田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も12年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

古の道を征く旅 ライブレポ 13

2016-03-31 19:10:30 | フットパスウォーク
     

 今日の宿(旅人の宿「青蒼げすとはうす」)にチェックインし、ひと風呂浴びて、今は格別に美味しいビールを飲んでいます。
 ここの宿は、田舎街の宿なのにB&B形式で、バス・トイレ付きのビジネスホテルのようです。気を遣わない良さはありますが、昨日のように宿泊客同士の交流がないのが、ちょっと物足りない感じもします。

 ところで、今日は自分の体力の無さを自覚させられ大苦戦でした。もしかしたら明るいうちに到着できないのでは、という恐怖に駆られました。ライブレポ11を入れた後は、その恐怖感が疲れた身体を鞭打って、明日のことなど考えずに懸命に足を前へ進めました。かなりペースは上がりましたが、それだけ疲れも相当でした。

 報告したようになんとか明るいうちにゴールに着けました。
 その後です。熊野本宮大社から、元々本宮大社があったところに大斎原(おおゆのはら)という大鳥居が立っています。そこへ行くと大鳥居の周りの桜が全て満開状態でした。ちょっとだけご褒美をいただいた感じでした。ただ、行った時間が17時を越えていたため、写真の出来は良くありません。想像しながら見てください。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 12

2016-03-31 16:45:09 | フットパスウォーク
 16時30分、ようやく熊野本宮大社に到着しました!
 苦労して、苦労して、苦労して、辿り着いた熊野本宮大社ですから、有り難さも何十倍、何百倍という感じです。
 これから夕飯を街で摂って(宿舎で夕飯が出ない)それから宿です。
 宿に帰ってから、今日を振り返ります。

     

  写真は熊野本宮大社の拝殿です。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 11

2016-03-31 14:10:08 | フットパスウォーク
 ずーっと圏外で発信出来ませんでした。
 いや~、熊野古道が修行の道であることを改めて教えられています。
 ライブレポ 10を発信した後から厳しい上り下りを3度も繰り返し、すっかり体力を奪わられてしまいました。もうアップアップです。
 しかし、ゴールの熊野本宮大社はまだまだです。
 到着がかなり遅れそうです。
 体力も耐久力も尽き果てましたが、忍耐心だけで頑張ります。

     

  写真の真正面の山を上り下りし、さらに登り返したところから撮ったものです。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 10

2016-03-31 09:26:49 | フットパスウォーク
 スタートから約2時間行動したので、一休みします。
 今日は最初に険しい上りが続きましたが、その後は比較的平坦な道が続いています。
 これまでのところは、道沿いに民家が点在していました。山間の中で何を生産しているのか、と思われるほどの急峻地帯です。

 昨日と違い道沿いに桜の木が散在していました。かなり満開に近い状態のものに出会ったので添付します。

     

 これからは山間深く分け入ります。体調は心配していたほど、今のところは疲労していません。
 本当の辛さはこれからでしょう。気合いを入れて再出発します‼️
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 9

2016-03-31 06:25:24 | フットパスウォーク
 二日目の朝が明けました。
 天候は少しガスっていますが、これは谷間特有の朝の現象で、やがて晴れるものと思います。
 昨日歩いていて「これが雨だったらどうしよう」と思いながら歩いていました。相当に困難なトレッキングになると思われるからです。
 そのことを宿の主人に話すと、「じつはこのあたりは日本国内でも有数の雨の多い地帯なのだ」というではありませんか!
 幸い昨日、今日は天候に恵まれましたが、予報によると、明日は雨にたたられそうです。予報が外れることを願うばかりです。

 写真は今朝宿の外に出て撮ったものです。熊野の山奥深く分け入っていった感じを深くします。

     

 これも昨夜宿の主人から聞かされたのですが、ここから本日の目的地の熊野本宮大社まで25キロあると知らされました。私の情報より3キロも長くなります。ますます苦戦が予想されます。これから朝食を摂って少しでも早く出発します。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 8

2016-03-30 16:20:24 | フットパスウォーク
 近露王子集落にある「民宿ちかつゆ」にチェックインしました。この民宿が温泉付きだったので、さっそくひと風呂浴びてきました。
 疲れが多少は取れた感じですが、はたしてどうでしょうか?

 さて、今日一日をざっと振り返ってみたいと思います。
 まず熊野古道ですが、いわゆる登山道とそれほど違った印象は受けませんでしたが、道々で出会う王子社やさまざまな遺跡が神秘的な独特の雰囲気を醸し出していました。
 それにしても想定以上の険しい山道です。昔の高貴な人がよくこんな道を通って熊野本宮大社を目指したものと思います。現代とは装備もまるで違っていたのに…。それだけ信仰心が篤かったということなのでしょうね。

 出発前、友人と「藻岩山ほどではないでしょう」などと話したのですが、とんでもない。ずーっと険しい感じでした。年老いた身体へのダメージが心配です。
 明日は今日の距離の6割増しですし…。

 桜ですが、熊野古道ではほとんど見かけなかったです。古道はほとんどがスギの林だったからかもしれません。
 里に降りてきたら、ちらほら目にすることがありました。しかし、まだ満開ではありません。
 話を聞くと、満開はあと一週間位後だということです。

 さあ、明日のために今日は早々寝ることにします。

     

  写真は近露王子集落で見かけた桜の木です。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 7

2016-03-30 14:34:32 | フットパスウォーク
 本日のゴール近露王子まで残り1キロを切った地点の「牛馬童子」というところに来ています。
 ちょっと想定より早く到着しそうです。
 というのも、前半が遅いペースだったので少し無理をした感があります。
 そのせいもあって、私の中ではいっぱい感に包まれています。
 初日からこの調子では先が思いやられます。
 熊野古道、魅力いっぱいですが、なかなか手強いです。

     

 写真は牛と馬にまたがった牛馬童子です。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 6

2016-03-30 10:58:45 | フットパスウォーク
 高原霧の里休憩所という所に来ています。
 想像していた以上にきつい上りが続きました。私のレベルでは完全な登山です。一気に全身汗まみれです。
 進んだ距離はまだ4キロに達していません。
 先はまだまだです。一休みして先を目指します。

     
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 5

2016-03-30 07:50:42 | フットパスウォーク
 田辺駅からバスに約40分乗って、熊野古道の中辺地ルートのスタート地点「滝尻王子」の前に来ました。
 いよいよ熊野古道トレッキングの開始です。これから神域(?)に深く分け入っていく気分です。

 天候は暑くもなく、寒くもなく、薄曇り(花曇り?)と、トレッキングには絶好のコンディションです。

 中辺地ルートは数多くの王子社など見所がたくさんあるので、一つ一つを丁寧に見ながら、今日の目的地の「近露王子」目指します。

     

 写真は滝尻王子社です。
コメント

古の道を征く旅 ライブレポ 4

2016-03-29 21:42:31 | フットパスウォーク
 予定外の投稿です。
 サッカージャパンの対シリア戦、小気味よいほどの得点を重ね、5対0で完勝でした。
 特に香川選手の2得点、さらには長谷部選手の燻し銀の存在感が、私には特に嬉しいことでした。
 私の明日からのトレッキングもおおいに気を良くしてスタートすることができます。
 おおいに気分を良くして眠り就きます。
 グッナイト。
コメント