田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も12年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

ラグビーワールドカップ入場券 ようやく入手!

2019-08-16 20:06:51 | スポーツ & スポーツ観戦

 待ちに待っていたラグビーワールドカップの入場券が本日(8月16日)、ようやく簡易書留便で届いた。入場券の購入手続きを終えたのは2月である。それから半年…、待ちに待ったが、これで9月22日(日)のイングランド vs トンガ戦が観戦できることになった。 

 昨日、西別山登山を終えた私は一路札幌まで395kmを走り、午後9時過ぎに帰宅して泥のように眠りこけた。今日もまた、食事以外は横になっていた生活で、完全に体力が回復するのはいつのことか? 情けないがそれが現在の私である。 

      

      ※ 日本調にデザインされた入場券が入っているパッケージです。

 そうして横になっていた時、「書留便で~す」という声に「あるいは?」と思いながら、受け取るとまさしくそれは「公益財団法人 ラグビーワールドカップ2019 組織委員会」からのものだった。

 封を切って中身を確かめてみると、日本調にデザインされたパッケージの中に、これまた相撲絵のようなラグビー選手の絵が描かれたチケットが収まっていた。そこには「カテゴリーB」、その後にゲート番号、通路番号、列番号、席番が記されていた。

      

      ※ これが一番大切な入場券です。席番などは消去しました。  

 これで私はようやく9月22日(日)19時15分Kick OffのRUGBY WORLD CUP の予選ラウンドのイングランド vs トンガ戦を観戦することができることを確信したのだった。 

 以前にも記した記憶があるが、特にスポーツ観戦の場合、私たち庶民にとっては高額のチケットを入手して観戦するよりはTV観戦するのが一般的だと思う。私の場合も当然そう思っていた。ところがラグビー好きの知人が札幌の予選ラウンド2試合を観戦するという。また、大会のキャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」に惹かれて、「そうだ、せっかく札幌で世界的な大会が開催されるのだから、その雰囲気を会場で体感してみようか」と観戦を決めたのだ。

      

      ※ パッケージの裏側も日本調のデザインでした。

  私にとってカテゴリー2のチケット代金15,000円(その他諸経費を入れると17,000円をオーバーしていた)の価値があるものなのかどうか判断しかねるが、ともかく観戦できることが本決まりになったのだから、精一杯大会を楽しみたいと思う。 

 心配は開会が一か月後と迫っているのにも関わらず、意外に盛り上がっていないのではと懸念される点である。日本代表の諸外国代表チームとの練習マッチでは好成績を残しているようなのだが…。大会が始まれば、盛り上がってくるんだろうか?

      

      ※ 同時に入っていた「観戦案内」です。

 9月22日(日)、巨漢同士の肉弾戦、そして頭脳戦を楽しみたいと思う。

コメント (2)

日ハム戦ライブレポ⑦

2019-08-02 21:28:52 | スポーツ & スポーツ観戦

 残念ながら千賀投手に完全に抑え込まれた試合でした、渡辺選手の2安打だけでは勝てません。それにしても、ノーアウトで四球で出塁した走者を2度もバント失敗で送れなかかったのはプロとして恥ずかしいかぎりです。あそこで2塁に走者を進めていれば、あるいは千賀投手プレッシャーを与えて、攻撃の糸口が広がったのかもしれないのですが…。しかし、それもグチですね。
 ただ、試合としては最後までどう転ぶかわからない試合展開で楽しめた一戦でした。

          ※ 写真は勝利を決めて称え合うソフトバンクナインです。 

          

コメント

日ハム戦ライブレポ⑥

2019-08-02 20:21:57 | スポーツ & スポーツ観戦

 うーん。日ハム打線は完全に千賀に抑えられています。7回を終えてわずか1安打ですから…。
 救いは投手陣が1点で耐えているところです。玉井投手がデスパイネに打たれましたが…。まだ0対1の1点差。まだまだ逆転の望みをかけて見守ります。

          ※ 写真は1点を叩き出したデスパイネのバッティングです。  

          

コメント

日ハム戦ライブレポ⑤

2019-08-02 19:26:04 | スポーツ & スポーツ観戦

 5回を終えて両チーム0対0の緊迫した試合になっています。杉浦の頑張りが目立ちます。
 5回日ハムはノーアウトのランナー渡辺が出たのですが、後続が続きませんでした。
 杉浦は5回でお役ご免で、リリーフ陣に後を託す形になりましたね。さあ、このあとどうなるでしょうか?まったく展開が読めません。

          ※ 写真はさすがに首位攻防戦とあって満員近くにスタンドが埋まっている状態です。
          

コメント

日ハム戦ライブレポ④

2019-08-02 18:44:01 | スポーツ & スポーツ観戦

 杉浦もなんとか耐えて3回を零封していますが、千賀の出来が素晴らしいです。日ハムの9人は全く千賀のボールを捉えられいません。まるで相手にされてないくらい千賀の出来が良いです。
 杉浦にはなんとか耐えて、食らいついていきたいところです。


          ※ 写真は素晴らしいピッチングを続ける千賀投手のピッチングフォームです。
          

コメント

日ハム戦ライブレポ③

2019-08-02 18:21:32 | スポーツ & スポーツ観戦

 杉浦2イニングを6人で退ける上々の出だしです。それ以上に良いのが千賀です。150キロ超のスピードボールをズバズバです。
 前半はあるいは投手戦になるかも?杉浦が先に崩れないように…。

           ※ 写真は杉浦の投球の様子です。
          

コメント

日ハム戦ライブレポ②

2019-08-02 17:15:08 | スポーツ & スポーツ観戦

 予定通り16時30分に入場し、座席のアップデートをして(1.400円を追加して)1塁側A指定席に陣取りました。
 さて、試合前に本日の対戦を展望してみます。
 先発はハムが杉浦、ソフトバンクが千賀です。ネームバリュー、実績からいうと杉浦は千賀の足元にも及びません。もし千賀が本来の力を発揮すると、日ハムの苦戦は免れません。ただ光明は千賀が最近調子を落としていることです。そんな千賀の不安な立ち上がりを是非とも攻略したいものです。
 一方の杉浦ですが、今年のデビュー戦は見事でしたが、その後は攻略されるケースも多くなってきました。このところハム投手陣は立ち上がりに失点し、試合を苦しくしています。立ち上がりに細心のの注意を払って波に乗ってほしいものです。
 攻撃陣は連勝中は見事な集中打で勝ち進みましたが、最近はやや陰り気味です。特に打線の中軸の近藤選手の不調が気がかりです。体調が良くないとも聞いていますが、なんとか復調してほしいものです。
 と、やや悲観的な予想ですが、この三連戦の成績次第では首位に躍り出る好機です。日ハムナインの大健闘を祈りつつ試合をみまもりと思います。

        ※ 写真は試合前の日ハムの守備練習の様子です。
        

 

コメント

日ハム戦ライブレポ①

2019-08-02 16:15:28 | スポーツ & スポーツ観戦

 札幌ドームに来ています。
 日ハム戦の区民デーに応募したところ当選したので暑い中、観戦を決めました。
 座席のアップデートを考えていたので、16時にドームに着いたところ入場出来ず並ばされています。
 HPで確認したところ、なぁーんと開場は16時30分のこと。暑い中で開場を待っています。
 今日は帰宅が22時を過ぎると思われるので、試合を観ながら適宜ライブレポを投稿しようと思います。野球はインニング間にインターバルがあるので、ライブレポ投稿には好都合です。
 試合の展開を追いながら、私なりのレポができたらと思っています。お付き合いください。


          ※ 写真は入場を待つファンの列です。

          

コメント

コンサドーレの久々の快勝を目撃!

2019-07-20 19:52:38 | スポーツ & スポーツ観戦

 このところ3試合、勝ち星がなく足踏み状態が続いていた北海道コンサドーレ札幌だったが、今日(7月20日)は5点ものゴールラッシュで胸のすくような快勝だった。

         

        ※ 試合前の先発選手の発表時に声援の声を上げる熱烈サポーター席です。

 今日、コンサドーレはホームの厚別競技場に湘南ベルマーレを迎えてのJ1リーグ第20節の戦いがあった。他にスケジュールを入れていなかったこともあり、6月22日以来のスタジアム観戦を決めた。

        

        ※ 今日は入場者全員にご覧の団扇が配布されました。

        

        ※ ボードには両チームの先発イレブンが掲示されました。

 前回(6月22日)は雨とも戦わねばならなかったが、今日は暑さとの戦いを覚悟していた。しかし、試合が始まったあたりから上空に雲が出て、快適な気温の中で観戦することができた。そして今日、私はいつものバックスタンドではなく、正面スタンドのコンサの選手たちが出入りするゴールライン付近に陣取った。そこは選手たちを間近に見ることができるため人気のエリアのようで立錐の余地がないほど観戦客が集中していた。

        

        ※ 試合前のアップを終えてロッカールームに引き上げる荒野選手です。

        

        ※ 同じくルーカス選手(左)とロペス選手(右)です。両選手とも今日はベンチスタートでした。

 試合は、序盤は湘南が押し気味の試合展開だったが、18分に進藤が、21分にはジェイが、立て続けにセンタリングのボールをゴールに叩き込んでコンササポーターにとってはたまらない試合展開となった。ゴールの度に隣のご婦人、もう片方となる隣の若い女性とハイタッチを繰り返して歓びを分かち合った。前半の36分には湘南に1点を返されたが、前半は2対1で折り返した。

        

        ※ 前半を終えロッカールームに引き上げるチャナティップ選手です。右はコーチ?or トレーナー?

        

        ※ 同じく福森選手(前)と菅選手(後)です。

        

        ※ 同じく宮澤選手(左)とジェイ選手(右)です。真ん中はコーチ?

        

        ※ 同じくソンユン選手(左)と進藤選手(右)です。

 後半もコンサドーレのゴールラッシュは続いた。後半26分には再びジェイが、35分にはジェイに代わって入ったロペスが、39分にはチャナテップが、と面白いように得点を重ねた。コンサにはこれ以外にもオフサイドになってしまったゴールや、ゴールから掻き出されてゴールの判定にはならなかったものもあったので、うまくゆけばまだ2~3点入ってもおかしくない試合展開だった。

         

        ※ 札幌のチャンスで競り合う両チームの選手たち。バックスタンドも満員状態でした。       

 後半ロスタイムにコーナーキックから湘南に1点返されたが、大勢には影響はなく、5対2でコンサの快勝という結果で試合終了のホイッスルを聞いた。

        

        ※ 試合終了時のスコアボードです。

 今日は気持ちの良いほどに次から次へとゴールが決まったが、サッカーの場合には今日のようにうまくいく場合と、チャンスが多くてもゴールに嫌われる試合もあるところがサッカーの面白さであり、難しさでもあるような気がする。

 一点だけ気になるのは、得点者が1得点目の進藤以外は外国人選手の得点だったことだ。外国人選手はストライカーとして期待されて入団したのだから、それはそれでいいのではないか、という考えの方もいるとは思うのだが、やはり日本人選手ももう少し得点に絡んでほしいと思うのは狭量的過ぎる考えだろうか? 頑張れ!鈴木武蔵!

        

        ※ ゴール後にサポーター席まで走ったロペス選手を、控えのGK菅野選手が駆け付けたところです。

 もう一つ改めて感じたことがあった。スタジアムで観戦していると細かなプレーや微妙なプレーが分かりづらいことがある。今日の試合でも、なぜ荒野のゴールが認められなかったのか?(ジェイがオフサイドの位置にいたらしい)、私のところから見たら完全にインゴールに入ったと思われた武蔵のゴールが認められなかったのか? チャナテップのゴールはなぜ直ぐに認められなかったのか? 等々…。どのプレーもTV観戦だとビデオで再生したものが見られるために納得できるのだが…。

        

        ※ 試合終了後、グランドを一周後に私たちのところにも選手たちがやってきました。

 まあ、そうしたことはあったとしてもやはりライブ観戦に勝るものはないということがあれだけの大観衆を集めるのだろう。何といっても目前で選手たちの息遣いを感じながら試合展開を追えるのだから…。

コメント

初体験!スポーツバー JUNKIES

2019-07-01 14:30:03 | スポーツ & スポーツ観戦

 札幌の得点シーンのとき、客席は約40席とけっして大きくない店内は誰彼となくハイタッチを繰り返し大いに盛り上がった。対戦は1対2と残念ながら敗戦となってしまったが、Jリーグを観戦する一つの方法として面白い体験ができた!

           

          ※ コンサドーレ 対 ベガルタ仙台の対戦を観戦する客たちです。

 昨夜(6月30日)は、我らがコンサドーレ札幌が仙台においてベガルタ仙台と対戦するアウェー戦だった。昨夜はどうしてもTV観戦したいという強い気持ちはなかったのだが、ある考えが閃いた。

               

          ※「JUNKIES」が入店する南4西2のセントラルビルです。このビルの8階に店はありました。

 

 それは、来る8月3日に年に一度道内に散らばる旧友たちが札幌に集まる集いがある。その際の「二次会の会場をどうしょうか?」と尋ねられ、その日はコンサドーレ札幌が広島でのアウェー戦だったことから、パブリックビューイングを私が提案し、賛意を得ていたのだ。その会場としてネットで検索したところJUNKIESが見つかり、早速予約していた。予約した者の責任として、「JUNKIES」がどのような店なのか把握しておくことが必要だった。そこで昨日、入店の可否も分からず店に赴いたのだった。(というのも、以前に予約しようとしたところ満員で断られた経験があった)

          

          ※ まだ客のいない店内です。最前列は常連客のVIP席(?)のようでした。

 試合開始の一時間前、ススキノの雑居ビル8階に入店する「JUNKIES」を訪れた。想像していたよりはかなり小さな店だった。(満員で40席とのこと)試合開始一時間前ということでお客は一人もいなかった。「入店は可能か?」とスタッフに尋ねたところ、「4席のみ空席が残っている」との答えだったので、即入店を決めた。

          

          ※ この日の札幌の先発イレブンです。

 それから約1時間、試合開始時には予約客が次々と入店し、あっという間に満員状態になった。私のように個人の客もいたが、大半はグループでお酒を飲みながら観戦を楽しむというスタイルの客が多かったようだ。

          

          ※ ビールはHeineken(オランダ製)です。

          

          ※ 太~いソーセージをグリルしたものです。食べきれずに1本残してしまいました。

 試合が始まったが、店内は意外に静かだった。それぞれが互いの観戦を邪魔しないという観戦のマナーがあるようだ。それは私にとっても心地良いものだった。仙台に先制されたときにため息は漏れたものの、それほど騒がしくなるでもなかった。唯一店内が沸いたのは、札幌(ロペス)が得点を決めたシーンだった。この時は店内が沸き返り、誰彼となくハイタッチを繰り返し、大いに盛り上がった。しかし、その後はまた、それぞれが観戦を楽しむという形で全体として店内は静かだった。もっとも、グループ同士は静かに会話を楽しんでいたのかもしれないが…。

          

          ※ 私はカウンター席です。テーブル席で観戦する人たちです。こちらには大きな画面が…。

 1対2の劣勢のまま終盤を迎えたときには、「行け!」とか、「惜しい!」という声が聞こえてきたが、全体としては他の客に迷惑をかけずに、お酒を楽しみながらスポーツを観戦するというのが、こうした店でのマナーなのだと解した。

 店の正式名は「SPANISH CAFÉ BAR  JUNKIES」である。スペイン料理とワインが売り物のようだ。私はビールに合わせてソーセージグリルを食した。

 スポーツバーでのライブ観戦、面白いと思うが一人ではちょっと寂しいかな?やはり仲間とお酒を介しながら楽しく観戦するのがベターだと思えた初体験だった。

コメント