高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟

世界平和に導く為の語録

農林水産省は、ネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可したが発がん物質である!!

2019-09-21 00:10:00 | 危機です!

農林水産省は、ネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可したが発がん物質である!!

 

アメリカで厳しく使用制限された農薬「スルホキサフロル」が国内で使用許可されることが決まりました。

今回は、
・モンサントの農薬グリホサートの残留基準値を大幅に緩和する。
・EUなどではすでに規制をかけているネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として

   新規登録した。

 農林水産省は12月25日、ネオニコチノイド系農薬の一種である殺虫剤スルホキサフロルを農薬として新規に認可した。

 同剤は、ミツバチへの毒性が強いことから、米国では厳しく使用制限され、フランスでも一時禁止とす予備判決が下されている。

 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン(東京・新宿)も声明を発表し、厳しく批判した。

 また今回問題になっている「スルホキサフロル」を「発ガン性」のリスクがあるとして一部専門家が指摘しているとグリーンピースは述べています。

 

 今回の評価で、スルホキサフロルに遺伝毒性がないにもかかわらず、高投与量とはいえガンの発生を増加させたことは遺伝毒性がない被験物質の発がん性の危険性を評価する際の新たな問題を示しています。


 スルホキサフロルは、(中略)nAchRに対する結合性はラットよりも10倍高いことがわかっているので、人においてはラットよりも強力に何らかの生理作用を有することはまず確実です。

 これらの背景からスルホキサフロルがDNAに損傷を及ぼさない非遺伝性物質であっても、ヒトでがんを引き起こす危険性はこれまでよりもさらに慎重に評価されるべきだと思います。 

 モンサントは“F1種”や“遺伝子組み換え”を推進している企業で、海外では大規模な“反モンサント”デモも行われたりしているようですね。
 ネオニコチノイド系は、ミツバチの減少・生態系への影響で問題になっているので、ご存知の方も多いと思います。

みつばち

スルホキサフロルが使われる可能性のある野菜や食材一覧

strawberry-2460088_960_720

玄米
小麦
大豆
里芋
山芋
大根
白菜
ケール
京菜
小松菜
玉ねぎ
にんにく
ピーマン
トマト
なす
みかん
オレンジ
じゃがいも
甜菜糖
かぶ
キャベツ
レタス
カリフラワー
ブロッコリー
人参
ほうれん草
セロリ
もも
プラム
いちご
アプリコット
アーモンド
ペカンナッツ
菜種
そのほか果物やナッツなど


参考: http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000168526.pdf

 

クックして応援を宜しくお願いします

 

 クックして応援を宜しくお願いします!

 

 

 

  

 

・ペットにも有効です!!

 

・ソマチッドでガン患者1000人の内、750人(75%)を完治させた。 

 

・ソマチットは、免疫や恒常性維持機能を備え「マイナス電子」を帯びていますので、体内にあるガン細胞(プラス電子)の部分に集まって電位をゼロにしてくれます。最低、半年は飲んでください!!

 

お申し込みは、FAX042-361-9202まで・・・郵便番号・住所・氏名・電話番号・病状を明記の上でお申し込みください!! 送料は着払いに成り

 

 

 

 ランキングに参加中。クリックして応援お願いします。  

 

 

人気ブログランキング 

 

 

 

 

 

 



この記事についてブログを書く
« 在日韓国朝鮮人が放送業界を... | トップ |  トランプ支援の苦肉の策で、... »
最近の画像もっと見る

危機です!」カテゴリの最新記事