「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

記者会見の出席を、事実上、強く差し止められました。いろんなことを考えて、本日は断念いたしました。

2011-12-21 11:20:51 | 福島第一原発と放射能

記者会見の出席を、事実上、強く差し止められました。

腹が立ちますし、悔しいです。

僕自身の立ち位置について、いろんなことを考えて、精密にやっていましたし、

きちんと考えて、対応していたつもりでした。これまでも、対応していたと認識していました。

これまで、このような件については、特にはありませんでしたし。

今回は、制約がかかりました。僕は、言論の自由ということを、深く深く考えます。

制約を無視することも考えましたが、こうしたときに、一時の感情で無理をすることで、大局を見失うことが多いと思います。

とりあえず、今回は断念しました。ただし、断念することで僕にも見えることも多いですし、

実は、自分の船の行き先が、こういう嫌な状況がおきたことで固まることもよくあるのだと思います。

ある意味、僕のやっていることへの皆さんの反応が大きいことが、こうした事態を招いているようです。

これは、必然と言えます。やっていることがいろんな形で大きくなっていることを示唆していると思います。

きょうの記者会見は、放射能防御プロジェクトの医師ネットワークによるものがメインですから、

僕自身は、会見というスタイルに関して、感覚的になれているため、そのサポートをすることと、

橋下市長に関しての問いかけを話す以外に特に内容はありません。

しかも、その内容は、医師の意見と違って、中身は単純な話ですし、新規なものはありません。

元々、会見での役割は大きなものではなかったのです。

だから、ここの会見に僕が出て話すことよりも、ひょっとすると出られなくなったということ自体が、大きな意味を持つこともあるかもしれません。

そして、僕は大きな流れに身を任せて動いているので、今回の奇妙な事態も、似たりよったりな気がします。

僕の意思よりも、大きな流れの中では、その流れで、行くべきところに行くだけのような気がします。

ちなみに、僕が話そうと思っていた内容は、下記のとおりです。前にも出しているような中身ですが、念のため、書いておきます。

======================================================

 

橋下徹市長様

このガレキ受け入れ問題は、放射性物質というものをどう考えるのかということです。

放射性物質は毒の強い花粉、青酸カリよりも毒のある粉塵のイメージです。

この放射性物質が大量に降下したエリアは、相当ひどい汚染状態で、東京ですらウクライナのキエフ並です。

ガレキのある東北地方の宮城・岩手も東京と同程度かそれ以上に汚染されています。

こうした、エリアのガレキには大量に放射性物質があり、運搬、処理することで運ばれてきて、
処理した地域が確実に汚染していきます。

東日本のかなりのエリアが汚染されている以上、放射性物質を、汚染されていない地域にもってこないことは、
その場所を守るだけでなく、東日本に安全な食料を供給する支えを守ることにもなります。


東京が、首都であり続けるのかどうかさえ、実は困難かもしれません。放射能に汚染された街は衰退するのが普通の話です。そうした場合、日本の大きな要となるのは、大阪です。


あらたな日本を、この大阪から作り上げるためには、
この放射性物質を受け入れない姿勢を示すことこそ、実は大きなポイントになると思います。
放射性物質に危惧し、健康被害を訴える人は増え続けています。これは、世の中の大きな流れとなります。
そこで、基本的には「人を受け入れる。ガレキは受け入れない。」
こうしたことこそ、被災地にとっても、安全な食料や仕事を必要とする人々に対して、提示できることと、思います。

しかも、放射性物質が付着しているものを拡散しないのは国際的な常識です。日本政府にその常識がなくても、橋下市長が、身をもってその見解を示していただければ、新たな日本の希望となると僕は思います。

英断を期待いたします。

木下黄太

==============================================

 こちらは予定通りおこないます。

 

本日午後五時開始予定 大阪 「討論Barシチズン」でトークイベント。
 
放射能被害とガレキ問題について話します。会見に参加した医師も、出席します。
   
入場料:1,000円(フリードリンク)

討論Barシチズン:大阪市浪速区日本橋5丁目14-20
(地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B 出口より徒歩2、3分)
TEL.06-6537-7672
============================================

コメント (56)

東京・汐留。ある企業の中でおきている体調不良の話について。

2011-12-21 02:43:53 | 福島第一原発と放射能
 

きょう午後二時より、大阪市政記者クラブで放射能防御プロジェクトの記者会見を行います。放射能ガレキ問題についての医師からの意見書です。

放射能防御プロジェクト医師ネットワークの三名の医師と僕、大阪在住のお母さんで会見いたします。

橋下新市長に放射能ガレキの受け入れに関して再考を求める会見になります。

いろんな形で、メディア、ネット上で情報が出ると思いますのでご確認ください。http://www.radiationdefense.jp/infomations/20111221pressconference/

 

島田市の講演会も百人を超える皆さんが集まり、ガレキ問題に皆さんの熱い話が続きました。講演の後も、市民や周辺住民で話し合いが続いています。さらに、明日はガレキ問題でゆれる兵庫県の三田市で緊急講演会をおこないます。緊迫した情勢が続きます。

================================================

「木下黄太講演会 in 兵庫三田」

日時:2011年12月22日(木) 13時~15時 (12時半開場)

場所:兵庫県三田市 中央公民館 3階講座室
参加費:500円
 
案内事項:
・定員50名ですので、kodomo311kenkou@auone.jp 宛てに、予約をお願い致します。代表者のお名前、ご住所、当日の連絡が可能な電話番号、参加人数を記入してください。
・託児はご用意できませんが、お子様連れでの参加もお待ちしております。
・公民館の駐車場スペースは大変限られております。できるだけお乗り合わせの上、お越し頂けますよう、ご協力宜しくお願い致します。
 
主催:関西・子供の健康を考える会

=====================================================

志木の講演会で赤羽の土壌汚染について発言した方、メールください。

東京・汐留の企業でおこっていることだそうです。

===================================================

7月中に越谷在住 同僚女性 三十代(汐留勤務) 昼外食、夜は適当に家か外食で特に何も気にせず、
 どこへでも出かけ、何でも食べるタイプ。後頭部酷い頭痛と手の震え発生

今は 改善。
⇒船橋在住 同僚男性 二十代(汐留 勤務)
 タンのからむ酷い咳発生、発熱とまではいかないが1週間ほど酷い体調不良


 <10月>
⇒住まいは不明 同僚男性 四十代(汐留 勤務) マイコプラズマにかかる
⇒新小岩在住 同僚男性(汐留 勤務) 四十代 酷い咳+発熱風邪にて2,3日休み、咳は2週間ほど継続
 <11月>
 ⇒日野市在住同僚男性 三十代(汐留 勤務)
 11月上旬より伊豆にて同様の風邪症状発生、12月上旬まで体調不良+咳はとれず。
 昼パン食、牛乳(北海道)、野菜・肉は北関東は避ける/マスクたまに。
 (奥様は9月下旬に胆石で緊急入院)
 ⇒多摩川近辺在住同僚女性 三十代(汐留 勤務)
 11月中旬より喉の痛み発生(猛烈)、後、タン・咳・発熱(38度)を含む風邪で寝込み、咳はつい先日まで続いた。
 昼はコンビニ(ファミマ)弁当かパンか外食 食、水に対してのケアなし。
 ⇒港区在住同僚男性 三十代(汐留 勤務) 酷い咳
 詳細はしらない
 ⇒その他同僚男性(三十代)・女性(三十代)(汐留 勤務) 酷い咳 (女性 子供3歳はマイコプラズマにかかる)
 詳細はしらない
 ⇒柏市在住同僚男性 二十代(汐留 勤務)酷い咳だが、タンが絡んだ咳でなく空咳(本日まで続く)
 通常 昼は社食かコンビニ弁当、夜は家で。全く気にせず マスクもなし。
 ⇒逗子在住同僚男性 三十代 (汐留 勤務) 2週間くらい気管支炎のような状態が続く。
 通常 昼は社食かコンビニ弁当、夜も同様の食事。全く気にせず マスクもなし。静岡近辺でダイビング趣味有り
 ⇒上大岡 田町勤務友人女性 三十代 リンパ腫れ(2週間) 検査するも特に他に異常はみつからず。
 通常、昼はマイ弁当で夜は外食 全く気にせず マスクもなし。
 ⇒練馬中村北在住同僚 男性 四十代 (汐留 勤務) 1ヶ月ほど体調不良、酷い眠気、急性胃腸炎発生
 通常 社食かコンビニ弁当、夜は外食全く気にせず マスクもなし。ゴルフ趣味有り
 ⇒梶ヶ谷在住 女性 三十代 (汐留 勤務) 朝突然鼻血を出し、その後体調不良にて早退、
 その後1度在宅中に鼻血。生理不順(継続)、12月初旬から現在まで 多量の鼻水から始まり、
 タンのからむ酷い咳・ 発熱(38度)を含む風邪で寝込み、咳は今も続いている。
 通常 昼は社食(うどん+ネギ多量←ほぼ毎日)、夜は家で。全く気にせず マスクもなし。週末は自転車のりで
  一日中外。
 ⇒葛飾在住 女性 四十代(汐留 勤務) 最近良く鼻血が出るといっている
 詳細不明。
 ⇒中延在住 男性 四十代 (汐留 勤務)
 アレルギー 喘息悪化
 ⇒所沢在住 男性 四十代 (汐留 勤務)
 胆嚢炎にて 2週間入院、退院2週間後くらいに咳を伴う風邪症状で休み。

  食等のケアについては不明

※、同僚(遠い立場の人、知らない人なので詳細は不明)一人は急性白血病で、一人は心臓病で亡くなった。

=====================================================

本日午後五時開始予定 大阪 「討論Barシチズン」でトークイベント。
 
放射能被害とガレキ問題について話します。会見に参加した医師も、出席します。
   
入場料:1,000円(フリードリンク)

討論Barシチズン:大阪市浪速区日本橋5丁目14-20
(地下鉄堺筋線「恵美須町駅」1-B 出口より徒歩2、3分)
TEL.06-6537-7672


================================================

クリスマスも話を致します。江東区は都内でも汚染の厳しいエリアです。
最初の定員をすでに上回っていて、いすの配置を大幅に変更し、限界まで受け付けています。残り三十席程度です。

「12/25  木下黄太講演会in江東区豊洲-福島第一原発事故後の今」

日時 12月25日(日)
開場  9時30分 
開演 10時~12時(質疑応答含む)
場所 江東区 豊洲文化センター B1レクホール 
地下鉄有楽町線豊洲駅
東京臨海新交通ゆりかもめ豊洲駅 
徒歩一分

豊洲文化センター専用の駐車場はありません。
近くにある「スーパービバホー厶豊洲店」、「ららぽーと豊洲」の駐車場がご利用できますが、なるべく電車でお越しになることをお勧めします。

参加費:500円
※託児はご用意できませんが、お子様連れでの参加もお待ちしております。
お子様連れで予約をする場合は、何席必要かを書いて下さい。
一席ごとに参加費は必要になります。
よろしくお願いします。

主催:江東区辰巳「放射能と生活を考える会」
寒河江(さがえ)

ご予約(お名前、住所、電話番号、参加人数を記入)、お問い合わせはメールにてお願いします
hskk2011@yahoo.co.jp

当日、スタッフが不足しておりますので、9時からの椅子出しをお手伝いしてくださる方がいらっしゃれば、ぜひご協力お願いします。

===================================================== 

コメント (26)