ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

大塚家具

2018-08-10 15:38:41 | Weblog

大隅です。

明日から16日まで、6連休のお盆休みに入ります。

今年の酷暑での中休みが出来る時間があるのはありがたい。

この休みを利用して、ゆっくり体を休めたいものです。

 

さて、メディアで大塚家具の身売り話が取りだたされています。

業績不振、現預金激減、リストラ、お客様離れ

ダメな時って、どんな手を打っても上手くいかない

3年前に創業者の実の父親と激突し、経営権を奪いました。

事業が発展すれば、格好がついたのでしょうが、まさかの身売り話

久美子社長も事業成功の構想を持って挑み、奮闘し続けて来たとは思いますが、

親子間も決裂し、会社が無くなると考えただけでも、夜は眠れず、飯は喉を通らないはず。

悪い時には、何とかして会社を守らなければという気持ちばかりが空回りして結果が出ないもの。

こんな辛い試練が待っているとは想像もしていなかったと思います。

結果論ですが、顧客ターゲットを富裕層から一般客に変えたのが命取りになったのかも知れません。

そういう意味でも、久美子社長の心中を察すると、私も苦しい気持ちになる。

 

ただそうは言っても、同じ経営者として私の場合は、父と昔はけんかはよくしたけれど、

創業者である父の居り場を無くすことや、父が立ち上げた会社を他人に手放すなんて有り得ない。

規模が巨大であれば業績不振が続くと、持ち堪えられなくなり、手放すしか選択肢がないのかも知れないですが

ただそうならないように、世間の冷たい風や目にさらされないためにも、時代の変化に対応し、

身の丈に応じた堅実な経営を永く続けていける会社経営をするのが健全経営だと思う。

コメント

地力

2018-08-08 11:14:15 | Weblog

大隅です。

私は一応阪神タイガースファンです。

しかし、広島が独走しているので、最近あまり興味がありません。

広島が強すぎて、他のチームも含め阪神も弱い。おもしろくない。

熱狂的なファンは応援しようと球場に足を運び声援を送りますが、

負けてばかりで成績が悪いと、応援してくれるファンの心は離れて行きますね。

プロなので戦力分析をし、チーム力を強化し、勝負強くなくてはなりません。

セリーグは広島の1強5弱状態。

勝ち数より負け数が多いと借金生活になるので、会社経営では赤字です。

広島だけが超黒字会社、あとの5球団は赤字会社。

最下位の球団は超赤字会社ということになりますね

 

私は戦前の予想で、広島と巨人の優勝争いかと思いきや、

ここ2年連覇した経験から、王者らしい試合運びをしているように感じます。

広島は、巨人や他のチームと違って、お金を出して他球団の一流選手を獲って来て

補強するわけではなく、外国人以外は生え抜きの選手だけでチームを構成しています。

広島は、ミスなくスキなくそつなく試合運びをし、相手にチャンスを与えない。

打線に切れ目がなく、どこからでも点が取れ、こちらのペースで試合を優位に進める巧みさも目立ちます。

元中日落合監督が、「広島は強いとは思わないが、確実に勝つ強さと地力がある」と語っていた。

阪神に来ると間違いなく4番打者になれるだろう広島の長距離打者のエルドレッドも、代打要員である。

そう言えば、巨人が中日から獲得した去年のホームラン王のゲレーロ選手も見なくなった。

云わば、自分たちで独自のチームワーク力や意識を高く持っていく力が、

他のチームを上回っているのでしょう。

監督以下、チームを強くする能力が群を抜いているようにも思います。

片や、パリーグの王者ソフトバンクは今年苦戦して、まさかの借金生活。

抑えのサファテ投手や中心打者のけがや不振で優勝争いから脱落状態。

 

会社経営もプロ野球と同じくで、会社を支えて前に進めていく社員の地力や馬力、

その軸となる意識の高い社員がどれぐらい居るかが高業績に繋がる鍵になるのだと思います。

 

コメント

健康経営企業

2018-08-06 10:56:55 | Weblog

大隅です。

先日、毎月税理士事務所から送られて来る「戦略経営者」という会報の記事を読みました。

「受動喫煙に対する社会の目が年々厳しくなっています」という内容です。

一番下の行の残り13行に特に目が行きました。

日本の喫煙率が2割を切っているというコメントに驚きました。

最後の文面の「健康経営企業・ホワイト企業を目指そう」というコメントには同感です。

 

今回、この記事を見て私がブログを打ったのは、ある出来事がきっかけです。

それは、先月に同業社が集まる月1回の会での出来事です。

私の隣には私が「目標にしている会社」の社長が座っていました。

その社長は、1本2本とタバコを吸い始め、短時間で灰皿が山盛り

超ハイペースで、例えると終わりかけのタバコで次のタバコの火をつけるとはこのこと。

堪りかねて「ヘビースモーカーですね」というと「そうなんですと言う答え。

私は吸わないのでタバコの煙が苦手で、不幸にも風向きが私の方に向いており、どんどん煙が来る

「社長がそんなヘビーで、社員の健康管理ができるのですか?」とつい苦言を呈してしまいました。

その後も辞める気配はなく、休む間もなく吸い続けるので、もう限界とばかりに私は席を移動しました。

会場の入り口には喫煙場所もあります。

周りに配慮し、吸わない人に対しても気を配る方だと思っていたのに、かけらもなかった。

とてもガッカリ

少しはマナーをわきまえて欲しかったですね。

 

上の記事からいくと、日本の喫煙率は2割を切り、健康管理に気を配っている人が増えている昨今、

彼には、社員のお手本となるべきトップを目指して欲しいと思います。

今は煙の出ない「iQOS」とかいう物も市販されて、それに変えている人も最近は多数見かけます。

愛煙家にとっては、なんとも辛い世の中になり、気の毒な気もしないではないですが、、、

 

 

 

コメント

社員の質

2018-08-04 09:01:32 | Weblog

大隅です。

連日の酷暑、暑過ぎます。 秋が待ち遠しいです。

しかし毎年のことですが、暑かろうが、我が社の社員は自分達で立てた計画通りに仕事を

確実にこなし、高いパフォーマンスを発揮してくれています。

自分の仕事に責任と誇りを持ち、会社を愛してくれている彼等の凄い活躍ぶりには脱帽です。

それがもろに会社の業績に反映しています。

社員の頑張りが強靭な企業体質を作り上げ、「暑いんだけれどもやってやる」という

強い気持ちで会社を支え、前に進めてくれています。

社長として嬉しくて仕方がない そんな気分です

 

車輛も部品も品数は多いとは言えませんが、お客様に支持して頂き、我が社を選んでもらっています。

また、前期から新しいお客様も増え、環境の変化に対応できた経営ができているように思います。

 

商品が売れるのは、品質・価格・品数と言われますが、最近特に感じるのは、

販売会社の社員の質が一番大切なんだなと強く思います。

そこに磨きをかけて来たからこそ今があるのかなとも思います。

まだまだ上を目指して行かなければいけないですし、課題も山積していますが、

こつこつ積み上げてきた現状に私自身、高い満足感と達成感があります。

 

なにより、会社のこと仲間のこと、そして私のことも大切にしてくれる我が社の社員に感謝です。

そんな家族の様な仲間と毎日絡んでいけるこの会社が大好きで、とても幸せです。

 

コメント