ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

『紅の豚』

2018-11-03 22:35:28 | 邦画
ジブリの中ではそんなに大した作品でないと思っていたけど、久々に観ると面白いね。そして、かなり宮崎色が色濃く出ている作品だとも思った。もちろん題材が宮崎駿が好きな飛行機というのもあるからだけど、登場人物のキャラクターや動きがものすごく活き活きして、楽しく作ったんだろうなというのが想像できる。
ハッキリ言ってストーリー的にはそんなに大したことなく、ハチャメチャしているだけなんだよね。それなのに楽しいというか、それだから楽しいと言った方が正しいんだろう。そんであのマンガチックな動きが凄くいいんだな。
作品としてはこれより好きなものは何作かあるが、これが宮崎駿の真骨頂だと思った。

有名なセリフ「飛ばねぇ豚はただの豚だ」があるが、「飛べねぇ豚はただの豚だ」と勘違いしていたことが判明。ググると勘違いしている人はやはり一定数いるね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『ビブリア古書堂の事件手帖 』 | トップ | 『タイピスト!』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事