仏教を楽しむ

仏教ライフを考える西原祐治のブログです

妻の日の愛のかたみに

2021年09月28日 | いい話

法話メモ帳より

 

大映映画 「妻の日の愛のかたみに」 (1965) 若尾文子, 船越英二, 

映画あらすじ

 

歌人の池上三重子が記した同名手記をもとに、木下恵介が脚色し富本壮吉がメガホンをとった愛の物語。難病に冒された若妻が愛をまっとうするために下した決断とは。

 正之と千枝子は昭和28年に見合い結婚をした。千枝子は九州の柳川に嫁ぎ、小学校の教師として働いていた。しかしある日、千枝子は指に痛みを感じチョークを取り落としてしまう。痛みはやがて全身に広がり、関節リウマチと診断される。正之の母は世間体を気にして離婚を勧めるが、正之は別府国立病院に入院した千枝子を必死に看病した。九州では子供を産めない嫁とは離縁するという風習が根強く、千枝子は自分が妻にふさわしくないのではと思い悩む。千枝子は正之に離婚を申し出るが、正之はそれを拒み続けるのだった。(以上)

 

 

池上三重子、幸せ一杯の結婚生活の四年目、悪夢の様な多発性関節リュウマチに悩まされ、それ以後の人生を生ける屍の様な重病にあえいだ三重子さんは、悩み考えた末に、夫を愛するがゆえに別れることが、ただ一つ残された愛の行為と、夫の頼みをふり切って妻の座を捨てました。ところが、夫にとってよかれと願った離婚でしたが、再婚の話を告げられた時に、思いもかけず、自分のいう通りになった夫に対する憎しみ、まだ見ぬ二度目の妻に対する嫉妬で、三重子さんは一年間苦しみぬいた。そんな自分を、「無明の闇」と表現しております。しかしながら、この人生につまづき、涙を流す彼女を照らし、護り励ます如来大悲との出遇いは、やがて彼女の心の傷をいやし、以後の人生を明るく謝念あふれる言葉が綴られていきました。池上三重子さんは2007年(平成19年)3月27日、83歳で逝去されています。

 

『妻の日の愛のかたみに』(池上三重子著)より抜粋してみます。

 

今、私は、全関節をほとんど冒されているのです。同じリウマチ患者が、二十年も三十年も、それ以上の年月をついやしてゆっくりゆっくり進行する病勢が、私の場合は、ばたばたとたてつづけに、四、五年でこうなってしまいました。

 最後のよりどころである両顎関節でさえ、もう後わずかを残すのみの機能の自由です。阻(そ)しゃくと言語、それの閉ざされる未来は、かなしいことですが、確定的な歩みで迫って来ています。

 

彼の幸福を希望するのが本心ならば、真に真に彼を愛するならば、私は、積極的に彼の愛を私から引き離さればならないのだ。私の、愛ならぬこの愛執を断ち切らねばならないのだ。私は、真剣にその方法を模索し始めたのだった。

 

だから私は、純粋な、ひろい愛情で彼を愛することができるのだ。この命のある限り、この愛のにごりなさは不変である‐と、信じきり疑う余地はなかった。

 ところがそうではなかった。

 予想することのできなかった新しい混乱が私を襲ったのである。

 私は、彼に早く後の妻を迎えることをすすめた。離別のときもそれを彼に言い、彼の母に頼んだ。そうさせる為にのみ、私は妻の座を去ったのである。

 それなのに、来るなと言っても来づつける彼の口から、ぽつぽつと後の妻の俟補についてのあれこれを聞きはしめたとき、羨望と嫉妬と憎悪が、思いがけなく、むくむくと頭をもたげて、揺り覚まされる女心を感じた。どこに、いったい私のどこに潜んでいたのであろうか? 今ここに見ている一人の女の狂態のおぞましさはまさしく私に他ならないのだ。(以上)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

父の涙

2021年09月27日 | 浄土真宗とは?

法話メモ帳より

 

 

太田信隆 (奈良・誓興寺住職、*龍谷大学講師)*当時 30年前の『大乗』掲載

 

数年前のことです。ある放送局の人が奈良の唐招提寺へ取材に行き、「鑑真の坐像はどこにありますか」「鑑真の墓はどこですか」というようなことを尋ねました。応待した坊さんは「鑑真和上は私たちの寺のご開山です。鑑真和上を呼び捨てにするような人の取材には応じかねます。どうぞお引き取りください」といったそうです。私はこの話を聞いて、これがまともな坊さんであると思いました。

  歴史の本や伝記には「日蓮」と書かれてはいましても、日蓮聖人の教えを信じている人たちは、めったに尊称をつけずにその名を呼びません。たいてい「日蓮大聖人」といっています。天理教の信徒は中山みき教祖のことを「親さま」といいます。天理教の本部に行って「中山みき」と呼び捨てにしたら、正当な扱いは受けられないでそう。

ひるがえって私たちの教団を見ますと「彼、親鸞がいっているようにー」とか、「蓮如がどうしたー」とか、書いたり、いったりし、それがあたりまえのようになっています。

 明治より前の真宗関係の書きもので、祖師や歴代の宗主を敬称をつけずに記したものは見当たりません。先月号に書きましたが、蓮如上人は祖師のことを「親鸞聖人とことばに出すのは実名を申すことになり、まことに恐れ多いことである。祖師聖人と読む。開山聖人と申すのが最もふさわしい」といわれました。

 「聖人」「上人」という敬いの気持ちをこめた尊称・敬称をつけずに呼ぶようになったは、明治以降です。呼び捨てにするのが近代的であり、また客観化し、学問的であると思ったようです。(中略)

 

実は私には、生涯忘れられない“出来事”がありました。学生のころです。

  父が庭に植えた權木の手入れをしていました。私はそばにたたずんで父と話をしていました。浄土真宗の教えの話になりました。私は話に熱中していました。

「お父さん、歎異抄にあるあの親鸞のことば彼のほかの著述には出ていないですよ」「…………」「…………」 

「法然の思想をそのまま親鸞が受けついでいるのだと思います」

 学校で教わった知識をふりしぼって私は父に話しました。

父の返事がありません。ついさっきまで受け答えしていたのに、何もいわなくなりました。ふと父の顔を見ました。目に涙をためていました。沈黙が続きました。

「お前、いつの間に偉くなったのか……」

 めったに皮肉などいわない父が、つぶやくようにいいました。

「私はな、ご開山のおかげで、こうして寺にいて、ご飯を食べさせてもらっている。お前とて 同じこと。生活させてもらっているだけでもありがたいのに、お念仏のご法義を聞かせてもらた。もったいないことや。……さきほどからお前は『親鸞』、『親鸞』といっている。なぜ、どうしてお前は『親鷽聖人といえないのか』

父の涙を見だのは初めてでした。ショックでした。私はじっと心をおさえていいました。

「でもね、お父さん。仏教学や真宗学の先生も『親鸞』というています」

「ああ、そうか。そうかもしれんな。そういう方はそれぞれのお考えがあって、そうおっしや っているのだろう。私はな、呼び捨てにはでき―」

 父は肩をふるわせていました。

 それから四十有余年、あとにもさきにもただ一度だけ見た父の涙と、このことばを思い出すのです。(以上)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白隠禅師の念仏問答

2021年09月26日 | 浄土真宗とは?

法話メモ帳より

 

 

ある日のこと。白隠禅師がお寺で法話していたときのこと。その聴衆の中に、一人の念仏信者のお爺さんがありました。禅師の話を聞きつつ、しきりに小声で、お念仏を称えていた。禅師は法話を終えてから、その老人を自分の居間に呼んで、試みに念仏の功徳を尋ねてみた。

「いったいお念仏はなんの呪いになるか」

その時に老人は、「禅師、これは凡夫が如来になる呪ないです」といった。白隠は、「その呪いはいったい誰が作られたか、阿弥陀さまはどこにおられる仏さまか。いまでも阿弥陀さまは極楽にござるかの」

といって、いろいろと念仏信者の老人を試した。老人は、「禅師さま、阿弥陀さまは、いまお留守です」と答えた。留守だという不思議な答えを聞いた白隠は、さらに、「しからばどこへ行ってござるか」と追及しました。その時老人は、「衆生済度(しゅじょうさいど)のために、諸国を行脚せられています」と答えました。そこで禅師は、「では今ごろはどこまで来てござるか」と尋ねた時に、その老人は静かにこういいました。

「禅師さま、阿弥陀さまは、ただ今ここにおいでです」

といって、老人はおもむろに自分の胸に手をあてたのでした。これにはさすがの白隠も

スッカリ感心した。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

親孝行

2021年09月25日 | いい話

法話メモ帳より

 

親孝行

 

江州にすむ、近所でも評判の孝行むすこが、遂に殿さまに見出されて、御ほうびをうけた。江州一の親孝行という折紙がついたのである。

ところが、信州の方に日本一の親孝行なるものがいるといううわさを聞いた。そこで、「日本一とはいったいどんな男だろう」と江州の男は信州へその男をたずねてみることにした。

 やっとのことでたずねあてると、年老いた母親だけがいて、むすこは不在だった。山へたきぎをとりにいっているが、まもなくかえるから、よかったらかえるまで待てと母親はいう。そこでしばらく待っていると、むすこがたきぎを背負ってかえってきた。

 毋親はむすこを見るといそいで土間にとびおり、だきかかえて背中からたきぎを下ろしてやり、わらじをぬがせて足を洗ってやる。終ると今度はゆかに寝かせて、つかれたであろうとせっせと足腰をもんでやる。

 母親が一生懸命になってむすこの足をもんでやっているさまを見て、江州から来た男は「カッ」と腹がたった。「何だ、この大かたりめ。母親に足をもませるとは何たる親不幸。これが日本一とは、全くとんでもないことだ」

 江州の男はいったん、あとをも見ずに立去ったが、また途中で思いかえしてあともどりしてきた。そして信州のむすこに聞いてみた。

  「あなたは日本一の親孝行といわれているそうだが、どうしてそういわれるのか。その秘訣を聞きたい」

 信州のむすこは答えた。

  「私は親孝行がどんなものか全くしりません。だからどうして日本一かわかりませんが、ああやって山からかえると、母親が足を洗ったり、腰をもんだりする。そうしてもらうと、母親がたいへんきげんが良いものですから、まあ。いわば仕方なしにそうしてもらっている」とのこと。

信州のむすこには、親孝行という意識が全くない。ただし母親の喜ぶようにしている。これに引きかえ、江州の男は「親孝行とはこうあるべきだ」固定観念があった。(以上)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

餅の値引き

2021年09月24日 | 日記

法話メモ帳より

 

餅の値引き

 

落語の「こんにゃく問答」の原型の話。

 

 ある禅寺へ行脚僧がやってきて、和尚に面会を乞うた。これは何だか怪しい奴と思った取り次ぎの小僧、「和尚さんはいま留守ですが。御用なら私が承りましょう」というと「小僧ではしょうがない。また出直すか」と立去りかける。小僧は「馬鹿にしないでください。なりは小さくとも。知恵は大きい。大概のことは間にあいますよ」とおっかけた。

 そこで、その行脚僧、小僧をちょうとからかってみたくなり、小僧の前に手をぬっとつき出し、人さし指と親指で丸い輪をつくって見せた。すると小僧すかさず、大手を拡げて見せる。

 「むむ、これは面白い小僧だ」とばかり、その僧、調子にのって、今度は指一本を前に出すと、小僧はすかさず五本の指を出す。

 「うーむ」と内心感心しながら、つづいて指を三本出すと、小僧間髪を入れず、人さし指でちょっと眼の下をおさえてみせる。あまりにもあざやかな応対に、行脚僧、さきほどの高慢ぶりもどこへやら、小僧に三拝、九拝しながら蒼惶(そうこう)と逃げ去ってしまった。

 そして、「恐ろしい小僧もいるものだ。指で丸を作って『お前の胸』はと問うと、すかさず「大海の如し」とくる。「お前の一身は」と指一本で問うと、直ちに「五戒で保つ」と出る。そこで 「三界は」と一歩ふみこむと、間髪をいれず「眼下にあり」ときた。まいった、まいった。とんだ赤恥をかくところだったワイ」とブッブツ。

 一方、物陰でこの様子をみていた肝心の和尚は、何かどうなったのか、二人の行動が一向にわからない。そこで小僧をよび、「一体何をやらかしたのじゃ」と問いただした。

 小僧、しかられるかと思いむきになり、「和尚さん、あれはとんだくわせものの坊主ですよ。あれはきっと、私の実家が餅屋だということを知っていて、値引きの相談にきたのにちがいないのです。だって、「お前の家の餅はこの位か」ときくから「こんなに大きいのだ」というと、三文かいときく、そこで「五文じゃ」というと「三文にまけろ」とケチなことを言う。だから「アカンベー」をしてやったら、コソコソ逃げていったんですもの……」

                                玄山子聞き書きより

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする