癌春(がんばる)日記 by 花sakag

2008年と2011年の2回の大腸癌手術
   ・・・克服の先に広がる新たな春を生きがいに・・・

吉村昭著『大黒屋光太夫』

2016年12月07日 | 読書

 やはり、吉村昭の歴史小説は面白い。斜め読みや飛ばし読みなどせずにじっくり読んでしまう。

 大黒屋光太夫は、江戸時代後期の伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船(千石船)の船の頭だったが、天明2年(1782年)、嵐のため江戸へ向かう回船が漂流し、アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。長い年月を掛けて、17名の水主(かこ)の内12名の死を乗り越えて、極寒のシベリアを横断し、ロシア帝国の帝都サンクトペテルブルクで女帝エカチェリーナ2世に謁見して帰国を願い出、漂流から約9年半後の寛政4年(1792年)に根室港入りして帰国している。帰国後には、その後の幕府の日ロ関係への進展に大きな役割を果たしている。
 なお、映画化されている井上靖著『おろしゃ国酔夢譚』も、この大黒屋光太夫が主人公である。
 
 8ヶ月にわたる漂流、想像を絶する極寒のシベリアを旅する厳しさなどの臨場感溢れる描写、当時の時代背景、極東やロシアの風土や集落や都市の様子、一番の恩人となるキルロ・ラクスマンを初めてとする不思議なほどの次々と現れる支援者とのふれあいなど、実にきめ細かな取材に基づく細やかな表現に、どんどん引き込まれて朝から夕方まで掛けて、一気に上下巻とも読んでしまった。

 非常に助かったのが、下記の地図だった。このお陰で地理的な距離感や要した年月などが分かり、とてもイメージ豊かに読み進めることができた。

相原秀起著『ロシア極東 秘境を行く』より抜粋
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年のXCスキー大会予定

2016年12月06日 | スキー・クロカン

 すでに、これまで毎年参加している2月中の日曜日4回連続の大会の案内が届いている。


 例年、最終レースとなる3月第1日曜日の「十勝大平原XC」の案内が来ないな~と思っていたら、今日の新聞に「台風10号によるコース被害で、初の中止」という記事が載っていた。
 この大会は、レース後の夜に、帯広近郊の山仲間が集まって、懇親会を開いてくれる楽しみな大会なので、非常に残念だ。例年以降、復活することを願いたい。

このほかに、1/22に札幌白旗山競技場で開催される、参加費無料でたくさんのお土産がもらえる「HBCラジオ・ハウス歩くスキー大会」には、妻も5kmに参加する。

ということで、今年の参加予定の大会とエントリー距離は次の通りとなった。(すべて申し込み済み)
 1/22(日)HBCラジオ・ハウス歩くスキー大会(15km)
 2/5 (日)札幌国際スキーマラソン大会(50km)
 2/12(日)おおたき国際スキーマラソン大会(15km)
 2/19(日)恵庭クロカンスキー大会(30km)
 2/26(日)湧別原野オホーツククロカンスキー大会(85km)


 十勝大平原が中止となったので、1/14~15に、大滝XCコースとホロホロ山荘1泊で開催される「クロスカントリースキーキャンプ」に参加することにした。講師はリレハンメル冬季オリンピック団体金メダルの阿部雅司さんだ。

 2日間にわたる技術的な講習のほかに、ワックス講習、練習方法、筋力トレーニング、栄養講座など、内容豊富なキャンプである。この歳になって効果のほどは不明だが、これまで、すべて独学でやって来たことなので、大いに期待している。

 本日北海道新聞夕刊(道南版・みなみ風)「どうなん・とうほく山楽紀行」「3、八甲田山」は下記でどうぞ!
http://sakag.web.fc2.com
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イルミネーション・ジョグ

2016年12月05日 | ジョギング・ラン・ウオーキング

今年から?レーザー光線の演出

 ここ3日ほど、異常に暖かい上に路面の雪もなく、この時期としては、ジョギングには最高の条件だ。
 そこで、12/1から一斉に始まった「函館イルミネーション」を観ることを目的としたジョギングに、妻と一緒に出掛けた。
 
 巴大橋を走って、まずは、ベイエリアの「クリスマスファンタジー」の会場へ。点灯式を観てから、八幡坂を登り、再びクリスマスファンタジーへ戻り、帰路に函館駅前のイルミネーションを観た。

ジョギングは、ひと月ぶりくらいのはずだが、歩き旅の足が残っていて、12kmほどを何の苦もなく、快調に走ることができた。


花火の上がる点灯式    ツリーの電飾をズームで撮ってみた


これも、昨年までなかったような?


これも今年から?高速で色が移り変わるセパレートバージョン


八幡坂のイルミネーション


函館駅前のイルミネーション


駅へ向かうときや、出てくるときにはこの下を潜って進む




昨夜、講演会の後に撮った五稜郭公園のイルミネーション
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗城史多講演会

2016年12月04日 | イベント鑑賞・参加

他サイトから借用


 本日、ホテル法華クラブで、登山家・栗城史多(くりきのぶかず)氏を迎えての「函館臨床専門学校創立20周年記念講演会」があったので、聴きにいって来た。演題は「弱者の勇気」だった。
 
 氏は、今金町出身で、これまでに6回、エベレストへの単独無酸素登頂と登山中のインターネット生中継に挑戦している。2012年の4回目の挑戦で、凍傷に掛り、両手の指9本を失っている。その後、復活して、2015年の5回目、2016年に6回目の挑戦をしたが敗退している。現在は、講演活動をしながら、来年の7度目の挑戦の準備をしているという。

 講演は、自分が撮った映像と交互の語りで構成されていて、自分がエベレストに向かうようになるまでの経過、指を失っても、さらに挑戦し続けることなどがおもな内容だった。

 夢は必ず叶う、夢を持ち続けることの大切さを熱く語っていた。それは、父親や自分を支えてくれる多くの周りの人のお陰であるという。

 印象的なこととして、夢を叶えるためには「否定という壁をなくすこと」が大切であり、自分のエベレスト挑戦は、この「否定という壁への挑戦」であるという。普段、講演で学校や企業に行くと、「失敗は悪。失敗が怖い。できない。だからやらない方がいい」という否定という壁をよく感じまるとのこと。

 また、中継登山は、挑戦における失敗と挫折も共有したいとのこと。失敗や挫折で落ち込むことはあっても決してダメなのではなく、成長や学んでいるチャンスなんだと。そして、もっと様々な人達のチャレンジを否定しないで応援し合える世界に向かうことが自分の最終ゴールでとのこと。 

 学生時代に、単独で北米最高峰のマッキンレーに向かったときに、周りの全員が否定的な見方で止めさせようとしたが、父親の「信じているよ」という言葉に後押しされた。これほど失敗し続けても、父は今でも自分を信じてくれていることが大きいとも・・・。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

倒木が凄かった「当別丸山」

2016年12月03日 | 登山・旅行
 朝から快晴で、気温も高い。この天気を逃すのはもったいない。冬山初めとして袴腰山へ向かった。積雪量からしても、第2登山口まで車で入れそうだった。ところが、新中野ダム上の林道分岐にある入林届ボックスのところで、ゲートが閉じられていた。「路肩決壊のため通行止め 開通時期未定」となっていた。多分、今秋の台風以来開いていないようだ。

 まだ、そこから歩く気にはならない。Uターンして、当別丸山へ向かった。秋に登った人が「倒木が物凄かった」と聞いていたので、その様子も見たかった。


登りは、登山道のある真ん中の尾根を登り、下りは右のヤブ尾根を下った

GPSトラックログと苦労した個所

8:20、トラピスト修道院の墓地の駐車場に車を置いてスタート。ここ2~3年は、ここまで車が入れるようになっている。


朝日に輝くルルド

ルルドまでのトドマツ林もたくさん折れたり倒れたりしていた。

◎登りは、展望台に寄って登山道を

旧林道跡から鋭角的に曲がった先の登山道を覆う倒木。登りではここが一番凄かった。


展望台から、函館山と眼下のトラピスト修道院を眺める
いつもは帰りに展望台に寄るのだが、帰りは谷の北側のヤブ尾根を下る予定だったので、先に寄った。


その上のブナも根こそぎの倒木が非常に目に付いたが、登山道を塞いでいるものはわずかだった。


1時間10分で、順調に、一等三角点と天測点のある頂上に到着。ここまでの倒木の様子は想定内だった。
積雪は、下からずっと15cmくらいだったので、履いてきたマリンブーツのままで登った。

◎下りは、倒木のせいで冒険もどきのヤブ尾根。
下りは、深い谷を挟んだ北東側のヤブ尾根を下った。この尾根は1度ずつ登り下りをしている。
雪のある方が歩きやすいだろうし、倒木の様子や核心部の岩場と旧林道が谷を越える個所の様子も見たかったからだ。
15分ほど休んで、9:45、下山開始。


頂上から下り始めて、いきなり尾根を塞ぐブナの倒木にビックリ。跨いだり、潜ったりで通過。
こちらの尾根は、かなりの頻度で倒木に覆われていた。
しかし、尾根にはピンクテープやロープまで設置されていた。
情報まったくなかったこの尾根を初めて登ってネット上にアップしたのは、5年前と下った2年前だ。
そのときにはなかったので、その間、物好きな人が付けたようだ。


深い谷を挟んで、源頭部の険しい岩尾根とその向こうの登山道尾根を望む


尾根のブナが、あちこちで根こそぎ倒れている


いよいよ心配していたナイフリッジの岩場(真ん中)の上に到着。
ここは両側が崖になっているが、いつもは、岩の右の根元を巻くことができた。
ところが、その細い尾根が倒木の根っこで塞がれて、岩場のところまで下りることすらできない。
岩の左の根元は急な沢型の崖になっているが、ヤブ斜面を少し下りて、対岸から登り返すしかない。
高巻きはずいぶんとしたことがあるが、低い方へ下って登り返す「低巻き」は初めてかも?


急なヤブ斜面を下り、岩場の下の崖状地形を挟んで、登り返す急斜面を眺める


少し下って、急な崖を横切ろうとしたが、5mほど滑り落ちてしまった。もっと雪が多ければ雪崩れるかも?
止まったところから対岸に恐る恐る渡り、急なヤブ斜面を登り返して尾根に戻った。


一番心配したところを通過して下って行ったら、テープが2本ぶら下がったところがあった。
細い林道跡が尾根に合流している。以前はもっと広いイメージがあった。
ここからその林道跡へ入らなければならないのだが、もっと下の方のような記憶もあった。
そのまま下ってみたが、やはり林道跡はなかった。戻って、そちらへ進んだ。2年前も下りで同じミスをしている。


次に気になっていたのは、林道跡が深い谷を横切るところだった。
前回も崩れていたので、今回は手前から沢に下りて、対岸の急斜面を登り返すことにした。
下から眺めたら、林道跡が横切る手前から、上から落ちてきた倒木で埋まっていた。

 この後も、倒木が道を塞いでいたが、なんとか登山道へ合流できた。
 登山道へ合流したら、3~4人の登りの足跡があった。こちらのトレースを頼って同じヤブ尾根を下らないことを願いながら、11:20ゴール。下りは1時間35分だった。

 登山道を往復すれば楽だったのだが、物足りないし、ちょっと冒険もしたかったので十分満足の久しぶりの登山だった。
 ただ、このヤブ尾根は、雪があったから崖や急斜面を登り下りできたが、夏は厳しいかもしれない? また、もっと雪が多くなったら、岩場の下の崖は雪崩れる可能性もある。
 
 詳しい山行記録は、下記でどうぞ!
 http://sakag.web.fc2.com (アップ完了) 

◎夜は、函館スキー指導員会の役員懇親会


会場の行啓通りにある「北海道海鮮酒場わたみんち」



役員の改選期で、新旧顔合わせがおもな狙いだった。こちらも会長を退いて2年ぶりに会う顔ぶれもあり、懐かしかった。
これで、8日間で4回続いた飲み会が終了。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

著者より贈本『ロシア極東 秘境を歩く』関連

2016年12月02日 | 日常生活・つぶやき

 本日、北海道新聞社函館支社報道部長・相原秀起氏より、このたび北海道大学出版会から発刊された本人著書の『ロシア極東 秘境を歩く』が送られてきた。

 氏は、北大探検部出身で、記者時代、95年からサハリン・ユジノリンスク支局駐在経験もあり、2013年からの道新連載「極東」を担当していた。この著書は、その取材を基にしたものである。

 まだ読んではいないが、帯には、「探検部出身の記者が道なき道を行く」とあり、目次は、第1章「はるかなる北千島」、第2章「知られざるサハリン」、第3章シベリアの荒野へ」からなっている。これらの地域は、一般的には旅することがで難しい場所なので、貴重な内容である。

 定価は2800円+税で、道内主要書店や、ネットで購入できるTSUTAYA、amozon、楽天市場などでも扱っている。

 相原氏との出会いは、2014年、現在も続いている拙筆による北海道新聞(札幌圏)連載の「ほっかいどう山楽紀行」の2代目の担当編集委員になられたときである。その後、今年の7月に函館支社報道部長として栄転して来られた。この11月から始まった、やはり拙筆による北海道新聞夕刊(道南版・みなみ風)への「どうなん・とうほく山楽紀行」の仕掛け人でもある。 


 これも、昨年、やはり氏からいただいた、「極東DVDシリーズ3部作」の中の第3巻『大シベリアを行く 光太夫とマンモスを追って』のDVDである。 
 やはり、これも、道新連載「極東」の取材班が撮影した映像をもとに、氏が中心となって編集したものである。
 こちらは、地球温暖化でシベリアの凍土が溶けて次々と現れるマンモスの骨や、鎖国時代に漂流してロシアに渡った大黒屋光太夫の足取りを辿った内容である。

 なお、これら3部作のプロローグ映像(10分もの)は、下記で観ることができる。
  https://www.youtube.com/watch?v=-O9_UUmryHc
 こちらは、北海道新聞社で発売している。1巻3500円+税。

 たまたま一昨日、改めてこのDVDを見直したばかりだった。しかも、大黒屋光太夫の波乱に満ちた生涯をもっと知りたくなり、昨日、中央図書館へ出掛けて、吉村昭著『大黒屋光太夫』を借りてきた。
 そのタイミングでの今日の贈本なので、まさに、びっくりぽん!状態だった。 
 

吉村昭著『大黒屋光太夫』

 ちなみに、大黒屋光太夫は、、江戸時代後期の伊勢国白子(現三重県鈴鹿市)の港を拠点とした回船の船頭だったが、天明2年(1782年)、嵐のため江戸へ向かう回船が漂流し、アリューシャン列島のアムチトカ島に漂着。ロシア帝国の帝都サンクトペテルブルクで女帝エカチェリーナ2世に謁見して帰国を願い出、漂流から約9年半後の寛政4年(1792年)に根室港入りして帰国している。
 なお、映画化されている井上靖著『おろしゃ国酔夢譚』も、この大黒屋光太夫が主人公である。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

佐々木譲と薬丸岳の作品 & 忘年会

2016年12月01日 | 日常生活・つぶやき

 自分が読書するときは、家にいることが多いこの時期、山旅のときの停滞日、旅をするときの乗り物の中が多い。どちらかというと、必要に迫られて読む本以外は、時間つぶしに読むことが多い。

 それも、面白い作品を見つけると、その作者の作品ばかり読み続ける癖がある。昔から吉村昭の作品に凝っていたが、ここ3年間は佐々木譲のものが多いし、今年になってからは、薬丸岳のものが多い。

 佐々木譲は、2010年『廃墟に乞う』での第142回直木賞を初め、多くの文学賞を受賞している作家である。1950年夕張市生まれで、現在も中標津町在住なので、北海道を舞台にした作品がほとんどで、歴史物や警察物や社会派的な作品が多い。
 箱館戦争がらみの作品も多い。『武揚伝』では新田次郎賞を受賞しているし、中島三郎助の一生を描いた『くろふね』なども面白かった。個人的には、箱館戦争の脱走兵を主人公にした奇想天外な発想の五稜郭三部作も面白かった。

 一方、薬丸岳は、2005年『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。今年の春に読んだこの作品が抜群の面白さだったので、それ以来、この作家の作品を読み漁っている。2014年『友罪』と2016年『Aでない君と』で、吉川英治文学新人賞も2回受賞している。作品は、ミステリーものや刑事ものがほとんどだが、1969年生まれなので、若い感性での筋立てが非常に面白い。

 昨日と今日は、上掲写真の佐々木譲の2冊を読んだ。

◎今晩は退職組織の理事忘年会
今年で函館支部長を辞任することができて、顧問になった退職組織の忘年会。顧問にも声が掛る。
昨夜も飲んだので、今日はさすがあまり飲みたくなかった。その分、食べ過ぎた感が強い


貸切会場のナイトパブ「酔族館」


支部長挨拶


子ども帰ってじゃんけん大会


全員が音楽専門家のみごとな四部合唱のカラオケ
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ライフスポーツコーチ交流会in魚まさ

2016年11月30日 | 日常生活・つぶやき

 今晩は、函館ライフスポーツのコーチスタッフと事務局との交流会だった。
 望ましい会の運営のための意見交換、併せてコーチ間の親睦が目的で、「函館海鮮居酒屋 魚まさ五稜郭本店」に21名が募った。店のご理解もあり、18:30から延々と21:00まで続いた。


この「函館海鮮居酒屋 魚まさ五稜郭本店」は、つい最近、梁川町から本町14-7に移転して、
11月15日に新規オープンしたばかりだった。




特筆すべきは、居酒屋らしからぬ、コース料理だったことに驚いた。
もちろん、普通の居酒屋料理のグランドメニューもある。

 明日は、今年から支部長を退いて顧問になった退職組織の忘年会、1日置いて、土曜日は、やはり2年前に会長を退いて顧問になった函館スキー指導員会の役員懇親会が予定されている。体調管理に気をつけなければ…。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

増毛がおもな舞台の「駅 STATION」

2016年11月29日 | 日常生活・つぶやき

高倉健主演の映画のDVD「駅 STATION」のタイトル

 留萌本線の留萌~増毛間(16.7km)が、12月4日で廃止されることになり、TVでのニュースでも、増毛駅周辺は鉄道ファンらで にぎわっている様子が映し出されていた。また、高知県四万十市の半家駅(はげえき)からの訪問団の様子も流れていた。
 
 そこで、ふと思い立ち、近所のTSUTAYAで、増毛駅や駅前付近がおもなロケ地だった高倉健主演の「駅 STATION」のDVDを借りてきた。また観ていなかったからである。昨日に引き続き、エアロバイクを漕ぎながら観た。

 北海道・増毛町、雄冬岬、札幌市などを舞台に、様々な人間模様を描き出した名作である。脚本が倉本聡だということも初めて知った。全体を通して、高倉健ならではの持ち味が生かされた、暗く重い感じのストーリーだった。
 内容はもちろんも感動ものだったが、1981年製作の映画なので、共演者のみんなが非常に若いのも面白かった。


映画の中の高倉健と倍賞千恵子


映画の中の駅前の風待食堂・・・今もこのまま残っている。

 増毛の町は、古い建物が多く残る町並みが好きで、山旅のついでなどに良く訪れている。
2013年5月23日の「増毛町の歴史的建物群探訪」
今年の8月23日の妻との「車中泊ぶらり旅」でも、◎増毛町並みウォッチング
 今年の旅のときに、撮った写真の中から・・・。

バカな顔出しパネル


こんな面白い駅名標も・・・撮影用のふさふさカツラを被る妻


今でもロケ時のまま、観光案内所として残っている風待食堂。中は映画のパネル写真が展示されていた。


今年夏の増毛駅
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キングベーク本店のランチ

2016年11月29日 | 食べ物

 今日の昼食は、我が家の5軒隣のキングベーク本店のランチメニューで。


 妻が食べた、今月の月替わりランチ・海老と卵のポケットサンド(コーヒー、スープ付き)580円。


 自分が食べた、カツサンドランチ(コーヒー付き)580円。
 コーヒーはお替わり自由自なので、2杯いただいた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加