旧:鳳凰堂のランダムウォーカー <伏見の光>

2019.4.22以降の記事は新サイト「fusiminohikaru.net」
へのリンクとなっています。 

ペトロチャイナを売却    

2007-11-30 06:40:11 | 株式投資・資産運用
ペトロチャイナを売却し、中国株は依然として逃げ逃げモード継続中。

ただ、ここのところやや反発ぎみのため、直近の売値より株価が高くなっているものも増えてきました。
こうなると感覚としては「なーんだ、持ってればよかった」となりますが、これは利益確定を優先してリスクを縮小したことの結果ですからしゃあないところ。


下記が直近の売却値と現在の株価ですが、まあ、そんなに極端に上昇しているものはなく、チャイナコスコや工商銀行はまだ保有株数もあるため、とりあえず上昇してくれればそれはそれでありがたいという感じです。

チャイナコスコ      
2007/11/2 28.5HKD→ 28.35

デンウェイ      
2007/11/12 4.88HKD→ 5.21

ペキンダダーンパワー      
2007/11/20 6.74HKD→ 7.01

工商銀行      
2007/11/20 5.8HKD→ 6.14
       
北京国際空港      
2007/11/20 12.4HKD→13.5

ペトロチャイナ      
2007/11/26 14.96HKD→ 14.9
       

コメント

パトライト、大和証券

2007-11-26 21:28:29 | 株式投資・資産運用
 うちの奥さんと100株ずつ保有していたパトライトですが、予定どおり市場で売却しました。
 つい先日、ここの優待が届いて、今日の夕食も優待でもらったじゃがいもの料理がありました。このじゃがいも、なかなかおいしいのです。

 事業内容は堅めで割高感もない銘柄で、木村佳子さんのカレンダー投資的な発想で、優待と配当もらって株価上昇を待つという感じでよかったのですが、ちょっと残念な気もします。IRイベントにもわりとよく出展していて、もらった粗品をオークションで売却したりもしていました。

 ここは公募増資の時に100株取って、分割で200株。100株を売って奥さんに100株買ってもらい優待2つ取りにしていました。

 ふりかえってみると、配当と優待を含めれば6万円以上の利益にはなっていて、失敗ではなかったという感じです。

 大和証券のミニ100株も予定どおりに売却。細かい単位で買い下がり売り上がりを繰り返し、株価がどんどん下落すれば単元株の1000株になってもかまわないというような売買です。ここは半ば機械的にいきたいと思っています。

 あ、そうそう、懸賞でオオサカモーターショーチケットが当たりました。できれば週末に行きたいと思っています。
コメント

大逆張り時代の到来

2007-11-25 21:55:43 | 株式投資・資産運用
大逆張り時代の到来―来るべきこれからの20年の最強戦略[ウィザードブックシリーズ129]
ジェームズ・P・オショーネシー,塩野 未佳
パンローリング

このアイテムの詳細を見る


これはトレーダーズショップモニターでいただいた本です。

著者は「ウォール街で勝つ法則」のオショーネシー。つい、オネショ、しーと読み違えてしまうのでありました。
それはともかく、内容はいたってまじめなもの。「ウォール街で勝つ法則」も労作でしたが、本書も長期の市場分析から今後とるべき方策を示した内容となっています。
本書を読めば、まあ、ものずこい人気の高PER銘柄にとびつくようなことはなくなるでしょう。
コメント

大阪モーターショー

2007-11-25 07:32:49 | 
大阪モーターショー
11/30-12/3

仕事の方が落ち着いていたら、これ、行ってみたいと思います。
チケットプレゼントはあちこちであったみたいですが、出遅れて既に締切もものが多かったです・・。

IRイベントはあれこれ行っていますが、モーターショーというのは行ったことがないです。
規模ならやはり東京モーターショーなのでしょうけど、とりあえず近場ということで。

しかし、車は単に移動の道具ということでなくて、趣味的に楽しむとなるとお金がかかります。
別に移動の道具であれば軽自動車でも十分なわけですが・・・。
軽がいやなら、ビッツとかマーチとかのリッターカークラスでも十分で、これなら高速でも普通に100キロで巡航する分には支障はないと思いますし。

が、まあ、平日で毎日、通常で1時間半以上は車の中にいるわけで、楽しみのためという意味で、ちょっと好きな車に乗せてもらっています。

先日、ホイールを買いに行きましたが、これが7万ほど。

ガソリンはハイオクでリッター160円もします。月間で2回満タンにすると16000円ほどか。
12倍で、19.2万。保険やら車検やらのコストも当然かかります。3~5年で乗り換えるとまたお金がとんでいきますし、移動のための道具としての経済的合理性という意味では、やっぱりこれはかなり無駄といえば無駄です・・・・。

野村の大阪ドームのIRイベントはいつかな・・・。

日経ビジネスは試読終了の手続きを完了しました。
コメント   トラックバック (1)

日経CNBC 年忘れ株式川柳2007

2007-11-24 19:41:14 | 懸賞
日経CNBC 年忘れ株式川柳2007

大賞 5万円(1名)
入賞 1万円 (3名)
佳作 日経CNBC特製グッズ (10名)

そんなに難しく考えなくてもいいと思うのですが、こういうセンスがいるのは難しいです。
普通のレポートみたいな方が得意。
コメント

来週の方針 TOBのパトライト

2007-11-24 13:51:17 | 株式投資・資産運用
TOBのパトライトですが、会社から書類が届いていました。
結局、株式は三菱UFJの口座に移管しないとTOBに応募できません。

証券会社間で移動させるには口座移管手数料がかかります。
TOB価格は1250円。時価は1242円。

三菱UFJは休眠状態ですが、口座はありますから株を移管してTOBに応募することは可能です。
が、口座移管の手数料を考えれば市場で売却してもあまり変わりません。手間もかかりませんし、資金もすぐ戻ります。

現在の株価はわずかにTOB価格よりも下です。
どういうことかというと、このわずかの差の株価であっても、TOBよりも低い株価、安い手数料で大量に買えば、確実に1250円のTOB価格では売れるわけで、これは利益になるということなのかと思います。

まあ、売っておきますか・・・。

大和證券は直近のミニ100株買いから1割程度は上昇していますので、売り上がりか。

他は含み損銘柄の売却もちょっと検討します。

中国株は引き続き利益確保を優先。売り候補はペトロチャイナあたり。

そろそろ少し海外ETFを買ってみますか。
コメント

日経ビジネス試読はもうすぐ終了、ジョインベスト証券は回収完了

2007-11-24 08:18:07 | 株式投資・資産運用
日経ビジネス誌、試し読みで送ってもらっていますが、もうすぐ終了。あと一回か二回。
これ、そのまま放置すると自動的に定期購読に移行してしまうので、自分で手続きが必要です。
忘れないようにと・・・・。

内容はあんまり面白くないのね・・・・。これなら、東洋経済とかダイヤモンドの方がいいな・・。
株式投資とかの関係の記事もちょっとだけありますが、内容は薄いです。
広告がやたらと多い印象あり。記事が広告かよくわからんのも多いような・・・。

ジョインベスト証券はキャンペーン適用のお金が入金になていましたので、銀行口座に回収。
2口座で8000円。初回入金のお金のMRF運用益が5円ね・・・・。
実質、口座開設や入金などの手続きには1時間もかかっていないので、これはありがたいかと。

ここは売買手数料はわりと安く、野村系なので野村主幹事のIPO銘柄の場合はブック参加もできるようですが、あえて資金を多く入れて実際に使おうという気は今のところはありません。

コメント

A3 SB 2.0 FSIと一週間

2007-11-23 22:51:46 | 
新しいA3が来て一週間ほどたちました。通勤程度にしか使っていませんが・・・・。

ボディサイズなどは前のTFSIとまったく同じなので違和感は当然全くありません。

色はシルバーで、まあ「おっさん」くさいです。実際、乗っているのは「おっさん」なので別にいいんですが。本当は黒がよかったのだけれど、これだとアウディの認定中古車では純正のDVDナビのモデルしかなかったので、シルバーをを選択するということになりました。

動力性能はやはりターボとノーマルとの違いはかなりあります。出足での踏み込んだ時の強い加速感というのはありません。 スムーズに自然に加速していく感じです。

また、トラスミッションがDSGではない6速ATなので、ここもマニュアル的に息継ぎしながらスッスッと加速していくDSGの心地よい感じとは異なり、通常のよくできたATという感じで、音もややこもったようなものです。

装備の関係では燃費計算などの車載コンピューターがないのと、腰部のシートの細かい調整ができる電動の装備がない程度で、あとは同様です。

ハンドリングは感覚的にはまったく同じ感じ。

全体としての質感の高さや安定性はやはりよいものです。

前のTFSIとの比較では、ターボとノーマルの違いよりもトランスミッションの違いというのが大きい感じがします。それだけDSGのミッションが優れているということでしょう。

カーナビは随分と進化している感じがしますが、まだ使いこなせていません。

丁寧に安全運転でいきたいと思います。
コメント

逃げ逃げ中国株、中国遠洋500株売り、ペトロチャイナ注文中

2007-11-23 12:48:45 | 株式投資・資産運用
ということで、木曜は中国遠洋を500株売り。さらに、中国市場は今日もあいているので、ペトロチャイナの売り注文。

保有中国株の時価評価は10月中旬では1000万を超えていました。
現在、どうなっているかというと、ずっと売ってきた分と株価の値下がりが重なり、600万ぐらいまで減少しています。
木曜時点での損益は1110万ほど。昨年末は450万強というところでしたから、株価が下落した現時点でも650万程度はプラスになっているということになります。

とりあえず、損益1000万は確保するということで、ここのところはずっと逃げ逃げモードとなっています。銀行、保険、不動産などは一定は残していく予定です。現在の時価評価額からですと、ここからさらに20%弱程度の株価下落があると通算の損益は+1000万を割り込むことになりそうです。

可能であれば高いところでスパッと売り切ることできるといいのですが、タイミングウォッチ的にでかいポジジョンの売り買いをするのは苦手で、自分の通常のスタンスからはずれたところでこういうことをして、それで失敗しますと非常に後悔しますので、いつもどおり、少しずつの売買となっています。

H株については、基本的になお割高感が高いと思います。通常のPERとかからだと、とてもではないけれど、買いにはいけないようなものが多いです。ただ、そんなことだけで株価は決まるわけではありませんし、とりわけ中国株の場合は政府の政策の影響も大きく、また、わけのわからん中国国内の個人投資家の動向なども株価に影響がありますので、可能性としてはここらあたりからまたスコーンと反発していくこともないとは言えません。が、こちらとしては、個人的な事情を優先させるまでです。

日本株はだらだらと下げて含み損が拡大中です。こちらはいつもどおりのスタンスで対応していく予定です。
日本株の今年の状況は、ここまでで時価評価で-225万程度の損失です。

つまりは中国株と日本株の合計では+400万強。その他、転換社債売買やREITの損益、細かい利金、分配金関係等で、まあ+500万というところか。
円高なので、外貨建て資産の評価額減少があり、ここまでは届かないか。

まあ、日本株が年初来安値更新というような状況にしては、そんなに悪くはないということにしておきましょう。

ただ、中国株の売却はすべて利食い売りとなっていて、それも幅がそれなりに大きいですので、このままですと、税金は数十万単位となりそうです。
回避するためには、含み損となっている日本株を売却するか、長期投資銘柄であれば、売却と買い付けを同時に行って、一度、税申告上の損失を出しておく。
この場合、ネット証券であれば、イートレなどの銘柄を売却してマネックスで買うという形にすれば、長期保有であればマネックスの貸株金利で売買手数料程度はまかなえそうです。
コメント   トラックバック (1)

宅配ピザ

2007-11-23 12:27:08 | その他
宅配ピザは年に2~3回ぐらいは頼むかな・・・・。

ドミノ・ピザのサイトを見てみました。ん?、私の住所だと配達できる店舗がありませんがな・・・・。そうだったかなぁ・・・。宅配ピザも色々あるのでよくわからんぞ~。

ドミノ・ビザはチーズリストランテなんていう新しいメニューもあるようですが、頼むならクワトロ・プレミアムあたりか・・・。いろんな味が楽しめるのは面白いかなと思いますし。

これ、Lだと3750円もするわ・・・。いつも思うのだけれど、一定の量の注文がきちんと入るのであれば、宅配ピザっていうのは利益率はかなり高い、原価率はかなり低いように思います。

それでも頼んでいまうのはどうしてかというと、ピザは生地なんかは売っていますが、自分でいろんなトッピングなどまで工夫して作るのは面倒ですし、温かいものをそのまま持ってきてすぐ食べられるというのはやはり魅力かと思います。これからクリスマス、年末・年始にかけては「稼ぎ時」か・・・。そういえば、他社だと思いますが、宅配のちらしが時々入ってます。

ドミノ・ピザ会員登録をしておくと応募できる懸賞もありました。今回はビバリーヒルズ・青春白書のDVDBOXだったかな。物まねで有名になったあれですね。
また、予約しておくと、セサミのカレンダーか何かをくれるキャンペーンもあるようです。



【プレスブログ】
コメント

ハウス食品、フジミ、米ドル買い

2007-11-21 20:19:55 | 株式投資・資産運用
さてと、また日本株はだだ下がりするわ、香港株はよわよわだわで、損失が拡大。

いや、利益が減少と言っておきましょう・・・・・。

そんな中、ハウス食品を100株売り。1913円。11月1日に1817円で買っていますので、1万円弱の利益を確定。

一方、フジミインコーポレーテッドを1409円で100株買い。これは買い増しで300株。減益の発表から大きく売り込まれていますが、2008.3予想でのEPSはそれでも110円程度はあり、売上そのものはほぼ事前予想の範疇内で伸びています。減益は「主力製品における原材料価格高騰や設備投資の増加等の影響」ということで、中長期視点では時価は買いじゃ!。

まあ、ここらでまいた種はいずれ収穫につながると信じていきましょうか。

で、円高がすすんでいまして、108.50円で米ドル1枚買いです。損失が拡大していくばかりか?。

中国株をさらに売るのかどうか検討。今日のNYの動向次第か。
コメント

0694 北京国際空港 0991 大唐国際発電 1398 中国工商銀行

2007-11-21 05:34:55 | 株式投資・資産運用
工商銀行は1万株あって3000株売り。他の2銘柄は売り切りで利益確定。

引き続き中国株については売り越し、利益確定優先で対応しています。
まあ、あまりいいタイミングでの売買とは言えませんが、これはこれで方針どおりなのでよいです。

つまりは利益を伸ばす可能性を捨てて、利益を確保することを優先する方をとっているわけで、見通しとしては目先は弱気ということになります。

ただ、全体としての中国の経済的成長の可能性の大きさというのは依然として魅力ではありますので、中国株についてはそれなりのポジジョンは残すなり、買い戻すなりの対応はしていきたいとは思いますが。

あ、そうそう、今月の日経マネー誌に投書が掲載されていました。図書カード1000円ゲット。

内容はここに書いたことと関係のあることです。すぐにわかると思います。
コメント

整理・収納が苦手

2007-11-21 05:25:43 | その他
整理・収納が苦手です。

私の書斎(というよりパソコンコーナー)は、毎日片づけている気がするのだが、すぐにちらかってしまいます。これはどういうことか・・・・。うーん、やはり性分なのかなぁと思いますが・・・。

こういう性格とかキャラクターというのは遺伝するのかなぁ・・・。親父も兄弟も子どもも同じような感じなので・・・・。親父の書斎とか、もうひどいですから・・・。

しかし、うちの奥さんはちゃんと片づけたい人で、この人の「教育」の影響で、片づける習慣というのは昔と比べれば随分よくなったとは思うのだけれど、それでもこれは意識してそうしているという感じで、本来の性格というのがすぐに顔を出してしまいますけど・・・・。

家はまあまだましなんだけど、こういう厳しい「教育」をしてくれる人がいない職場の場合は、年度初めは「きちんとしよう」とか決意するのだけれど、そのうち書類が山積みになってしまいます・・・。

「まぁ、ちゃんと。スクール」というサイトがあって、これは「暮らしをテーマに、各分野の先生とマン・ツー・マンでコミュニケーションができる、無料インターネットスクール」という内容になっています。

「整理・収納」「風水」「カラーヒーリング」「ハウスクリーニング」「インテリアコーディネート」など、いろんな分野の内容があり、「くらしのレシピ」という自分のアイディアを投稿できるコーナーもあります。投稿コーナーは今だとシャンパンのプレゼントつきのコンテストがあったりします。

ここは寺田倉庫株式会社というところが運営しています。なるほどね・・・。何か一つでもこういうところで有益なノウハウでもえられるといいかなと思いますし、いろいろやりとりすることが楽しいならばいいかなとも思います。

ただ、私自身は、別にこのテーマに限らず株式投資や懸賞についてであっても、新しいSNSとかコミュニティ系の場に参加しようという意欲はちょっと今は乏しい感じです。

【プレスブログ】
コメント

テンプスタッフ ママキャンパス

2007-11-19 21:47:19 | 株式投資・資産運用
テンプスタッフは人材派遣関係の会社で東証一部上場の企業です。

株価の方はなかなか厳しい展開となっています。まあ、ここまで下落すれは、さして割高感はありませんが。しかし、そういう銘柄はここのところの相場では非常に多くなっているので、あえてここをという魅力や意味もさほど感じません。

私自身はIPOで公募株の配分があり、8万円強ほどの利益がありました。短期で利益を確定するIPO投資のスタンスどおりの売買で、現在は保有はしておりません。

ここがママのためのSNS「ママキャンパス」というサイトを立ち上げています。

まあ、内容は「学部棟」「サークル棟」「図書館」など学校仕立てでなかなか豊富です。

うちは夫婦で同じような仕事をしていますが、とりあえず人材派遣関係の会社に直接登録したりすることは、現状ではまずないでしょう。

子育てと仕事の両立という点では、まあ収入も同じ、仕事内容も夫婦で似たようなことをしていますので、子育ての関係のことも、できることは当然のこととしてしてはきているつもりではあります。

とはいっても、どうしても母親にかかる負担の方が大きくなってしまいがちなところはあったし、今もあるとは思いますが・・・・。

また、仕事も収入も同じようなことをしているから、それなりのことをしているという感じで、嫁さんが先に退職したら、多分、家事の関係のかなりの部分はまかせきりになってしまうようにも思います。

SNSのサービスというのはなかなか面白いものだと思いますし、可能性もあると思いますが、私自身、現在はほとんど活用できていません。

ネットでの人との交流という点では、テキストベースでのパソコン通信の時の方が、なんか気合いが入っていたというか、積極的に取り組んでいたように思います。

いわゆるインターネットの時代になって以降は、コミュニケーション、やりとりというよりは、自分の側からの情報発信的な側面(実質的には自分自身の記録としての意味が大きい)が強くなったように思います。


【プレスブログ】
コメント

永徳の唐獅子

2007-11-19 21:02:23 | その他
 展覧会のちらしになっていたのが永徳の唐獅子。

 これ、テレビ東京の「美の巨人たち」という番組で取り上げられています。これ、本にもなっています。なかなか面白い内容でした。俵屋宗達の「風塵雷神図屏風」なんかもとりあげられていました。

 ここ。
 
 やはり2メートルあります・・・・。実物の強烈な迫力。

 展覧会に出ていた永徳の作品で、じいちゃんの手本を模写したような精密な鳥や花の絵がありますが、これは10代に書かれてたもの。

 また、2000人を超える人々を描き込んだ洛中洛外図屏風は23歳の時の作品とか。無論、一人でできるわけはないんで、狩野派としてのチームで作成したということになるのでしょうが、この、なんていうの、構成力というか、描き込みの細かさというかには圧倒されますわ。

 水墨画の解説には「くどいほどの書き込み」とか書かれていました。確かにそういう感じもありました。

 無論、永徳個人の才能ということもあるんでしょうが、こうした作品を作り上げるだけのチーム力というのもすごいものだと感じました。
コメント