観察館日記

藤前干潟の庄内川河口部にある名古屋市野鳥観察館の日記帳です。

ダイシャクシギ、トモエガモ飛来

2022-12-07 23:14:54 | 冬の藤前干潟

【来館時のお願い】

名古屋市野鳥観察館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をして開館しています。

来館時には、マスクの着用等のご協力をお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------------------------

藤前干潟

今日の干潮時間11時18分 潮位107cm

今日の満潮時間17時01分 潮位227cm

 

今日はお昼頃から強風が吹き、とても寒い日になりました。

しかし、干潟には1,300羽を超えるハマシギの群れを観察できました。

そして、今季初めてダイシャクシギの飛来が確認されています。

 

さらに、トモエガモの14羽ほどの群れを発見!

オスの個体が多いようでした。

 

今日観察できた主な野鳥 カンムリカイツブリ229、カワウ358、ダイサギ9、コサギ4、アオサギ19、マガモ21、カルガモ34、コガモ32、ヒドリガモ24、オナガガモ465、トモエガモ14、スズガモ841、ミサゴ22、ハヤブサ2、シロチドリ13、ダイゼン45、ハマシギ1,317、ダイシャクシギ1、ユリカモメ57、セグロカモメ20、ウミネコ51、ズグロカモメ13

 

明日の干潮時間11時52分 潮位109cm

明日の満潮時間17時30分 潮位227cm

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

サイエンスカフェは大盛況

2022-12-06 18:17:52 | 冬の藤前干潟

【来館時のお願い】

名古屋市野鳥観察館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をして開館しています。

来館時には、マスクの着用等のご協力をお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------------------------

藤前干潟

今日の干潮時間10時40分 潮位105cm

今日の満潮時間16時30分 潮位225cm

 

今日も晴れましたが風が強い日となりました。

今日は12月の恒例行事である消防訓練を実施。お隣の稲永ビジターセンターのみなさんと避難経路などを確認して、水消火器で消火の訓練を行いました。

この冬も火災等がなく無事過ごせることを願っています。

 

さて、一昨日(12月4日)は藤前干潟サイエンスカフェ「鳥の祖先の恐竜のはなし」がエコパルなごやにて開催されました。

講師である田中康平さん(筑波大学助教)のお話は大変わかりやすくおもしろいもので、

参加者のみなさんの驚いた声や笑い声などが度々聞こえてきましたし、

2時間という今回の開催時間では短く感じ、まだまだお話を聴きたいと思いました。

そして、恐竜が大好きという子どもたちが熱心にお話を聴いたり、質問をしている姿がとても印象的でした。

参加いただいたみなさん、そして田中先生、ありがとうございました。

 

今回のサイエンスカフェは藤前干潟ふれあい事業で実施したものですが、

来年2月4日(土)には藤前干潟ふれあい事業で野鳥観察イベント「今日からはじめるバードウォッチング」を開催します。

主に野鳥観察初心者の方を対象に行います。ぜひご参加ください。

 

 

明日の干潮時間11時18分 潮位107cm

明日の満潮時間17時01分 潮位227cm

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新川河口での野鳥観察

2022-12-03 19:46:26 | 冬の藤前干潟

【来館時のお願い】

名古屋市野鳥観察館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をして開館しています。

来館時には、マスクの着用等のご協力をお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------------------------

藤前干潟

今日の干潮時間 8時08分 潮位 95cm

今日の満潮時間14時40分 潮位210cm

 

今日も寒さはありましたが、気持ちよく晴れて藤原岳、伊吹山、白山などがはっきり見えました。

山頂には雪がありましたが、藤原岳の雪は昨日よりも少なくなっているようでした。

 

今日の午前中は、12月18日(日)に藤前干潟協議会とWATERSIDE CONTROLで開催する釣りごみ等の清掃活動の下見で新川河口へ行ってきました。

新川右岸沿いを歩いていると野鳥観察できました。

魚を捕まえたミサゴ↓。

2羽並んで潜水を繰り返していたハジロカイツブリ↓。赤い目が目立ちます。

そして、フワフワのお尻が2つ並びました。

 

さらに、護岸のすぐ近くで餌を探して潜水しているキンクロハジロが1羽。思わずじっくり観察してしまいました。

水中に潜って・・・、

底から何かをくわえて上がってきました。

その後、水面でくわえてきたものをくちばしで濾して、

残ったものを丸飲みしていました。黒っぽい何かを食べていたことしか分かりませんが、何度も何度も潜って食餌をしていました。

(※ミサゴとハジロカイツブリの写真は来館者の方に提供いただきました。)

 

今日は晴れていたので、日の入りもしっかり見られました。

 

【明日は恐竜のサイエンスカフェです!】

★12月4日(日)サイエンスカフェ「鳥の祖先の恐竜のはなし」@エコパルなごや(主催:藤前干潟ふれあい事業実行委員会)

明日はいよいよ恐竜のサイエンスカフェが開催されます。

お話いただくのは 恐竜博士である田中康平さん(筑波大学助教)です。

まだ参加できますので、ご都合がつく方はぜひご参加ください。

 

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ2、カンムリカイツブリ495、カワウ1,753、ダイサギ15、コサギ3、アオサギ61、マガモ33、カルガモ18、オカヨシガモ15、ヒドリガモ15、オナガガモ613、ホシハジロ1、キンクロハジロ1、スズガモ392、ミサゴ18、シロチドリ53、ダイゼン33、ハマシギ1,408、ユリカモメ27、セグロカモメ26、オオセグロカモメ2、カモメ3、ウミネコ11、ズグロカモメ32

ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ハクセキレイ

 

明日の干潮時間 9時08分 潮位 99cm

明日の満潮時間15時22分 潮位216cm

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藤原岳に雪が

2022-12-02 19:18:18 | 冬の藤前干潟

【来館時のお願い】

名古屋市野鳥観察館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をして開館しています。

来館時には、マスクの着用等のご協力をお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------------------------

藤前干潟

今日の干潮時間 6時57分 潮位 87cm

今日の満潮時間13時49分 潮位204cm

 

今日はさらに寒い日となりました。

朝、雲の隙間から少し見えた藤原岳には雪が。今冬初めて、藤原岳に雪が積もっているのを見ました。

 

閉館間際になってやっと藤原岳の山頂が見えましたが、やはり雪がしっかり積もっているようでした。

 

こんなに急に寒くなって心身ともにびっくりしている方も多いと思います。

みなさん、体調にはくれぐれもお気をつけください。

 

そして、今日、荒子川公園(名古屋市港区)近くを通ると、ユリカモメの群れがクスノキすぐ近くを飛んだり、クスノキの上に乗ったりしていました。

群れで何度も何度もクスノキの実を食べていたようです。

以前のブログ(2020年1月4日の日記)でも紹介したとおり、同じ港区にある稲永公園でもユリカモメがクスノキの実を食べているのが観察されています。

この冬はこんなユリカモメの様子を稲永公園で見られるでしょうか?

 

今日観察できた主な野鳥 カンムリカイツブリ58、カワウ402、ダイサギ2、コサギ1、アオサギ49、マガモ27、カルガモ17、オカヨシガモ51、ヒドリガモ13、オナガガモ633、ホシハジロ1、スズガモ585、ミサゴ17、トビ1、シロチドリ10、ダイゼン57、ハマシギ1,286、ユリカモメ30、セグロカモメ8、オオセグロカモメ1、ウミネコ53、ズグロカモメ23

 

明日の干潮時間 8時08分 潮位 95cm

明日の満潮時間14時40分 潮位210cm

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬の到来

2022-12-01 18:47:28 | 冬の藤前干潟

【来館時のお願い】

名古屋市野鳥観察館は、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策をして開館しています。

来館時には、マスクの着用等のご協力をお願いします。

詳細はこちらをご覧ください。

---------------------------------------------------

藤前干潟

今日の満潮時間12時44分 潮位201cm

今日の干潮時間19時05分 潮位121cm

 

昨日までは暖かく感じましたが、今日は北西の風が冷たく寒い日となりました。

今日から12月ですが、冬がついにやってきたようです。

 

野鳥観察館の上空では、強風に流されたと思われるミサゴやトビが飛んでいるのをよくみかけました。

北西の風に向かって飛んでいたミサゴ↓。

 

これから伊吹おろしと呼ばれる冬の冷たい季節風が吹く季節となると思われますが、

伊吹おろしが強く吹く日はミサゴが流されてくるのでミサゴを近くで観察できる可能性の高い日でもあります。

 

また、波立つ庄内川ではオカヨシガモの群れを観察できました。

オカヨシガモのオスの繁殖羽は灰色で比較的地味な色合いですが、次列風切羽が白色でこの部分がとても目立ちます(この次列風切部分はマガモやカルガモなどでは翼鏡と呼ばれ、光沢のある色をしている羽の部分です)。

今日は野鳥観察館から100羽を超えるオカヨシガモをカウントしています。

藤前干潟に飛来する他のカモは減少傾向にあると言われていますが、オカヨシガモは増加傾向にあります。

一体なぜなのか、オカヨシガモを見ては不思議に思っています。

 

 

今日観察できた主な野鳥 ハジロカイツブリ2、カンムリカイツブリ83、カワウ4,832、ダイサギ3、コサギ21、アオサギ17、マガモ45、カルガモ1、オカヨシガモ113、ヒドリガモ5、オナガガモ170、ホシハジロ4、キンクロハジロ3、スズガモ752、ミサゴ16、トビ4、オオタカ1(ad)、アオアシシギ2、ユリカモメ7、セグロカモメ25、オオセグロカモメ1、カモメ3、ウミネコ18、ズグロカモメ19

ハクセキレイ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ

 

明日の干潮時間 6時57分 潮位 87cm

明日の満潮時間13時49分 潮位204cm

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする