JSP_Blog

JSPから発信するビジネスブログ

冒険野郎

2019-06-06 11:42:49 | 日記
はい、皆さんコンニチハ。雨の頻度も増してきてこのまま梅雨に突入しそうな今日この頃、というか今週末梅雨入り宣言の見込みだそうですが、いかがお過ごしでしょうか。
日中と夜間の温度差が大きい日もあり、体調には気を付けたいところです。実際先週は体調を崩してダウンしてました。やれやれ。

そしてこの記事を書いてるときに強烈な眠気が・・・なんだかとっても眠いんだパトラッシュ。



Zzz・・・



( ゚д゚) ハッ!



小人が出てきて記事完成してないかな、って期待したけど私が搭載している小人にはハードルが高かった様です。原稿は白いままでした。白い原稿ってプレッシャーですよね。職業が作家とかでなくて本当によかったと、しみじみ己の境遇を噛みしめている今日この頃でした。じゃあSEがいいのか、というのはご想像におまかせします。ちなみにパトラッシュには原稿作成機能は元々実装されていません。悪しからず。


童話とかのネタはさておき本題の「冒険野郎」です。相も変わらす徒然でいきましょう。

1980年代は、よく洋物ドラマを地上波各チャンネルで放送していた。今で言う「24」的な立ち位置だったような感じだろうか。
放送時間はガチの夜ゴールデンタイムだった。幼少だった自分はよくチャンネル争奪戦を勝ち取り夢中になってみていたものである。
有名どころは以下、カッコ内は日本での放映年。正確ではないかも。
・ナイトライダー(1987~1988)
・エアーウルフ(1986~1987)
・特攻野郎Aチーム(1985~1988)
それぞれに独特のテイストがあり、登場マシンなり登場人物なりがそれぞれ強烈な魅力を放っていた。まあ子供が夢中になる=アクションがメインだったわけではあるが。
難しいドラマ部はよく分からないので、ひたすらアクションシーンを楽しみに毎週過ごしていた。同年代の人達にはわかるだろう。わかってくれ。

だが、自分には上記3作品を抜いてトップで好きだった作品がある。
・冒険野郎マクガイバー(1988~1995)
日本では1988年に火曜ロードショーで放送されたのが初で、上記作品よりは後になるのだが、いまだにオープニングのミュージックを聴くとかなりテンションが上がる。ナイトライダーやエアーウルフもテンションが上がるが、その3倍くらいは上がる。

まあアクションシーンはもちろんあるのだが、スーパーなマシンが登場するわけでなく、必殺技を持っているわけでもなく、危機的状況に対して、手近な材料と主人公であるマクガイバーの持ち前の豊富な科学知識を応用して切り抜け、事件を解決していくのだ。そのまんまの知識ではなく応用するところがポイント。
「アーミーナイフとダクトテープと機転があれば何でも出来る。」
と劇中でも言っているのだが、その言葉に偽りなし、である。
それなりに鍛えてはいるが某ランボーとかの様に超人的な筋肉ムキムキのスーパーマンで無いところがまた良かった。
得てして特別な機会や肉体強化等ではなく、知識と知恵さえあれば手が届く(と、思える)もっとも身近で魅力的なヒーローであった様な気がする。
それゆえ日本でも劇中同様の折り畳み式のスイスアーミーナイフが飛ぶ様に売れたらしい。確かに欲しかった。(でもお小遣いでは買えなかった)
そして荒事は切り抜けてはいるが、基本的には暴力否定主義であり、劇中で身の安全などで銃を奪ったときには、あたかも汚い物を扱うようにつまんで捨てるのが常だった。
好奇心旺盛で詮索好きな性格であり。困った人を見ると助けずにはいられないお人好しな性分で、余計なトラブルに巻き込まれることも多いが、その誠実な人柄で彼を慕う人々は全世界に点在していた。典型的なトラブルシュータ―型でもあった。うん、そこにシビレてあこがれる感じである。

目の前の炎上案件に対応する火消し体質はこんなところからも醸成されてしまったのかも知れない。いやそんなはずはない、と信じたい。
ただ、「目の前の現実と闘っても何も変える事は出来ない。何かを変えたければ、今あるモデルが時代遅れになるような新しいモデルを作るべきだ。byバックミンスター・フラー」というのもつい最近痛いところに刺さってきている。問題解決も重要だけど、それと闘うだけじゃ足りないのも現実なのだった。なかなかどうして色々足りないのだなあ、と反省しきり。冒険野郎も世の中に必要だが、開拓者も必要なのである。
うーん。全く新しいものを作り出す主人公のドラマが出てきてもよさそうだが、脚本が大変そうだ。


「このデモ用機器、動くんですか?」
「スマホで動かせるよ。」
「へー、スゴイですね。」
「スマホのここからマイナスドライバーが飛び出てだな。」
「・・・物理かよ!電気的でなくて!」

温故知新的アプローチでの十徳ナイフならぬ十徳スマホ。・・・はそういえばないね、需要もないけど。
ってところで今日はここまで。
(刑事長)

moniswitch
  今お使いの離床センサーがそのまま使える!
  離床センサーのスイッチ入れ忘れ事故を防止するスマートスイッチ

monipet
  動物病院の犬猫の見守りをサポート
  病院を離れる夜間でも安心

ASSE/CORPA
  センサー、IoT、ビッグデータを活用して新たな価値を創造
  「できたらいいな」を「できる」に

OSGi対応 ECHONET Lite ミドルウェア
  短納期HEMS開発をサポート!

WhitePlug
  手のひらサイズのLinuxサーバ

株式会社ジェイエスピー
  横浜に拠点を置くソフトウェア開発・システム開発・
  製品開発(monipet)、それに農業も手がけるIT企業
コメント