ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

3つの条件

2019-07-09 15:28:24 | Weblog

大隅です。

大阪市の福島区には普通の民家街におしゃれな料理屋さんがたくさん軒を連ねているが、

今日のお昼に、「炉端焼き じんべい」というお店にランチを食べに行った。

どの店がいいかなあとぶらぶら歩きながら、外のメニューを見てこのお店に決定。

初めて入ってみることに

お店の中は、夜は炉端焼きのお店なので、とても落ち着いていて、いい雰囲気。

しかし、料理を頼んでもなかなか出てこない。ちょっと遅い

すると、かなり後から入って来たお客さんが私が注文したのと同じメニューの料理を食べている。

おかしいなあ?私より絶対後で入って来たはずなのに…

私の表情を見て察したのか、女性の店員さんが「異常」を感じ取り、

カウンターで調理している店主らしき人に私の方を見ながらひそひそ…

それをいち早く感じ取った私がその2人に、小声で「ひょっとして私の注文忘れてますか?」

するとすかさず、「申し訳ありません すぐに急いでやります」との応え

「まじか… 帰ろかな…」 でも我慢して待つことに

 店主が「もうすぐ揚がりますので、もう少しお待ちください

入店して待つこと約20分、女性店員が料理を持ってきた。

「お待たせしました。料金はいりませんので、ごゆっくり食べて下さい

「えっ いやいや、お金は払いますよ

「いえ、外で待ってもらって、店内でもかなりお待たせしてしまいました。料金はもらえません

 

私は注文を忘れられていたとわかった瞬間も、店主がすぐにやりますのでとお詫びした時も、

その人の顔も見ずに、あからさまに嫌な顔をしていたと思う。

お店側は自分たちの失敗に対し、相当な覚悟で無料を提示したと思う。

料理が出てくるまでの長くて短い時間私は店員さんの動きや表情を観察した。

とてもきびきびした動きに、お客さんを迎える時も送り出す時も大きな声で気持ち良い挨拶。

料理もボリュームたっぷりでこれまたうまい。

他のお客さんの出てくる料理を見ていても、どれもおいしそう。

隣の客の刺身定食はネタがぶ厚く新鮮なお造りに「次来た時は、これを食べたい」と思ってしまうほど。

 

料理を食べ終わると女性の店員さんがやって来た。

「今日は本当にお待たせして申し訳ありませんでした。お代は結構です

「そんな訳にはいかない。おいしく頂いたのでお支払いします

今度は店主が飛んで来て、深々と頭を下げ、謝罪の言葉が…

 

私は、おふたりに言った。

「お支払いはさせて下さい。その代わりに3つの条件を聞いて下さい。

一つ目は、今日初めてこのお店に来て気に入ったので、また来たい。だから私の顔を覚えておいて下さい

二つ目は、今日注文を誰かが忘れたのでこの様になってしまったが、その人を責めないで欲しい。

三つ目は、私がみなさんにあからさまに嫌な顔をしてしまったはず。どうかお許し頂きたい」

 

わかりましたと言って、料金を受け取ってもらった。

お互い名刺交換をして店を出た。

1時間ほどでの出来事だったが、いい経験ができ、逆にいい勉強になった。

近いうちに行って、覚えてもらっているか確認に行こうと思っています

 

コメント

賞与面談

2019-07-01 07:41:27 | Weblog

入す。

今日から7月に入りました。

今年も半分が終わり後半戦です。

エンジン全開モードで駆け登りたいものです。

 

さて、先週社員に夏季賞与を支給しました。

今回も10項目の質問事項を専務が考えてくれ、事前に社員に渡し、

書き込んでもらったものに対し、一問一答形式で面談を行いました。

最終10項目目の質問が、

あなたは何のために成長しますか そのために何をしていますか

この質問に至るまで、1~9項目目までがストーリー仕掛けになっています。

今回も私の予想を超えるような様々な答えが返ってきました。

面談は社員の考え、成長度合い、今後の各自の目標などが伺える最高の機会であり、

とても楽しみな時間です。

社員と目標や夢の共有ができること とても大切にしています。

 

また賞与を支給した夜には、社員のお嫁さんから私の妻に電話が入り、

妻も楽しそうに話をしている様子を側で感じながら、いい会社になったのかなと、

ほのぼのした気持ちに包まれます すべてが社員のお陰であり、成長の賜物です。

コメント

矢野阪神監督の想い

2019-06-27 12:50:30 | Weblog

大隅です。

じめじめした朝です

日課である朝の掃除で大量の汗をかきました。

これから9月末までの約3か月、暑くて苦手な夏がやって来ました。

 

ヤフーニュースの記事に目が行きました。

矢野監督の気持ちが痛いほどわかります。

監督はすべての選手をくまなく見ている。

もちろん選手の状態を見て、適材適所で出番を与え、チームを勝利に導きます。

それが監督の仕事です。

 

私は子供の頃から地元阪神タイガースファンです。

鳥谷のことも応援しています。

しかしここ数年は成績も振るわず、レギュラー→控えに回るようになりました。

代打での起用が増えていますが、最近はチャンスに出て来ても、あっさり凡退。

悔しい顔のひとつもせず、すごすごとベンチに引き上げる姿を見て、こちらが悔しくなります。

それでもチャンスで「代打鳥谷」とアナウンスが流れると球場内が割れんばかりの拍手と歓声に包まれます。

それでも鳥谷の練習量は半端なく凄く、若手の選手の面倒見も人一倍だと聞きます。

 

頑張っている選手をいい場面でなんとか活躍させたいと、監督であれば当然思います。

鳥谷ほどの選手ですから、もう一度花を咲かせて再生させたい。

矢野監督の想いであり、愛情であり、使命でしょう。

ただプロの世界は結果がすべて。

 記事には、年俸4億の5年契約最終年と書いてあります。

この成績で年俸4億

 

今季活躍ができなければ、球団から戦力外通告か自ら引退の道を選ばなければなりません。

悩んでいるのは鳥谷自身だけではなく、監督はそれ以上に責任を感じ悩んでいると思います。

この記事を読み、私も会社のトップなので、矢野監督の気持ちが痛いほど突き刺さります。

しかし、選手自身が奮起して結果を残すしかない 言い訳無用 

甘えが許されないのは、どの世界も同じです。

 

コメント

顔晴る

2019-06-18 15:02:06 | Weblog

大隅です。

先日、以前から気になっていたうどん屋さんに行き、天ざるうどんを頂きました。

お店に入ると、スタッフの「こんにちは、いらっしゃいませ」と感じのいい笑顔でのお出迎え。

麺は太麺でこしがあり、天ぷらもさくさくで、とてもおいしかったです。

味も接客も最高級でした。

壁には「お約束」という額が掛けられており、読ませて頂き感動しました。

私の会社の理念と重なるところもあり、お店の想いも料理と併せて伝わりました。

また是非来て、次は違う料理を食べ舌鼓を打ち、幸せな気分を満喫したいと思います。

最後の「初心を忘れずに顔晴る」という言葉、心に響きました。

最後は卵かけご飯で締めました。

 

コメント

朝礼

2019-06-18 08:57:54 | Weblog

大隅です

昨日の全体朝礼で私の番がやって来ました。

以前のスピーチとは異なり、発表者が質問数点を考え、

社員全員にその質問に答えてもらうというスタイルです。

もちろん答えてもらった後、発表者である私もその質問に答えます。

一部の社員だけではなく全員に応えてもらい、聞くだけではなく、

参加してもらうのが目的です。

答えてもらう質問を数点考えました。

1.やると決めて守り続けていること

2.やると決めて守れず途切れたこと

3.やりがいを感じた時 感じられない時

4.最近感動したこと 幸せを感じる時 達成感を味わえた時

5.自分のここが好き ここが嫌い

6.これだけは他人に負けないところ 誇れるところ

7.尊敬する人は誰?なぜ?

この7点の質問に対し、瞬時に当てられた人が答えるのですが、

はっ!と思うような話や感動する話をしてくれる社員がおり、

とても素晴らしい気付きをもらえます。

社員の瞬時の答えを聞き、お互いのことを深く知り合えるこのスタイルでの

朝礼は斬新で、より学び合えるものになっています。

答えてもらった話を聞き、社員の成長を実感できるのも良いところです。

コメント

社長就任11周年

2019-06-10 07:37:59 | Weblog

おはようございます。

大隅です。

今日、社長就任11周年を迎えました。

先程、工場長が出社の挨拶の時に「社長就任11周年おめでとうございます!」

との言葉をプレゼントしてくれました。

覚えていて声を掛けてくれることが何よりうれしい

こういう気配りができる社員をひとりでも増やし育てて行くことこそが、

会社が成長する近道である。

 

コメント

熱い想い

2019-05-30 11:30:17 | Weblog

大隅です

昨日の阪神対巨人戦

延長12回裏にドラマが

高山選手が代打逆転満塁サヨナラホームラン

グランドを1週してホームインすると、チームの選手から祝福の水を掛けられる

頭を上げると矢野監督が目の前に

一目散に矢野監督に飛び付き抱き合う

見ていて目頭が熱くなる

筋書きのないドラマだ。

11回裏にもノーアウト満塁のサヨナラのチャンスをもらいながら、

ベテランの鳥谷・糸井が決められない。不甲斐ない。

実力以上の力を引き出し、発揮させる舞台を作り出すのが監督の仕事。

選手を信じて起用するから、選手はその期待に応え結果を出す。

昨日のゲームのように、ここぞという時に試合を決めるのがプロの仕事。

 

先日の矢野監督のインタビューでのコメントが心に響いた。

「阪神の監督になるのは、家族は反対だった。苦しくてしんどい思いをするだけだ。

しかし僕は、どうせ苦しくてしんどい思いをするなら、その状況を楽しみたい

重い言葉だ。

「苦しい時に、いかに楽しむか」なんて、そんな余裕など私には今まで1度もなかった。

 

矢野監督の人柄がチーム環境を変え、選手の心を動かす。

だから今年のタイガースは活気があり、チームが一つになる。だから強い

こんなチームのような会社にするのが私の目標だ。

要は、苦しい状況をいかに楽しめるかだ。

コメント

経営計画発表会

2019-05-20 19:29:35 | Weblog

大隅です

昨日5月19日(日)アートホテル大阪ベイタワーにて、

経営計画発表会を行いました。

会社は今期、創業55年、設立30期目を迎えます。

顧問税理士さんとコンサルの先生にも参加してもらいました。

第1部は、私が前期の決算報告と今期の経営計画発表

第2部は、各部門の責任者が今期の行動計画発表と決意表明

第3部は、ホテルの最上階51階のスカイビュッフェで懇親会

第2部での部門長の発表がすごくて、レベルの高さを実感

またまた成長している社員達

今期も楽しみで仕方ない

コメント

新天井クレーン

2019-05-13 08:00:17 | Weblog

大隅です。

去年9月4日の台風21号で吹き飛ばされた第2工場の天井クレーンが、

新しく蘇って戻って来ました。

昨日12日(日)朝7時半~夕方6時の間で、新品クレーンが設置されました。

これで本社屋の屋根のオーバーホールと第2工場で欠落した天井クレーンが戻り、

益々会社が加速して発展して行きます。

費用はかなりかかりましたが、それを超える活躍をしてくれると思います。

人材も設備も補強完了です。

コメント

新しいスタート

2019-05-06 11:47:23 | Weblog

大隅です。

今日は5月6日(月)10連休の最終日です。

明日から新元号「令和」での仕事初日になります。

 

私の会社の給料の締め日は19日ですので、今月の仕事稼働日は、4月20日~5月19日なので、

社員が仕事をする日数は16日。16日/31日で、1ヶ月の半分です。

国の政策の元、休日を増やし国民の消費を促す。経済政策での消費増大です。

一般のお店はかき入れ時とばかり売上も増えるが、企業は休みなのでもちろん売上ゼロ

 

私の会社での売り上げは月末締めなので、稼働日は今月は20日。20日/31日です。

3日間で休みが1日。

休みの間に仕事をしている。そんな感じがして仕方がありません

かと言って、売上を落とすことはできないので、いかに稼働日に凝縮して数字を上げて行くかが、

重要なポイントになります。

私は経営者なので、10連休中の半分は会社に来て、資料の整理や経営分析帳票に4月の数字を打ち込んで、

今期スタート月の4月の業績状況を確認しつつ、細かい数字のチェックをしています。

私達はプロなので、「休みが多かったので売上や利益が少なかった」などの言い訳は通用しません。

令和最初である稼働日の少ない5月の数字をいかに作っていくかが課題です。

幸い、今期最初の4月が好発進できたので、この勢いそのままに突き進みたいものです。

 

明日は10日振りに社員の顔を見ることができます。

4月22日から新たに迎えた新戦力と共に、明日からまた楽しく刺激的に仕事ができることに

ワクワクしながら、仕事を早くしたいとムズムズしている私です。

しかし10連休はやはり長すぎるなあ

 GW明け4日仕事をして、また連休だ

コメント

補強工事

2019-05-01 11:29:01 | Weblog

大隅です。

私の会社は、27日(土)より10連休です。

今日は令和元年の初日5月1日、10連休の真っ只中です。

新しい元号の元、新しい時代がスタートします。

今年は新天皇即位ということで、GW10連休という強烈なことになっていますが、

今年は世間の流れで仕方がないのかなと思います。

しかし正直なところ、経営者としては長過ぎる休みだと思っています。

 

さて、先日、去年9月4日の台風21号で被害を受けた本社屋の屋根の補強工事をしました。

去年10月末に台風で吹っ飛んだ屋根の補修工事は終わりましたが、

屋根の傷みがひどいとの指摘もあり、鉄材を上から二重に張り、完全オーバーホール。

屋根の明り取りもすべて新しい物に交換しました。

これで去年並みの台風が来ても安心です。

会社は、社屋も組織も補修・補充ではなく補強が肝心ですね。

コメント

夢が叶う うれしい出来事

2019-04-25 10:51:37 | Weblog

大隅です。

 今週の月曜日から新戦力が加入しました。

以前、現役の工業高校の生徒で、アルバイトとして1年間頑張ってくれていた19才の子です。

訳あって、高校卒業後に建設会社に就職しましたが、私や仲間である社員達が、

どうしても一緒に仕事がしたいと、この1年間ラブコールを送り続け、

本人も大隅自動車に戻ってみんなと仕事がしたいと、相思相愛で実現しました。

彼が勤めていた建設会社は、私の会社と比べるのも失礼なぐらい立派で大きな優良企業です。

ですが、私の会社の社風や会社や社員の質では負けないと私は思っていますし、

何より、全社員が彼を愛しています。

彼は高校卒業後も、建設会社での仕事が終わった後、数回遊びに来てくれました。

今までこんな子はなかなかいませんでした。

アルバイトで仕事をしてもらっていた時も、礼儀正しく、仕事もとてもできる子でした。

 これからの会社の成長に絶対必要な人材であり、彼を戻さないと私は一生後悔すると、

辞めてからもずっと思い続けていました。

早期に是が非でも必ず何としても戻すという私のわがままであり執念でした。

私だけではなく、専務や工場長も水面下でいろいろとやってくれていたようです。

 

 今回の復帰劇を例えていうなら、数年前に中日→阪神の新監督として就任した星野監督が、

FA宣言をした広島の金本選手に「優勝するためにお前が必要やうちに来い」という強引さ。

そんな感じでしたが、兎にも角にも私と社員の「こいつと一緒に仕事がしたい」という夢が叶い、

こんなうれしいことはありません。

建設会社を辞める決断を19才の若い子がするには、相当悩み抜いたことだと思います。

彼の想いを無駄にする訳にはいきません。

私の会社は、益々これから更にいい会社になります。

こんな幸せの連鎖が身近に感じ広がる。社長冥利に尽きます。

 

コメント

かにバスツアー

2019-04-01 09:51:14 | Weblog

大隅です。

先週の土曜日のお昼12時に会社を出発し、毎年恒例の1泊かにバスツアーに行って来ました。

私の会社では秋に社員旅行、冬にかに旅行と年2回、社員に楽しんでもらうよう企画しています。

毎回私の妻が、旅行会社や食事場所などを色々と調べ、日程・行程すべてを計画してくれています。

今年は、兵庫県香住町佐津の旅館「にしたにや海華」さんに行きました。

毎年色々と調べ、違うお宿に行きますが、この旅館は4年前に行き、今回で2回目です。

かに料理もボリュームたっぷりで味も良く、旅館の造りが純和風でとても落ち着きがあります。

玄関を入り石畳を抜け、宿の入り口まで、とても風情を感じるいいお宿です。

若女将とお話をする機会がありました。祖父が創業して3代目と聞きました。

26才と聞き、若くて驚きましたが、3年前にご両親が相次いで亡くなり、

勤め先の会社を退職し、3代目として3年前から引き継がれたと伺いました。

2代目経営者のご両親が共にがんを患い、残念ながら2人続けて亡くなられた時に旅館を畳もうかと、

相当迷ったそうです。

しかし予約をして頂いているお客様を裏切れないという想いで、続投を決意したそうです。

当時の苦労も大変だったと聞き、若いのに旅館を切り盛りしている姿に感動しました。

 

到着後、早速温泉につかり、みんなでわいわいがやがや。

6時からの宴会に先立ち、私が今期の総括と来期の方針と計画を発表しました。

次いで会長の挨拶→専務の来期の新構想やみんなへの想いを告げ→乾杯しました。

この日は、年度末最終の日でしたが、お休みを頂き、私の「社員孝行の日」としました。

今年は私の父である会長も一緒に、社員みんなで出かけることができました。

毎日頑張ってくれている社員に感謝を形に、毎年、秋の社員旅行に冬のかに三昧バスツアー、

そして年6回の食事会である慰労会を欠かさず実施しています。

会社の業績を上げ続け安定させるだけではなく、いかに社員に豊かな生活と幸せにできるかが、

私の使命であり目的です。それができてこそ、本来あるべき姿になると思います。

社員が宴会でうれしそうにしているのを見て、さらにいい会社になったように感じます。

先程、新元号が「令和」になったようです。私の会社も今期生まれ変わります。

コメント

賞与面談

2019-03-27 19:00:08 | Weblog

大隅です。

今週、月曜火曜の2日間、社員と面談をしました。

私の会社は3月決算ですが、社員が頑張って業績を上げてくれているので、

リーマンショック以降、毎年夏・冬・決算時の年3回支給しています。

賞与支給時にすべての社員と個別に面談をします。

雑談も交え、いろいろな話をしますが、毎回社員の成長を実感します。

話をするのが非常に楽しみで、話に花が咲き、あっという間に時間が過ぎます。

もちろん頑張って貢献してくれている社員、会社を愛してくれている社員、

情熱を持って仕事に取組み続けてくれている社員には、しっかり評価します。

自分の「命」や「時間」を削って働いていますという社員もいました。

社員の想いや夢や人生観を聞けるのも、楽しみのひとつです。

 

今回は、会社や私からどんなことをしてもらったらうれしいですか?

との質問も投げかけてみました。

いろいろな答えが返って来ました。

私も、皆さんからこんなことをしてもらったらうれしいですと、リクエストもしました。

私と社員の距離が縮まることも、この面談の目的でもあります。

もちろん「私の今年の抱負」でもありますが、「もっと社員のことを知りたい」につながります。

 

もうひとつの楽しみは、賞与を支給した日の夜に、社員の奥さんから私の妻宛てに、

お礼の電話が入ることです。

妻が社員の奥さんや子供さんと話ができる数少ない機会なのです。

電話を切った後、話した内容をうれしそうに話をしてくれるのも、

私がうれしいなあと喜びを感じる瞬間です。

「すごく喜んでくれてたわ」と妻もまたご満悦

それも私にとっては何よりの幸せ

賞与を支給した社員が喜んでくれて、社員の奥さんから喜びの電話が入る。

喜びの輪が広がり、笑顔の連鎖

よりいい会社になったのかなと、うれしい気持ちでいっぱいです。

社長冥利に尽きます。

コメント

人が育つ中小輝業

2019-03-11 15:18:33 | Weblog

大隅です

3月5日号の中小企業家しんぶん掲載の記事、

「社員と共に育つ同友会型企業をつくる」

良かったのでアップしておきます。

最後に私の会社の広告を載せておきます。 

 

「まだここにない未来は自分たちで創る」

これも実にいい  

コメント