塚田盛彦のつれづれなるままにサッカー

世界中で親しまれているサッカー。このサッカーをフィルターとして、人間社会の構造に迫っていきたいと思います。

紅茶にもサッカーにも余韻がある

2018-09-26 00:20:28 | 日記
 僕は紅茶をよく飲みます。

 勤務先には弁当と水筒を持参しますが、水筒の中身は基本、水出し紅茶です。

 多くはリプトンやセイロン・ティー・ガーデンズというメジャーブランドのティーバッグですので、ウイリアムソン・ティー、フォションなど茶葉をポットで入れる作業に憧れを抱きます。

 紅茶は緑茶やコーヒーと異なり、ただ飲むだけでは面白みがない、言い換えれば

 何かを食べながら紅茶を味わう
 香りを楽しみ、味を楽しみ、リラックスする

 という点が特徴ではないでしょうか。

 つまりダイエットをしたい方には、おやつも一緒に、というデメリットがあるとも言えます。

 紅茶がおやつと共に楽しむ、と言う観点からみれば、サッカーも観戦のあと余韻を楽しむ、と言う側面があります。

 僕は一人で出かけて一人で帰宅しますが、シャトルバスの中で

 「今日は勝てて良かった」
 「こんなにたくさんの方が観戦に来ているのか」

 と思います。

 逆に敵地から遠征してきた方、電車の中でジャージをすでに着用し、意気揚々とビジター席に着席する姿を見ると、大したものだと思います。

 僕は小心者なので声はかけませんが

 「ようこそ南長野へ」
 「電車でここまでいらっしゃたんですか」

 と思うくらいですからね。

 昨年の天皇杯、対ジュビロ磐田戦を観戦した際も、平日、しかも静岡県から相当の観客が訪れているのを見て、改めて凄いなあと感じました。

 静岡県から長野県は幾重にも連なる山を越える必要があるので、車では凄く時間がかかるんです。

 それをリーグではなく格下の3部クラブのスタジアムに集う、いやはや凄いという言葉が陳腐に思えますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 長野市、それは僕にとって色... | トップ | 改めて考える広島カープとサ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-09-26 18:13:27
ヨーグルト

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事