救急一直線 特別ブログ Happy保存の法則

HP「救急一直線」は,2002年より開始され,救急医学・集中治療医学の学術発信を目標とし,ブログとして継続されています。

研修医・看護師さん・救急救命士さん パワーアップ 末梢静脈路 Vライン

2009年10月25日 03時08分21秒 | 急性期管理技術

末梢静脈留置針を使いこなす V-line エイト・ポイント


京都大学大学院医学研究科初期診療・救急医学分野
准教授 松田直之

 医療従事者は,末梢静脈路(Vライン,V-line)を確実に確保できる適切な方法を学ぶ必要があります。さまざまな状況において末梢静脈路確保の裏技はいくつもありますが,まずは基本は何かを皆さんに説明できるように,自己評価,自己トレーニングしてください。次にいろいろな状況における技術を,イメージのなかで高めていくとよいでしょう。
 末梢静脈路留置の基本技術は,以下にスライドで示しました。絶えず,留置針の針先と自身の指先が同一の感覚となるように意識して,実際の穿刺を行うことが大切です。皮下に留置針が到達するまでは針先を見つめていますが,針先が皮下に到達した後には,既に方向が定まっていますから,血液の逆流が来ることを信じて,目線は血液の逆流のみの観察とし,丁寧に針先を進めて行きます。静脈路確保,スピード,急ぐことがすべてではありません。できるようになってから,必要に応じてスピードを高めていくので良いでしょう。
 カテーテルの持ち方として,極めて多くの研修医や看護師の皆さんは,血液逆流確認部位を指で覆ってしまっています。持ち方を,誤って教えられている場合もあります。また,静脈路確保は痛いという先入観を強く持った看護師さんも多いです。22G留置針なのに,「痛いですよ~」という掛け声をかける。痛くないように穿刺に工夫することが大切です。
 また,ぺんぺんぺんぺん,腕をたたいている先生や看護師さんもいます。叩いて手を充血させるのは不適切です。腕を心臓の高さより落として,もちろん肩関節脱臼などを起こさないように工夫して,穿刺腕に血液を貯留させて,駆血します。「ぺんぺんぺんぺん」と手を叩いたほうが,穿刺より痛いです。松田 式「温点歩かせ法」を見た研修医の先生もいると思います。これは,私が独自に発見した方法ですが,大切なことは少なくとも痛点を穿刺しないことです。1994年,医師2年目の砂川市立病院時代に確立させた手法です。個人差や刺入部位による差はありますが,温点を穿刺し,カテーテルを皮下に留置することで22G留置針レベルであれば,痛みなく留置するができます。また,血管内にプラスティック針が入る際の感触を必ず,指先で感じ取れるようにしましょう。人差し指の母子側の知覚力を磨きます。
 金属針の先端が少しだけ曲がっていて,静脈の後壁への先あたりを防ぐようになっているカテーテルが出てきていますが,これは,側方支持法で10度レベルにまでやや角度をつけることができ,まず,血液逆流を確認することを目標とした静脈路カテーテルです。通常用いている留置針の先端の形状も説明できるようにし,各施設での最良の静脈路確保法をマニュアルとして整備する必要があります。以下のスライドを参考にして,技術習得の参考とされてください。

 

松田式 末梢静脈路確保プロトコール


1.カテーテル:使用する自施設静脈路カテーテルの特徴を調べて,同僚に伝えられるようにしましょう。このブログでは,ブラウン社製の留置針で解説しています。参考として下さい。
2. 感染防御:手指消毒・手袋,感染防御に徹して下さい。
3. 刺入部位:1st choiceは分岐部をねらう。血管が逃げません。
4. 消毒:アルコール消毒は刺入部とその手前を広く含む。カテーテル接続部の動線を丁寧に消毒することが大切です。カテーテル感染,菌血症の可能性を阻止しましょう。
5. 刺入点の選択:温点の多い部位を選び,温点を確認し,温点に刺入する。痛いという迷信を捨てて下さい。その脇で,「いたいですよ~~」と声をかけている看護師さんがいますが,痛みを誘発することは間違いであると考えています。「穿刺します」というように私はしています。患者さんへの静脈路留置は,痛くないように刺入点を選ぶ必要があります。温点の確認は,カテーテル先端の金属心を皮膚に比較的平衡に押し当てるようにして圧迫して確認しています。痛いと感じるならば,その周辺に1-2 mmずらしたところに温点を探すことができます。痛いと感じる痛点付近を,絶対に刺入しないようにします。この,痛点が多い場所は,確かに前腕橈側部ですので,緊急時の前腕橈側部の静脈穿刺には注意が必要かもしれません。
6. カテーテル挿入:カテーテルの特徴をつかむことが大切です。その上で,針先と指先が同一の感覚となるように意識します。針先が指先が同一感覚を保てているかどうかを意識します。
7. 姿勢:刺入時は脇を閉めます。私の薦めるカテーテルの持ち方は,比較的遠方を持つ方法です。この方法では,金属針先端のブレが生じやすいです。このため,脇をシメることで刺入方向の安定性を高めます。接続部付近を持つ先生がいますが,接続部にグローブが触れることは望ましくありません(不潔になるかもしれません)。接属部には,手が触れないことが,末梢静脈路挿入で心がける基本です。
8.刺入時最大のコツ:一滴の血液逆流を見逃さないことです。これは,小児の静脈路留置でも,とても大切な事項となります。皮下に金属部が刺入された後は,目線は血液の逆流部の確認のみに集中されます。針が刺さった状態で,皮膚の刺入部を見ているようでは,ダメです。皮下までカテーテルが入った後の,私達の目線は,カテーテル内の血流部分です。
原則:血液汚染の阻止:接続時に血液をこぼさない。

 


留置に困ったとき

1.血管が見えない
 腕を下げた状態で血管が見えてくるかを確認します。血管が見えてくるような状態で,駆血します。それでもだめなときは,暖かいタオルなどを握って頂いた状態で,手を下げた状態で,駆血します。通常,上半身を起こして頂いた状態では手掌に血管が見えてくるものです。

2.肥満
 最大の難関です。駆血は腕を下げた状態で行い,血管が見えればよいですが,見えないときには人差し指を用いた触診で血管の走行を探ります。エコーを用いることもありますが,盲目的に穿刺するときも,皮下に留置針が到達するまでは針先を見つめ,針先が皮下に到達した後には,血液の逆流が来ることを信じて,目線は血液の逆流のみの観察として留置針を慎重に進めることが大切です。
















末梢静脈路確保は,とても重要な基本手技です。
この技術には,いろいろな応用技法がありますが,技術を崩す前にまず,基本技法を確認しましょう。

大切なこと
1.感染管理,2.疼痛対策 3.手法
現在は医療が標準化されています。その一方で,より高い技術は,センスを意識する中で培われます。


友情出演 山畑佳篤先生(京都府立医科大学)

(注)記事修正 2018年5月14日 研修の先生に指導する過程で,部分修正しています。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 2010年 SCCM Annual Scienti... | トップ | 第18回京滋救命救急セミナー... »
最近の画像もっと見る

急性期管理技術」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事