ON THE ROAD

適当に音楽や映画などの趣味についてだらだら

川柳つくし ロック落語会

2018-12-09 09:24:53 | 落語
ロックを題材に落語をやっている人がいるというのは知っていたが、この度それを神保町の楽器カフェに観てきました。

店内は満員で、BGMにホワイトアルバム、ロックTシャツを着ている人がたくさんいてロックな雰囲気が漂っている。
時間をやや回ったところで演者が登場。羽織の代わりにストーンズのパーカーを着ている。寄席では絶対に聞けないロックな話をマクラに話が始まる。古典落語をモチーフにしており、最初は「鶴」か「薬缶」なと思ったが「根問」という噺らしい。聴き覚えがない噺だったが、上方の落語でこっちでいう「薬缶」ようだ。
内容はロックミュージシャン、バンドの由来をバカバカしく説明していく噺だ。

2本目は創作落語でビートルズ大好きな学校の先生の噺。そういえば自分の中学時代にもさだまさし大好きでその話ばっかりしている国語の先生がイタコを思い出した。その先生のおかげでさだまさしが嫌いになったよ。
ビートルズの歌ネタをちょこちょこ挟んでくるけど調子外れで非常に元ネタがわかりにくい。

最後のネタはメインの噺の「ディーコン」。マクラで公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」の話をする。予告でブライアンが弦を使ってギターを弾いているが本編ではカットされているという話をする。自分もその辺りは非常に気になっていたが、事実と違うというブライアン本人の希望でカットされたんだってね。謎が一つ解けて良かった。
噺の方は非常に地味な存在であるジョン・ディーコンをネタにしたもの。同じ地味なベーシストとしてジョン・ポール・ジョーンズ、ジョン・エントウィッスルが登場するが、ディーコンとその二人を同列にするのはちょっと違うかなと思った。ビル・ワイマンはいいけど。

ロックファンとしてはニヤニヤするネタがふんだんに盛り込まれているが、落語としてはちょっと物足りない。というか、そんなに面白くない。今になって「笑い」と「ウルトラマンネタ」を両立させた喬太郎師匠は偉大だなと思った。
ただ、前口上のロック話は面白かったから、機会があったらこれからも観に行きたい。あと、写真で見るよりも実物はずっと美人だったね。
コメント

ウルトラセブン落語&トークライブ

2018-09-16 23:11:23 | 落語
一部
・ふたりのウルトラ/柳家喬太郎
・子ほめ M78/柳家喬之助

二部
・トークライブ

仲入り

三部
・演奏コーナー
・ノンアルコールの使者/柳家喬太郎

師匠の人気は知っているつもりだったが、チケット獲るの大変だったよ。職場のトイレでこっそりスマホいじっている姿は最高にカッコ悪かっただろうな。

会場は以前会社説明会で訪れたことのあるあまりいい思い出のない日本教育会館。会場内では今度発売されるウルトラセブン落語のDVDが売られている。しかも師匠のサイン色紙付き。もとより買うつもりではあったが、いい機会なので購入。僥倖であった。

一本目の「ふたりのウルトラ」は「ウルトラマン落語」のDVDに喬之助演で収録されていたやつだ。てっきり全部新作かと思ったのだけど、そうでないのね。DVDではピグモニアン王国だったけど、今回はベロリンガ共和国になっているという微妙なアレンジが入っている。

「小ほめM78」は今度発売のDVDに収録されているやつだ。DVDとはちょっと異なっている部分がある。サゲは予想通りなのだけど、うまいもんだ。

トークライブはゲストに森次氏とひし美氏を招いて。セブンの撮影を振り返ってがメインであったが、DVDに収録されているのと同じトークテーマだったね。相変わらず森次氏が微妙にかみ合ってないんだな。
噂ではひし美さんのイベント参加は今回が最後とかあったが、特にその辺には触れていなかったな。今後もアンヌ隊員として我々の前に姿を見せてくれるのかな。

休憩後の演奏コーナーでは恩田えりさんがお囃子で円谷楽曲をウルトラファンの前座さんと一緒に演奏してくれた。
彼女自身はウルトラシリーズより怪奇大作戦の方が好きということで、怪奇大作戦の50周年を祝して「恐怖の町」を演奏してくれた。見事なもんだね。

「ノンアルコールの使者」は前半はあくび指南のパロディである侵略指南の人情話?であった。サゲはまだ出来ていないと言って終わってしまったが、そんなことってあるんもんかね。




コメント

鈴本演芸場 早朝寄席 4月8日

2018-04-08 22:09:57 | 落語
長短/鈴々舎八ゑ馬
粗忽の釘/柳家吉緑
鼓ヶ滝/入舟辰乃助
厩火事/三遊亭歌太郎

歌太郎の飄々とした雰囲気好きだな。明るい元気な噺家よりも弱々しい噺家の方が好きなんだな。以前も観た記憶はあったが確認すると2年近くも前なんだね。
偉そうに言うのもなんだけど、実力はありそうだしそろそろ真打かななんて。
コメント

2月11日 早朝寄席 鈴本演芸場

2018-02-11 23:49:49 | 落語
狸釜/柳家圭花
一人酒盛/柳家さん若
まんじゅう怖い/柳家さん光
マザコン調べ/柳家かゑる

予定から変更があったもんだから演者が全員柳家という珍しいことになった。

今日一番面白かったのは一人酒盛。主な登場人物は二人ながら、熊のセリフだけでもう一人の行動を想像させるというので、ちょっと難しい気もするが、見事に演じていたね。やっぱり落語って「間」が大事なんだなと思わせてくれら。

マザコン調べは初めて聞く噺で大工調べのパロディー。見所の啖呵を切る長台詞は見事でウケてもいたが、自分的にはそんなに。あんまり台詞が多い噺は聞き取りにくいし、うるさいしで好きじゃない。
コメント

12月10日 早朝寄席 鈴本演芸場

2017-12-10 21:19:34 | 落語
一眼国/柳家圭花
野ざらし/柳亭市童
時そば/春風亭一左
代書/鈴々舎八ゑ馬

時そばなんて完全な前座噺で軽く見ていたが、こんなにも笑ってしまうとは思わなかった。これがあるから落語は面白い。
大筋は同じなのだけど、店主が中国人なのがオリジナル。あまりにも面白いし、そば食べる仕草も様になっていたから寄席がはねた後は、思わずそばをたぐってしまったよ。富士そばではもっぱらカツ丼かうどんだが、久々のそばは美味しいね。天ぷらももっとまずいかと思ったら、案外食えるではないか。
コメント