散策
その日の出来事を気ままに・・・




円成寺を出て、尾張石工が築いたという豪壮な石垣がみごとな、
旧柳生藩家老屋敷 家老小山田氏は柳生藩の財政建て直しの立て役者で、
この屋敷は一時人手に渡ったが、昭和39年作家山岡荘八氏の所有となった。
NHK大河ドラマ「春の坂道」の構想はここで練られたと言われています。
昭和55年、先生の遺言の遺志により山岡賢二氏から奈良市へ寄贈されました。

家老屋敷の全景


尾張石工が築いたという高い石垣が豪華


長屋門


座敷

欄間




    2015/06/21 撮影


おまけ 円成寺さんの帰りに”茶畑の五尺地蔵”見つけました。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )


   記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧