ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

新しい発想で市場を開拓

2010-11-28 10:13:19 | Weblog

今朝、ルソンの壷を見ました。

「和傘屋が照明で復活」というテーマです。

倒産寸前の和傘屋さんが起死回生。和傘を使った照明器具を作り、しかも日本だけでなく

ドイツの見本市に和服を着て出典し、海外の市場を開拓。

それが縁で海外のデザイナーとも共同で新商品を開発してホテルやレストランにたいへん

売れているようです。

年商100万円から一気に5700万円に成長されたと報じていました。

その社長曰く、革新の連続で初めて伝統が作られていくと。

同じことをやっていてもダメ。進歩のないのはもっとダメ。

常に新しいことに挑戦したり、発想・発案を出し続けていかねば残っていく資格すらないということである。

 

 

コメント

慰安旅行

2010-11-28 08:42:25 | Weblog
おはようございます。
もう1週間経ちますが、先週の21日~23日まで3日間北海道に社員旅行に行って来ました。
初日は札幌に行き、お昼は駅前のラーメン共和国の中の「けやき」で味噌ラーメン、その後
お決まりのJRタワーに昇り

時計台、大倉山シャンテ(王貞治さんに出会いました)からすすき
ののアートホテルズ札幌にチェックイン。スパのサウナでたっぷり汗を出し、キリンビール園で
ビールを飲み干し、ジンギスカンとお寿司をたらふく食べ、すすきのの街へ。
2日目は朝から電車で3時間半かけて函館に。
駅前の函館朝市の「きくや食堂」でうに丼やいくら丼

を食べレンタカーを借りて金森倉庫や
教会を散策。北島三郎が学んだ函館西高校や昔コマーシャルに出てきた私の大好きな
ポイントであるポッキー坂

やチャーミーグリーン坂をうろついたあたりで突然の雨。
しかし30分くらいで奇跡的に上がりました。
薄暗くなった時にお楽しみの函館山にロープーウエイで登り、世界3大夜景である素晴らしい夜景を眺め

普段の忙しさやプレッシャーから少し開放された気分を味わいました。
その後湯の川温泉の「花菱ホテル」で毛ガニ付きの料理に舌鼓を打ち3日目も快晴の中、
再び函館朝市で買い物をし、お昼の便で帰阪しました。

今年は、会社設立20周年を迎え、10年前にも来た北海道でしたが、その時にはいなかった
社員も4人おり、是非連れて行きたいと思い、22日(月)お休みを頂き日頃頑張ってくれている
社員においしい空気と料理と景色を堪能してもらおうと雄大な北海道を選びました。
前日までの天気予報は晴れ・雨・雨。しかも降水確率70%。晴れるのは初日だけかと思い
ながらも結果は大きくはずれ、2日目の夕方に30分ほど降っただけでほぼ快晴の中の楽しい
旅行になりました。
来年は社員の企画でしかも良い業績の中、慰安旅行に行きたいなと感じた社長でした。
コメント

★   劇的   ★

2010-11-26 08:44:14 | Weblog

グッドモーニング
 りぃだぁですが

先日の、生きる伝説の続編です

あれから、塗装するために場所を鈑金ブースへ移動しました!!

あっ







と言う間に、真っ白に…



んん~  実に美しい



ん~ 後ろからでも、  美しい



しっか~も、これにメッキパーツを取り付ける予定なんです(^O^)


かなりの完成度を期待できますナ


ふふふっ

コメント (2)

責任感

2010-11-25 21:58:07 | Weblog

どーもフロントデブです

どんな人でも仕事をしていると何かしら問題が出てきます。出てこないのであれば、

真剣に仕事をしていない証拠です。人間ですから、どんなに頑張っても、必ず失敗やミスを起こします。

また、仕事はやればやるほど問題が出てきます。要は、問題が出てきたときにどうするかです

早く目標を達成できる人は、そもそも何をやるにしても、問題が出てくるのを予想していますから、

仕事をする度に、まず問題が起きていないかどうかチェックします。すなわち、問題をいち早く

発見しようとします

一方、目標を達成できない人は、何をやるにしても、やりっぱなしです。

何かひとつでもやれば、もう仕事が終わった気分になるのです。実はやったことの

再チェックや他の人からのフィードバックを得るまで、仕事はまだ終わらないことを理解していないのです

これは、一言で言うと、責任感です。目標を達成できる人は、何事に対しても、強い責任感を持って対応します。

問題が起これば解決できるまで悩み、葛藤し、努力し続けます。すると、自分で問題を解決できなくても、

解決しようとする真剣な態度に心を動かされ、問題解決のために周りの人が協力してくれるでしょう

自ら深く考え、問題を発見し、解決しようとする姿勢は、人間を大きく成長させ、また、それを繰り返して

行くことによって、徐々に力がつき、ほとんどの問題を自ら解決できるようになるのです

今日はこの辺で

 

 

コメント (4)

★  伝説  ★

2010-11-20 10:19:24 | Weblog
お早うございますりぃだぁです

今日は、ウチが誇る生きる伝説

チーム鈑金紹介です

なかなかマニアックな話で分かる人には凄い事なんですが…

★第一問★  ジャジャン 



はいっこの写真で分かったあなた 明日からチーム鈑金だ


★第二問★



サッサと答えを言うと

な、な、な、何とハイルーフ移植っす

まぁ平たく言うと、低い屋根を高くする、超高等技術なのだ

おそらく中古キャブでは、業界初と勝手に思い込んでいます。



後は下処理が終われば 全塗装っす



完成後はまた書き込みますネ

完成後が、ドキドキ、ワクワクな りぃだぁでした








コメント

★ ・・・in 徳島 ★

2010-11-20 09:07:11 | Weblog
行ってきました

何をしに行ったかというと・・・

遊・・・

リーダーとお客さんのお車を納車しに行ってきました



あっという間に明石海峡に突入しています



in 淡路島です

ちなみに、写真で常に写っている前の車は、リーダーの車です




無事お車も納車でき、お客様にいろいろな話が聞けて

久しぶりに社外に出て羽を伸ば・・・

いい勉強ができた、コウスケでした





コメント

仕事センス

2010-11-19 23:00:36 | Weblog

どーもまたまたフロントデブです

目標を設定して、とにかく、がむしゃらに頑張る人がいますもちろん

頑張ること自体は、すばらしいことですし、早く目標を達成するためには、

頑張ることは大前提ですしかし、成果を出すのにセンスはとても大事です

センスがなければ、無駄な努力ばかりして、空回りになるのです。逆にセンスがあれば、

スピーディに目標に近づくことができます

センスがある仕事術というのは、カッコよく言うと、目標に合わせて戦略的に仕事をする事です。

つまり、必ず成果が出せるよう、知恵を出して、効率よく効果的に仕事をするのです

私も、ただ単に頑張ったり、なんとなくで仕事をするのはやめて、仕事の優先順位をよくよく

考えて効率よく効果的に仕事をやりたいと思います

コメント (2)

誕生日

2010-11-18 22:13:26 | Weblog

どーもフロントデブです

徐々にブログが日課になってきました

今日は娘の8歳誕生日です

娘が外食がいいというので近くの店へ食事に行ってきました。

たらふく食べて飲んでお腹いっぱいになり家に帰ると

ケーキがハッピーバースディをしてケーキを食べることに

お腹がいっぱいで入らないと思っていたのですが、別バラでした

また太ったフロントデブでした

 

 

コメント (1)

根性

2010-11-17 23:31:25 | Weblog

どーもフロントデブです

皆さんご存知ですか、世の中で目標を達成してきた人の典型的なタイプを

一言で言うと根性のある人・絶対にあきらめない人です

一度決めたら、馬鹿にされようが邪魔されようが、とことんやり続ける人です

頭がいい人にはかえってできないことでしょうなぜなら、頭がいい人は、何かをするとき、

まず、直ぐに計算しますそして、そのできる確率を予測するのです

可能性が低ければゼロでなくても、理論的に無理前例がないから不可能

できる確率が低いし、リスクが高すぎるからやめたほうがいいと言うことで、

あえて挑戦しません失敗する確率がたかいからです。要するに失敗したくないのです

誰もが最初から失敗したくありません。でも新しいことをするのに失敗なしでできることのほうが

少ないはずです。失敗を恐れて何もしなければ、どんな分野でも時間が過ぎ、古くなり消滅してしまいます

目標を達成してきた人は、殆ど皆、成功する確率が低いことに挑戦し続け、何度も失敗する中で、

諦めなかったから、ついに達成させるのです。ですから、諦めない根性を持った人なのです

私も諦めない根性を持って頑張りたいと思います

最後にフロントデブのリフレッシュのしかたは家族と一緒に居るときですかね

仕事のことを忘れて、息子と娘とバカなことをやっているのがリフレッシュになっているんですかね 

 

 

 

 

コメント (2)

☆ 一体どこに・・・ ☆

2010-11-17 14:08:08 | Weblog
ど~も~コウスケです

最近、フロント業務ばかりで社外に出かけることはなかったのですが

昨日・・・

珍しく・・・

隔離されていた事務所から飛び出しました



一体いずこに・・・

詳しくは、話をまとめて後日ブログに書き込みたいと思います。

それでは



コメント (1)

チャンス

2010-11-16 21:23:44 | Weblog

どーもフロントデブです

昨日に続き投稿します

仕事が速い人と遅い人には、様々な違いがあります。

一つひとつのことでも、絶えず、それでいいのかどうか、チェックする

なぜそうなっているのか、もっといい方法がないのか、絶えず考え、気配り抜群なのが、

仕事の速い人です疑問点があれば、それを明確にするのです。

そうする事で本質的なことが見えてきます。逆に問題意識のない人は、

ボーッとしていますから、自分の周りにチャンスが訪れても、わからない、

物事を本質的に見ていないので、それがチャンスであることすら気が付かない

同じものを見ても、同じことが起きても、問題意識のある人とそうでない人では、

捉え方が違うため、進歩の速さも違ってくる

自分が周りのチャンスに気づいていないのではと思い、絶えず考えて、

行動し、気配りの出来る人間になりたいと思います

 

 

 

コメント (1)

感謝

2010-11-15 23:26:58 | Weblog

どーもフロントデブです

いつも周りの人に迷惑をかけて助けていただいています

人は過去に一人で様々なことに挑戦し、自分ひとりでは、大した事が出来ないと身を持って体験し

痛感して、その経験から出来るだけ周りの優秀な人を巻き込み、アドバイス

協力、支援を得ることが、重要だと言うことをよく知っています。

アドバイス、協力、支援を得るための方法に、感謝することが一番たいせつだと思います

義理や、格好付けでやるのでは無く、本当にありがたいと思って心から感謝の意を表すことで

どんな人も、協力や、応援をしたくなるものです。と今読んでいる本に書かれていました

自分には、誠心誠意の感謝が足りないと思わされ、周りの人たちに、感謝をする気持ちを

大切にしていき、助けられてばかりでなく、助ける側になれるよう成長したいと思ったフロントデブでした

 

コメント (1)

信用とは

2010-11-15 21:51:45 | Weblog

こんにちは 大城です 

昨日、本田宗一郎氏の著書「やりたいことをやれ」を読んだ中から

私も 今一度精進しなくてはと思ったので本の中から、 本田宗一郎氏の

「信用とは」 人間の生活は単独では成り立たない。さまざまな人間関係

を土台にして、無数の人の恩恵によって築きあげられている。個人の生活

をより幸福に、より充実したものにするためには、当然この人間生活の構造

を無視できない。人間関係は信義をバックボーンとして、円満に保っていか

ねばならないし、他人から受けている恩恵には十分に応えなければならい。

つまり、信用を確立することである。

私は信用をこう考えている。一つは人間愛だと思う。人を愛し、人に愛される

ことだ。ひとつは約束を守こと。もうひとつは人に儲けさせること。つまり自分

の人生と仕事を通じて多くの人に恩恵をあたえること、これに尽きると思う。

私も、人生と仕事を通じて多くの人に恩恵をあたえられるように精進して行きます。

 

 

コメント (1)

私の趣味

2010-11-07 22:26:17 | Weblog
こんにちは、大城です。

今日は裏の花壇を耕し来年に向けてスナックエンドウと万能ねぎの種

と玉葱の苗を植えました。

来年の4月~5月にかけて実がなる予定です。考えたらすごいですよね~ 

冬の寒い時期を土の中で耐えて春にはすくすくと成長し 実をつけるので

すから 今からすごく楽しみです。
コメント

!!!!!!!!!!!!!!

2010-11-06 09:59:06 | Weblog
こんにちは(^O^)/

大隅自動車商会スタッフです。

今、自分が抱えている問題が有るのですが、なかなか解決策が見当たりません。
それは社内的問題なので、書き込むのもどうかな?
とも考えたんですが…

弊社は会長含め13人のメンバーで日々頑張っております。
その中で一番感じることが有ります

温度差です。

やはり人間ですので、成功・失敗・後悔・と色々有る中で 
成長していかなければなりませんよね。

でも、その成長と言う言葉の中に隠れている言葉が
<<気持ち>>
と私は考えています。

すべての、言動・行動・実行は 気持ちから
っと言ってもいいぐらいです。

例えば、人から信頼・信用をしてほしい と思ったとします。
それは、
なぜ?どこまで?誰から?何のため?誰の為? などの
具体的な考え(気持ち)が無いと
その程度の、信頼・信用しか得られません。

例えば、上司から、1~10の仕事を任されました。

1. 1~8まで出来ましたが9・10が出来ていません=論外

2. 1~10まで出来ました=当たり前

3. 1~10が終わり11・12も終わった所です=と私は答えたい

と言うのが私の考えです。
もちろん、キャリア・年齢・等は有りますが…

1.を答えている先輩の姿を見た後輩はどう思うだろう…
2.を答えている先輩の姿を見た後輩は自分もこうなりたいとおもうかな?
3.を答えている先輩の姿を見た後輩はこの先輩より凄い人間になろう!
と思ってほしい。

気持ちが無いと仕事も、お客様にも、仲間にも信頼・信用されないと思います。

私もこの文章を、精一杯・気持ちを込めて書き込んでいます。

社内の皆もこの気持ちは持っていると思いますが、
同じ思いでも温度差が有るんでしょうね…

この温度差が少しでも早く、縮まる事を願うと共に
そのために、精一杯頑張ろうと思います。

最後に・・・ 気持ちが無いと
その考えは浅いです。



コメント (2)