ルーツな日記

フジロックブログが終わり、
サマソニブログと相成りますがどうぞ宜しく。
サマソニの雰囲気を現地よりお届けいたします!

チャールズ・ネヴィル 安らかに

2018-04-28 18:41:43 | ニューオーリンズ
Charles Neville & Diversity / Charles Neville & Diversity

昨日の朝、何気なくツイッターを開いて、真っ先に目に飛び込んできたのが、チャールズ・ネヴィルの訃報でした。膵臓がんを患っていたそうです。79歳でした。かなり具合が良くないという噂は耳に入っていたので、近々こういう日がくるであろうことは覚悟していたものの、実際にその訃報を目にすると、その喪失感に奈落の底へ突き落とされたような気分でした。もうチャールズのサックスの音色を生で聴くことは出来ませんし、体を揺らしながらパーカッションをカンカン鳴らす姿を見ることも出来なくなりました…。

私が初めてチャールズ・ネヴィルを観たのは、もちろんネヴィル・ブラザーズで、91年に日比谷野音で開催された「ジャンボ・ガンボ・カーニバル」というイベントでした。ネヴィルズの他にはボ・ガンボスとかドクター・ジョンなんかが出演していたと思います。この時のネヴィル・ブラザーズは本当に最高で、圧倒的に素晴らしく、私が生涯観たライヴの中でもベスト・ライヴの一つとして心に刻まれています。91年と言えば、「BROTHERS KEEPER」を出した翌年ですからね。ネヴィルズが最も格好良かった時期ですよ。チャールズ・ネヴィルと言えば、「Yellow Moon」の終盤で、ギターとサックスによる掛け合いがあるんですけど、それがまた格好良いのなんの。チャールズの熱いブロウに野音の場内も大盛り上がりになった時の興奮を、今でもはっきりと覚えています。あれ以来、私にとってネヴィルズのライヴの見せ場と言えば、その最高峰はいつだって「Yellow Moon」のチャールズ・ネヴィルだったんです。

その後、ネヴィル・ブラザーズは来日する度に見に行きました。93年は中野サンプラザ、96年は渋谷ON AIR EAST 、08年は水道橋のJCBホール、そして09年のフジロック。ネヴィル・ブラザーズはいつだって最高でしたし、チャールズの吹くサックスの独特のメロディは常にネヴィル・ブラザーズらしさを彩っていました。あと2012年には、アーロン・ネヴィルのソロ来日公演にもバンドメンバーとして来てくれて、その時のライヴもとても印象的でした。ちなみに上の写真は、その時にチャールズからサインを頂いたCDです。



数年前にネヴィル・ブラザーズが活動休止を発表してからも、いつかまた4人揃って復活してくれるに違いないと思っていましたが…、とても残念でなりません。でもチャールズの残してくれた音楽は無くなりませんからね。

チャールズ・ネヴィルさん、安らかに。


The Neville Brothers - Yellow Moon [live 1989]

「Yellow Moon」リリース当時のライヴ映像。サックス×ギターによる必殺の掛け合いが楽しめます。そしてネヴィル・ブラザーズを紹介するのはイギー・ポップだったり。あと後ろの方でちょろちょろギターを弾いてる色白の方はプロデューサーのダニエル・ラノワでしょうね。ネヴィルズとラノワが一緒に演奏しているという珍しい映像です。それにしてもチャールズ・ネヴィル、格好良いですね〜!!
コメント

フジロック 第6弾!!

2018-04-28 10:04:12 | フジロック
KACEY MUSGRAVES / SAME TRAILER DIFFERENT PARK

フジロックの出演アーティスト第6弾が、オフィシャルサイトにて発表になりました。今回は14組。


BEN HOWARD
The Birthday
GOMA & The Jungle Rhythm Section
平井 大
HVOB
INTERACTIVO
gauze
KACEY MUSGRAVES
LEWIS CAPALDI
MISIA
My Hair is Bad
Ovall
serpentwithfeet
THE TESKEY BROTHERS


ケイシー・マスグレイヴスですか!! フジロックはたまにこういうポップなところを突いてきますよね。そしてオージー産ソウル・バンドのザ・テスキー・ブラザーズ!!これは楽しみですね〜。さらに英SSWのベン・ハワードとか、キューバン・ミクスチャーのINTERACTIVO とか、ボルチモア出身のサーペントウィズフィートとか、なかなか面白くなってきました!!


Kacey Musgraves - Mama's Broken Heart (Live at Royal Albert Hall)

ここ数年、注目の女性カントリー・シンガーさん。さすがにスタジオ録音盤を聴くと、モダンすぎてそれほどカントリーには聞こえなかったりもするんですが、このキュートな歌声は大好き。ライヴはぜひ観てみたい!!


The Teskey Brothers - Pain And Misery - Live at Melbourne Zoo

これは渋い!サザン・ソウル、ブルースに根ざした話題のバンドですね。これが昨年デビュー・アルバムをリリースしたばかりの、しかもメルボルン出身だそうですから、驚きますよね。これはヘヴンでしょうね〜。


Ben Howard - I Forget Where We Were (Solo Session)

今年6月にリリース予定の新作も大変楽しみな英シンガー・ソング・ライター、ベン・ハワード。英国らしい湿り気が醸す深い世界観にハマります。


Lewis Capaldi - Fade (Live)

こちらはグロスゴー出身の新鋭ルイス・キャパルディ。サム・スミスやラグンボーン・マンのサポートに抜擢されたりしているそうで、大器の予感濃厚。ですが彼らに比べるともっと野性味がある感じで、この歌唱には、引き込まれますね。


serpentwithfeet

サーペントウィズフィートという変わった名前、何処かで聞いた?と思ったら、昨年リリースされたビョークのシングル「Blissing Me」でフィーチャーされてた男性シンガーさんですね。これはまた、とんでもない異才ですね。


BAILA CON MI RUMBA VIDEO CLIP de INTERACTIVO, Banda de Música Cubana/Cuban Music Band

日高社長がインタビューで語っていた、キューバのバンドって、これですかね。なるほど、これは面白い!


今回の発表でいよいよ混沌としてきたフジロック。ですが4段目の追加がなかったですね。あそこは3組なのでしょうか? 4組と思ってたんですけどね~。何はともあれ、早くステージ割が知りたい-!
コメント

JAZZ AUDITORIA

2018-04-27 19:14:54 | フェス、イベント
今日から御茶ノ水のワテラスで開催されている無料ジャズイベント、JAZZ AUDITORIA に来ています。たった今、寺井尚子カルテットが終わりました。麗しくもスリリングなヴァイオリンの音色はもちろん、スウィンギーなバックの演奏も良かったです。

今夜はこのあと、山下洋輔さん、坂井紅介さんをフィーチャーした村上ポンタ秀一さんの THE TORIO が控えています。

さらに明日の28日には山中千尋トリオ、29日にはエドマール・カスタネーダ、さらに最終日の30日は黒田卓也さんなど、なかなか魅力的なアーティストが並んでいます。

野外ライヴが、気持ち良い季節になってきましたね!
コメント

フジロック 第5弾&出演日別ラインナップ!!

2018-04-07 00:21:13 | フジロック
フジロックの出演アーティスト第5弾、そして待ってましたの”日割り”が発表されました!! 詳細はオフィシャルサイトをチェックして頂くとして、今回追加になったアーティストは以下の11組。


POST MALONE
ALBERT HAMMOND JR
AWESOME CITY CLUB
D.A.N.
HINDS
ハンバート ハンバート
JOY-POPS
鼓童
MARC RIBOT'S CERAMIC DOG
シャムキャッツ
toconoma


セラミック・ドッグ、嬉しいー!! マーク・リボーって結構フジロック好きですよね? あと、アルバート・ハモンドJR とか、HINDS とか、気になるアーティストもちらほら。とは言え、やはり今回は日割りですよ!!


まず初日。グリーンのトリはN.E.R.Dです。さらにサカナクション、ポスト・マローン、オデッサ、イヤーズ&イヤーズと、かなりの豪華布陣。ですが個人的には少々興薄な感じ。この日はまだヘヴンのトリを隠しているのでは?と思われるので、そこに期待しましょう。マック・デマルコ、セラミック・ドッグ、パーケイ・コーツ、チューン・ヤーズあたりが観たい。

そして土曜日。グリーンのトリは、この夏のメインと言っても過言ではないケンドリック・ラマー。さらにスクリレックス、ブラフマン、マキシマム・ザ・ホルモン、MGMTと、こちらも強力。あとはたして現在発表されている中にヘヴンのトリはいるのでしょうか?フィッシュボーンかな〜?ちょっと違う気がしますし…。ま、どの道、この日はケンドリックを観るんですけどね。カーラ・トーマス、ジェイムス・ベイ、ナサニエル・レイトリフ、ランチョ・アパルテ、スタークローラー、スーパーオーガニズムあたりも楽しみ。

泣いても笑っても最終日。グリーンの大トリは御大ボブ・ディラン。これは観ないとね! さらにヴァンパイヤ・ウィークエンド、チャーチス、ダーティ・プロジェクターズ、ジャック・ジョンソンと、この日も容赦ない並び。もう全部観たい! 無理ですけどね。被ってきますから。被りと言えば、ヘヴンのトリ。ここはグリーンスカイ・ブルーグラスですかね〜?いや、ジャック・ジョンソンかな?どちらも楽しみにしていたんですけどね。ボブ・ディランと被っちゃうんですかね〜。困った…。ステージ割りが出るまで夜も寝むれません…。そしてこの日も、アンダーソン・パック、バハナ、ホットハウス・フラワーズ 、ウェスタン・キャラヴァン、HINDS など、気になるアーティスト多し!!


とこんな感じで、個人的には良い感じに割れた感はありますが、まだ何とも言えませんよね〜。とりあえず、ボブ・ディランとグリーンスカイ・ブルーグラスが被らないことを祈ります。

あと、オレンジコート跡地でやる「アンフェアグランド」も楽しみ! でもあそこのフードコートはどうなっちゃうんでしょう?
コメント

そそるライヴ 4月編

2018-04-06 10:05:52 | そそるライヴ
関東近辺にて4月に行われるライヴ、フェス、イベントのなかで、気になるものをピックアップしてみました。


4/03(火)Ms. LISA FISCHER & GRAND BATON @ブルーノート東京
4/03(火)JOAN OSBORNE @丸の内 コットンクラブ
4/09(月)LALAH HATHAWAY @ブルーノート東京
4/10(火)Sounds of Blackness @ビルボードライヴ東京
4/11(水)THE BRAND NEW HEAVIES @ブルーノート東京
4/13(金)Mount Eerie @渋谷 7th FLOOR
4/16(月)NATHAN EAST @ブルーノート東京
4/20(金)RACHAEL DADD with BAND @原宿 VACANT
4/21(土)Cosmo Pyke @表参道 Wall&Wall
4/21(土)Earth Day Tokyo @代々木公園 入場フリー!
4/22(日)Earth Day Tokyo @代々木公園 入場フリー!
4/22(日)ERIC BENET @ブルーノート東京
4/24(火)OSAKA ROOTS feat. Carlos Johnson @モーションブルー横浜
4/24(火)JP COOPER @恵比寿 LIQUIDROOM
4/26(木)JAKE BUGG @恵比寿 LIQUIDROOM
4/27(金)JAZZ AUDITORIA 2018 @御茶ノ水 ワテラス 入場フリー!
4/28(土)JAZZ AUDITORIA 2018 @御茶ノ水 ワテラス 入場フリー!
4/29(日)JAZZ AUDITORIA 2018 @御茶ノ水 ワテラス 入場フリー!
4/30(月)JAZZ AUDITORIA 2018 @御茶ノ水 ワテラス 入場フリー!
4/28(土)STONES THROW JAPAN TOUR 2018 @渋谷 SOUND MUSEUM VISION
4/30(月)Nick Lowe @ビルボードライヴ東京
4/30(月)DONAVON FRANKENREITER @東京ミッドタウン ホールA


お出かけの際は事前のご確認をお願いいたしま~す!
コメント

サマソニ ステージ別ラインアップ&第6弾!

2018-04-05 19:22:49 | フェス、イベント
サマーソニックのステージ別ラインアップ&第6弾アーティストが発表されました!! 今回の追加は以下の8組。

RUEL
SPECIAL OTHERS ACOUSTIC
THE BEATNIKS(高橋幸宏+鈴木慶一)
NED DOHENY & HAMISH STUART
レキシ
SOIL & “PIMP” SESSIONS
七尾旅人
YOUR SONG IS GOOD


こんな感じ。NED DOHENY & HAMISH STUART はちょっと観たい。あとレキシも。

って言うか、今回はステージ割ですよ!! 概ね出演順に並んでいることでしょうから、これで妄想タイムテーブルが組めるわけです。今回私は張り切って、ソニマニからのサマソニ2日間参加をもくろんでるのですが、生来のヘタレなので、金曜ソニマニで徹夜して、翌日朝からサマソニへとんぼ返りなんていう自信はまったく無いのです。やっぱりゆっくり寝ていたい…。そこで土曜日に観たいアーティストが午後以降に固まってくれることを願っていたわけです。ちなみに今年のサマソニ、私にとってのポイントはブラック・ミュージック。つまり土曜日なら、カマシ・ワシントン、ケレラ、IAMDDB の3組。一番観たいカマシはおそらくビーチのトリだろうと踏んでいたので、それほど心配はしていませんでしたが、問題は新鋭のIAMDDB とケレラ。案外早い時間もあるかと覚悟していましたが、IAMDDB が、ソニックの4番目、さらにケレラがその次。これは良い感じじゃないですか?昼過ぎまでは寝てられるかな? カマシはやはりビーチのトリですかね?この辺りの被りが酷過ぎるとSNS界隈で話題になっていますが、確かにノエル・ギャラガー、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、テーム・インパラが被りそうなのは残酷ですよね〜。しかもそこにカマシも被ってくる訳で。さらにネッド・ドヒニーだって被ってくるかもしれないっていう…。

という訳で土曜日、私はIAMDDB の開演時間に合わせて現地入りし、そのIAMDDB、ケレラ、カマシ・ワシントンを軸に、合間にちょこちょこつまみ食いする感じ? まあ、この3組をがっつり観れれば文句ありません!!

そして日曜日。この日もチャンス・ザ・ラッパー、ジョルジャ・スミス、サンダーキャット、ジョージ・クリントンと、ブラック系が大充実。私は、チャンス・ザ・ラッパーがマウンテンのトリ、ジョージ・クリントンがビーチのトリで被ってくるのでは?と心配していたのですが、チャンスがマリンのベック前という位置に入ったため、ジョージ・クリントンとの被りは免れたのかもしれませんが、逆にサンダーキャットと被りそうっていう。まあ、この辺りは始めから諦めていましたし、そもそもジョージ・クリントンもサンダーキャットもソニマニで観ますしね。しかしマリンでチャンス観て、最後をビーチのファンカデリックで締めるっていうのは、考えただけでも興奮しちゃいますね〜。もちろんベックも観たいですけどね…。

という訳で、日曜日は体力の許すかぎりなるべく早く現地入りし、1日サマソニを楽しみたいです。ST.VINCENT やPORTUGAL.THE MAN、GRETA VAN FLEET 辺りも観たいけど、どうでしょう?セイント・ヴィンセントはチャンス・ザ・ラッパーと被りますよね〜?



さて、明日はフジロックの発表あるかな??
コメント