということで小山駅をあとにした。
それと同時に離陸前に飛行機をキャンセルしなければ運賃がパーになる。
スカイマークに電話するがずっと話中だ。何度も掛け続けるが全然つながらない。
いらいらするばかり。やっとつながり事情を言うと対応は素晴らしかった。
後日、神戸→羽田便を利用する時に期限付きだが同じ料金で利用できるという説明。
キャンセル料もかからない。助かった。

東京駅から新神戸へ向かう8時30分発ののぞみに乗ったのも発車1分前だった。
あとで知ったが新神戸行き最終列車だったようだ。乗れなかったと思うとぞっとする。
ご飯も食べずお腹もぺこぺこで、ただ怒りやパニックからは少し落ち着いたが、しかし疲れが
どっと出て汗が噴き出してきた。
駅員のたった一言の間違いでこんなにも予定が無茶苦茶に狂わされるとは思ってもいなかった。
これもあとでわかったことだが、小山駅から反対方向の湘南新宿ライン宇都宮行きが同じ5時29分
発でどうやらそれに乗ってしまったようだ。
同じ発車時間でなければ気がついていたかもしれない。悪いことは重なるものだ。ついてない。
東京駅から新神戸までの時間がこれまた長く永~く感じた。神戸に着くと雨が降っていた。


昨日、JR東日本小山駅の○○ですと約束通り電話があった。
その人の言葉が信じられないものだった。以下のような内容である。

土曜日の件ですが、駅内でお客様に案内したものは誰かと調べてその人間をつきとめました。
その人間はお客様に「12番線から湘南新宿ライン逗子行きに乗り浜松町で乗り換えです」と
申し上げたと言ってます。ですからこちらには何の問題もありません。

やはり話を作り替えてきた。正直に言えないのかと思いながら私はその人に「私には9番線で
大崎駅乗換えと言いました。誰ですかそのうそをついている人は。そう言わないと怒られるのでそう
言ってるだけですよ」と言ったもののやはり返ってくるのは同じことばかり。押し問答が続く。

電話の相手も○○ですと名前を言うだけでクレーム係りなのか駅長なのか、はたまた私をだました
駅員の上司なのかも名乗らないのでわからない。間違った駅員は非を認めているのに、言ったこと
にしておけと駅内ぐるみで口裏を合わせているのであろうか。
もちろんクレームに対して、そういった色々なマニュアルも社内にあるのだろう。
ただ問題なのは、うそをついてまで、あくまでこちらが聞き間違えたのだと、お客である私にすべて
の責任を押し付けてこのクレームから逃げようとする見え見えな態度が許せない。
自分達の都合のいいことばかり主張して客の言い分を潰しにかかる。もっての他だ。
客に迷惑をかけておきながら悪いことをしてしまったという罪の意識も無く、なんとも思わないのだろうか。
信じられない。確かにJRには数々のトラブルやたくさんのクレーマーもいるであろう。
ただその人の口調や言い方そして悪いのはあんただと言わんばかりの対応。不快感でいっぱいだった。

最後に私はその方に、私は言いがかりをつけるつもりもなければややこしいことを言うつもりは一切無い。
ただ、土曜日大変な思いをして家まで帰ってきた私の気持ちを察して、少しでも常識ある誠意ある
対処をしてください。妥協案も考えてますと言い、電話を切った。
航空会社やホテルの対応から比べると比較できないくらいレベルが低過ぎて程度が非常に悪い!!
お客様を裏切ったり、相手の立場を無視したりすると大変なことになる。ビジネス以前の問題だ。
しかしJRという大手企業がまだこんな対応をしているということ、そしてまた、私の会社は間違っても
お客様に対して絶対こんな対応をしてはいけないことを逆に学ばせてもらったことは収穫である。

緑の窓口の横にある券売機にいた案内係りの女性スタッフが親切にしてくれ、また他にも素晴らしい
駅員さんがたくさんいるはずなのに、○○さんの対応の悪さで小山駅全体のイメージが悪くなったこと。
私の会社のイメージもそういうことにならないよう気をつけなければならない。
また先日落球したのに捕りましたと、後でビデオではっきりするのにうそのアピールをしたプロ野球選手
や数年前にJR尼崎駅で脱線事故をおこしながら、当初言い逃れをしようとしたJR西日本の対応と
今回の「事件」と重なって感じたのは言うまでも無い!!
いずれもキーワードは「うそ」である。しかも企業イメージを著しく落とす「うそ」である。
うそも方便という言葉もあるが、こんな「うそ」はありえない。百害あって一利なしだ。
コメント (2)

ラーメン屋さん

2011-05-03 08:29:00 | Weblog
おはようございます。大隅です。
夕べ外環富田林にオープンした丸源商店というラーメン屋さんに家内と食べに出かけました。
ラーメン好きの私としては見逃せません。
そのお店の味を吟味しておく必要があるとばかりに、味・接客・速さを確認しに行って参りました。
店の売りは「究極の醤油ラーメン丸源肉そば」だそうです。

8時に行くと予想通り駐車場は満車。でも運良く5分ほどで店内に入ると元ファミレスだけあって
広い敷地、客もいっぱい。かなり待たされるかと思いきや、すぐに席に通してもらい注文をするや、
わずか5分ほどで野菜味噌ラーメン・とんこつラーメン・餃子・鉄板玉子チャーハンが出てきました。
まず速さは合格。食べてみると味も非常にいい。店員さんも笑顔で大きな声。接客もまずまずだ。

この広い店内がこのオープン時のように活気があって常に満員のお客さんで埋まる状態がいつまで
続くのか非常に興味がある。
ただ開店前に店員さんが研修を積み、かなりのシュミレーションをして臨んだであろう。
料理が出てくるのが早いので客の回転率もよく、待ってるお客を待たさない。
これが商売の基本ですべてに優先すると、いろいろ思い感じながら満足と満腹感に満たされながら
レジでお金を払うと店員さんの後ろの壁に書いてあったメッセージに目がいった。

           一生懸命な奴の周りには一生懸命な奴が集まってくる

                 う~ん、実に心に響くいい言葉だ!
次に行った時に食べるラーメンは「究極の醤油ラーメン丸源肉そば」で決まりだ。
コメント

情熱=やる気

2011-05-02 12:24:09 | Weblog
こんにちはBKG48っす

社内で「情熱とは?」というテーマで毎週月曜日に朝礼スピーチ

をして参りました。今日がとうとうワタクシの番でした。

小生が思うに「情熱」とは「やる気」に直結しているのではないかと

思います。さあやるぞ!!って時は全身から何かがオラーって出てくる

やないですか?それはその仕事に対しての情熱やと思います。

逆にあぁーダリぃーって時は仕事に対するやる気も失せ、情熱って

何?てな事になるのではないでしょうか?

この「情熱」と「やる気」は時間と反比例するとも思っています。

1つの仕事に時間を掛けたくなくても掛かってしまう時に

「なんではよ終わらしたいのに終わらへんねん!!」

と言う時がしょっちゅうあります。やっぱそんな時は情熱が

欠けていると思います。そのようにならない為にも集中力を

キープして仕事に励みたいと思います。

ではでは・・・・・
コメント