ツーデフ奮闘記

中古トラック・中古トラックパーツ販売の(株)大隅自動車商会です。
http://www.o-sumi.net/

賞与面談

2019-03-27 19:00:08 | Weblog

大隅です。

今週、月曜火曜の2日間、社員と面談をしました。

私の会社は3月決算ですが、社員が頑張って業績を上げてくれているので、

リーマンショック以降、毎年夏・冬・決算時の年3回支給しています。

賞与支給時にすべての社員と個別に面談をします。

雑談も交え、いろいろな話をしますが、毎回社員の成長を実感します。

話をするのが非常に楽しみで、話に花が咲き、あっという間に時間が過ぎます。

もちろん頑張って貢献してくれている社員、会社を愛してくれている社員、

情熱を持って仕事に取組み続けてくれている社員には、しっかり評価します。

自分の「命」や「時間」を削って働いていますという社員もいました。

社員の想いや夢や人生観を聞けるのも、楽しみのひとつです。

 

今回は、会社や私からどんなことをしてもらったらうれしいですか?

との質問も投げかけてみました。

いろいろな答えが返って来ました。

私も、皆さんからこんなことをしてもらったらうれしいですと、リクエストもしました。

私と社員の距離が縮まることも、この面談の目的でもあります。

もちろん「私の今年の抱負」でもありますが、「もっと社員のことを知りたい」につながります。

 

もうひとつの楽しみは、賞与を支給した日の夜に、社員の奥さんから私の妻宛てに、

お礼の電話が入ることです。

妻が社員の奥さんや子供さんと話ができる数少ない機会なのです。

電話を切った後、話した内容をうれしそうに話をしてくれるのも、

私がうれしいなあと喜びを感じる瞬間です。

「すごく喜んでくれてたわ」と妻もまたご満悦

それも私にとっては何よりの幸せ

賞与を支給した社員が喜んでくれて、社員の奥さんから喜びの電話が入る。

喜びの輪が広がり、笑顔の連鎖

よりいい会社になったのかなと、うれしい気持ちでいっぱいです。

社長冥利に尽きます。

コメント

人が育つ中小輝業

2019-03-11 15:18:33 | Weblog

大隅です

3月5日号の中小企業家しんぶん掲載の記事、

「社員と共に育つ同友会型企業をつくる」

良かったのでアップしておきます。

最後に私の会社の広告を載せておきます。 

 

「まだここにない未来は自分たちで創る」

これも実にいい  

コメント

抱負

2019-03-11 12:43:00 | Weblog

大隅です

今朝の朝礼でスピーチの番が私にもやって参りました。

以下はスピーチした内容です。

 

今回のテーマは、今年の抱負と改善です。

抱負の意味をまず調べました。

「心の中に持っている計画・決意」とありました。

私自身、まあ良く言えば細かい所まで気が付く。

悪く言えば細かいことを結構気にする性格。

会社のことを思えば、ビジネスチャンスを取り逃がさない。

悪く言えば、口を挟み過ぎる傾向にあります。

 

去年から改善に取り組んでいる、割り切りと切り替えを大切にし、

引きずらず、おおらかに生きたいと思います。

社員との関係で言えば、もっと分け隔てなくいろんな話がしたい。

要はコミュニケーションをもっと図りたいということ。

社員の皆さんの中には、自分の個人的なプライベートのことを

あまり話したがらない人もいます。

その人とも今年はフランクに付き合いたい。

距離を縮じめることが目的です。

まあ、無理をしてもお互いが不快な思いをしても意味がありません。

希望としては、そういうタイプの人から私に話かけてもらえるよう、

より親しみやすい社長になることも課題であり、それも抱負なのでしょう。

そう考えていく内に、抱負=改善とも考えられますね。

 

個人的には、割り切って即切り替えられる思考ができると、くよくよしない、

引きずらない、ポジティブに生きていける、楽しい。

まさにいいことだらけです。

私はよく失敗したことをいつまでも悔やみ、ある意味しんどい時間を長く作ってしまうので、

もったいなく無駄な時間を費やし、損な人生を歩んで来ました。

なので、これからはおおらかに生き、皆さんとも一歩踏み込んで、新しい関係

作りができれば最高です。

 

抱負とは何度も言いますが、「心に持っている計画・決断」です。

妻とも仲睦まじく、社員との距離を縮めてより親しく、親孝行をしっかりやる。

気さくで気持ちのいい人という印象をより強く持ってもらえるよう努める。

そして、より充実した楽しい人生、幸せを実感できる瞬間をたくさん手に入れ、

有意義な毎日を送りたいなと思います。

         人生楽しく生きて、幸せいっぱい

コメント