りんごっこ劇場

どうせ一度っきりの人生,楽しまなくっちゃ!損々、
お酒に趣味に好きな事をして 我が老後まっ盛り! 花盛り!

2024地区ウオーキングに参加してきました。

2024年05月24日 | 散歩 ウオーキング サイクリング

令和6年5月24日(金)時々霧雨

 

 

『2024年度の地区ウオーキング』に参加してきました。

今月から実施していたのですが、

予定ありで、3回目にして今年のスタートです。

 

ウオーキングは 1時間半程度ですが、

きょうは霧雨で寒いので 半分ほどの距離にしたそうですよ。

準備体操をして 2列になって出発

集合場所(公園)は毎回決まっていて

解散場所は(公園がほとんど)その都度違います。

コースは 役員さんが当日決定

1時間半程度の距離が設定され 

整理体操をして解散です。

我が家は、集合場所に超近いので、

解散場所から戻らなければなりません。

 

万歩計は8500歩でした。


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お家騒動の末 表札が変わりました。

2024年05月23日 | 北海道の野鳥 野生動物 野生植物

令和6年5月23日(木)

 

 

久し振りに、クマゲラの棲むという公園に行ってきました。

 

1か月ほど前の事、

『クマゲラ 雌』と『シロハラゴジュウカラ』の

お家騒動が勃発しておりましたが、

リフォーム工事も完成済み 

現在 表札は『シロハラゴジュウカラ』に

 

『シロハラゴジュウカラ』はお家を作ることができませんが、

手頃な物件を見つけては 自分仕様にリフォーム工事はいとも簡単にするのです。

すっかり葉も茂り 見づらくなっていましたがこれまた好条件なのかも。

 

     クリックしてね。☟ ☟ ☟ 

春夕暮れて、 - りんごっこ劇場

春夕暮れて、 - りんごっこ劇場

令和6年5月3日(金)憲法記念日クマゲラの棲むという公園に行ってきました。『くまげら雌』のねぐらは、『シロハラゴジュウカラ』に狙われ毎日をバトルの元急場をしのい...

goo blog

 

 

春一番に声を聴かせてくれる『シロハラゴジュウカラ』

体は小さいですが、強者です。

 

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秘密の花園はうっすら朝日を浴びて、

2024年05月22日 | 北海道の野鳥 野生動物 野生植物

令和6年5月22日(水)

 

 

スプリングエフェメラル真っ盛りのある日

先輩カメラマンのおすすめポイントへ行ってきました。

 

原生林の中の一角は

緑のキャンパスに、白 薄紫の絵の具で塗られたかのようです。

 

『ニリンソウ』

花言葉  友情 協力 ずっと離れない

 

『エゾエンゴサク』

花言葉  妖精たちの秘密の舞踏会

 

どこからか『エゾリス』

 

朝餉の時間が、

 

 

 

 

薄っすら朝日差し込むひと時を 

これほどまでの舞台で迎えられるだなんて

幸せコース満載! 

羨ましい‼。

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

只今学習中『お散歩ガイド』に参加しました。

2024年05月21日 | 植物観察会 探鳥会

令和6年5月21日(火)

 

 

先日、知人からいただいた資料を基に、

豊平区 西岡公園主催の毎週金曜日に行われている

『おさんぽガイド』に初参加してまいりました。

公園スタッフによるガイドウオークです。

ボランティア3人のガイドもいらっしゃいます。

 

西岡公園は、月寒川を堰き止めて作られた西岡水源地を中心に

その上流域に湿原と森が広がって

自然観察やバードウオッチングには最適

 

集合場所の西岡公園管理事務所入り口では トリオで迎えてくれました。 

 

 

『エゾタンポポ』では?との貴重なお話しから始まりました。

判別の仕方詳しく教えていただきましたが、

花の下の緑色の苞が反り返っているかどうかが見分け方の一つ、

『エゾタンポポ』は上向き

 

 

博物館に鑑定依頼中だそうです。

ちなみに西洋タンポポは緑色の苞が下向き

 

『シマエナガの巣』が落ちていました。

 

『ベニバナイチャクソウ』はまだつぼみ

 

『フデリンドウ』花いっぱい

茎1本に花1個は、ハルリンドウ

 

『ツクバネソウ』葉4枚

 

『クルマバソウ』葉が6枚

湿地帯には、

どの株も 丸くなって生えている『ヤマドリゼンマイ』

 

 

『クリンソウ』

 

『エゾハルゼミ』

 

 
初見が多くあり、
後日 一人ゆっくり?現地にて復習しましたよ。
 
空には、
『ハリオアマツバメ』が十数羽飛びかっていました。

  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

季節はいつもより早く通り過ぎても、  

2024年05月20日 | 北海道の野鳥 野生動物 野生植物

令和6年5月20日(月)

 

 

国営滝野すずらん丘陵公園で、

『シラネアオイと春の野の花まつり』が、

2024.5/11(土)~19日(日)開催しておりましたね。

14日に行ってきましたよ。

我が家からは片道おおよそ12㌔の距離

いつものごとくオープンカー(電動アシスト自転車)です。

風強し なぜか往復向い風。

 

目には見えない坂道を 森へ 森へと言うものの、

途中 道端の可憐で繊細な春の花に目を奪われ

オープンカーを時々降りては愛でます。

 

 

 

この看板を目にすると到着 ホッ

 

マスミの滝入り口から入園します。

直っすぐカントリーガーデンエリアへ向かいますが、

期間中(14日)なのに人影が見当たりませんねぇ。

『シラネアオイ』

 

 

あなたにも逢えて、

 

季節はいつもより早く通りすぎてというものの、

逢えて良かったわ!

 


  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする