ルーツな日記

フジロックブログが終わり、
サマソニブログと相成りますがどうぞ宜しく。
サマソニの雰囲気を現地よりお届けいたします!

08年ベスト・アルバム30選 10-1位

2008-12-31 21:13:02 | 2008年総括
超個人的に気分で選んだ「ルーツな日記年間ベストアルバム!」いよいよベスト10です。

1位

EMMYLOU HARRIS / ALL I INTENDED TO BE

2位

BUDY GUY / SKIN DEEP

3位

JOHN BOUTTE / GOOD NEIGHBOR

4位

LUCINDA WILLIAMS / LITTLE HONEY

5位

JOLIE HOLLAND / THE LIVING AND THE DEAD

6位

BB KING / ONE KIND FAVOR

7位

BEYONCE / I AM... SASHA FIERCE

8位

MARIE MAcGILLIS AND THE MODEL MILLIONAIRES / SITTIN' IN THE CATBIRD SEAT

9位

BLIND BOYS OF ALABAMA / DOWN IN NEW ORLEANS

10位

IRMA THOMAS
コメント (2)

08年ベスト・アルバム30選 20-11位

2008-12-30 16:39:54 | 2008年総括
超個人的年間ベストアルバム30選。11位から20位です。

11位

SOLOMON BURKE / LIKE FIRE

12位

ARETHA FRANKLIN / THIS CHRISTMAS ARETHA

13位

HIROMI'S SONICBLOOM / BEYOND STANDARD

14位

RY COODER / I,FLATHEAD

15位

ARLEN ROTH / TOOLIN' AROUND WOODSTOCK

16位

SAMANTHA SCHULTZ / BOTH SIDES

17位

PORTER BATISTE STOLTZ featuring PAGE MCCONNELL

18位

TAJ MAHAL / MAESTRO

19位

SUSAN TEDESCHI / BACK TO THE RIVER

20位

DR.JOHN AND THE LOWER 911 / CITY THAT CARE FORGOT

コメント

08年ベスト・アルバム30選 30-21位

2008-12-30 10:52:47 | 2008年総括
年末恒例、「ルーツな日記」的、超趣味に偏った個人的ベストアルバム。21位~30位です!

21位

RANDY NEWMAN / HARPS AND ANGELS

22位

SONNY LANDRET / FROM THE REACH

23位

LEDISI / IT'S CHRISTMAS

24位

BEN HARPER / LIVE AT TWIST AND SHOUT RECORDS

25位

CAT POWER / JUKEBOX

26位

JIM LAUDERDALE & THE DREAM PLAYERS / HONEY SONGS

27位

CALEXICO / CARRIED TO DUST

28位

PRICILLA AHN / GOOD DAY

29位

VA / DAIALTONE ALL-STAR LIVE!

30位

LETTUCE / RAGE!




コメント (2)

08年ベスト・アルバム30選 番外編

2008-12-29 22:28:05 | 2008年総括
いよいよ年末になってきましたので、今年もやりますよ! 年間ベスト・アルバム! しかも今回は思い切ってベスト30です! 今年はライヴやイベントのレポが中心で、あまりCDレビューを書けなかったので、せっかく良いCDを沢山買ったのに勿体ない!ということで、年末にドカッと30枚紹介しちゃいます。一応順位を付けますが、個人的な趣味と偏見に偏ったかなり気分的なものです。ですが「ルーツな日記」が選ぶベスト30として自信をもって紹介します。お楽しみに。

で、今回はまだベスト30の本編を何も発表していないのに、いきなり番外編です。

本編のベスト30はあくまでも「ルーツな日記」的なベスト・アルバムですが、なかなか「ルーツな日記」では取り上げづらいロック系でも、個人的に燃えたアルバムが結構あるので、その辺りをチョイスしました。

と言う訳で、「超個人的08年オルタナティヴ・ベスト10」です!

1位

PATTI SMITH KEVIN SHIELDS / THE CORAL SEA
パティ・スミス大好きです。ロバート・メイプルソープに捧げた詩の朗読。バックはケヴィン・シールズのギターノイズ。05年と06年にロンドンで行われたライヴを録音。とにかく美しすぎる。詩の内容が分からなくてもパティ・スミスの声には心を揺さぶられます。そしてケヴィン・シールズのギターがまた素晴らしい。

2位

PRIMAL SCREAM / BEAUTIFUL FUTURE
ここ数年のプライマルは、ちょっと違う感じがしていましたが、これは私の好きなプライマルらしい妖しいヘロヘロ感が戻って来ていて最高です。やっぱりラヴフォックスの参加が大きい? 新旧享楽の権化達の共演です。

3位

CSS / DONKEY
で、そのラヴフォックの歌声が病み付きになるCSSの2nd。始めは1stに比べてまともになっちゃって何か大人しい?って思いましたが、聴けば聴く程後を引くスルメ・グルーヴ。2本のギターの絡みなんかもポップで格好良い!

4位

METALLICA / DEATH MAGNETIC
デビュー当時からメタリカの大ファンの私としては、嬉しすぎる最新作。これこそスラッシュ・メタルですよ! やっぱりメタリカはこうじゃなくちゃの会心作!

5位

COLDPLAY / VIVA LA VIDA OR DEATH AND ALL HIS FRIENNDS
前作は正直あまり好きではありませんでした。なので今作も半信半疑だったのですが、これは良いですね。サマソニのライヴも素晴らしかった!

6位

BECK / MODERN GUILT
何だかんだで格好良いベック。オールドなフォークやブルースをルーツに持っていることは有名なので、本編に入れても良かったのですが…。

7位

TRICKY / KNOWLE WEST BOY
トリッキーに駄作無し。フジロックのライヴも濃かった。こちらも本編でも十分のなのですが、何かこちらの方が座りがいいので。

8位

SIGUR ROS / MED SUD I EYRUM VID SPILUM
前評判からかなり高かったこのアルバム。やはり素晴らしい!

9位

THE TING TINGS / WE STARTED NOTHING
今年最もセンセーショナルな新人デュオ。

10位

EL MADMO / EL MADMO
内容うんぬんより、ノラ・ジョーンズがこういう形でアルバムを出したことが痛快。



今年はライヴに恵まれた年でもありました。ベスト3はネヴィル・ブラザーズ東京2DAYS、サマソニのアリシア・キーズ、フジロックでのブーツィー・コリンズ・トリビュート・トゥ・ザ・ゴットファーザー・オブ・ソウル。この3組のライヴは一生忘れること無いでしょうね。本当に最高でした! これに次ぐのが武道館のビョークだったり、東京ジャズで観たミッシェル・カミロやリシャール・ガリアーノだったり。東京ジャズと言えば伝説のスライも観ちゃいました! もちろんフジでのベティ・ラベットやロドガブ、レタスも良かったし、サマソニのヴァーヴやコールドプレイも最高でした。さらに昨日観たばかりの上原ひろみ! まだあの感動に酔いしれています。そしてもう一つ忘れられないのがフジと単独と2回観たCSS。私のラヴフォックス好きは当分続きそうです。早くまた来日してくれないですかね~。


で、今年はニューフェイスにも恵まれた年でした。と言う訳で、「ルーツな日記」的ブラテストホープ・ベスト5です!

1位

MARIE MAcGILLIS
オールド・タイム・レディーの最終兵器、マリー・マクギリス! アルバムもさることながら来日公演も素晴らしかった。狭くアット・ホームな雰囲気のハコだったからこそなおさらにヴィンテージな香りを濃密に味わうことが出来ました。来年出るという新作も楽しみですし、それを引っさげて必ずや来日してくれることでしょう。こんなシンガーが出てくるアメリカって凄いな!

2位

SAMANTHA SCHULTS
衝撃度ではマリー・マクギリス以上。ボニー・レイット、グレイス・ポッターの系譜に繋がる才能の持ち主。デビュー作で聴けるフォーキー且つブルージーな歌声はなんと16歳! で、現在17歳だとか。やばいでしょ!この人。

3位

PRISCILLA AHN
この人は天使です。歌声も、ルックスも。透明感と清涼感、素朴な中に光るポップ・センス。ずっとこのままでいてほしい…。

4位

ELI"PAPERBOY"REED
この人も衝撃的でした。ミラクルな白人ソウルマン。これぞピュア・ソウル! 現代の黒人男性R&Bシンガーも少し見習って欲しいな…、何て思ったり。

5位

MEIKO
某クリスマス・コンピで好きになった女性シンガー。この人の声に今メロメロです。「Under My Bed」は今一番好きな曲。ライヴが観たい!
コメント

@有楽町

2008-12-28 18:01:48 | ジャズ
今日は上原ひろみを観に国際フォーラムに来ています。ジャパンツアーファイナルです。今、開演待ち。超楽しみです。実は彼女の単独ライヴを観るのはこれが初めてです。フェスとは違うライヴをがっつり楽しみたいと思います。



帰宅後追記:
がっつり楽しんできました! 予定開演時間を10分ほど押して18時10分ぐらいにスタートし、最後のアンコールが終了し客電がついた頃、ちょうど21時でした。途中の休憩時間を差し引いても2時間半は演ってた計算。しかもそれがあっという間でした。夏に東京AZZを同じ会場で観ましたが、その時のHiromi's Sonicbloomは個人的には不完全燃焼でした。しかしあの日は何だったの?と思いたくなるぐらい、今日は濃密なライヴを繰り広げてくれました。上原ひろみの鍵盤はもちろん、ヒュージンスキーのギターも大暴れでしたし、マーティン・バリホラのドラムも凄かった! トニー・グレイも強烈なソロを弾きまくり、さらにこの4人が怒涛のごとく音を織り成していく。もう全ての曲がクライマックスな感じ。「Led Boots」も「Ue Wo Muite Aruko」も「Xyg」も「Caravan」もみんな最高でしたが、終盤に上原さんがソロで弾いた「Place To Be」の素晴らしかったこと! 直前のMCで観客の熱い声援に感極まったのを引きずって、ぽろぽろと涙を流しさながらもしっとりとエモーショナルこの上ない演奏は感動的でした。そしてアンコール終了後、客電がつき、終演のアナウンスが流れた後にまさかの再登場をしての「Return of Kung-Fun World Champion」の熱さと、それに答える客席との一体感は、もはや恍惚とした空気感でした。上原ひろみのファンで良かった!天晴れHiromi's Sonicbloom!
コメント

レディシでクリスマス

2008-12-26 00:15:15 | R&B、HIPHOP
LEDISI / IT'S CHRISTMAS

メリー・クリスマス!

みなさま、クリスマス・イヴの夜はいかがお過ごしでしたか? 私は一人寂しく丸の内をぶらぶらしていました。妻へのプレゼント探しが目的だったのですが、とにかくイルミネーションが綺麗でした。今年はなんだかんだで、六本木、新宿、後楽園、渋谷、と色々なイルミネーションを見てきましたが、丸の内が一番綺麗だったかも。

で、そんな綺麗なイルミネーションを見ながらipodで聴いていたのがレディシのクリスマス・アルバム「IT'S CHRIDTMAS」。外野の喧噪とは無縁の音楽活動をしているような印象だったレディシがクリスマス・アルバムを出すなんてちょっぴり意外でした。インディーズ時代からレディシは大好きでしたが、VERVEと契約してからは活動が華やかになりましたね。もちろんウェルカムです。

オープニングの「I'll Go」はゴスペル界の大物リチャード・スモールウッドとの共演。スモールウッドのピアノに導かれ、クワイアのような歌声が荘厳に響きます。ヴォーカルのクレジットはレディシのみなので、全てレディシ一人で歌ってるんでしょうか? 厳かな雰囲気がこれから始まるクリスマスへの期待を膨らませます。

注目はケブ・モとのデュエット「Please Come Home for Christmas」。チャールズ・ブラウンがオリジナルのクリスマス・ブルース。ケブ・モの歌が渋い! ギター・ソロも渋い! レディシもジャズ・ブルースな味わいで歌い上げ、オールド・スタイルなムードがクリスマス気分を盛り上げます。

そしてニューオーリンズの若手トランペッター、クリスチャン・スコットが参加した「What a Wonderful World」。美しいストリングスと揺れるようなローズ・ピアノをバックにしっとりとレディシが歌い上げる。そしてクリスチャン・スコットのトランペットがまた良い味わいなのです。実はレディシもニューオーリンズ出身なんですよね。

ジャクソン5のカヴァー「Give Love on Christmas Day」も素晴らしい出来栄え。エモーショナルこの上ないレディシの歌声に酔いしれずに居られません。そしてこの曲の良さをレディシの歌声によって再認識させられました。

レディシとジョージ・デュークとの共作となるタイトル・ナンバー「It's Christmas」も極上。ジョージ・デュークのジャジーなピアノの上を繊細さと豪胆さが同居したようなレディシらしい歌声が舞い上がります。後半のウェットなスキャットにもうっとり。

こう書いていくと、トラディショナルな雰囲気が濃い作品のように思われるかもしれませんが、全体の印象はやはり現代的というか、都会的なムードに溢れ、「Children Go Where I Send Thee」や「Be There for Christmas」、「Thank You」といったアッパーな曲も印象的。クリスマスの静けさと楽しさ、そしてトラッド的な部分と現代的なジャズやR&B解釈が見事にブレンドされ、そして何よりもレディシの力強く、魂を揺さぶられるかのような歌声が素晴らしい、極上のクリスマス・アルバム。

で、やっぱり都会の夜のイルミネーションに良く似合います。
コメント

SSWでクリスマス

2008-12-24 08:21:20 | SSW
VA / The Hotel Cafe Presents: Winter Songs

最近、続々と登場する女性SSW。オーガニックだったりポップだったり、フォーキーだったり、その魅力は多彩ですが、それぞれで個性的な歌を聴かせてくれます。そんな今時な女性シンガー達を纏めて聴けるクリスマス・アルバムが「The Hotel Cafe Presents: Winter Songs」。

これだけ新人女性アーティストが一気に聴けるアルバムも珍しいですよね。個人的にはプリシラ・アーンやコルビー・キャレイ、メイコ、ホリー・コンラン、アリス・スミス辺りに食指が動かされますが、サラ・バレリス、LENKA、ケイティ・ペリーなどポップ・フィールドで話題の大型新人も収録されていますので、女性シンガーのみのクリスマス・アルバムとは言え、ヴァラエティに富んでいて楽しめます。また新人に限らず、KTタンストールやブランディ・カーライル、フィオナ・アップルなんかが収録されているところもミソ。カラフルな歌声がクリスマス気分を盛り上げてくれること必定です。またこのアルバムを機にお気に入りの女性シンガーを見つけるのも良いかも。

かく言う私、個人的に最も痺れたのがメイコが歌う「Maybe Next Year (X-Mas Song)」とアリス・スミスの「Silver Bells」。実はこの二人、このアルバムで初めて聴いたんです。そして一発で虜になりました。この二人は近くフル・アルバムを購入したいです。そんな未知の新人女性シンガーとの出会い、素敵なクリスマス・プレゼントを貰った気分です。



いやいや、女性ではなく男性の歌が聴きたいんだというあなたにはジャック・ジョンソンが主宰するレーベル、ブラッシュファイアーからのクリスマス・アルバム「THIS WARM DECEMBER: BRUSHFIRE HOLIDAY'S VOL.1」はいかが?


VA / THIS WARM DECEMBER: BRUSHFIRE HOLIDAY'S VOL.1

ジャック・ジョンソンはもちろん、Gラヴ、メイソン・ジェニングス、マット・コスタ、マニー・マークなど、ブラッシュファイアーを代表する顔達が、カヴァーや書下ろしのクリスマス・ソングを持ち寄った、かのレーベルらしい暖かくも心地よいクリスマス・アルバム。ジャック・ジョンソンの「赤鼻のトナカイ」も良いけど、個人的な白眉はホーン隊も入ったガレージ・ブルースなGラヴかな。カッコ良いです!

ブラッシュファイアーのクリスマス。寒い夜は優しく、ほっこりとした男性ヴォーカルにふわっと包まれるのも良いかも。でも、レーベル初の女性アーティストというジィ・アーヴィにも注目です。
コメント

アレサのクリスマス

2008-12-23 12:09:14 | ソウル、ファンク
ARETHA FRANKLIN / THIS CHRISTMAS ARETHA

もうすぐクリスマスですね。毎年色々なクリスマス・アルバムが発売されていますが、今年の大本命は何と言ってもクイーン・オブ・ソウルことアレサ・フランクリン!

ゴスペルに根ざしたその歌唱はまるで大海原のように壮大且つ深遠。大地を震わすような太く低い声から、天にも届きそうな高音のシャウトまで、とにかく自由奔放に歌い上げるその表現力と声の持つ包容力にどっぷりと浸かれます。

バックの中心はリッキー・ローソン(ds)、ネイザン・イースト(b)、ポール・ジャクソン・ジュニア(g)といったジャズ・フュージョン界の猛者達。さらにルイス・コンテのパーカッションや、ジェームス“ビッグ・ジム”ライトの鍵盤が絡む。アーバンでアダルトなサウンドが驚異的なアレサの歌声をしっとりと支えます。

個人的なハイライトは「Hark! The Herald Angels Sing」。ストリングスやクワイアが美しくもソウルフルに絡むゴスペル・ナンバー。威厳に満ちたアレサの歌声からはジワリと暖かさが滲み出し、圧倒的な高揚感が感動的。素晴らしいの一言!

さらにアレサ自身がピアノを弾き、ディープに歌う「Silent Night」、息子のテディー・リチャーズがギターで参加した「The Lord Will Make A Way」。もちろん「Ave Maria」の素晴らしさは言わずもがなですし、「One Night With The King」がまた素晴らしい! この曲でのアレサの歌唱にはホント痺れます!

また、ソウル界の2大クリスマス名曲をカヴァーしているのも嬉しい。ダニー・ハサウェイの「This Christmas」、オージェイズ(ギャンブル&ハフ作)の「Christmas Ain't Christmas」。どちらも極上の仕上がり。ちなみに「This Christmas」でデュエットしているエドワード・フランクリンももちろんアレサの息子。

それにしてもアレサの歌唱は凄い。若い頃に比べたら声自体のハリや勢いは衰えています。ですがそんな事とは全く別次元で圧倒的な歌声なのです。それは女王たるアレサだからこそ到達成しえた洗練とは無縁の生身の歌声であり、そこには歌の持つ本来の力が宿っています。感情の赴くままに喉を回していくかのような、歌と衝動が完全に同化した迫力は、これぞアレサ!であり、これぞ女王!なのです。

アレサ・フランクリンのクリスマス・アルバム。贅沢です。



コメント (2)

HappyLIVEs@代々木公園

2008-12-22 08:14:38 | フェス、イベント

12月21日、代々木公園へ「HappyLIVEs」を観に行ってきました。らぞく がたっぷり2時間強、最高のフリー・ライヴを見せてくれました。久しぶりに らぞく を見ましたが、やっぱり格好良いです。MCは殆ど無しで「どんどん行くよ」と呟きながら殆ど切れ目無しで気持ちの良い演奏に絶妙の刺激をちりばめながら、風の強い肌寒い代々木公園をホットな空気で満たしてくれました。そしてオープニングというか共演はThe Electric Rainbow Band。名前の通りジミヘンばりのギターが強烈でした。このギタリスト、大塚寛之さんは渋さ知らズでもギターを弾いている方だとか。こちらも格好良かったです!

さて、このイベント終了後、渋谷の街ををぶらぶら。まずはタワーレコードへ。ここは外せません。1月に出るスタントン・ムーアのアルバムを予約し、ブラック・ボトム・ブラス・バンドとのインストア・イベントの入場券をゲット。そしてブルースやニューオーリンズ、カントリー・コーナーを物色して3枚程を衝動買い。いや~、いい物がありましたよ~!

そしてタワーを後にすると、そのすぐ隣辺りにイルミネーションがやたら奇麗なコーナーが。特設カフェのようになっていて、しかも無料でホット・コーヒーも提供してくれる。ストーブもついているのでこの時期、タワーでの物色疲れを癒すのに最適かも。

その後はこの日のメインイベント、クリスマス・ケーキの予約。東急文化村の近くにある Boulangerie Patisserie BRASSERIE VIRON へ。ブッシュ・ド・ノエル的なものを予約したのですが、その手続き中にやたらイカしたケーキを発見。カップの中からまん丸の顔を覗かせるチョコのトナカイ。これは即買いでしょう! 840円とちょっと高めでしたけど…。

で、早速帰宅後、妻とつつき合いましたが、これが美味いのなんの! まわりのチョコはかなりビターですが、中は幾層かのムースになっていて、赤いベリー系の酸っぱいムースが良いアクセントになっていました。でも食べるの可哀想なんですよね…。とりあえず「脳髄から食おう!」とか言いながら後ろ頭にから頂きました。

ブッシュ・ド・ノエルは数日後のお楽しみ。




代々木公園「HappyLIVEs」の模様。



PORTER BATISTE STOLTZ featuring PAGE MCCONNELL
タワーでの衝動買い第一弾。ニューオーリンズが誇るファンキー・ミーターズの中核にフィッシュのキーボーディストがジョイント。悪かろうはずがありません!



THE NEW ORLEANS SOCIAL CLUB
衝動買い第2弾、こちらもニューオーリンズ。アイヴァン・ネヴィルにジョージ・ポーター・ジュニア、レオ・ノッセンテリ、レイモンド・ウェバー、ヘンリー・バトラーという超豪華メンバーによるニューオーリンズ・ソシアル・クラブのジャズ・フェスでのライヴ盤。さらにゲストがアーマ・トーマスにドクター・ジョン、ジョン・ブッテだって! これヤバいでしょ! まだ聴いてないんですけど、堪りません!



衝動買いラストはこれなんですが、この人誰ですか? これぞまさに衝動買い。試聴機で聴いて一発で即買いです! 次から次へと登場してくるオーガニック系の新人女性SSWの一人ということですが、この人は本当に凄いです! 写真で見る限りあどけなさが残り過ぎの可愛いいルックスなのに、その歌声からはジワリとにじみ出るブルージーなフィーリング! 私の趣味ではグレイス・ポッター以来の逸材と評したい! バッファロー絡みでのリリースのようなので、祈来日!



無料でコーヒーが頂ける特設カフェのイルミネーション。横の鐘を鳴らすと光の色が変わったりする。奇麗でした。
コメント

グラミー賞ノミネート発表!

2008-12-08 08:05:13 | フェス、イベント
ADELE / 19

来年の2月8日(日)、ロサンゼルスのステイプル・センターにて開催される第51回グラミー賞のノミネートが発表されました。

最多ノミネートは計8部門のリル・ウェインですが、今年の顔になりそうなのは主要3部門を含む7部門にノミネートされたコールドプレイ。しかし私にとってのファースト・インパクトは大躍進のアデルです!

今年20歳になったばかりのイギリス人女性アデル。彼女は3つの主要部門(「Record Of The Year」、「Song Of The Year」、「Best New Artist」)を含む4部門でノミネート。何となく前回のエイミー・ワインハウスの快挙を思い出しませんか? 英国の新人女性シンガーが主要部門を次々に射止めていく瞬間を。ですが、2年連続でそんな快挙は無いでしょうから、そういう意味ではアデルの受賞は難しいか…?

とは言え主要部門ではコールドプレイを始め、M.I.A、レオナ・ルイス、レディオヘッド、ロバート・プラント、ダフィ、といったイギリス勢が目立ちます。ま、ロバート・プラントは米ブルーグラス・シンガーのアリソン・クラウスとのデュオですけどね。でもこの二人にはぜひ受賞式でパフォーマンスして欲しいです!観たい~!

ロック/ポップ部門では、イーグルス、AC/DC、スティーヴ・クロッパー&フェリックス・キャバリエ、ニール・ヤング、ジェイムス・テイラー辺りを応援したい。

R&B関係ではジェニファ・ハドソンやジャズミン・サリバン辺りに目がいきますが、若手に混じって一人気を吐くような大御所アル・グリーンの名が光ってますね~!ぜひ獲って欲しいです。しかしアリシア・キーズのアルバム「AS I AM」がノミネートされていないのには合点がいきません!

そして、相変わらずフォーク/ブルース部門は個人的に大激戦&大混戦。バディ・ガイ、アーマ・トーマス、ソロモン・バーク、ドクター・ジョン、タジ・マハール、ライ・クーダー、エミルー・ハリスなど、今年リリースされた作品の中でも私が特に好きだったものが多数ノミネートされています。これは困った…。

また当ブログでもグラミー・ノミネート特集をやりますので、お楽しみに。とりあえず詳しいノミネート情報はこちらで。

 http://content.grammy.com/Grammy_Awards/51st_show/list.aspx#06

*写真はアデルのデビュー・アルバム「19」。ビターな質感とUKらしい霧に掛かったような雰囲気が秀逸。
コメント