気の向くまま日記

広島の気功整体師の日常から~
日常の生活のなかで感じたこと
日々の写真、食べ歩きなど気の向くまま綴っています。

ゴールデンウィーク

2009年04月30日 | 日記
     

世間はお休みに入っている会社が多いようですね。当院は今週はヒジョーに忙しいです。4月はここまですご~くヒマだったんですが今週は一気に波が押し寄せている感じです。今週末から4日間は私もお休みをいただきます。

5月2(土)3(日)4(月)5(火)はお休みです。
5/6(水)は営業します。


コメント

寒いですね

2009年04月28日 | 日記


昨日今日と暖房を入れて施術しています。今朝は特に冷えた感じでしたね。でも寒さも今日くらいまでで、今週末は初夏の陽気になりそうとか。気温の変化が激しいですね。
コメント

四川麻辣商人 大芝店

2009年04月27日 | 食べ歩き
今日のランチは広島市西区大宮2-11-3四川麻辣商人 大芝店です。この店は私にとって非常に行きやすい店ですね。まず、おいしいのは第一ですが、日曜祭日も無休なこと、時間をずらして早めに食べたい時は11時開店、通勤路の途中にあることなど。



もりそば(並)750円を注文。ホール係の店員さんが新しい人だったらしく「あつもりで」とたのんだのですが冷たい麺ででてきました。そのことは伝えて、作ってくれたものはそのままいただきました。食べてみてビックリ!つけ汁が以前のものとかなり違う!すごくトロトロなんです。

これはなんだろう?と思って食べていると店主が「注文間違えてすいませんでした」とわざわざあやまりに出てこられました。そのおかげでこのトロトロの秘密を聞くことができました。なんと!山芋をいれているのだそうです。それも生を入れると生臭さがでるので一工夫しているということです。

豚骨を濃くしてとろみをだそうとすると脂っこく塩気も強くなりガツン系の味になるので、もっとやわらかく塩気も少なくとろみを出そうとこれにたどり着いたということでした。たしかに以前よりやわらかい味でトロトロで、麺がなくなった後スープ割りで飲み干せました。



ほんとに研究熱心なご主人ですね。私にとっては好ましい変化でした。ただ以前の味を求めてきた人は面食らってしまうかもしれません。なにか、今回はこのように改良しました、とか説明書きでもあるといいように思います。この店は変わらぬ味を出すことよりも進化し続けることを目指しておられるので、また次回が楽しみです。
コメント

呉市 れんがどおり

2009年04月26日 | 日記
いせ屋のカツ丼を堪能したあと、すぐ近くの福住フライケーキ呉市中通4丁目12-20 でフライケーキを購入。そしてこれまたすぐ近くのメロンパン中通り店でナナパン、小倉餡パンを購入。今日はメロンパンは無かったんです。

  

ナナパンはチョコレートが入ったパンです。これも人気商品。アンパンはずっしりとした重さに驚きました。

  

れんがどおり。ここにも昭和の香りがプンプン。



海軍さんの珈琲。呉の町ではいろんなところで海軍さんの○○というのを目にします。やはり海軍さんの街なんですね。



この店でコーヒーを買って店の前のベンチでコーヒーを飲みながらフライケーキをパクつきました。

  

目の前を派手な色彩のバスが・・・



巨大な潜水艦。やはり海軍さんの街です。呉の町はタイムスリップした時間を楽しめる空間です
コメント

田舎洋食 いせ屋

2009年04月25日 | 食べ歩き
今日は我が家の車にもETCがついて高速を走ってみようと息子の運転で奥さんと3人で呉市までいってきました。田舎洋食「いせ屋」広島県呉市中通4-12-16に初訪問です。いせ屋特製カツ丼1100円と海軍さんの肉じゃが400円を注文。



「ちょっと待って、写真間違いじゃない?」と言われそうですが、カレーライスでもハヤシライスでもありません。これがいせ屋特製カツ丼なのです。ひとくちサイズにカットしたビーフカツの上にデミグラスソースがたっぷりかかっています。サクサクのカツとまったりソースが絶妙の味 

  

海軍さんの肉じゃがは甘めの味付けで昔なつかしい家庭の味という感じ。

  

店構えも店内も昭和30年代がそのまま保存されているお店です。
コメント

原因不明

2009年04月24日 | 臨床日記
  <お知らせ> 明日4/25(土)はお休み、26(日)29(祝水)は営業です。
       ゴールデンウイークは5/2、3、4、5はお休みさせていただきます。

       

痛みや苦しさ、体の不調があり、病院で検査を受けられて原因がわからず、薬だけもらいそれを飲んでも症状は解消されず、当院にこられる方が多いです。単に原因不明、ならまだいいのですが、「原因が無いから○○神経失調症ですね」などとありがたい病名をいただき、そういう病気になってしまったと思い込む方もおられるようです。

自分がそういう病気である、と思い込むと、確かにそういう病気になってしまいます。お医者さんの言葉は真面目な人ほど信じ込んでしまい、信じ込んだことで自分で自分に病名のラベルを貼りそれに縛られて生活するようになります。私のところにこられたらまずその縛られたものからの開放をします。

検査で原因が見つかるほど肉体が病変している場合はすぐその治療をすればいいと思います。しかし症状があっても原因不明である場合は症状がなくなればいいわけで、自分は○○病である、と思い込みが治癒を遅らせる原因となっている場合があると思います。
コメント

花みずき

2009年04月23日 | 日記
あちこちで花みずきが咲いてます。



この花、花ひとつをアップでみると花びらの先が茶色く痛んだように見えるので、あまりきれいに写らないんですね。でも遠くから全体を見ると大変さわやかで綺麗ですね。

コメント

手打ちうどん 一風

2009年04月22日 | 食べ歩き
今日のランチは広島市中区八丁堀11-4「一風」に初訪問です。東急ハンズの裏側から北へちょっといったところにこんなうどん屋さんがあるのは知りませんでした。古めかしい店構えを見て入ってみました。店内もちょっと暗めで古めかしい・・・



天ぷらうどん700円です。今はやりの讃岐のスタイルではなく昔懐かしい広島風?という感じのうどん。まずどんぶりが注ぎ口のようなものがついていて変わってますね。麺は手打ちらしく、太めで歯ごたえがあり、一本一本が太さ形が違うところがまた面白いです。

天ぷらは揚げたてで、なんといってもだしが上品でおいしく飲み干してしまいました。広島風うどん、というのがあるのかどうか知りませんが、そのスタイルの高級店といったところでしょうか。

店員さんに聞くと創業して約35年になるそうです。35年もずっとこの味を守り通してそしてお客さんにも支持されてきたんでしょうね。すごいことだと思います。


コメント

呉麺屋 十日市店

2009年04月21日 | 食べ歩き
先週末にオープンしたばかりの「呉麺屋」広島市中区十日市町1-4-24に初訪問です。店の前で100円引きのチラシを配っていたのでそれをもらって入りました。



ゆで卵が皿に盛ってあり食べ放題ということなので食べながら待っていると出てきました。呉冷麺(並)700円です。つけ麺ではなく冷やし中華のようなスタイルで細めでコシのある平打ち麺が特徴です。「最初によくかき混ぜてください」とのことでしたが濃いタレではないのでそこまでしなくても、という感じです。

タレは冷やし中華のように甘酸っぱいものですが、少しにごりがあり味もコクがあります。あとで黒酢をかけるとサッパリ感が増しました。ほとんど辛さはなく、辛党にはラー油もあります。なかなか面白い味と食感です。夏場にはよさそうです。

       

「私の食卓」のとなり、以前は「私の台所」だった場所、先日の「辛部」の並びです。つけ麺、冷麺もこのあたりは激戦区となってきました。
コメント

相対を超える

2009年04月20日 | ヒーリング講座


私自身のこと・・・
私は中学生のころから極度のあがり症で対人恐怖症的な時期も経験し、人前に出ることが極端に嫌いでした。年をとることで少しずつはマシになってきましたが基本的なところは変わっていませんでした。

昨日のこと、私は気づいてしまったんです。
自分の嫌っていた性格のその反対側にあるものを。
青年時代からずっと私が親しくつきあい親友と呼べるような人は「クソ度胸」で人前でなんでもできる人気者でした。

私は自分には「無い」と思っていた。
でも自分とは正反対に見えるその友人たちは私の裏側のセットとして存在していたのです。はじめから自分の相対を見せてくれていたのに、あまりにも自分自身の一面を嫌っていたがゆえに、その反対側を「それは自分ではない」として受け取れなかったのです。でもはじめから”あった”のです。

昨日、両極を受け取ることができました。
ここまで私を見守ってくださったすべてに感謝しかありません。
ありがとうございます。

2極、相対の片一方では救われないのです。
過去を反省し、努力改善し、少しでも良い未来にしようとすることでは、現実を変えることはできなかったのです。一時的によくなってもまた堂々巡りの繰り返しにはまってしまうのです。
反対側にあるもうひとつの自分を受け入れること、統合すること、あらゆる相対を超えることしか救われる方法はありません。

私は救われました。
ということは私に縁のあるすべての人はもうすでに救われているということです。
私はすべての相対を超えた世界にみんなといっしょにいきたいのです。
ほんとうの”意識”のあるところ。
もともと私たちはそこから来たことを思い出すのです。
内側の両極を統合し相対を超えることによって。


コメント