ピアノの先生の生活

ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と
その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記

leotard

2018-12-14 00:00:38 | 日常
私が気に入って着ているレオタードのブランドは、
バレエの先生がまとめて発注してくれるとちょっとお安く買える。
新調しようと思っていたところに「来週発注するよー」とお声がかかり、
慌てて発注しようと思ったのだが、ここのブランドはカスタムなので何かと面倒なのだ。
まずは20種類くらいあるデザインの中から欲しいものを選ぶ。
例えばキャミソール型かタンク型、モックネックかホルターか。
そして素材と色を選ぶ。
大抵ぐるりと縁取りが付いているので、そこの色も併せて考えなければならない。
そうすると何の色に何の縁の色が合うのか熟考せねばならないのだ。
ここを失敗するととんでもないものが出来上がってしまう。
かと言ってオンラインでの色選びは怪しいのだ。
画面上の色と本当の布の色は違うものであるから、ある程度は覚悟しなくちゃならない。
私など色のセンスが全くないのでこういうのが本当に困る。
雑誌やWEBなんかで「この色の上にこの色の文字でフォントはこれが良い」とすぐ決められる人、
デザイナーってすごいと思う。
まあカスタムの醍醐味はそこなんだろうけど。
ヒーヒー言いつつ画面に首ったけで三時間くらいかかって三着決めましたよ。
これで出来てくるのは三か月から半年後。
忘れた頃にやって来るわけだ。
とりあえず体型が変わらないようにだけは注意だ。

doughnuts

2018-12-13 00:08:49 | 日常
私の住んでいる街にはミスドが無い。
なのでなかなかピカチュウドーナツが食べられない。
今日は外の教室に行くので、その乗り換え駅の街のミスドにあるのではないかと
一縷の望みをかけて寄ってみた。
夜ゆえ店内はガラガラ。なのに私が入ろうとすると一家族が前に入店した。
私の後にも一人お姉さんが続く。なぜかお客の入りというものは偏るのだ。
私は早速ドーナツを物色。するとあるじゃないか、幻のピカチュウドーナツが三個ばかり!
前の一家が「あっ、ピカチュウがいるじゃない」と言い出したのであせった。
まさかここで全部買われてしまったら私の立場は…。
すると後ろにいたお姉さんが家族を抜かしてドーナツを選びだした。
ああ、いいんだ、この作法。並んだまま買う方式かと思っていたのでついつい遠慮していた。
いいなら行くぞとピカチュウドーナツをガッガッと二個取った。
全部取るのは大人気ないかなと、家族に一つは残しておいたのだ。
私が取るのを見ていた子供が「やっぱりピカチュウは人気あるねー」と言ったので、
お母さんは私に悪いと思ったらしく焦っていた。
別にいいんだよ、そんなこと言われても。真実だもの。
結局家族はその残りのピカチュウは買っていなかった。なんだよ。

一つは教室に来る大人の生徒がちょうど今日お歳暮を贈って下さっていたのでせっかくだからとあげた。
帰宅後、九時を過ぎて物、しかも甘いものを食べるのはダイエットポリシーに反しているのだが
美味しい内に食べてしまうのが吉と母と半分にして食べた。
ピカチュウの顔を割るのはかなり勇気がいった。もう二度としたくない。
中身はエンゼルクリームのドーナツにバナナ味のチョコがコーティングされているもの。
絶対に夜には食べていけないお味だった。
ま、これで気が済んだということで。

fragrant

2018-12-12 00:23:14 | 日常
あまりの寒さに慌ててダウンコートを出した。
これはユニクロの長いライトダウンで去年は一度も袖を通さなかったのものだ。
着たらものすごく香った。クラクラするほどの匂い。
二年前の柔軟剤の香りである。多分ダウニー。すげえ。二年も効果が続くなんて。
二年前のその頃は香りの強いものが好きだったが、今は柔軟剤を使っていない。
「ハレタ」という洗剤がそれだけで充分な感じで目下お気に入りなのだ。
だが次の年に過去の香りを感じる楽しみが無くなっちゃうのも寂しいかも~。

hairstyle

2018-12-11 09:00:08 | 日常
昨日美容院でやってもらった髪型はズバリ「70年代」!
上部は丸みを帯びたマッシュルームで襟足だけをクラゲのように伸ばしたもの。
これはかつて流行って「狼カット」「ウルフカット」と言われたもの。
マンガ「エースをねらえ」に出て来る先輩に一人くらいこんなヘアスタイルがいるんじゃないかな?
しかし今は絶滅危惧種だ。
私が「こうしてくれ」と言ったら美容師さんは嫌がった。猛烈に嫌がった。
しかし切って行くにつれ「よくこんな似合う頭を見つけて来たねー」と感嘆していた。

そんな頭で今日バレエに行ったら友人に「どうしたのー?奥村チヨみたいね」と言われほくそ笑む。
狙いバッチリ。
ラクダ色のとっくりセーターにベルトしてパンタロンとか着たら似合うんじゃね?
もう夢は広がるばかりだ。
しかしこの髪型の弱点はメイクをきちんとしないと情けない感じになっしまうというもの。
下まぶたに付けまつげをしたら完璧なんだが、さすがにそんな技術と余裕はないなあ。
ま、とにかくしばらく頑張ります。

treasure hunting

2018-12-10 00:07:47 | 日常
昨夜は宣言通りに首の後ろにモーラステープを貼って寝たら、寒くて寒くて!
眠れる状態じゃない。だけど寝たー。
枕もやめて、バスタオルで高さを首に合わせて寝たら首のこりは取れたみたい。
おかげで耳鳴りは治まったようです。ほっ。
午後は美容院に行ったんだけど、マッサージが上手な子が担当になったおかげで
首はかなり楽になりましたー。

夜は「池の水全部抜く」テレビを観たせいで、洗濯層掃除をしたくなり寒いのに強硬。
お湯と洗濯槽用洗剤(100均)を使うと洗濯槽から黒いピロピロしたものが出て来て
それを掬って捨てるんだけど、今回も思っていたよりたくさん出て
「アリゲーターがーが出ました!」みたく興奮して掬い続けたのです。
なんか宝探し的な共通要素があるんですよ、わかりにくいかも知れないけど。
お試しあれ!

ringing

2018-12-09 08:16:25 | 日常
朝起きたらなんだか左耳がおかしい。
なんか奥の扉が開いてしまっているような、それでいて右耳と比べて圧迫感がある。
そしてずうっとシャーって耳鳴りがしているのだ。
これが「左耳を下にして寝ていてこうなった」とかならいいんだけど、どうも治る気配がない。
そのままブライダル仕事に行ったのだが、人の話などは問題なく聞けるのだけど
オルガンの音量のバランスが今ひとつわからない。
困った!多分またしても更年期が原因だろうと思うけど、仕事に響く病はまずい。
帰宅して調べてみたら、推察通りの「ストレスによる自律神経の乱れが要因」だって。
もー!私にかかっているストレスって何よー!わかんないと取り除けないんですけどー。
ーと憤慨していたら、若いバレエの友人が「ストレスが原因ってことは
実は原因が何もわからないってことと同じ意味ですよ」と教えてくれた。
なるほどー。なんか腑に落ちたよ。
とりあえず今晩は枕の高さを調整して、首にモーラステープなどを貼って寝て様子を見ます。

expire

2018-12-08 13:20:35 | 日常
早め早めの大掃除の一環で鏡台周りの大整頓をした。
とにかく捨てた捨てた!
もう使わないであろうヘアアクセサリー。カーラーなんていらないよなー。
シュシュなんかも必要になったらきっと新しいのを買っちゃうだろうと手に持ったら
ゴムが伸びきっていたりした。
そして化粧品。
古ーい香水なんかも捨てた。白乳色に濁っていたがちゃんと匂いがしていたのが大したものだ。
アイシャドーってとにかく減らない。減らないからずっと使い続けていたりする。
だけど消費期限は一年とかなのだ!使い切れないって。
使い切れる人ってせいぜいドラァグクイーンくらいだろ?
みっちりプレスされた粉が四色とか入ってるアイシャドーパレットはそこそこ高い。
だけどさすがに10年物だし、思い切って全部捨てた。
残っているのは去年のロス旅行で買ったセフォラの12色入りパレットのみ。
これだって一年は経ってしまっているのよね…。だけど使うよ、まだ。

どうしたって粉質や発色、色持ちなんかは高級化粧品ブランドのものが良いのだけれど
その期限を考えるとプチプラを使い捨てて行った方が良いのかなあ。ちょっと考えちゃう。


gift

2018-12-07 00:06:03 | 教室
二年目の株主優待品が届いた。
嬉しい!ものすごく嬉しい!
製菓会社なのでなんのことのないチョコレートの詰め合わせなのだが、
望みもしなかったものが突然届くってすごく嬉しいものなのだ。
まさかこんなに喜んでいるとは、送った会社も思うまい。

家の生徒達に「クリスマスにサンタに頼んだもの何?」と聞いているが
最近の子供は何でも欲しいものは持っているので、そんなに渇望しない。
特に欲しがっているものはせいぜい「スマホ!」「お金かなあ」なんてサンタも困るものばかり。
チョコ詰め合わせで目を輝かしている自分が愛おしいよ。

rest in peace

2018-12-06 00:00:33 | プロレス
ダイナマイト・キットが亡くなったという。
60歳の誕生日だったそうだ。
若い。若過ぎる。
しかし「太く短く」がしっくり来る人だったのだ。

ダイナマイト・キットはイギリス人のレスラーで初代タイガーマスクと名勝負を繰り広げた。
そんなに大きくない身体なのに、パンプアップした上半身の筋肉隆々振り。
ニックネームは「爆弾小僧」。
その名の通りの思いっきりの良さといつも何かにイライラしているような尖りっぷりは半端なかった。
ファンサービスのサインボール投げですら思いっきりぶつけるように投げていたのを見た覚えがある。
高速のブレンバスター、自分がどうなっても良いようなダイビングヘッドバット。
すべてが生真面目なほどまっすぐで鮮烈。
中学生だった私も弟も大ファンであった。

問題はその筋肉隆々。
ステロイド、噂では馬用のステロイドを使って体を大きくしたとも聞く。
その副作用と試合中の怪我が原因で、晩年は車椅子生活であったのをテレビで観た。

こんな選手の一番素晴らしい時期を観ることが出来て幸せだったと思う。
心よりご冥福をお祈りしております。

satsuma

2018-12-05 09:46:29 | 教室
生徒さんがミカンをたくさん下さった。
なんでも親戚のミカン農家の人が箱で送ってくれて、お父さんが会社に40個持って行ったけど
まだまだあるところに第二陣が届いて途方に暮れ、そのお裾分に預かったという次第だ。ラッキー。
こういうの、憧れるー。
我が家は田舎に親戚などないので、ミカンは買うしかない。
冬ともなればなんとなくこたつの上にミカンがあって、喉が渇いたら食べたいものである。
今年は安いけど、去年など猛烈に高かったから気軽に食べられる感じではなかった。
頂いたミカンは小ぶりで皮がきれいではないが、大変甘くて味が鮮烈。
しばらくパクパクとビタミンCを摂取できるのは幸せなり~。